海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > インドネシア/バリ2特派員ブログ

インドネシア/バリ2特派員ブログ halu

インドネシア・バリ2特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。



皆さま、こんにちは。haluです。
日本国領事館よりインドネシア国外滞在中に失効した一時滞在許可(KITAS/ITAS)、定住許可(KITAP/ITAP)または再入国許可の更新手続きの期限が、2020年12月31日まで延長されたとの知らせが入りましたので掲載します。
920B2BE6-B7F4-4E11-B73A-0058732707F2.jpeg

1 8月25日、法務人権省入国管理総局は、同総局ホームページにおいて、インドネシア国外滞在中に一時滞在許可(KITAS/ITAS)、定住許可(KITAP/ITAP)または再入国許可が失効した外国人が再入国の上更新手続きを行わなければならない期限を、2020年9月8日から同年12月31日まで延長するとしました。


2 詳細については、インドネシア法務人権省入国管理総局のホームページ( https://www.imigrasi.go.id/ )を確認の上、入国管理事務所または入国管理総局設置のオンライン・インフォメーション・センターWhatsApp Chat Service(+62-(0)821-1430-9957)にお問い合わせください。


3 インドネシア政府は、出入国及び滞在に関する制度やその運用を随時変更しており、これらは突然に変更される可能性があります。当館としては、できるだけ速やかな情報のアップデートに努めていますが、邦人の皆様におかれても最新の関連情報の入手に努めてください。


【問い合わせ先】在デンパサール日本国総領事館 Konsulat Jenderal Jepang di Denpasar

Jl.Raya Puputan No.170, Renon, Denpasar, Bali, Indonesia
Tel: (+62)0361-227628
Fax: (+62)0361-265066
e-mail: denpasar@dp.mofa.go.jp
Web: https://www.denpasar.id.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
休館日:土・日、休日  開館時間:08:30~12:00、13:30~16:00


2020年8月27日



皆さま、こんにちは。halu です。
本日新たな情報が入りましたので掲載します。
現在のところ、外国人観光客受け入れ開始日は未定です。


英語版は以下になります↓
PRESS RELEASE IMPLEMENTATION OF INTERNATIONAL TOURIST ENTERING BALI REQUIRES A CONDUCIVE SITUATION AND SOUND PREPARATION

985BB9B3-2FE1-4402-8888-AE7549B09E42.jpeg
注)情報は随時変わりますことをご理解ください。


バリ州知事が署名した2020年8月22日の新しい文書です。
バリ州知事署名書類8月22日付

最後の部分の日本語翻訳は以下になります。


7.外国人観光客向けの観光活動の開始である第3フェーズの計画については、次の点を慎重に検討する必要があります。


a インドネシア共和国の領土への外国人の進入を一時的に禁止することについての2020年のインドネシア共和国法人権大臣の規制第11号は現在も有効です。


b インドネシア政府は、少なくとも2020年の終わりまで、市民の海外旅行を禁止する政策を依然として実施しています。これに伴い、インドネシア政府は、インドネシアへの外国人観光客の入国の扉を開くことができませんでした。 2020年インドネシアはまだレッドゾーンカテゴリに属している為。インドネシアの状況は、バリを含む外国人観光客がインドネシアを訪れることを許可することにまだ貢献していません。


c 世界のどの国も、国民が国外に旅行することを許可する政策を実施していません。 COVID-19のパンデミックは依然として増加しており、国民の健康と安全を脅かしているため、世界の国でさえ、国民に非常に厳しい活動制限政策を課しています。 たとえば、国民がバリに最も旅行するオーストラリアは、2021年に国民の旅行を許可することのみを計画しています。同様に、中国、韓国、日本、およびヨーロッパの国々。


d 原則として、中央政府はバリを訪れる外国人観光客への扉を開くことにより、観光を回復するためのバリ州政府の計画を強く支持しています。 しかし、それは注意が必要であり、急いではならず、非常に注意深い準備が必要です。 これは、バリを含むインドネシアの世界社会の信頼に大きく依存し、影響を与える世界の主要な観光地としてのバリの地位によるものです。 観光を回復するための努力において、バリは失敗してはなりません。それは、世界の目で見たバリを含むインドネシアのイメージに悪影響を及ぼし、観光の回復の努力に逆効果をもたらす可能性があるからです。


e 中央政府は、バリ州政府が手順、システム、インフラストラクチャを完成させ、COVID-19のパンデミックを適切に処理しながら、バリの観光事業を円滑に成功させるための指示を出します。 外国人観光客がいつバリを訪問することが許可されるかに関しては、それは国内外の状況の進展の評価に基づいて決定されます。


8.したがって、2020年の終わりまでに、バリ州政府は観光とバリの経済を回復するために国内の観光客をバリに連れて行く努力をします。



また情報が入り次第、お知らせいたします。
こちらの情報も参考になりますのでご覧ください(インドネシア語)
BNPB Twitter


2020年8月23日



皆さま、こんにちは。
halu です。
8594B8DF-BA2D-471E-A6DF-7532FCE984CB.jpeg
9月ガルーダインドネシア航空のデンパサール、ジャカルタ便の運休、変更などの情報を掲載します。


ガルーダ便 関空 運休 変更等お知らせ


ガルーダ便 成田 羽田 運休、変更等お知らせ


2020年8月21日
2020年7月 9日
2020年6月13日
2020年5月28日
2020年5月23日
⇒すべての記事を見る

バリ島旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

リゾートにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バリ2特派員

    バリ2特派員
    halu
    2006年友人の結婚式で初訪問。数年後、結婚を機に拠点をバリに。ティーコーディネーターとして世界と日本の茶園を巡り続けながら、ネイルサロン(自身ネイリスト兼セラピスト)、 カフェと紅茶専門店を営業。現在は路面店を終了し、バリと日本のカフェ、レストランへの卸、ネットショップ、ワークショップ、期間限定カフェを都内で開催。バリの自然と 治安の良さ、食事環境の充実に、ますます魅力を感じている今日この頃。 DISQUS ID @disqus_QoW7pcpdh3

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集