海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > バルカン特派員ブログ > アルバニアのユネスコ世界遺産のご紹介です。

セルビア/バルカン特派員ブログ 牧野 貴彦

セルビア・バルカン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年8月31日

アルバニアのユネスコ世界遺産のご紹介です。


メール プリント もっと見る

アルバニアのユネスコ世界遺産のご紹介です。

「地球の歩き方」バルカン地域特派員ブログ担当の牧野です。

JICA観光案件の活動の一環で、アルバニア南部に位置する世界遺産の調査に行ってきました。
アルバニアには、2つのユネスコ世界遺産があります。
ともにアルバニアの南部にあります。
1泊2日での調査日程でしたが、ゆったりとした旅行であったら2泊3日以上での日程をお勧めします。
移動は全行程セダン車でしたが、舗装された道路では全く問題ない移動でした。
途中で少しずつ寄り道したので誤差がありますが、今回の調査の総移動距離は、首都ティラナ→ベラット(約120km)→ジオカストラ(約150km)→ブトリント(約77km)→サランダ(約17km)→首都ティラナ(約280km)で、おおよそ約641kmでした。

ベラット・ギロカストラ
ベラットとジオカストラは互いに150kmほど離れており、それぞれの街の歴史、文化背景に違いはあるものの、ユネスコの世界遺産への登録ファイルとしてはオスマン・トルコ帝国時代の都市遺産として2005年に登録されました。

別名「千の窓の町」とも呼ばれるベラットの歴史地区は、マンガレムとゴリツァの2地区に分かれています。「千の窓の街」で知られているのは、マンガレム地区の方です。13世紀に建設された城下町も一部ありますが、町の起源は4世紀に逆遡ります。

DSC02236.JPG

城の中心部には、たくさんのビザンチン時代の教会もあり、それぞれに独特のフレスコ画やイコンなどの歴史的価値あるものが保存されています。また、聖マリア教会は「オヌフリ」国立イコン博物館となっています。ベラットには、オスマン・トルコ時代の数多くのモスクもあります。最も古いとされる「王のモスク」は、15世紀バヤジッド2世の時代に建てられ、その立派な天井が特徴です。

ジロギロカストラの3世紀に建設されたといわれる城砦は、アルバニアで最も大きな城跡となっています。この城跡の中にある第二次世界大戦頃と思われる兵器の展示には驚きました。旧市街の伝統的な家々では、石を使って小さな城に似せるといった、地方独特で伝統的な建築様式から「石の街」とも呼ばれています。

DSC02275.jpg

また、この国のかつての共産主義独裁者エンヴェル・ホジャもこの町の出身であり、彼の生まれた家は、今では民族博物館になっています。

ブトリントの古代遺跡
アルバニアのサランダ県にある1992年に登録された遺産です。
ブトリントの歴史は古く、先史時代から居住が始まり、ギリシャとローマ帝国の植民地となっていました。その後はビザンチン帝国の支配のもとで繁栄を迎え、次いでベネチア帝国に占領され、中世後期になって廃墟となりました。現在の遺跡では、この町がこれまで通ってきた多くの時代の痕跡を見ることができます。

DSC02306.JPG

同遺跡で発掘された記録によるとブトリントの町は、古代トロイの都市計画に従って建設され、その名前はトロイのエネア王子がドドナの町へ向かうときに生贄としてささげた「ブトロトス」という牡牛の名に由来するとされています。

DSC02323.JPG

現在のブトリントは、アルバニアの中でも一番人気のある観光地となっており、この地域における長く複雑な覇権の歴史を一同にたどることができる遺産と言えるのではないでしょうか。

いかがでしたでしょうか、今回は、上記の二つ世界遺産についてご紹介をいたしました。
ご要望・ご不明点等ございましたら、是非ご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景
2016年8月31日
« 前の記事「バルカン地域特派員ブログ担当、JICA観光専門家の牧野です。」へ
»次の記事「「秋の夜長に大人の嗜み」」 へ
おすすめ記事
    バルカン特派員 新着記事
    ラキヤ製造農家にて
    セルビア王家~ワイン
    「次の観光地」バルカン地域の魅力発見
    「秋の夜長に大人の嗜み」
    アルバニアのユネスコ世界遺産のご紹介です。
    バルカン地域特派員ブログ担当、JICA観光専門家の牧野です。

    ヨーロッパ 航空券情報


    セルビア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■セルビアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バルカン特派員

      バルカン特派員
      牧野 貴彦
      2016年5月よりJICA観光専門家としてアルバニア、セルビア、モンテネグロを中心にバルカン地域全体の観光振興に貢献中。 JICA以前は、アジア地域各国においてUNECSO文化振興・保護・保全の担当官としてアジア地域各国の経験したことから、魅力的な観光地についての発信を目指す。 ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集