海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > 日本ブームとなるか?ビーチサンダル

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年3月24日

日本ブームとなるか?ビーチサンダル


日本ブームとなるか?ビーチサンダル

近所のスーパーマーケットで日本語がプリントされているビーチサンダルを見つけました。
商品のネーミング、日本をイメージする柄使いなど、なかなか上手だと思いました。
170324-1.jpg


シンプルなビーチサンダルの原型にプリントをしているだけなのですが、
日本語が混ざっていると日本風?
170324-2.jpg


電車の路線図です。日本人が見ればよく知っている図ですが、商品に展開する
発想はないかもしれませんね。
170324-3.jpg


最近は多くのインドネシア人が日本に観光に訪れているので、
懐かしくてつい購入してしまうかもしれません。
170324-5.jpg


日本への旅行といえば、AIR ASIA 成田ーデンパサール間のダイレクト便が就航することが
決定してチケット販売が始まっていますね。オープン記念のディスカウントがあり、
インドネシア人の間でも話題になっています。
ますます日本が身近になってきました。

新聞記事からの抜粋です。
 ★IDX、成田-デンパサール線を5月末開設へ
 日本初就航、週4往復便運航

 インドネシア・エアアジアX(IDX)が、成田-デンパサール線(バリ)を開設
 する。就航は5月25日から。週4往復便で就航する。IDXの日本就航は今回が初め
 てのこと。
 IDXはエアアジア・グループの一角を担い、2013年に設立され、インドネシア
 のデンパサールに本拠地を構えている。
 デンパサールはバリ島の玄関口。バリ島は日本人に人気が高いディスティネー
 ションで、2016年には約23万人もの日本人観光客が訪れた。
 IDXでは就航記念キャンペーンとして4月9日までの間、5月25日から6月5日まで
 の渡航期間を対象に、片道9900円~(諸税込み)の記念運賃を販売する。さら
 に、プレミアムフラットベッドも3万6900円(諸税込み)で利用することができる。
 なお、運航ダイヤなどは下記の通り。
 ▼XT402=成田08時25分→デンパサール14時25分(月・火・木・土:A330-300型)
 ▼XT401=デンパサール23時00分→成田07時10分(月・水・金・日:A330-300型)

facebook-1.jpg facebook-2.jpg



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2017年3月24日
« 前の記事「近場で見学できるバトゥアン寺院」へ
»次の記事「来週はニュピ」 へ
おすすめ記事
バリ特派員 新着記事
バイパスにあるTAKE EXPRESS
雨季を実感する雨
2019年 バリ島カレンダー
新年明けましておめでとうございます。
手頃なお土産 safe care
ワンデーマーケットで見つけたT-シャツ
ヌダペニダ島行きのチケット売り場
アンチエイジングに効果あり! Ajna Villa&Spa
1年前の同じ月に投稿された記事
日本人在住者絶賛のMINORI Japanese Cuisine
庭でスリカヤを収穫しました
調子が悪い時はサテ・カンビン
新商品のジュースを味見
ダンスバトルを見学しました
トマトは果物ではないと思うのだけど・・・
またもや儀式に遭遇
田舎でバビグリン見学
シガラジャからの帰りに食べたドリアン
ニュークニンのBarong Bridge Cafe
カフェトピのサンデーマーケット
ドリアンをいただきました
H&Mがバリ島にオープン!
人気のスープイカン
昼はラメーン! 七人の鳥侍
お葬式ガベンに出会いました
ダンスイベントDance Challenge
家庭的な味わいおかめ'ずキッチン
お洒落なランチにSoul in a Bowl
来週3月9日はニュピです
ラーメンが美味しいと評判の七人の鳥侍
売れ筋商品ナンバー2/Bali Sweet CoCo
風邪にはネギたっぷり丸亀製麺

グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


バリ島旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

リゾートにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バリ特派員

    バリ特派員
    プトゥ・ヒロミ
    1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集