海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > ジャカルタ訪問記2・ジャカルタの建築物

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年1月30日

ジャカルタ訪問記2・ジャカルタの建築物


メール プリント もっと見る

ジャカルタ訪問記2・ジャカルタの建築物

ジャカルタに4泊滞在してきました。
バリ島とは違い、かなり都会的なジャカルタ。空港からの移動の風景も異なり、
高層建築物が立ち並び高速道路を移動します。
インドネシアは地震が少ないので、建物の建築基準なども日本ほどは厳しくない様子。
高層ビルの壁面にガラスを多用していて、見ただけで不安になります。
180130-1.jpg

この日はあいにく曇りでしたが、晴れた日には光が反射して美しいのでしょう。
建築途中を見ると、なんというか基礎となる構造が柔に見えます。
また、古い建物の窓が一部落ちているのを見ると、本当にゾッとします。
180130-3.jpg

この写真。上部はしっかりしているようでも、下を見てください。
この細く支える足の部分、日本人が見たらありえない!と思ってしまいませんか?
180130-2.JPG

実は筆者がジャカルタに到着したその日に小さい地震がありました。
地下にいたので、潰されないかなと一瞬思いましたが、それほど大きな
揺れではなかったので、そのまま滞在。
ところが、他のインドネシアの人たちは一斉に外に飛び出してパニック状態。
確かに、大きな揺れだったら潰されないように外に出ることも選択肢ですが、
きっと頭の上からガラスが降り注ぐことが予想されます。
まずは、火を消すということも徹底されていないようでした。
日本人はどちらかというと地震慣れしているんだなぁと実感した次第です。


facebook-2.jpg



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 生活・習慣・マナー
2018年1月30日
« 前の記事「ジャカルタ訪問記1」へ
»次の記事「ジャカルタ訪問記3」 へ
おすすめ記事
    バリ特派員 新着記事
    初めてみた採青(ツァイチン)の様子
    チャイニーズニューイヤー/アグン山の警戒レベルも下がっています
    デンパサール・ルノン地域 ねこぽぽ居酒屋
    海上高速道路TOLの料金が少し値上げ
    やっと無糖のお茶が買えるようになりました
    ジャカルタ訪問記3
    ジャカルタ訪問記2・ジャカルタの建築物
    ジャカルタ訪問記1
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ハンバーガー食べくらべ FUZION
    粉末のジャムー?
    渋滞が予想される旧正月
    いつも賑わっているSOUL IN A BOWL
    食べ物の温度について
    ジャカルタに行ってきました
    ウブドにペピットがオープン!
    象に乗って川も渡る!!
    オランウータンと一緒に朝食
    電気がない生活
    ウブド影武者の冷やし中華
    気のせいか?サービスが良くなった郵便局
    パパイヤスーパーにセンセイシャが!!
    一応、緑茶ですが・・・
    水分補給にクラパ・ムダ
    近所のローカル寿司にトライ!
    本年もよろしくお願いいたします。
    ペピットスーパーで見つけたコスメ
    頭の上に物を載せるバランス感覚
    駅ビル内にあるようなアパレル店
    忘年会代わりのランチをウブドで
    明けましておめでとうございます

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    リゾートにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バリ特派員

      バリ特派員
      プトゥ・ヒロミ
      1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集