海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ボルチモア特派員ブログ > 【まさに中世の塔体験】ボルチモア・ワシントンモニュ...

アメリカ/ボルチモア特派員ブログ ベスト加島 聡子

アメリカ・ボルチモア特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2022年4月 2日

【まさに中世の塔体験】ボルチモア・ワシントンモニュメントと大理石の階段


【まさに中世の塔体験】ボルチモア・ワシントンモニュメントと大理石の階段

ワシントン記念塔というと首都ワシントンDCにある全長555フィート(約169m)のオベリスク(上部に向かってやや細くなる四角柱)が最も有名ですが、隣町であるボルチモアには、ワシントンDCの記念塔よりも70年近く前に完成したワシントン記念塔があります。規模は小さいながらも、この塔からさまざまなボルチモアの歴史的背景を知ることができます。
(撮影・掲載許可済)


BWmonument-1.JPG
▲ボルチモアのワシントン記念塔(奥)と塔の北側にある騎馬像。この像は独立戦争で活躍したボルチモア出身の軍人で政治家のジョン・イーガー・ハワードJohn Eagar Howard

1815年完成・全米で最初の「ジョージ・ワシントン初代大統領」記念碑


ボルチモアの鉄道玄関口、ペン・ステーションPenn Stationからチャールズ通りCharles Street沿いに南方面に15~16分ほど歩くと、通りの真ん中が細長い公園地帯になり、歴史的な風情のある建物が立ち並ぶマウント・バーノン地区Mount Vernon neighborhoodがあります。地区の中心には円柱の塔の頂点にジョージ・ワシントン初代大統領の立像を配したワシントン記念塔Washington Monumentがあり、周囲にはウォルターズ美術館The Walters Art Museum、ピーボディ音楽院Peabody Institute of the Johns Hopkins University 、マウント・バーノン・プレイス・メソジスト教会Mt. Vernon Place United Methodist Church、メリーランド歴史文化センターMaryland Center for History and Culture などが立ち並ぶボルチモアの歴史地区です。


ここにある「ワシントン記念塔」は1815年に完成し、最近では建立200年にあたる2015年に向け、大規模な修復が施されました。頭頂部のワシントン像を含めた全長は178.8フィート(約54m)、展望台は120フィート(約36.5m)という高さですので、小ぶりな塔ですが、1799年に亡くなった初代大統領ジョージ・ワシントンの記念碑としては、全米で最も古い建造物として知られています。首都ワシントンDCにある有名なワシントン・モニュメントの方は、1848年に建設開始しましたが、南北戦争などによる工事の長期中断を経て、1885年に落成していますので、いかに早期の記念塔であったかがうかがえます。


BWmonument-2.JPG
▲ボルチモアのワシントン記念塔全景


メリーランド産の大理石


ボルチモアとワシントンにあるふたつの「ワシントン記念塔」には意外な共通点もあります。ボルチモア郊外(ボルチモア郡)にはかつて良質な白大理石の採掘場があり、ボルチモアとDC両方のワシントン記念塔には同じ採掘場から掘られた大理石が使われています。19世紀半ばのボルチモアでは、あらゆる公共建物やタウンハウスなどの一般住宅にいたるまで、玄関口の階段を大理石でつくることが流行し、家の大理石の階段を磨くことがボルチモアの伝統ともいわれていたそうです。


BWmonument-3.JPG
▲記念塔への入口部分


中世の古城のような塔内の階段を上る


塔の内部はギャラリーと呼ばれるロビー空間に塔の歴史や概要を紹介するスクリーンパネルがあり、中央部には塔の先端まで上がれる227段のらせん階段への扉があります。階段は人が交差するのがやっとで、最上階の展望部分もたいへん狭いため、一度に階段エリアに入れるのは5人までと制限されています。壁はレンガ造りで階段は大理石製。館内案内の方にうかがうと、レンガ壁は2015年に修復されたものであるが、階段の大理石は建設当時からのオリジナルであるとのことです。
227段の階段はさほどきついものではありませんが、窓がほとんどないレンガ壁だけの空間のなか、狭い大理石のらせん階段を、足を踏み外さないようゆっくり回るように上り下りすると、中世の世界にタイムスリップしたような不思議な感覚を体験できました。


BWmonument-4.JPG
▲階段のスタート地点


BWmonument-5.JPG
▲階段の途中部分。周りに見えるのはレンガ壁だけ


BWmonument-8.JPG
▲最上部に到着。足場は非常に狭いです


最上部の展望台は、バルコニーの手すり位置が低すぎることから、現在は階段の踊り場からガラス越しにしか見学できませんが、それでも東西南北四方の景色がはっきり見ることができます。


BWmonument-7.JPG
▲展望エリアから見えるボルチモアのダウンタウン


BWmonument-9.JPG
▲ワシントン記念塔の南側にある騎馬像は、ジョージ・ワシントンの軍事支援をしたフランスのラフィエット侯爵の像 Marquis de Lafayette


■The Washington Monument ボルチモア・ワシントン記念塔


・公式ページURL: https://mountvernonplace.org/
・公式インスタグラム: https://www.instagram.com/mountvernonplace/


・所在地: 699 Washington Place, Baltimore, MD 21201
・開館時間: 水曜日~日曜日 10:00~17:00
・入館料: 塔の階段を上る場合は大人$6、子供$4。土台部分(ギャラリー階)のみの見学は無料。
・アクセス: 公共交通機関利用の場合は、Charm City Circulator(無料の市内巡回バス)のパープル・ラインPurple Lineに乗車、北方面ルートは#307 Washington Monument停留所下車、南方面ルートは#324 Madison Street または#325 Centre Street下車。 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2022年4月 2日
« 前の記事「【サクラガサイタヨ】ワシントンDCとボルチモアからの桜だより」へ
»次の記事「【メリーランドの生活史】ジェルサレム・ミル歴史村を訪ねる」 へ
ボルチモア特派員 新着記事
【ボルチモアの繁栄時代を知る】メリーランド歴史文化センター
【大西洋岸の半島イースタンショア】19世紀の灯台と20世紀の国防遺跡
【日常のくらしから】消防署が会場を誘致!?フードトラック新事情
【入館無料のミュージアム】ウォルターズ美術館を満喫しよう
【アジアン・ヘリテージ】アジア系のお祭りイベントで出店体験
【歴史と自然と健康と】鉄道跡のトレイル・始発から終点まで歩いてみた
【初夏のボルチモア】ウォータータクシーで湾内めぐり
【メリーランド州フォールストン】創業102年・手作りチョコレート店の伝統の味

アメリカ 航空券情報


北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/オーランドアメリカ/サクラメントアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタバーバラアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/ツーソンアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ボルチモアアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/リバーサイドアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ボルチモア特派員

    ボルチモア特派員
    ベスト加島 聡子
    神奈川県出身。在米歴約20年。高校時代の初渡米以来、ホームステイ、出張、海外キャンプ、インターンシップ、語学学校、大学院留学、そしてアメリカ移住とあらゆるスタイルでの滞米経験を積む。ペンシルバニア州、バージニア州在住を経て、現在メリーランド州で菜園と家の修繕をしながらクラフトアートにいそしむ、晴耕雨読の日々。 DISQUS ID @disqus_x7WrP8x3oO

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集

AIG