海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > 生き抜いた田舎のおじいさん

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年6月27日

生き抜いた田舎のおじいさん


メール プリント もっと見る

生き抜いた田舎のおじいさん

今日は筆者の個人的な話ですいません。
でも、ちょっとイイ話なのでおつき合いください。

先日夫の田舎の親戚のおじいさんが亡くなりました。
いつも冗談ばかり言って、周囲を笑わせていたおじいさんです。
写真の一番左の男性が生前の笑顔の写真です。
150627-1.jpg


酒もタバコも大好きで、ゼイゼイと咳をしながらもヘビースモーカーでした。
4人の息子のうち、長男と末っ子が結婚し、長男は男の子をもうけ、
先日は末っ子も男の子を授かり、その子供(孫)の三ヶ月の儀式があったばかり。
その儀式を終えて、おじいさんは旅だっていきました。
儀式が終わった翌日、親戚のおばさんに
「ワシはもう疲れた、デンパサールの子供や親戚によろしく言ってくれ」と
言付けたそうです。いつもの冗談かと思っおばさん。
以前からおじいさんは「充分に生きたから、もう早く死にたい」なんて大真面目に
しかも笑顔で言って周りを笑わせていました。
でも、今回は本当で、その翌朝に息を引き取ったそうです。
寂しいけど、おじいさんがこの世に未練を残す事もなく、充分に生きて、
満足して旅立ったのがわかりました。


バリ島は子供を育てやすいところだと思っていますが、お年寄りにとっても
家族と一緒に過ごし、共に生きるには最適な環境だと思っています。
儀式などを執り行うのは大変ですが、お年寄りも自分が出来る力で
様々な仕事を手伝います。疎外感などを感じる暇はないでしょうね。
これから先、バリ島で残りの人生を過ごしますが、自分も最後は充分に
生きた!と思いたいものです。


情報提供 by スカスカ・バリ
毎週日曜日にアップするニュース フロム バリ もよろしく!



励みになりますので、↓↓↓クリック応援お願いしまーす!

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

facebook-1.jpgfacebook-2.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2015年6月27日
« 前の記事「T Galleria バリ 売れ筋ランキング 2015-5月」へ
»次の記事「お土産に柔軟剤モルト/molto」 へ
おすすめ記事
    バリ特派員 新着記事
    とにかく大渋滞
    初めてみた採青(ツァイチン)の様子
    チャイニーズニューイヤー/アグン山の警戒レベルも下がっています
    デンパサール・ルノン地域 ねこぽぽ居酒屋
    海上高速道路TOLの料金が少し値上げ
    やっと無糖のお茶が買えるようになりました
    ジャカルタ訪問記3
    ジャカルタ訪問記2・ジャカルタの建築物
    1年前の同じ月に投稿された記事
    バリハイ・ビーチクラブクルーズ
    ワルンさくらで味噌ラーメン
    蚊除けに愛用しています
    最近ハマっている市販のサンバル
    能楽・インドネシア芸能コラボレーション公演
    ローカルコスメ/ギジ・スーパークリーム
    丸ごと一匹の焼き魚
    赤ちゃん誕生
    ミークリティン・ジャカルタ
    タナロット寺院で夕日・・・の後は?
    コラーゲンたっぷりのオックステールスープ
    生野菜不足につき、サラダ!
    バリ島無料情報誌アピ・マガジン
    バリ島らしい音楽CDを買う
    夏休みにお子様となにする?磯遊び
    ビールやカクテルにピッタリのエビ料理
    川魚が美味しいチアンジュール
    バリ島でのW杯熱
    卒様式シーズンです
    あって便利な塗り薬
    サヌール・ワルンカユマニスでガッツリお肉!
    日本よりもバリ島の方がFree WIFIあります
    そろそろ学校休みです
    朝方の急な雨
    ティルタ・ダイニング新企画
    デジカメを買うなら・・・?
    テガラランでランチ
    紫陽花の花
    まず食べたかったもの
    やっぱり辛いナシチャンプルが食べたい!

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バリ特派員

      バリ特派員
      プトゥ・ヒロミ
      1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集