海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ特派員ブログ > サヌールにオープンMimpi Manis

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年11月13日

サヌールにオープンMimpi Manis


サヌールにオープンMimpi Manis

サヌールには知る人ぞ知る、イタリアンのフュージョン料理が食べられる
カユマニスと言うレストランがあるのですが、同じシェフが料理を監修する、
カジュアルなインドネシア料理メインのワルンがオープンしました。
名前は「ミンピ マニス」ご家族で仲良く経営する、同じ夢を追うという
イメージの素敵なネーミングです。
181108-1.jpg

バイパスからはJ-COを過ぎて、コンビニがある角を曲がってすぐ左です。
屋外席も結構快適です。行き交う人を眺めながらのビールが最高ですね。
181108-2.jpg

エアコン完備の室内ですが、鮮やかなブルーの壁が素敵です。
涼しさが優先という方にオススメです。
181108-3.jpg

カジュアルな雰囲気の中、何度でも来て欲しいということで、お値段は
驚くほどにリーズナブルです。メニューを載せますね。
インドネシア料理はマイルドな味わいで、化学調味料を使っておらず
健康にも良さそうです。
181108-4.jpg

パスタやサンドイッチなどもあり、イタリアンが得意なオーナーなので
もちろん味にハズレはありません。
181108-5.jpg

さて、本日いただいたシェフおすすめのメニューを紹介しますね。
まずは前菜のブルン ツナ サラダRp.25,000
サヌールの海で採れた新鮮な海草とココナッツ、ツナのコラボレーションです。
181108f-1.jpg

ビールのお供に最適なポークラップRp.35,000
使われているチャーシューはなんと自家製の4年ものの醤油に漬け込んだ
というこだわりの一品。確かに旨い!野菜もたっぷりです。
181108f-2.jpg

メインではバリニーズ ナシゴレンRp.20,000
バビグリン風でとってもバリ島テイストな一品です。
181108f-3.jpg

飲み物で特筆すべきは、ビンタンビール小瓶がRp.22,000とリーズナブル。
キンキンに冷えたグラスが嬉しいですね〜。
181108-6.jpg

地酒のアラックをベースにしたカクテル類はRp.35,000
意外と飲みやすいですよ。
181108-7.jpg

水や氷を一切使わないスムージーはドリンクというよりもデザート感覚。
季節のフルーツをたっぷり使っており、ヘルシーです。
181108-8.jpg

とっても居心地が良く、料理もリーズナブルで美味しいので、
お友達を誘っていかがでしょうか?

Mimpi Manis
ミンピ マニス

営業時間:11:00 ~ 21:00(ラストオーダー20:30)
定休日:日曜日、ヒンドゥー教の祝祭日
支払い:現金のみ
住所:JL.TANDAKAN NO.5 SINDHU SANUR
電話:0361-271263

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2018年11月13日
« 前の記事「日清の激辛ラーメン」へ
»次の記事「アンチエイジングに効果あり! Ajna Villa&Spa」 へ
おすすめ記事
バリ特派員 新着記事
バイパスにあるTAKE EXPRESS
雨季を実感する雨
2019年 バリ島カレンダー
新年明けましておめでとうございます。
手頃なお土産 safe care
ワンデーマーケットで見つけたT-シャツ
ヌダペニダ島行きのチケット売り場
アンチエイジングに効果あり! Ajna Villa&Spa
1年前の同じ月に投稿された記事
雨季らしい雨がよく降っています
スカルノハッタ空港の消化器設置デザイン
アグン山噴火に伴う空港閉鎖
GO-JEKを使って書類を配達
気軽にサーフィン?FLOW RIDER
見事なペンジョール
大盛況!プラザ・ルノン内のパパイヤスーパー
トランポリンでカロリー消費「Bounce」
バリ島初登場「吉野家の牛丼」
バトゥブリンのローカルワルン「Warung Cobek」
ウブドの布屋さん「Wardani」
在住者にとっては待望のパパイヤスーパー2号店オープン
バリ島内の移動手段が変わってきています
スドクリーム 軟膏( Sudocream )をパパイヤで発見
ガルンガン祭り当日です

グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


バリ島旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

リゾートにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バリ特派員

    バリ特派員
    プトゥ・ヒロミ
    1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集