海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > やはり抹茶ブーム?

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年10月12日

やはり抹茶ブーム?


メール プリント もっと見る

やはり抹茶ブーム?

この頃、抹茶を使った新商品を見かけることが多くなった気がします。
ブームが始まる以前、抹茶は少し苦味があるので、インドネシア人には
人気は出ないと予測をしていた筆者ですが、見事に外れました。
171012-1.jpg

現地の人はコーヒー、(バリコピ)をよく飲みます。
バリコビは粉末のコーヒーに熱湯を注ぎ、砂糖をスプーン3杯くらい入れて
甘くします。すぐには飲まないで粉が沈みきった頃が飲み頃。
朝はまずコーヒーからという人も多いかと思います。
インスタントのコーヒーも売られており、ホワイトコーヒーが好きという
ローカルが多い気がしますが、昨日は同じ並びに抹茶味の飲み物を見つけました。
12パック入りでRp.85,000ということは一杯が約60円となり、現地の感覚では
結構高い値段です。ちなみに普通のインスタントコーヒーは安い商品で一杯が
約11円ですので、差額がわかるかと思います。
商品のパッケージ写真は美味しそうに写っていたので、いつか買って飲んでたいのですが、
きっと甘いに違いないと思うと躊躇してしまいます。
NIPPONNaturalとパッケージに印刷されており、日本通なローカルがついつい
買ってしまうという感じでしょうか?

facebook-2.jpg


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2017年10月12日
« 前の記事「デンパサールのメイソウ」へ
»次の記事「小腹が空いたらミーアヤム」 へ
おすすめ記事
    バリ特派員 新着記事
    急な雨模様
    渋滞が始まっています
    ブーゲンビリアが美しい季節
    もうすぐ断食明け
    カルマ カンダラで過ごす休日
    日本のあのお菓子に似ている?
    Warung Ongan Asri Ikan Bakar Jimbaran
    時速80キロの高速・荷台でくつろぐ人
    1年前の同じ月に投稿された記事
    BALI ZOOで午後のひととき
    アーティストに会える店STEL PELENG
    マンゴーが食べ放題!
    Christmasグッズが売られていました
    Chefs' Collaboration 2016
    BODY WORKS 初体験
    クレイジーなナイトライフMotel Mexicola
    日本風の蒸しケーキをアルファマートで発見
    T Galleriaバリ 売れ筋ランキング 2016-9月
    ホームセンターのようなMITRA10
    デンパサールの素敵なPIXELATTE
    スカスカ・バリが情報サイトになります
    Fitflopバリ島でも人気
    インスタント・タトゥー
    道路工事のせいで渋滞
    肉の塊
    ハーディーズスーパーのお土産

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バリ特派員

      バリ特派員
      プトゥ・ヒロミ
      1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集