海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ボルチモア特派員ブログ > 【廃墟マニア向け?】ボルチモア老舗デパートの跡地探...

アメリカ/ボルチモア特派員ブログ ベスト加島 聡子

アメリカ・ボルチモア特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2022年1月 4日

【廃墟マニア向け?】ボルチモア老舗デパートの跡地探訪


【廃墟マニア向け?】ボルチモア老舗デパートの跡地探訪

アメリカのデパートで広く名前が知られているのは、感謝祭パレードで有名なメイシーズ(Macy's)がありますが、ボルチモアにもかつて132年の歴史を誇り、"ボルチモアの文化発信"的な役割をしていた、ハツラーデパート(Hutzler's Department Store)がありました。創業地に今も残る、旧ハツラーデパートの現在の様子を見てきました。
【新型コロナウイルスの変異株が世界各地で猛威をふるっています。事態が収束し、皆様が安全に海外へ出られるようになってから訪れてほしいおすすめのスポットを紹介しております。】


Hutzler-1.JPG

ハツラーデパートは1858年にユダヤ系ドイツ人のハツラー親子が開業した乾物屋が起源で、ボルチモアの当時の中心地、ハワード通りHoward Streetにありました。20世紀初頭までには、ボルチモアの代表的な百貨店として繁栄を築いていきました。ハツラーの栄華を示す、象徴的な例の一つが、1888年に建てられた「パレス(宮殿)」と呼ばれた、ロマネスク建築(壁が厚く半円アーチの窓などの特徴)の大理石五階建て店舗があります。この建築物は米国内務省・公園局によって国家歴史登録材National Register of Historic Places(文化遺産) に登録されています。


Hutzler-2.JPG
▲1888年に建てられた"パレス"と呼ばれた店舗の正面外観


1932年にはパレスの隣に幾何学や曲線を基調としたアールデコ調のビルが増築され、ボルチモア初のエスカレーターが設置されるなど、ハツラーはボルチモアの顔として繁栄のピークを迎え、"買い物するならハツラーへ行く"とまで言われていたそうです。当時のハワード通りはボルチモアで一番のショッピング街でもありました。1930年代~1950年代頃までは多くの女性たちが帽子と手袋を着用し、路面電車に乗ってハツラーデパート内のレストランやカフェテラスへ出掛けていたそうです。当時、ハツラーデパートはボルチモア市内、郊外を中心に、メリーランド州内に最大時には10店舗を構えていました。


1960年代ごろから80年代にかけて、ボルチモア市内から郊外へ移転する人々や企業が相次ぎ、町の景観や治安も大きく変容していきました。130年を超える歴史を誇り、高品質の商品を売りにしていたハツラーデパートの経営も、拡張路線の失敗などの影響もあり1980年代後半には悪化に傾き、1990年初めに全店舗閉鎖、会社も閉業となってしまいました。
Hutzler-4.JPG
▲1932年に増築された店舗の入り口は、アールデコ調の外壁デザイン


Hutzler-3.JPG
▲1932年の増築部分


ハツラーデパートの閉店から既に30年を経過していますが、市当局も港側(インナーハーバー)の開発に注力してきた経緯で、デパートの建物は現在も解体されることなくそのまま残され、同じブロックの商業施設もほとんどが閉鎖されております。ダウンタウンの真ん中にあり、かつての一等地であった一角がまるでゴーストタウンのようになっていました。跡地を利用した再開発の目途はいまだ立っていないようです。
Hutzler-5.JPG
▲旧店舗の前は今もライトレールが走っていてアクセスは便利


■旧ハツラーデパート(Hutzler Brothers Palace Building)
・住所: 210-218 N. Howard Street, Baltimore, MD
・アクセス: MTA Lightrail Lexinton Street 駅下車すぐ


※建物内部への立ち入りは出来ません。
※周囲の治安はあまり良くありません。夜間や一人での行動は控えることをお勧めします。


【参考図書ご紹介】ハツラーデパートの歴史について書かれた本が出版されています。(英書)


著作名:Hutzlers: Where Baltimore Shops  著者:Michael J. Lisicky


Hutzler-7.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 文化・芸術・美術 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2022年1月 4日
« 前の記事「【早すぎた天才作家】エドガー・アラン・ポーの終焉の地」へ
»次の記事「【ローカルアーティストの作品が一堂に】小さな町の小さなアートギャラリー」 へ
ボルチモア特派員 新着記事
【200年前は国防前線】フェデラルヒルからの眺望をみる
【スケートボード公園オープン】港の景色を楽しみながらスポーツを
【ローカルアーティストの作品が一堂に】小さな町の小さなアートギャラリー
【廃墟マニア向け?】ボルチモア老舗デパートの跡地探訪
【早すぎた天才作家】エドガー・アラン・ポーの終焉の地
【アメリカ食生活】メリーランドのローカルフード・スイーツその他編
【アメリカ食生活】メリーランドのローカルフード・海の幸編
【ワシントンDC】苦難と贖罪の歴史を語る~日系アメリカ人記念碑

アメリカ ツアー最安値


2021/3/31更新

アメリカ 航空券情報


アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/オーランドアメリカ/サクラメントアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタバーバラアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/ツーソンアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ボルチモアアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/リバーサイドアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ボルチモア特派員

    ボルチモア特派員
    ベスト加島 聡子
    神奈川県出身。在米歴約20年。高校時代の初渡米以来、ホームステイ、出張、海外キャンプ、インターンシップ、語学学校、大学院留学、そしてアメリカ移住とあらゆるスタイルでの滞米経験を積む。ペンシルバニア州、バージニア州在住を経て、現在メリーランド州で菜園と家の修繕をしながらクラフトアートにいそしむ、晴耕雨読の日々。 DISQUS ID @disqus_x7WrP8x3oO

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集