海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > タイ/バンコク特派員ブログ

タイ/バンコク特派員ブログ サカモトヨウコ

タイ・バンコク特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

ワットアルンの修復工事が終了

WatArunOct2017_2533.jpg

10バーツ硬貨の裏に描かれている、バンコク三大寺院のひとつ「ワットアルン」は初めてバンコクを訪れた方には外せない超定番の観光スポット。特に夕方〜夜にかけて、チャオプラヤ川を挟んだ対岸(ワットポー側)から望むワットアルンの美しい景色で有名なお寺です。


2013年から大規模な修復工事が始まって以来、大仏塔に足場が組まれ、ずっと全貌を見ることができませんでした。

HM2017_bangkok_8332.jpg


現在のワットアルン

2017年8月に長かった改装工事がやっと終わったとの報道があり、先月訪れてみました。


遠目で見ると、以前よりハッキリとした色合いに見えます。

WatArunOct2017_2469.jpg

WatArunOct2017_2440.jpg

対岸やボートからなど、遠目に見ると、足場が見えませんが、まだ低い部分の足場が残っており、作業中で立ち入ることのできないエリアも多くあります。残念ながら、現時点ではまだ大仏塔の中腹までしか登ることができません。

HM2017_bangkok_2490.jpg


修復された部分は、よく見ると、部位によって色付けのセンスが異なります。色の塗り直し以外に、欠けていた陶器に新たな陶器を付けたりしています。

WatArunOct2017_2522.jpg


WatArunOct2017_2539.jpg


WatArunOct2017_2518.jpg

2017年12月27日〜翌1月5日の期間に、祝典が催されると発表されています。光とサウンド、舞踏などを含んだショーになる模様。間に合うように、工事が進められているはずなので、年末には完全に工事が終わるはず。

その他の見どころ


ワットアルンは、カラフルな中国陶器のモザイク模様が可愛いくフォトジェニックなので、個人的にもお気に入りのお寺のひとつ。猫もたくさん。

WatArunOct2017_2507.jpg

ここを訪れる度に残念に思うのが、船着き場〜寺院の有料エリア内だけを見ていく旅行者が多いこと。周辺にある本堂なども見応えがあるので、時間があれば、ぜひのんびりと歩いてみてください。

WatArunOct2017_2563.jpg

WatArunOct2017_2577.jpg

WatArunOct2017_2575.jpg

WatArunOct2017_2573.jpg


ワット・アルンへの行き方

BTSサパーンタクシン駅近くのサトーン船着き場からワットアルン船着場まで、チャオプラヤエクスプレスで15B。


*通常のチャオプラヤエクスプレスのルートでは、ワットポー近くの「ターティエン」で降り、そこから対岸の「ワットアルン」まで対岸までの間のみを運行する船へ乗り換えます。現在は、「ターティエン」が工事中の為、チャオプラヤエクスプレスは「ワットアルン」まで直通。


逆にワットポーまでは、ひとまずワットアルンで降り、そこから20−30mほど離れた船着場から発着している船へ乗り換えを。(2017年10月現在)


2017年11月 3日

故プミポン前国王陛下の火葬が行われた先日(2017年10月26日)のバンコクの街の様子について、今回は少し書いてみます。

HM2017_bangkok_9541.jpg


この日は多くの市民は会場や寺院へ追悼に訪れたり、テレビを見て、敬愛するプミポン前国王陛下とのお別れのひとときを過ごしました。


国葬が行われている王宮前広場周辺には15.7万人*、そのさらに周辺のエリアに20万人の人が追悼のために集まりました。またバンコクでは国際会議場や軍や公共施設などで9カ所、その他の各県ごとに1カ所の会場に火葬施設のレプリカが設営され、同時刻に模擬的なセレモニーが行われ、献花とお祈りを捧げる人で溢れました。会場のひとつのBITECで並んだ友人は7時間待ったそう。(*『The Nation』報道)


HM2017_bangkok_9527.jpg
「少しでも前国王への近くへ」と王宮方面へ向かう人々の列。パーククロン周辺


26日は休日となったため政府機関は閉まり、強制ではないものの大多数の企業・工場・個人経営の飲食店・商店は休業。大手小売店は午後2〜3時には店を閉め、従業員たちはいつもより早く帰路に着きました。繁華街やビジネス街はほとんどの店や会社が閉まり、静寂に包まれる中、ぽつぽつとローカル屋台などがひっそりと営業していました。


HM2017_bangkok_9519.jpg
中華街の問屋街サンペーン


HM2017_bangkok_9203.jpg
15時に帰宅者で混み合う地下鉄(MRT)


早朝からは地上波の全てのテレビ局および主要Webメディア上や街中の大型ビジョンで、オフィシャルで制作されている同一の映像・アナウンスが休みなく放送され、国葬の様子を解説と共に映していました。


メイン会場の王宮前広場に設営された黄金の火葬壇は仏教やタイ神話の「メール山(須弥山)」に見立てたもの。この山頂にあるとされる天国へとお戻りになるように、ここから煙が空に昇る様子を人々はお見送りしました。


火葬壇については、こちらのBBCの動画が日本語でわかりやすく解説されています。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51445


HM2017_bangkok_9560.jpg
夕方のサイアムパラゴン前


参列しない人もみんな喪服である黒い服に身を纏い、街は月曜日生まれの前国王の色である黄色いマリーゴールドの花が至る所に飾られました。


HM2017_bangkok_9551.jpg
車両の交通が規制されたメモリアルブリッジ

HM2017_bangkok_9557.jpg
ボートを待つ人々。サパーンタクシン

HM2017_bangkok_9533.jpg


旧市街への入り口であるファランポーン駅付近から王宮周辺の広範囲の至るところに情報センターや救護テントがされ、ドリンク・食べ物も無料で配布。その他に、無料のバイクタクシーやトゥクトゥク、前日の会場清掃などを含め、組織されたもの以外にも街中の至るところで多くの市民がボランティアを行っていました。


HM2017_bangkok_9512.jpg
旧市街地への入り口、ファランポーン駅


HM2017_bangkok_8545.jpg
お菓子を配る親子


個人的に印象的だったのは、我が家の近所(住宅街)でほとんどの店が閉まっている中、ある屋台のおじさんが「無料」と手書きした看板を掲げてヌードルを提供し、ランチを確保できなかった人々を助けていたこと。自分にできることを、思いついたまま自然に行動しているところがタイらしいなと思います。


HM2017_bangkok_9514.jpg
ワット・トライミット

プミポン前国王陛下の御崩御は現地のタイ人の言葉を借りれば「タイ王国にとって100年に一度あるかないかの歴史的なできごと」。国父として敬愛を集める前国王の偉大さと、その大きな喪失を改めて感じさせられる1日でした。


この後、29日に行われる遺骨と遺灰を王宮とお寺に納める儀式を以て国葬が終わり、翌30日に服喪機関が明けます。王宮前広場の会場は11月1日〜30日まで一般に開放されます。



2017年10月28日

連日雨が続いていましたが、昨日よりタイは乾季(冬)に入ったと発表されました。北部や東北部では、すでに低い温度が観測されてる模様。バンコクは昨日に雨が降ったものの、いつもより乾いた涼しい風が心地よく感じます。

HM2017_bangkok_9017.jpg

本日から3日間、昨年2016年11月13日に崩御された前タイ国王であるプミポン国王陛下の国葬が行われ、中でも火葬が行われる明日2017年10月26日(水)はタイ全国休日(Public Holiday)となり、多くの商業施設がお休み、または早めに閉まります。


以下、明日の主な公共機関や娯楽施設などの営業状況です。

【デパート】
・セントラルグループ
Central Embassy, Central Chitlom、Robinsonなど、Central グループのデパート 15時に閉店
※セントラルワールド及びセントラルプラザラマ2は通常営業

・Mall グループ
The Mall 15時に閉店
・伊勢丹 終日休業


【コンビニ、スーパーマーケット】
・Tesco Lotusの全店舗 14時に閉店

・Tesco Expressの全店  14時に閉店
・Makroの全店舗 15時に閉店
・セブンイレブンの全店舗 14時半~24時の間、閉店
・Max Value 15時~24時
・Big C 15時に閉店
・Big C Mini 15時〜24時の間、閉店
・Villa Mart 15時に閉店
・Fuji Super 15時に閉店
・Tops SuperMarket 15時に閉店* セントラルワールド内の店舗は除く


【公共機関】
・在タイ日本国大使館 終日休業・休館
・国内のすべての銀行の全支店 終日休業
・
証券取引所 終日休業

・郵便 終日休業
・タイ大使館(日本)
終日休館


【その他】
・スターバックス (店舗による)15時に閉店
・ジムトンプソンの家 終日休業
・BACC 終日休業
・TCDC 終日休業
・映画館Major Cineplex

・ラチャダムヌアンスタジアムのムエタイ 10月中休館

・バーやナイトクラブ 
強制ではありませんが、自粛を求められており、多くの場所で閉店となります。
・個人商店・レストラン 
各店による。1〜7日ほど閉店となっている場合も。

    お出かけ前にご確認を!

HM2017_bangkok_9014.jpg

写真は国王の命日のもの。行事が行われる王宮周辺の広いエリアで通行禁止となっており、セキュリティーチェックポイントが多く設けられています。服喪期間は10月29日まで。葬儀後の11月1日〜11月30日の間は、一般の参拝者に開放されます。

葬儀のスケジュールや、参拝の際の服装などについては、ぜひタイ観光庁の記事を御覧ください。
https://www.thailandtravel.or.jp/news/24349/


2017年10月25日
2017年9月26日
2017年9月11日
2017年6月13日
2017年5月17日
⇒すべての記事を見る

タイ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バンコク特派員

    バンコク特派員
    サカモトヨウコ
    バンコクの魅力と言えば、やっぱりタイ料理、タイ古式マッサージ、歴史ある寺院に、買い物天国!でも実際に来てみて、意外に近代化した街に驚かれた方も多いのでは?生粋のバンコクっ子たちとの交流から得た、現地発の情報をお届けします。また少し違った角度からバンコクを見てもらえるきっかけになれば幸いです(学生兼、カメラマン。旅と猫とお茶と音楽が大好き。連絡先はこちら)。 DISQUS ID @disqus_xVyN9rCjRC

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集