海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ2特派員ブログ > 2020年4月1日発表:新型コロナウイルスに係るイ...

インドネシア/バリ2特派員ブログ halu

インドネシア・バリ2特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年4月 1日

2020年4月1日発表:新型コロナウイルスに係るインドネシア政府による追加的な入国規制措置(外国人の入国禁止等)


2020年4月1日発表:新型コロナウイルスに係るインドネシア政府による追加的な入国規制措置(外国人の入国...



皆さま、こんにちは。halu です。
4月1日の発表には続報も届いているので、追記します。
以下、ご覧ください。


本日のインドネシア政府の「追加の入国規制」の情報です。


引き続き、日本総領事館からの情報をそのまま掲載します。


312A0A60-CC67-457C-83AE-8445F1E3C938.jpeg

●インドネシア政府は,新型コロナウイルスの世界的流行を受けて,追加の入国規制を発表しました。
●4月2日午前0時から,一部の例外を除き,全ての日本人を含む外国人のインドネシアへの入国及びインドネシアでの航空便乗り継ぎ(トランジット)が禁止されます。
●一時滞在許可(KITAS)・定住許可(KITAP)保持者や航空機の乗務員などは,この禁止措置の例外になります。
●例外に該当する外国人も,入国にあたり,1.英文の健康証明書の所持,2.直近の過去14日間に新型コロナウイルス非感染地域に過去14日間以上滞在(日本は現在非感染地域とされてます),3.インドネシア政府によって実施される14日間の隔離を受ける用意があること(到着時に新型コロナウイルスの初期症状がある場合に限られる。)の条件が課せられます。この点についてはこれまでと変更はありません。
●今回の追加的な措置では,以下のようにやむを得ない場合の滞在延長の付与についても定められていますが,詳細判明次第,別途お知らせします。

1 3月31日,同日付の領事メール( https://www.denpasar.id.emb-japan.go.jp/files/100038187.pdf )でお知らせしたとおり,インドネシア政府は世界的な新型コロナウイルスの感染拡大を受け,外国人に対する追加的な入国規制措置を発表しました。この追加的な措置は4月2日午前0時から実施されます。

2 一部の例外を除き,全ての外国人のインドネシアへの入国及びインドネシアでの航空便乗り継ぎ(トランジット)が一時的に禁止されます。この禁止措置の例外に該当するのは,一時滞在許可(KITAS)・定住許可(KITAP)保持者,人道上の理由に基づく医療・食料支援関係者,輸送機の乗務員,国家戦略プロジェクト従事者,外交・公用査証又は滞在許可保持者です。

3 上記の例外に該当する外国人も,入国にあたっては,以下の条件が付されています。これらの条件はこれまでと変更ありませんが,(2)の非感染地域の範囲についてはさらに確認中ですので,新しい情報があれば改めてお知らせします。
(1)各国の保健当局が発行した英文の健康証明書
(2)新型コロナウイルス非感染地域に過去14日間以上滞在。(感染地域とは,中国、韓国の大邱広域市,慶尚北道清道郡、イラン,イタリア,バチカン,スペイン,フランス,ドイツ,スイス。日本は非感染地域。)
(3)インドネシア政府によって実施される14日間の隔離を受ける用意がある。(到着時に新型コロナウイルスの初期症状がある場合に限られます)。

4 滞在許可等の自動延長
 今回の追加的な措置では,以下のようにやむを得ない場合の滞在延長の付与についても定められていますが,(1)及び(2)については,詳細判明次第,別途お知らせします。
(1)査証免除や一時到着査証(ビザ・オン・アライバル)などで入国し,インドネシア国内に滞在中の外国人は,入国時に付与された一時訪問滞在許可が失効したか,その延長ができない場合,入国管理事務所に申請を提出することなく,自動的に,やむを得ない場合の滞在許可が付与される。
(2)一時滞在許可(KITAS)又は定住許可(KITAP)を保有して現在インドネシア国内に滞在している外国人で,KITAS・KITAPが失効したか,その延長ができない外国人については,入国管理事務所に申請を提出することなく,自動的に,やむを得ない場合の滞在許可が付与され,延長手続き猶予の扱いとなる。
(3)やむを得ない場合の滞在許可付与にあたって,手数料は徴収されない。
(4)新型コロナウイルスのパンデミックが収束したと宣言されれば,滞在許可の延長手続きは,通常の手続きに戻る。

このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。

【問い合わせ先】在デンパサール日本国総領事館 Konsulat Jenderal Jepang di Denpasar

Jl.Raya Puputan No.170, Renon, Denpasar, Bali, Indonesia
Tel: (+62)0361-227628
Fax: (+62)0361-265066
e-mail: denpasar@dp.mofa.go.jp
Web: https://www.denpasar.id.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
休館日:土・日、休日  開館時間:08:30~12:00、13:30~16:00


以下、続報、追記します。


●インドネシア政府は,新型コロナウイルスの世界的流行を受けて,追加の入国規制を発表しました。
●やむを得ない場合の滞在延長の付与について,在インドネシア日本国大使館から入国管理総局に確認したところ,査証免除や一時到着査証(ビザ・オン・アライバル)などで入国し,現在インドネシア滞在中の全ての外国人(含む日本人)に対し,やむをえない場合の滞在許可が付与されます。
●KITAS/KITAP所持者の滞在延長については,自動的にやむを得ない場合の滞在許可が付与されます。サポートレターも不要です。
●APECビジネス・トラベル・カード(ABTC)保持者は入国禁止の対象になります。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 交通・鉄道・航空 旅行・ツアー・ホテル 治安・渡航安全情報 通信・携帯・インターネット
2020年4月 1日
« 前の記事「2020年3月31日発表:新型コロナウイルスに係るインドネシア政府による追加的な入国規制措置」へ
»次の記事「バリ島:各航空会社による国際線運航状況」 へ
バリ2特派員 新着記事
インドネシア入国管理事務所の業務一部再開のお知らせ
新型コロナウイルスに係るバリ州出入域措置(続報)
新型コロナウイルスに係るバリ州出入域措置(PCR検査必至)
新型コロナウイルスに係るインドネシア政府による入国時の措置(インドネシア到着時における検疫の取扱い)(続報)
新型コロナウイルスに係るデンパサール市長規則(社会活動制限)
インドネシア政府による追加的な入国制限措置(インドネシア国外滞在中にKITAS/KITAPが失効した場合等の救済措置)
新型コロナウイルスに係るインドネシア政府による入国時の措置(インドネシア到着時における検疫の取扱い)
帰省禁止措置にともなう国内移動制限(空路での国内移動の限定的な再開)

バリ島とその付近のエリア ツアー情報


2020/3/31更新

グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


バリ島旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

リゾートにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バリ2特派員

    バリ2特派員
    halu
    2006年友人の結婚式で初訪問。数年後、結婚を機に拠点をバリに。ティーコーディネーターとして世界と日本の茶園を巡り続けながら、ネイルサロン(自身ネイリスト兼セラピスト)、 カフェと紅茶専門店を営業。現在は路面店を終了し、バリと日本のカフェ、レストランへの卸、ネットショップ、ワークショップ、期間限定カフェを都内で開催。バリの自然と 治安の良さ、食事環境の充実に、ますます魅力を感じている今日この頃。 DISQUS ID @disqus_QoW7pcpdh3

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集