海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > ジャパニーズヘアーサロン/MUSE

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年9月25日

ジャパニーズヘアーサロン/MUSE


ジャパニーズヘアーサロン/MUSE

今日は女子力アップな情報をお届けします。
デンパサールのルノン地域にある、ジャパニーズヘアーサロン・ミューズです。
日本人スタッフがお手入れをしてくれ、使っているプロダクツも日本製と
こだわりのサロンです。サロンの中は「ここは日本?」と錯覚する空間
150925-1.jpg


すっきりと明るく、いるだけでワクワク感が・・・。
オープンしてから、まだ間もないそうです。
150925-2.jpg


今日はカットとクリームバスを体験しました。
シャンプー台が心地良く、ちゃんとお湯で洗ってもらいます。
(バリ島のローカルサロンでは水が当たり前)
150925-3.jpg


日本人スタッフが常駐しており、日本と変わらないサービスを受けることができます。
150925-4.jpg


バリ島在住者にはたまらない日本の雑誌が並びます!
150925-5.jpg


程よい加減の頭皮のマッサージが気持ちよくてたまりません
150925-6.jpg


クリームバスを終えて、ドライヤーで髪を乾かしてもらったら、なんと!
髪の毛がツルッツルで見違えるようになりました。
150925-7.jpg


いつもトップで結んでしまうのですが、手に持った髪質がいつもと違います。
150925-8.jpg


あまりの効果にシャンプーを購入するお客様が絶えないのだとか・・・。
150925-12.jpg


気になる料金ですが、ざっくりですが日本と比べてかなり安いです。
カットが約3000円、カラーリングは4500円くらいなので、ほぼ半額?
150925-9.jpg


あ!お得なキャンペーンを見つけました。なんと、全身マッサージ、フェイシャル、クリームバスが
たったの50万ルピア(約5000円)期間は延長するそうです。
150925-11.jpg


ウェディングを手がけていたそうなので、ヘアーメイクなどもお手のもの〜
バリ島でここぞという時、空いた時間に利用できますね!



ジャパニーズヘアーサロン/MUSE
住所/Jl.Tukad Musi No.3D Renon Denpasar 2F
電話/082-247-506-365
営業時間/9:00-18:00 日曜日休日


情報提供 by スカスカ・バリ
毎週日曜日にアップするニュース フロム バリ もよろしく!



励みになりますので、↓↓↓クリック応援お願いしまーす!

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

facebook-1.jpgfacebook-2.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 美容・健康・病院
2015年9月25日
« 前の記事「サヌールの安いワインショップ」へ
»次の記事「テガラランのアロンアロン・テラスカフェ」 へ
おすすめ記事
バリ特派員 新着記事
雨季を実感する雨
2019年 バリ島カレンダー
新年明けましておめでとうございます。
手頃なお土産 safe care
ワンデーマーケットで見つけたT-シャツ
ヌダペニダ島行きのチケット売り場
アンチエイジングに効果あり! Ajna Villa&Spa
サヌールにオープンMimpi Manis
1年前の同じ月に投稿された記事
市販の調味料でナシゴレンを作ってみる
バリ人が大好きな番組「マハーバーラタ」
バージンココナツオイルがある「ココナ」
ツーリズムEXPOジャパン
コーヒー通の方、必見!
バリ人男性の趣味
役立つバワン・ゴレン
花束を注文してみる
ローカル社のマヨネーズ?
これがクロナッツ?
トイレの注意書きが面白い!
まだ凧?
ジンバランのワルン・チリ
雨季の前に派生するカゲロウ
流行らなくなる店の共通点
ブタの耳料理
バリ島で気軽にレンタルWIFI
ローカル集うステーキ屋にトライ!
ウブドで手作り水餃子が食べられる!
今宵はスーパームーン?
辛さが半端ないサンバル
大盛況!盆踊り大会
DFSギャラリアより:ジャカルタ経由でご帰国される方の、お買い物締切り時間変更
サリマニスのナシチャンプル
極上のスマ・スパ
美味しいイタリアン「ポルタベッラ・ビストロ」
出来合いサンバル
ロブスターが食べ放題!/リージェント

グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


バリ島旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

リゾートにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バリ特派員

    バリ特派員
    プトゥ・ヒロミ
    1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集