海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > 捨てるところがないヤシの実

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年2月14日

捨てるところがないヤシの実


メール プリント もっと見る

捨てるところがないヤシの実

バリ島の風景といえば、田園風景とヤシの木。
そしてヤシの実は料理には欠かせない食材です。
硬い殻は燃料としても使われます。
若いヤシの実のジュースはレストランなどでも飲むことができますね。
今日はいちばで売られているヤシの実のいろいろを紹介します。
170214-1.jpg



無造作に置かれていますが、まだ若いヤシの実の固形化した部分、
ヤシの実のフレーク、用途によっていろいろと形を変えて売られています。
170214-2.jpg


インドネシア料理ではサンタンと呼ばれるココナツミルクが使われますね。
このココナツミルクになるヤシのフレークですが、固形化したココナツは、
若いか、すでに硬くなった日数が経過したものかによっても使い分けられるそうです。
そして硬くなったココナツは粉砕機でフレーク状にしていました。
これを家に持ち帰って、絞ってココナツミルクを作ります。


料理に使うココナツジュースは日数が経ったものだそうです。
それともこの液体は直接飲むために買われたのかな?


そのまま飲むなら若いココナツが美味しいのだとか。
そういえば、レストランでも「ヤング・ココナツ」と書いてありますね。
お菓子などに使われるフレーク状のココナツは適度に若く、新鮮なものでないと
すぐに傷んでしまうそうです。
筆者はインドネシア料理は作ることができないので、夫が作るときに
見聞きするのですが、ココナツの使い分け、なかなか難しそうです。
今日は市場での買い物に夫が同行したので、いつもよりもディープな
見聞ができました。

facebook-1.jpg facebook-2.jpg




記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 生活・習慣・マナー
2017年2月14日
« 前の記事「ハンバーガー食べくらべ/ザ・オウル・カフェ」へ
»次の記事「プールサイドに雪景色?泡でした〜!」 へ
おすすめ記事
    バリ特派員 新着記事
    料理用のココナッツオイル
    ライステラスに向かってブランコ
    ポップなCandylicious
    テガララン手前のワルン・ナウ Warung Now
    アヤナリゾート内のMUSE
    人気のガソリンスタンド
    お土産にpodチョコレート
    サンバルマタが美味しいワルン MY WARUNG
    1年前の同じ月に投稿された記事
    以外と素敵なゴールデン・チューリップ ホテル
    ここは原宿?やまねこ・ロール
    晴れのち雨、また晴れて夜に一部雨
    これが庶民感覚の値段です
    ビーチウォークのすし亭
    ウォーターマークホテル内W senses2でディナー
    喧噪からエスケープ、秘境のパドマ・リゾート・ウブド
    今宵は贅沢にnoosa
    Nike Factory Store
    朝食が美味しいWartermark Hotel/W Senses
    バリ島 ウブド 楽園の散歩道
    ユニークなランプのお店 VIO-Light INDONESIA
    サヌールのマッシーモでディナーはいかが?
    仲のよい友達同士のプレセント交換の日?バレンタインデー
    バリ島で一番美味しいと自負する北京ダック
    大人気のジェラートGUSTO
    野菜が足りないと思ったらKZUヘ
    今日はガルンガン祭り
    見ているだけで楽しい真鍮の店/KausarBrass
    最終日にいかが?カユマニス・ヌサドゥア/デイユースパッケージ
    アウタンから蚊除けスプレーの新商品
    スルヤウサダ病院 ヌサドゥア スキンクリニックオープン!
    餃子が美味しいワルンナンバ
    クマンギレストラン/香港海鮮中華はこんな感じ!
    Chinese New Year "HONGKONG SEAFOOD" Special Menu
    Indomaretオリジナル?フルーツチップス

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バリ特派員

      バリ特派員
      プトゥ・ヒロミ
      1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集