海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > バリ島の誕生日の祝い方

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年10月10日

バリ島の誕生日の祝い方


バリ島の誕生日の祝い方

本日、10月10日は、誠にプライベートなことながら筆者の経営する会社と息子の誕生日です。
息子は陣痛がなかなか訪れず、しょうがないので陣痛促進剤で出産を促したのですが
ちょうどの日本の体育の日になるように計画しました。
最近の暦では必ずしも10月10日が体育の日ではないんですね。そして息子を溺愛する
親が会社の設立日を一緒に計らったというわけです。個人的なことですいません。


さて、バリ島で誕生日を祝う習わしは日本と同じようにあります。
小さな子供の場合は、親戚中を招いてのパーティー。
お金持ちの子供となると、学校のクラスの子供達を全員招いてケンタッキーなど大会場を
貸し切り、司会進行のMCも呼んでの会を催します。会を開催する費用は全て主催者持ち。
日本では結婚式の二次会など、参加費用を出席者が払いますが、バリ島では招いた側が
全ての費用をまかなうのが当然なようです。
出席者はプレゼントを持ち寄り祝います。
お金持ちの子供が通う小学校では、学校の授業の最中にパーティーが行われ、子供達のプレゼントや
そのお返しの品物が競うように高価なものになって、閉口することもあるのだとか。
最近は子供の誕生日だけでなく、大人も誕生日会を行う事が増えているように感じます。
バリ島では特にイベントらしきことが少ないので、誕生日を兼ねて友人同士が集まって
楽しい時間を過ごす感覚でしょうか。



生まれた日の誕生日を祝う他に、バリ人にはヒンドゥー経の暦に従ったオトナンというウク歴による
誕生日のような日も巡って来ます。地方によって、あるいは家族によってオトナンを毎回行うかどうかは
分かれます、筆者の夫のテジャクラという地域では六ヶ月までしか行いませんが、南地域のバリ島では
生まれてから大人までオトナンの儀式を行うそうです。
オトナンはお祝いには違いありませんが、パーティーというよりはお供え物を用意してお祈りを捧げる儀式です。


バリ島の親しい人に誕生日に招かれたら、どのくらいの規模の会なのかを確かめ、服装にも気を配るとよいと思います。
海外からのお客様であれば、少しだけフォーマルな格好で大丈夫です。短パンヤノースリーブは避けた方がよいですね。


情報提供 by スカスカ・バリ
毎週日曜日にアップするニュース フロム バリ もよろしく!



励みになりますので、↓↓↓クリック応援お願いしまーす!

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

facebook-1.jpgfacebook-2.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2014年10月10日
« 前の記事「パグルウェシ&ングライネン」へ
»次の記事「サヌールの鉄板焼き「岩谷」でお祝い」 へ
おすすめ記事
バリ特派員 新着記事
T-ギャラリア イタリア発ダウンジャケット/モンクレール登場
ベトナム料理NamNam Noodle Bar
サヌール漁師、リニューアルオープン!
サヌールの「東京ラーメンごん太」
バイパスにあるTAKE EXPRESS
雨季を実感する雨
2019年 バリ島カレンダー
新年明けましておめでとうございます。
1年前の同じ月に投稿された記事
インドネシア風汁そば・ミークア
配水管のつまりにはコレ!
首が痛くて回らなくなった理由がわかった!
女子が大好きなシャイン
暑いときはコレ!
カフェ・トピのサンデーマーケット
スラバヤ産/激辛サンバル
メキシカン・メニューがさっぱりわからない
ガルンガン祭り
リトル・ホンコン
現代インドネシア事情
今週はガルンガン祭り休みです
バリ島、暑苦しいです
景色が良ければ気分も盛り上がるランチ!
グランド・アストン・バリ
ローカルコスメでホワイトニング
毎日お酢を飲んでいます!
江戸銀の和食ビュッフェ
マッシモでパスタ&ピザ
海上高速道路を走ってみました
ジュン・ビンタンさん
うっかりママにはタイマー
髪がゴワゴワになったらヘアービタミン
やっぱりコレ!アラムセンポール
ただいまAPEC会議の真っ最中です。
それっていいの?
ルノンのマック・ベン?
ワルン・ジャヤ・サンプルナ
さっぱり!フローズン・ヨーグルト
蚊に刺されなくなる石鹸?
はなのピリ辛野菜ラーメン

グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


バリ島旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

リゾートにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バリ特派員

    バリ特派員
    プトゥ・ヒロミ
    1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集