海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > タイ/バンコク特派員ブログ

タイ/バンコク特派員ブログ サカモトヨウコ

タイ・バンコク特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

CityCity2017_2014.jpg

タイの人気アーティストや写真家、イラストレーター、デザインスタジオ、独立系出版社などが約150組が出展し、自費出版のアートブックやZINEが集結したイベント「BANGKOK ART BOOK FAIR 2017」が9月7日〜10日に開催されました。
http://bangkokartbookfair.info/

CityCity2017_2027.jpg

CityCity2017_2019.jpg

会場ではアーティストのグループや出版社ごとにブースを設け、直接販売。イベント中は、トークイベントや音楽のライブもあり。グラフィックデザイナーなどが印刷方法や紙などこだわった、遊び心のある作品がたくさん。つい全部手に取って見てしまいます。
CityCity2017_2022.jpg

学生や美大を卒業したての若い世代も参加しており、過去の学生の作品などと比べると、近年のものは格段に垢抜けたデザイン・イラストが増えた印象。
CityCity2017_2060.jpgby MM。卒業制作のプロジェクトの続編だそう。


今回が一回目となるこのイベント。バンコクでは、Art Bookや、Zineを作ることがまだまだ一般的でないため、このフェアに向けて事前に複数回のレクチャーイベントが行われました。「Bangkok Art Book Fair」は、これから年に一度開催予定。

CityCity2017_2047.jpg
エディトリアルデザインを中心に手がけるThe Uni_form Design Studio
作り手と直接しゃべりながら、本を買うことができるのが、フェアの醍醐味!

CityCity2017_2011.jpg

会場は、恐らくバンコク市内で一番大きい個人経営のアートギャラリー「Bangkok CityCity Gallery」。映像、写真、漫画など、各方面の30〜40歳あたりの中堅アーティストの個展を中心にキュレートしている、面白いスペースです。オーナーはアート収集家としても知られている映像作家と元TCDCのキュレーターのカップル。

ちなみに王室関係を除いた私設のアート施設でバンコク最大なのは、バンコク郊外のドンムアン空港近くにあるMOCA (Museum of Contemporary Art)。オーナーのアートコレクションを集めたミュージアムで、BACC並みの広さ!

CityCity2017_2096.jpg

タイを代表するアーティストNavin Rawanchaikulの過去のブック(展示のみ)や Miti Ruangkrityaも。

雨季も終わりに近づくと、バンコクはイベントシーズン。これから旧正月前あたりまで、毎週末といっていいほど、どこかで必ず面白いイベントが開催されています。ぜひ、バンコクにいらっしゃる際には、現地のイベント情報をチェックしてみてください。

Bangkok CityCity Gallery

■住所:13/3 Sathorn 1, South Sathorn Road,Thung mahamek, Bangkok

■電話:083-087-2725

■アクセス: MRT Lumpini駅から徒歩数分。

■営業時間:3:00〜19:00

■定休日:月曜日・火曜日

■URL : https://www.facebook.com/bangkokcitycity/



2017年9月11日

定番観光スポットのワットポー。黄金に輝く巨大な寝釈迦像はもちろん、随所にタイの叡智がつまった見応えのあるお寺ですが、深夜に訪れるワットポーはまた違った魅力があります!

night_watpho__DSC8694.jpg

午後6時半に閉館になりますが、南側(Chetuphon Rd)の中央に位置する門から、入場することができます。ここから出入りできるのは、深夜11時頃まで。日中は、外国人100Bの拝観料ですが、この時間帯は無料で入場できます。


寝釈迦像のある建物などは閉鎖されており、見ることができませんが、ワットポーは屋外にカラフルな陶器のモザイクが見事な仏塔や、仏像が並ぶ回廊、壁に記された体のツボ(タイ古式マッサージ)の図など、色々見所があります。


人はほとんどおらず、ライトアップされた閑静なお寺を借切り状態でお散歩でき、贅沢な気分を味わえます。お昼間に拝観されたことがある方も、また違った表情になる夜のワットポーをお試しください。

night_watpho__DSC8696.jpg

night_watpho__DSC8684.jpg

night_watpho__DSC8699.jpg


night_watpho__DSC8686.jpg

今回、地元の人のオススメで訪れたのですが、想像以上に素敵な体験でした。隣接するSiam Museumでのイベント時や、プラアティット通りなどへ遊びに行く機会があれば、ついでに覗くのもいいですね。日中と同じく、夜も猫がたくさん!

night_watpho__DSC8702-2.jpg


アクセス:(夜)MRTフアランポーン駅、BTSサパーンタクシン駅あたりからタクシーで。

(日中)現在、ターティエン船着場が改修のため、チャオプラヤエクスプレス(14B)は止まりません。対岸のワットアルン側で降り、ターティエンとの間を往復する船に乗り換える、または、前後の船着場で降りて少し歩いてください。


2017年6月13日

旧市街地に誕生した新たなアートスポット


tcdc2017_7524.jpg

エンポリアムにあったTCDC(タイランド・クリエイティブ・アンド・デザインセンター)が旧市街地のチャルンクルン通りに移転し、5月初旬にオープンしました。(以前の記事はこちら。)


tcdc2017_7514-2.jpg

元バンコク中央郵便局だった築80年のクラシカルな建物をまるごと使用。4階建+屋上があり、以前と同じく展示スペース、ミュージアムショップ「THE SHOP @ TCDC」、メンバーが利用できるライブラリーなどが入ります。

tcdc2017_7573.jpg

新しい場所は、バンコクで一番最初にできた大通りのチャルンクルン通り。オリエンタルホテルやアサンプション大聖堂などの歴史ある建物が多く、古くから営業する美味しい食堂なども多い古い街であり、また近年は急激にアートギャラリーや個性派バーが増加中。新旧が混じったバンコクならではの面白さがある、注目のエリアです。

コワーキングスペースとしても気軽に使えるライブラリー


tcdc2017_7581.jpg


5.5万冊以上のデザイン、アートブック、雑誌が揃うライブラリーは、外国人でも1日から利用可能。アート、アートヒストリー、建築、インテリア、写真、ファッション、テキスタイルなどの専門書や写真集などがあり、一部のタイ雑誌以外はほぼ英書になります。年会費は1200B、1日のみ利用できる1-day passは100Bと、バンコクの一般的なコワーキングスペースよりも格安。ドリンクバーなどもあり、1日ゆっくりと過ごせそう。詳細はこちら

tcdc2017_7586.jpg

Material & Design Innovation Center (MDIC)(写真下)は、タイで手に入るものを中心とした8000種類の素材を集めた、新しい試み。色々と目で見て触れていると、新しいアイディアが湧いてきて、とっても面白い。サンペーン、パフラット、バンモーなど、バンコクで入手できる素材については、その販売先の地図と連絡先が明記されています。こちらの利用は、別途年会費が必要になります。MDIC http://www.tcdc.or.th/material/

tcdc2017_7590.jpg



オープニングイベントには周辺のギャラリーや飲食店、ミュージシャンも参加


5月5−7日にオープニングイベントが開かれたので、チェックしてきました。

tcdc2017_7601.jpg

チャルンクルン通りにある個性派レストランなどの飲食ブースや、グラフィックデザイナーなどが手がけるファッションや雑貨のお店、シルクスクリーンなどのワークショップのブースが出展。また、タイの若手クリエーターや在住外国人に多く支持されているバンド、Yellow FangやMaft SaiのPARADISE BANGKOK MOLAM INTERNATIONAL BANDなどのライブも行われ、多くのアート学生やアート関係者が訪れていました。

tcdc2017_7598.jpg

1Fの展示スペースは以前の倍ほどの広さになったようですが、建物の広さに対しては狭いのが残念。展示方法も以前と同じく、お金はかかりつつも、あまり整理されず、見応えはいまいち。建物前の屋外スペースや、1階のシャンデリアのある広場、屋上など、音楽や映像などのイベントにぴったりな場所がいっぱいあるので、これからどういう風にスペースを使っていくかが楽しみです。


タイのアート・デザインの拠点として


今後TCDCは、以前から行っていた現地アーティストと企業のマッチングにますます力を入れること。またTCDCを中心として、このエリアを「Creative District 」(クリエイティブな地区)として発展させる計画があります。すぐ近くのCharoenkrung Soi 30には、 河向かいにあるカルチャー複合施設Jam FactoryのオーナーDuangrit Bunnag氏の新しいプロジェクト「Warehouse 30」が6月にオープン予定。4000sqmの倉庫を改装した、アート複合施設になるとのこと。2018年に行われるBangkok Art Biennaleも、これらの場所が中心になるはず。


これからは、旧市街地を訪れる機会がますます多くなりそうです。


TCDC (Thailand Creative and Design Center)
■住所:Thailand Creative & Design Center (TCDC),The Grand Postal Building,
1160 Charoenkrung, Bangrak, Bangkok

■電話:02 105 7441

■アクセス: BTSサパーンタクシン駅、またはMRTファランポーン駅から徒歩10分ほど。

■営業時間:10:30 - 21:00


■定休日:月曜

■URL : facebook.com/tcdc.thailand
 https://www.tcdc.or.th


2017年5月17日
2017年4月 6日
2017年3月13日
2017年1月13日
2017年1月 4日
⇒すべての記事を見る

タイ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バンコク特派員

    バンコク特派員
    サカモトヨウコ
    バンコクの魅力と言えば、やっぱりタイ料理、タイ古式マッサージ、歴史ある寺院に、買い物天国!でも実際に来てみて、意外に近代化した街に驚かれた方も多いのでは?生粋のバンコクっ子たちとの交流から得た、現地発の情報をお届けします。また少し違った角度からバンコクを見てもらえるきっかけになれば幸いです(学生兼、カメラマン。旅と猫とお茶と音楽が大好き。連絡先はこちら)。 DISQUS ID @disqus_xVyN9rCjRC

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集