海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > ジャカルタに行ってきました

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年1月24日

ジャカルタに行ってきました


ジャカルタに行ってきました

バリ島に移住してから今年で18年目ですが、お恥ずかしながら他の島には
行ったことがありませんでした。首都のジャカルタもトランジットしただけ。
今回、ジャカルタで用事があり、初めての訪問。
行きはAir Asia,帰りはCiti-Linkを利用。チケットはH.I.Sで購入しました。
噂には聞いていましたが、Air Asiaも初めての体験。
170124-2.jpg


スチュアーデスのお姉さんのミニスカートの写真をこっそりと撮影・・。
携帯電話の使用をストップのアナウンスの後だったので、気がつかれて
若干睨まれました・・・。
他のエアーラインは女性の髪はしっかりと結わえて、まとめているのに
対して、割と自由なんですね。ちょっと違和感あります。
179124-8.jpg


ジャカルタは渋滞が多いと聞いていたので、早めの移動。
確かに車は多いですね。高速道路が整っています。
タクシーが路肩を飛ばして追い抜くので、ドキドキでした。
170124-6.jpg


バリ島に比べたら、ビルディングが多くて確かに都会的な風景です。
170124-1.jpg


ひょろりとして、側面にガラスを多用したデザインが目につきました。
ジャカルタもあんまり地震がないのでしょうね。
170124-3.jpg


途中から変形するビルディング、なかなかスタイリッシュです。
170124-4.jpg


ショッピングモールにも行ってみました。
日本のデパートとはイメージが違いました。空間がとっても広い。
バリ島のビーチウォークやリッポーモールはこの縮小版なんですね。
ちょっと納得しました。
170124-5.jpg


全部を見て回ったわけではないので、初めての印象ですが、都会度だったら、
やはり日本の東京には敵わないですね。あの雑多とした感じは日本ならでは。
買い物するなら、やっぱり日本の方が面白いと思いました。
自然を求めて、ジャカルタの人がバリ島に来るのもわかる気がします。
さて、帰りの飛行機。
時計を1時間修正するのを忘れて、勘違い。
最終コールで名前を呼ばれてしまいました・・・。
行きは赤いカラー、帰りは緑のカラーのCiti Linkにて。
座席の狭さを言われますが、1.5時間くらいのフライトなので、
それほど苦ではありませんでした。
170124-7.jpg


他の島にもこれからチャンスがあれば行ってみたいと思います。


↓↓↓クリック応援お願いしまーす!
バリ島ブロガーさんが勢揃い

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ36情報へ

facebook-1.jpg facebook-2.jpg



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 生活・習慣・マナー
2017年1月24日
« 前の記事「ウブドにペピットがオープン!」へ
»次の記事「食べ物の温度について」 へ
おすすめ記事
バリ特派員 新着記事
バイパスにあるTAKE EXPRESS
雨季を実感する雨
2019年 バリ島カレンダー
新年明けましておめでとうございます。
手頃なお土産 safe care
ワンデーマーケットで見つけたT-シャツ
ヌダペニダ島行きのチケット売り場
アンチエイジングに効果あり! Ajna Villa&Spa
1年前の同じ月に投稿された記事
お土産にドライフルーツはいかが?
ランチセットがお得な京都ラーメンたかばし
車のタイヤの空気を入れてもらいました
新発売なのはビンタンビール・グレープフルーツ味!
パパイヤスーパーでアピマガジンをゲット!
バビグリンRp.15,000は安い!
新しいビールの味?
バリ島初情報誌 アピ・マガジン電子版
チーズケーキが美味しいBALIVITA
クマンギレストラン香港海鮮料理スタート!
?T Galleria?バリ 売れ筋ランキング 2015-12月
ジャカルタでテロ発生のニュース
インドネシア人に喜ばれるお土産/刀のおもちゃ?
ドライフルーツが安い!Club Sehat
インドネシア風中華も悪くない
朝からナシチャンプル
庶民のおやつバクソ
サヌール・トラッテリア併設のガヤジェラート
なにかとケチャップマニス
自分でクルプッを揚げてみよう!
病み付きになるサンバル・バワン
新年あけましておめでとうございます!

グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


バリ島旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

リゾートにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バリ特派員

    バリ特派員
    プトゥ・ヒロミ
    1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集