海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > 庭にニシキヘビが出たらどうするか?

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年1月 9日

庭にニシキヘビが出たらどうするか?


庭にニシキヘビが出たらどうするか?

我が家の週末はちょっとした大騒ぎでした。
久しぶりに家族で食事をして家に戻ってくると、娘が「蛇がいる!」というので
指差す方向を見ると、塀の上にかなり大きなニシキヘビが巻きついています。
まさか、こんな大きな蛇が出るとは驚きです。
夫いわく、雨が降って触れたくないのと、地面が寒いから上に上がったのだろうと。
しかし、この大きさ、もともと蛇が大嫌いな夫が始末できるわけもなく、どうしたものか・・・。
追い払うこともできますが、戻ってきて我が家のチワワが食べられてはかないません。
右往左往していたら、近所の奥さんが蛇を退治してくれるところに電話をしてくれることに。
180109-1.jpg


10分も経たないうちに、すぐにオートバイで二人のスタッフが駆けつけてくれました。
手には、蛇を挟む道具を持っており、BPDPとプリントされたオレンジ色のシャツを着ています。
ポリスの管轄らしいですが、Badan Penaggulangan Bencana(災害管理機関:直訳)、
緊急 危険物処理班とでも訳すのが適当でしょうか?
脚立に乗って、勇敢に蛇を捕まえようとしていますが、なかなか時間がかかります。
そうこうしているうちに車で応援のスタッフも駆けつけてきました。
近所の人も集まり、写真を撮ったりと我が家は大騒ぎ。
180109-2.jpg

30分くらい格闘したでしょうか?やっと頭を押さえ込んで確保成功です。
頭の部分をガムテープで巻かれています。
然るべき場所に放すんだそうです。
180109-3.jpg

用意されたお米の袋に入れられて事態は収拾されました。
最初、蛇を見つけた時はどうしようかと思いましたが、次回からはしっかり
電話番号を覚えておいて、連絡しようと思います。
日本からの皆さんには関係がないかと思いますが、在住の方もこのブログを
ご覧になっているかと思いますので、電話番号を控えてくださいね。

緊急 危険物処理班
Badan Penaggulangan Bencana
電話:0361-223333


facebook-2.jpg



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2018年1月 9日
« 前の記事「年末年始は大渋滞」へ
»次の記事「デンパサールのおしゃれワルン MODUS WARUNG」 へ
おすすめ記事
    バリ特派員 新着記事
    モルバリ内の漁師でランチ
    自家製オートバイ
    サヌールでおすすのワルン Warung Kecil
    バリ島でアレルギー検査しました
    デンパサールのワッフル店 BROWNFOX Waffle & Coffee
    安くても日本の商品
    バロンクッキーがT-ギャラリアで買える!
    どんどんと隙間に入り込んでくるオートバイ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ハンバーガー食べくらべ FUZION
    粉末のジャムー?
    渋滞が予想される旧正月
    いつも賑わっているSOUL IN A BOWL
    食べ物の温度について
    ジャカルタに行ってきました
    ウブドにペピットがオープン!
    象に乗って川も渡る!!
    オランウータンと一緒に朝食
    電気がない生活
    ウブド影武者の冷やし中華
    気のせいか?サービスが良くなった郵便局
    パパイヤスーパーにセンセイシャが!!
    一応、緑茶ですが・・・
    水分補給にクラパ・ムダ
    近所のローカル寿司にトライ!
    本年もよろしくお願いいたします。
    ペピットスーパーで見つけたコスメ
    頭の上に物を載せるバランス感覚
    駅ビル内にあるようなアパレル店
    忘年会代わりのランチをウブドで
    明けましておめでとうございます

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バリ特派員

      バリ特派員
      プトゥ・ヒロミ
      1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集