海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ボルチモア特派員ブログ > 【アメリカ・くらし歳時記】ハロウィンのおばけカボチ...

アメリカ/ボルチモア特派員ブログ ベスト加島 聡子 さん

アメリカ・ボルチモア特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年10月23日

【アメリカ・くらし歳時記】ハロウィンのおばけカボチャを作ってみました


【アメリカ・くらし歳時記】ハロウィンのおばけカボチャを作ってみました

Halloween-10.jpg
アメリカの秋、10月~12月は、州を問わずアメリカの「風習・習慣」を最も楽しめる3ヵ月です。10月末のハロウィン、11月の感謝祭、そして12月のクリスマス(ハヌカー、クワンザを祝う家庭もある)と毎月イベント続きなので、アメリカの暮らしの中では一年で最も彩り豊かな3ヵ月になります。今回はハロウィンのおばけカボチャを手作りしてみました。

9月まで時折残暑の厳しかった日々から一転、朝晩の冷え込みが急に厳しくなるメリーランド州の10月。木々も一気に紅葉が進みます。


今でこそハロウィンは日本でも広く浸透してきたお祭りですが、私が初めて渡米した30数年前は、日本でのなじみが薄く、私自身も「ハロウィン=ハロー・ウィン?」と勘違いしていたことも。


秋の新学期が始まってひと段落つく9月下旬頃から、店頭にハロウィン関連のグッズやお菓子が並び始めます。郊外の住宅地では、玄関周辺や前庭に大掛かりなハロウィン用の装飾もお目見えします。


ハロウィン当日の10月31日の夜は、トリックオアトリートで仮装した子供たちが近所の家々を訪ねてお菓子をもらうという楽しいイベントですが、地域によって週末の日中に実施したり、訪問できる時間帯を制限したり、保護者の同伴を必須とするなど、近年安全対策にはかなり注意を払っています。


ハロウィンの代表的な飾りである、ジャック・オー・ランタン(Jack-O-Lantern)は、オレンジ色の大きなカボチャをくりぬき、簡単な目や口のついた顔に仕上げ、ランタンにして外に飾るものです。
お店でも多種多彩なハロウィンの飾りを売っていますが、今年はすべて手作りでやってみました。


ジャック・オー・ランタンに使うオレンジ色のカボチャは、ベジタブル・スタンドで$8にて購入。
Halloween-4.jpg


今回使うのは、直径25cm、高さ約27cmの大きなカボチャです。ちなみに、このカボチャは食べられるそうですが、実の方はあまり味がしないそうで、もっぱら飾り用に販売されています。▼
Halloween-5.jpg


マジックで軽く下書きをしてから、ナイフでくりぬいてきます。子供用にランタン作り向けの安全ナイフのセットも売られています。今回はギザギザのついたステーキナイフで作業してみました。
大きさの割に、中はけっこう空洞があります。外皮はつるつるして硬さがありますが、思ったよりナイフの通りはいいです。▼
Halloween-7.jpg


ヘタの部分をまずは切り取り、中の種と繊維質の部分を取り除きます。種は乾燥した後オーブンで煎ると、ビールのおつまみになります。▼
Halloween-8.jpg


へらなどを使って、中をきれいに掃除したら、目や口の部分を切り抜きます。▼
Halloween-9.jpg


完成しました。▼
Halloween-16.jpg

中にティーキャンドルを入れてみます。
暗闇の中にカボチャのお化けの顔が浮かび上がりました。
Halloween-11.jpg


その後、玄関前に夜通し置いていたら、翌日アリにたかられてしまったので、ハロウィン当日までラップに包んで虫の侵入を防ぐことにしました。天候によりますが、ハロウィン直前に作るのがベストなようです。


カボチャをくり抜くのが面倒・大変という場合は、表面に直接アクリル絵の具で絵を描いても十分楽しめます。
Halloween-13.jpg


【おまけに作ってみました】
おばけカボチャのほかにこんな飾りも作ってみました。ハッピーハロウィン!
Halloween-17.jpg
▲ベニヤ板に書いたお化け


Halloween-15.jpg
▲折り紙と切り紙で吊るすデコレーション

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 文化・芸術・美術 生活・習慣・マナー
2021年10月23日
« 前の記事「米国最古の現役通勤鉄道網~カムデン・ラインに乗って」へ
»次の記事「日米友好・姉妹都市の証(あかし)として~インナーハーバーの石灯ろう」 へ
ボルチモア特派員 新着記事
【ワシントンDC】苦難と贖罪の歴史を語る~日系アメリカ人記念碑
【メリーランド州ベルエア】小さな町のイルミネーションイベント始まる
【アメリカの日常生活】強風で大木が倒れたときは
【ホームラン王】ベーブ・ルースの生誕地・博物館を訪ねて
〈メジャーリーグ〉ボルチモア・オリオールズの本拠地・カムデンヤード
日米友好・姉妹都市の証(あかし)として~インナーハーバーの石灯ろう
【アメリカ・くらし歳時記】ハロウィンのおばけカボチャを作ってみました
米国最古の現役通勤鉄道網~カムデン・ラインに乗って

アメリカ ツアー最安値


2021/3/31更新

アメリカ 航空券情報


アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/オーランドアメリカ/サクラメントアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタバーバラアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/ツーソンアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ボルチモアアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/リバーサイドアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ボルチモア特派員

    ボルチモア特派員
    ベスト加島 聡子 さん
    神奈川県出身。在米歴約20年。高校時代の初渡米以来、ホームステイ、出張、海外キャンプ、インターンシップ、語学学校、大学院留学、そしてアメリカ移住とあらゆるスタイルでの滞米経験を積む。ペンシルバニア州、バージニア州在住を経て、現在メリーランド州で菜園と家の修繕をしながらクラフトアートにいそしむ、晴耕雨読の日々。 DISQUS ID @disqus_x7WrP8x3oO

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集