海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > ガルーダ航空、無料受託手荷物の許容量を拡大

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年9月 6日

ガルーダ航空、無料受託手荷物の許容量を拡大


メール プリント もっと見る

ガルーダ航空、無料受託手荷物の許容量を拡大

ガルーダ航空、無料受託手荷物の許容量を拡大

ガルーダ航空の嬉しいサービスについてご存知でしたか?特にバリ島在住者は喜んでいます。日本に帰省して、たんまりとお土産を持ち帰りたいために、一人当たりの持って帰ることができる重量は多ければ多いほどありがたいのですが、エコノミーで46キロはすごい!って言っても1人で46キロ(大人の女性一人分)を持てる訳はないのですが・・・。制限重量内であれば荷物の個数制限はないそうです。大きさは1辺が120cmを超える、または3辺の合計が203cmを超える大型の手荷物はNG、また1つの重量が32kgを超える手荷物は受け入れできない場合があるとのこと。日本発着の便からを乗り継いで、インドネシア国内線で旅をする場合も適応されるとのこと。
garuda-1.jpg


以下ガルーダ航空公式ウェブサイトからの抜粋です:
2015年5月14日発券分より無料受託手荷物の許容量を拡大
(それ以前に買い求めたチケットは対象となりません)
ファーストクラスでは従来の50kg→64kg
ビジネスクラスでは40kg→64kg
エコノミークラスでは30kg→46kgと、大幅な増量になりました。

さらに気をつけていただきたい点ですが、以前は無料の対象だった、スクーバダイビング器材、サーフボードの器材が対象から外されてしまったこと。対象となるのはスポーツ用自転車のみ。スポーツ用品や楽器の無料預かりは8月31日にて終了だそうです。

手荷物に関する一般規則

重さ以外に気になるのはお酒の持ち込み。 インドネシア国内へのアルコール類持ち込みは成人1名につき最大1リットルまでだそうです。現金で約850万円以上の持ち込みも税対象になるので不動産関連での支払いは気をつけましょう。
税申告内容の詳細


情報提供 by スカスカ・バリ
毎週日曜日にアップするニュース フロム バリ もよろしく!



励みになりますので、↓↓↓クリック応援お願いしまーす!

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

facebook-1.jpgfacebook-2.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2015年9月 6日
« 前の記事「ウルンダヌ・バトゥール寺院」へ
»次の記事「大人気!エレファント・ライディング at BALI ZOO」 へ
おすすめ記事
    バリ特派員 新着記事
    穴場!ジンバランのイマドキ
    料理用のココナッツオイル
    ライステラスに向かってブランコ
    ポップなCandylicious
    テガララン手前のワルン・ナウ Warung Now
    アヤナリゾート内のMUSE
    人気のガソリンスタンド
    お土産にpodチョコレート
    1年前の同じ月に投稿された記事
    市販の調味料でナシゴレンを作ってみる
    バリ人が大好きな番組「マハーバーラタ」
    バージンココナツオイルがある「ココナ」
    ツーリズムEXPOジャパン
    コーヒー通の方、必見!
    バリ人男性の趣味
    役立つバワン・ゴレン
    花束を注文してみる
    ローカル社のマヨネーズ?
    これがクロナッツ?
    トイレの注意書きが面白い!
    まだ凧?
    ジンバランのワルン・チリ
    雨季の前に派生するカゲロウ
    流行らなくなる店の共通点
    ブタの耳料理
    バリ島で気軽にレンタルWIFI
    ローカル集うステーキ屋にトライ!
    ウブドで手作り水餃子が食べられる!
    今宵はスーパームーン?
    辛さが半端ないサンバル
    大盛況!盆踊り大会
    DFSギャラリアより:ジャカルタ経由でご帰国される方の、お買い物締切り時間変更
    サリマニスのナシチャンプル
    極上のスマ・スパ
    美味しいイタリアン「ポルタベッラ・ビストロ」
    出来合いサンバル
    ロブスターが食べ放題!/リージェント

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バリ特派員

      バリ特派員
      プトゥ・ヒロミ
      1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集