海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > ある日のローカルメニューランチ

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年7月11日

ある日のローカルメニューランチ


ある日のローカルメニューランチ

バリ島で働く人の昼のローカル飯、会社の食堂で済ます人もいれば、外のワルンでブンクス(持ち帰り)に
して社内で食べる人など、様々ですが、今回はある日の筆者が食べたローカル飯を紹介したいと思います。
まずは会社の近くにあった東ジャワ島のワルンから、「ソト・マドゥラ」。
ソトとはスープと意味しますので、マドゥラ風スープという訳で良いかと思います。
マドゥラの伝統的な料理で牛肉を煮込んだこってりしたスープをご飯と一緒にいただきます。
牛肉を使うので、値段は比較的高めで日本円で約400円ほどです。
180711-1.jpg


中華風の料理がインドネシア料理のアレンジされた例だと思いますが、商品名は
「ショウマイ」です。間違いなく焼売が元祖ですね。焼売と似たような具が
ガドガドという料理のピーナッツソースで和えてあります。
キャベツも入って、ボリュームがありました。
値段は日本円で約200円くらいでした。
180711-2.jpg

最後は「ソトアヤム」、スパイシーな鶏肉のスープです。こちらもご飯と一緒にいただきます。
ソトアヤムはシンガポールやマレーシアでも見かけられ、インドネシアではごく一般的に
どの地域でも食べている料理です。スパイスには主ににんにくなどを使い、ウコンを加えて
黄色くなったスープが特徴です。日本人にも飲みやすい味だと思います。
値段は日本円で約100円くらいでした。
180711-3.jpg


ローカル飯は安くて美味しいのですが塩分が多いので、血圧が心配な筆者は
毎日は食べるのは控えています。スパイシーな味にハマると、辛さが感じられないと
物足りなくなります。比較的味は濃いので、ご飯がすすむというわけです。


バリ島で機会があったら試してみてくださいね。


facebook-2.jpg


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 生活・習慣・マナー
2018年7月11日
« 前の記事「オメガ3はアンチエイジングに良いのか?」へ
»次の記事「肌色が明るくなる洗顔石鹸」 へ
おすすめ記事
バリ特派員 新着記事
Dijionのビーフバーガー
ウブドのビーガンジェラート
静寂の日 ニュピ
バイク便でランチを注文
サヌールビーチは朝散歩に最適
インドのメジャーコスメ Himalaya
ボカシケア
T-ギャラリア イタリア発ダウンジャケット/モンクレール登場
1年前の同じ月に投稿された記事
ちょっと便利なことに感動
バリ島の交通マナー
キンタマーニ高原のみかん
ルノン地域のワルン・サリマニスがニリューアル
何が違うのか?を考察
スピルナで顔パック
ジャムーの屋台
野菜不足にデイジョンDijion
眼鏡が壊れた!
デンパサールのBe Pasih
ローカルフード/サテ・アヤム
カキアンベーカリーのパスタが熱々!
宿泊者だけが味わえる景色/クブビーチ
カニ好きさんにオススメのタンジュンピナン
肌調子は人それぞれ
アヤナリゾート内「本膳」
RELIGION アウトレット
ウォーターマークホテル内/西麻布イマドキ
卵は洗ってから使いましょう
女性にピッタリのサラダバービュッフェ

グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


バリ島旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

リゾートにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バリ特派員

    バリ特派員
    プトゥ・ヒロミ
    1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集