海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > インドネシア/バリ2特派員ブログ

インドネシア/バリ2特派員ブログ ホリ

インドネシア・バリ2特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

1.jpg
みなさん、こんにちは。バリ島旅行のみかたのホリ(HORI_BALI)です!今回は日本にあっても流行りそう!なバリのもの3選ということで、バリ島に住んでみて思う「これいいじゃん!」「なんで日本に無いんだろ?!」というものをご紹介しようかなと思います!バリ島と聞くと未開の地を思い浮かべる方もいらっしゃいますが、日本よりも便利なサービスもあるんですよ!


■ハリボー入りアイスパドルポップ
2.jpg
バリ島の激安アイス【パドルポップ】。基本的にどこのコンビニでも購入可能で、値段もRp.3,000~5,000(¥25~40程度)と激安のため、現地の人のみならず、観光客にも大人気!パドルポップは数種類のアイスを出していますが、僕のお気に入りはなんといっても「オーシャンフリーズ」!こいつ、実は、ハリボーが入ってるんです。バリ島に来たらぜひ食べてみてくださいね!飛行機の前に余った小銭をつかうのにもピッタリ!!


■秘伝の漢方薬ジャムウ
3.jpg
ジャムウとはインドネシア秘伝の自然由来の漢方で、購入するためには夕方からオープンする専門店でのみ購入可能!カプセル状のものから、粉末状、リキッドタイプまで様々で、飲み方や回数はそれぞれ異なります。インドネシア人の中には、なにか体調に不安を覚えたり、少し疲れた時には病院や薬局ではなくジャムウ屋さんに行くひともいるんです!日本でもネットで売っていることがありますが、専門店で取り扱っている種類は数千種類に及び、要望を伝えるとお店の人が合ったジャムウを選んでくれます!


■バイクタクシー【GO-JEK】
4.jpg
GO-JEKはジャカルタ発信のバイクタクシーサービスで、アプリで呼ぶことができます!いま世界中で話題のUBERのバイクバージョンみたいな感じで、給料もいいせいか、副業としてGO-JEKをやる人がいまでも続々と増えています!一度使ってみるとわかりますが、ほんとに来るのが早い!アプリで現在地と目的地を入力すると自動的に金額が表示され、次へボタンを押すと、近くにいるドライバーに連絡が行きます!アプリを開いてから、ドライバーが着いたよーと連絡してくるまで早い時は3分。「すぐそこで友達とコーヒー飲んでたからー(笑)」みたいなお兄ちゃんやおじちゃんが来ます!もちろんヘルメットも持ってきてくれるので、乗る側は手ぶらでOK!ちなみに、ジンバランからクタまでならRp.15,000(\120)程度でいけますね!安い!


5.jpg
世界でみてもハイテクで自動化が進んでる日本には負けますが、バリ島でも「あ、これいいな!」「日本よりすげーじゃん!」というものはいくつもあります!そして、僕もまだ見たことのない、良いものがこのバリ島にはたくさん眠っているはず!ぜひバリ島にきたらいろいろ探してみてくださいねー!それではまた!ホリでした!


ホリ
バリ島旅行のみかた
Bali-no-mikata.com


2017年8月31日

1.jpg

みなさん、こんにちは。バリ島旅行のみかた、ホリ(HORI_BALI)です。今回はバリ島の定番とされているレギャン通りをご紹介したいと思います。実際にはどんなお店があるのでしょう?いくつかジャンルに分けてご説明してみましょう。


■昔ながらのお土産屋
2.jpg
クタ・レギャンエリアの名物といえば、こういったアジアの雰囲気漂うお土産屋さん。
某有名ブランドのサングラスがクルクル回るケースにかかっていたり、世界的に有名なブランドのスニーカーの模造品を多く取り扱っているお店が多いですね。こういった昔ながらのお土産屋さんでは、基本的に値札が付いておらず、交渉スタイルで値段を決めます。お互いが納得する値段であれば、それはWIN-WINだよねというのが、この土地の文化ですので、自分の希望する金額で買えたのであれば、それはぼったくりでもなんでもありませんのでご注意を。


■カフェ・レストラン
3.jpg
レギャン通りにはふらっと立ち寄れそうなカフェやレストランが多くあります。基本的にはオープンエアで、エアコンは無し。日陰に入ってしまえば、日中でもそこまで暑くはならないバリ島ならではの店舗構造をしています。世界各国の料理がバリ島価格で食べれるのも、この島のいいところですよね。


■PERAMA(プラマ)
4.jpg
ツアー代理店と聞くと、HISやJTBなどの日本人専用大型代理店を思い浮かべてしまいますが、レギャン通りにはこういった小さいツアー代理店がいくつも存在します。
5.jpg
中でもレギャン通りで有名なのはプラマ社のシャトルバス。ウブドやサヌールはもちろんのこと、イルカウォッチで有名なロヴィーナや有名なダイビング地チャンヂダサなど、バリ島の目ぼしい場所はほぼ網羅しています。それ以外にも、レンボンガン島、ロンボク島、ギリ島などの往復チケットも取ることができ、より安く目的地に行きたい場合はぜひ利用してみてください。


■ジェラート、フローズンヨーグルト
6.jpg
ここ数年で急激に増えているジェラートやフローズンヨーグルト屋さん。マッシモというサヌールのイタリアンレストランのジェラートが有名で、そのお店から仕入れていますというお店もありました。
7.jpg
お値段は1SCOOP(1すくい)¥300程度と日本とは大差ありませんが、ココナッツやマンゴー、ドラゴンフルーツなどバリ島オリジナルの南国フレーバーがたくさん。それらのフレーバーにセルフでトッピングを乗せることができるお店が多いですね!バリ島の暑い街中を歩いたあとはぜひジェラート屋さんで休憩しながら食べてみてください!


ホリ
バリ島旅行のみかた
Bali-no-mikata.com


2017年8月31日

1.jpg

みなさんこんにちは。バリ島旅行のみかた、ホリ(HORI_BALI)です。今回はですね、在住者や中長期滞在者に人気のエリア、サヌールをご紹介しようかと思います。「前回はクタ・レギャン・スミニャックに泊まったけど思ったより騒がしかった。」「初めてバリ島に行くのだけど、とにかく静かでゆっくり休める場所は無いかな。」という方は必見です。


■エリアについて
2.jpg
サヌールはバリ島の東海岸に位置し、バリ島内でも屈指のビーチリゾートの1つに数えられています。デンパサール国際空港から車で約30分程度、海上バイパスを使えば20分程度で到着です。マップをみてわかる通り、サヌールは縦長のエリアになっており、観光客が使うエリアはバイパスングラライよりも東側、よりビーチ方面に入ったあたりが多くなっています。そんなビーチ方面にある観光のメイン通りといえばダナウタンブリンガン通り。全長約2.5キロのダナウタンブリンガン通りにはレストラン、ワルン、お土産屋さん、スーパーマーケット、ホテルなど観光客が使うものが勢揃いしています。


■宿泊施設について
3.jpg
昔からリゾートとして開発されてきたサヌールには大きなリゾートホテルが多いです。そういった大型ホテルはサヌールビーチ沿いに立ち並び、プライベートビーチを有しています。値段は上を見ればキリがないですが、大体1泊¥15,000~¥30,000/1部屋が目安ではないでしょうか。
4.jpg
またダナウタンブリンガン通りとサンセットロードの間やサンセットロードより以西には自分たちだけのキッチンやプールが付いているプライベートヴィラがかなり多く、ヴィラの広さやランクにも寄りますが、中には1泊¥5,000程度で泊まれるものもあるのでぜひ検索してみてください!食料や飲み物を買いこんで毎日ヴィラでゆっくり過ごすなんて贅沢な体験をすることができちゃいます。ベッドルームが二つ以上あるヴィラもある場合、グループで利用してしまえば1人あたりはかなり安くなるかと思います!


■飲食店について
5.jpg
観光客が多いダナウタンブリンガン通りには綺麗な大型レストランが多く、定番のインドネシア料理、アジア系全般、西洋料理、日本料理など中長期滞在者が毎日外食しても飽きないほど多種多様なジャンルがそろっています。一番の有名どころといえば、きっとイタリアンのマッシモ。夕飯時予約必須、連日満員の大人気レストランです。オシャレな夜を楽しみたいならSoul in a bowlもいいチョイスだと思います!
6.jpg
バリ島に来たら1回はチャレンジしてみたいローカル食堂、ワルン。もちろんサヌールにも多くありますが、バリ島旅行のみかたイチオシは小奇麗なワルンクチル。まるでオシャレなカフェのような内装のナシチャンプル屋さんは、国内外を問わず多くの人気を集めています。


はい、今回はサヌールエリアの全体のご紹介でした。いかがでしたでしょうか?ビーチ、お土産、レストラン、ホテル、ゆっくり流れる時間など魅力がたくさんのサヌールエリア、ぜひ次回のバリ島旅行の参考になれば幸いです。

ホリ
バリ島旅行のみかた
Bali-no-mikata.com


2017年8月31日
2017年8月31日
2017年7月31日
2017年7月31日
2017年7月31日
⇒すべての記事を見る

バリ島旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

リゾートにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バリ2特派員

    バリ2特派員
    ホリ
    2015年7月からバリ島へ移住。
    早稲田大学文学部卒業後、ITベンチャーで日本の社会を経験するも、太陽への恋心から移住を決意。現在「バリ島旅行のみかた」というメディアのメインライターを務め、リアルなバリ島情報を世界中に届けるため日々奮闘中。バリ島に関するご質問、記事リクエスト、「これしらべてくれ!」も随時受付中です。返信率100% DISQUS ID @disqus_63HZ656Lza

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集