海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > タイ/バンコク特派員ブログ

タイ/バンコク特派員ブログ サカモトヨウコ

タイ・バンコク特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

雨がほとんど降らず、日中の気温も30度を下回る日も多い乾季の中でも、12月〜1月前半は最も涼しく快適な時期。長かった猛暑と洪水の雨季の後にやってくるわずかな「冬」を楽しむために、毎週末各地で開催される野外イベントには多くの人が訪れます。


今回は、12月にパタヤで開催された野外音楽フェスティバル「Wonderfruit Festival」で見つけた、今のバンコクらしいファッションを紹介。ぜひご旅行の参考にもどうぞ。



wonderfruit_Untitled.jpg



南国らしい、色鮮やかなファッション


フェスの会場は色鮮やかで、タイ、バリ、アフリカといったエスニック柄のカラフルなファッションを多く見かけました。バンコクの街中もオフィスで働く女性もよく原色のドレスを着ていたりするなどとってもカラフルなので、これくらいの色使いでも大丈夫。


_DSF0228.jpg
_DSF0587.jpg
_DSF0644.jpg



KIMONOジャケット


このフェスの定番ファッションがKIMONOジャケット。朝晩は肌寒くなることもあるので、これくらいの薄手の上着があると重宝します。フェイスペイントや、ヘアセットは、会場にあるサロンでどうぞ。


ヘアセット:500B〜
日本の着物をリメイクしたKIMONO:1800B〜



_DSF0466.jpg
_DSF0240.jpg
_DSC2952.jpg



ナチュラル系ファッション


Wonderfruitは音楽フェスですが、サスティナビリティーがテーマになっていることもあり、全体的に小綺麗なヒッピー〜ナチュラル系といった雰囲気。アースカラーや、インディゴカラーでまとめている人も多く見かけました。



_DSF0381.jpg


_DSF0499.jpg
_DSF0333.jpg
_DSF0287.jpg


また、タイ発のファッションブランドと言えば派手・個性的な尖ったデザインのものがよく知られていますが、バンコクでも「kinfolk」以降とも言えるこの3〜4年ではVic’s weekendを筆頭に、リネンやコットンの天然素材を使ったミニマルなデザインのファッションも増えてきました。



Wonderfruitはこんなフェス



wonderfruit_Untitled2.jpg


バンコクから車で2時間ほどのパタヤで開催されたWonderfruitフェスティバルは、今回で4度目の開催という比較的新しいフェスですが、すでに東南アジアを代表する野外フェスの一つ。音楽はもちろん、会場ではグルメ、ファッション、アートが楽しめ、また、どこを見渡してもフォトジェニック。また、清潔・快適で、ファミリー向けのプログラムも多いので、小さな子供連れ家族でも快適に過ごすことができます。
wonderfruit__DSF0602.jpg


全体の4割ほどは西洋人で、話を聞くと周辺国からわざわざ遊びにきたというグループが多かったのが印象的でした。今回紹介したのはバンコクから遊びに来ていた普通目なファッションの人々ですが、会場にはもっともっと気合の入ったど派手なフェス仕様のファッションを楽しむ人がたくさん。



フェスティバルの更に詳しい情報はこちらの記事をどうぞ。
Here Now 「アジアのフェス最前線はタイにある!? ヒップな野外フェス『Wonderfruit Festival』レポート



タイ旅行におすすめの服装


イベント、リゾート、パーティーなど、その場にあったファッションスタイルを思いっきり楽しむのがバンコク流のファッションスタイル。パーティーや披露宴でもファッションのテーマや独自のドレスコードがあることも。皆さんもタイに訪れる際はぜひ、観光(お寺)、お洒落レストラン、ビーチ、夜遊びといったシーンでファッションを使い分けてみてください。


エスニック系やリゾート系のワンピース、かさ張るサンダルやヒールなどは、街中で簡単に安く購入できるので旅行中に揃えるのもおすすめ。また、乾季でなくてもお店や乗り物など冷房が効きすぎた場所が多いので、特に女性は薄手の上着が必須です。上着類はやや選択肢が少ないので、日本からお気に入りのものやすぐ乾くタイプのものを持参する方がベター。もし忘れた場合でも、可愛いストールならカオサン通りやAsiatiqueなどの旅行の定番スポットやTerminal21のようなショッピングモールでプチプラで揃います。



2018年1月12日

BKK_Cat_Arche+_20141027-6970.jpg



バンコクはアジアの大都市の中でも、街中に猫がたくさんいる街。(*個人調べ)

猫党の皆さんがバンコクにいらっしゃっる際にきっと役立つ、バンコクで猫に出会えるスポットをご紹介します。


1:有名寺院の境内


BKK_Cat__DSF2545.jpg


お寺の中でも古く、敷地が広いほど、猫の数が多い傾向があるので、有名寺院こそが猫に出会えるスポット!タイ観光の超定番であるワットポーワットアルンにも猫がいっぱいいます。建物の中にいることもめずらしくありません。拝観したあとは、敷地内をぐるっとひと回りすれば、いろんな子猫、シャム猫、猫の家族に出会えます。 BKK_Cat__DSF2503.jpg


BKK_Cat__DSC8405.jpg


2:裏路地やローカル市場


BKK_Cat__DSF9164.jpg


セントラルワールド前などの都心部でも野良猫に出会うことはありますが、裏路地に入った下町っぽい生活圏に入ると、飼い猫ではないけれど、特定の人たちが餌をあげて面倒を見ているソイ(小道)の猫たちがいます。特に古い市場は、猫がいっぱい。猫同士の縄張りがあるので、いつも同じ場所で決まった猫に出会うことができます。


BKK_Cat_Arch+_20150113-9813.jpg


お店で撮影をする際には、一声かけるのを忘れずに!


3:猫カフェや、看板猫のいるお店


BKK_Cat_Arche+_20131007-7075.jpg オシャレな一軒家カフェや雑貨屋、ホステルなど、看板猫のいるお店もたくさん。庭があるお店では、かなりの確率で出会います。多くは毛並みが良く、リラックスしきった表情や仕草が見られます。市内に何軒かある猫カフェでは猫と触れ合うことができますが、タイのローカル猫でなく、海外の猫が多いのが残念なところ。


【猫カフェ】

●Caturday Cat Cafe

https://www.facebook.com/Caturdaycatcafe/
BTSラチャティーウィー駅すぐのCoco Walk内にある猫カフェ。ちなみにCoco Walkはバーが集まるモールですが、ここ自体にも猫がいっぱい。夜に屋外で飲んいると、猫がいっぱい寄ってきます。

●Moho Moho Cafe

https://www.facebook.com/mohumohucafe/
MRTラップラオ駅近くにある猫カフェ。日本人経営。



【雑貨&カフェ】

●Chico
https://www.facebook.com/Chico-design-bangkok-472729026132719/
ガイドブックにもよく掲載されている有名店。バンコクのタイ人や西洋人の猫好きの間でもよく知られているお店。



【カフェ】

●Gastro1/6
BKK_Cat__DSF9085.jpg

https://www.facebook.com/gastroonesix/
先日ミシュランの一つ星を獲得したBo.Lanのオーナーが経営する、スクンビットエリアでダントツに美味しい朝食が食べられることで有名なカフェ。



【ホステル】

●Thrive the Hostel
http://www.herenow.city/bangkok/venue/thrive-the-hostel/
シーロム駅に近い、便利な場所にあるバックパッカー用のホステル。ドミトリーが多い。

●J No. 14
https://www.facebook.com/jno14.lodgment/
トンブリー地区にある、インテリアのセンスがずば抜けたお洒落ホステル。ペット同伴の宿泊も可能。



最後に

BKK_Cat_R0017905.jpg



現在配布中の現地フリーペーパー「Arche+12月号」 の猫特集で、私が撮りためてきた猫写真を紹介していただきました。書店やフジスーパーなどで見かけたら、ぜひ手に取ってご覧ください。看板猫がいるショップもたくさん紹介されています!www.facebook.com/archeplus/



今回ご紹介した場所以外にも、バンコクには猫がいっぱい。コンビニの店内、アートギャラリーや写真暗室の中など、日本では考えられないような場所で遭遇することも!野良猫のように見える猫でも、声をかけるとすり寄ってくる人懐っこい猫が多く、バンコクは猫好きに嬉しい「猫に優しい街」ですが、思いがけない猫との接触も多いので、動物アレルギーのある方には抗アレルギー薬の常時携帯をおすすめします。


2017年12月21日
タイ初のミシュランガイドが発表


タイのミシュランガイドは、タイ国政府観光庁(TAT)が観光促進を目的に、フランスのミシュラン社に5年間の発行に対して資金提供をすることで始まったもの。他国と同様に複数の調査員が覆面でポテンシャルのあるレストラン(高級〜ローカルまで)を調べ、星の獲得が決まります。初回の今回はバンコクのみが対象となっており、つい先ほど、その星を獲得したレストランが発表されました。


Michelin Guide Thailand https://www.facebook.com/MichelinGuideThailand/

Michelin Guide Bangkok 2018 Award Ceremony
https://www.facebook.com/events/368448813584504/


バンコクでミシュランスターを獲得したレストランリスト


今回、星の獲得が発表されたのは、以下のレストラン。



3つ星
該当なし


2つ星
Gaggan(超有名インド料理)
Le Normandie(マンダリンオリエンタル内のフレンチ)
Mezzaluna


1つ星
Bo.lan
Chim by Siam Wisdom
Elements(Okura Prestige内)
Ginza Sushi Ichi
J’Aime by Jean-Michel Lorain
Jay Fai
L’Atelier de Joel Robuchon
Nahm (メトロポリタンホテル内)
Paste (Gaysorn Plaza)
Saneh Jaan
Savelberg
Sra Bua by Kiin Kiin
Sühring
Upstairs at Mikkeller


有名高級レストランの中、一軒のローカル食堂が健闘!


jayfai2017_7700.jpg

先のリストを見ると、国内外のグルメ系アワードの常連店や有名シェフのいるレストランなどの名が多く連なり、意外性はあまりない印象。そんな中、ローカルグルメで唯一星を獲得したのが『Jay Fai』(ジェイ・ファイ)。「ホクロおばちゃんの店」という意味の名前を持つこのお店は、旧市街地のパトゥーピー(幽霊門)エリアで数十年間営業する食堂です。行列ができるパッタイ屋さんの「Thip Samai(Pad Thai Pratu Phee)」(ティップ・サマイ)の並び。


jayfai2017_7688.jpg
jayfai2017_7722.jpg



この、一見普通の食堂が他と違うところは、そこで提供するメニューのお値段。なんと一皿400B〜1000Bほどと、普通の食堂ではありえない値段の料理が並びます!料理には厳選された特大サイズのシーフードを惜しみなく使用しており、カニやえびの旨味を堪能できます。調理は全て炭火にこだわっており、香りが良いのも特徴。



jayfai2017_7717.jpg
壁には過去に掲載された新聞や雑誌記事がたくさん



お店が開くのは午後3時から。週末の深夜になると、決まっていつも美食家やお酒を飲んだ後にご飯にやってくる人で賑わっています。これからは一層混雑してしまいそうですが、ぜひローカルグルメ好きな方も、高級グルメ好きな方も試してみてください。

こちらの詳細記事も合わせてどうぞ。(他サイト)


【店舗情報】 ร้านเจ้ไฝ (ร้านเจ้ไฝ)
Jay Fai (ジェイ・ファイ)
・住所:327 Maha Chai Rd, Samran Rat,Phra Nakhon, Bangkok
・電話番号:02-223-9384、081-682-8816
・営業時間:15:00〜26:00
・最寄りの駅:BTSナショナルスタジアム駅、またはMRTフアランポーン駅からタクシーで。



2017年12月 6日
2017年11月 3日
2017年10月28日
2017年10月25日
2017年9月26日
⇒すべての記事を見る

タイ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バンコク特派員

    バンコク特派員
    サカモトヨウコ
    フォトグラファー。2001年、学生時代に初めて訪れたタイに魅了されて定期的に通ううちに、次第にバンコクが拠点になり早10年。ユースカルチャー、アート、音楽、最先端のトレンドなどにアンテナを張っており、カルチャー系webサイトなどにも寄稿中。旅と猫とお茶が好き。趣味はギャラリー巡りとタイ料理作り。写真と連絡先はこちらDISQUS ID @disqus_xVyN9rCjRC

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集