海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > バンコク特派員ブログ > ヤンゴンのパンクバンドを追ったドキュメンタリー映画...

タイ/バンコク特派員ブログ サカモトヨウコ

タイ・バンコク特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年3月13日

ヤンゴンのパンクバンドを追ったドキュメンタリー映画「My Buddha is Punk」(バンコクで見るミャンマー) 


ヤンゴンのパンクバンドを追ったドキュメンタリー映画「My Buddha is Punk」(バンコクで見る...

バンコクにいると、コンビニやレストランの店員、建設現場の労働者など、ミャンマー人を見ない日はないほど、ミャンマー人はタイ経済に欠かせない存在ですが、アートや音楽など現在のヤンゴンのシーンはもちろん、彼らの伝統的な文化などがタイで紹介されることは、残念ながらほとんどありません。

そんな中、めずらしくタイの一部でも話題になっているミャンマーのドキュメンタリー映画「My Buddha is Punk」。先日、バンコクでアジア初上映が行われ、多くのメディアの注目を集めました。

MV5BMjUwNmI5ZDgtODU1YS00ZTJkLWI4NDQtYTczZjY3NWRlZGJhXkEyXkFqcGdeQXVyNjg1NTYwMDE@._V1_SY1000_CR0,0,706,1000_AL_.jpg パンクファッションの青年がシュエダゴン・パゴダでお参りしているという、印象的なポスター。 もちろん政府に無許可で撮影された本作。本格的な上映はこれからとなっています。監督:Andreas Hartmann ドイツ・ミャンマー(68分)2015年

ヤンゴンのパンクバンドを追ったドキュメンタリー

「My Buddha is Punk」は、2012年にドイツ人の映像作家Andreas Hartmann氏がヤンゴンのパンクバンドThe Rebel Riot Bandと出会ったことがきっかけで、撮影が開始されました。ストーリーは、ヤンゴンのSule Pagoda近くでパンクファションやグッズを扱う露店を営みながら、バンドのボーカル・ギタリストとして活動するKyaw Kyawを中心に進み、ブッダの教えとパンクを結びつけた独自の考えや、メンバーや若者との対話や葛藤を記録しています。

公式予告ムービー


他の大多数のミャンマー人と同じく仏教徒のKyaw Kyawがバンドメンバーやパンクになりたての10代に、本当のパンクとはなにか、本当の意味でのブッダの教えとはなにかを語りかける様子は問答のよう。また、民主化や世代間の問題や、ロヒンギャ問題などにも触れ、現在のミャンマーの内情が垣間見える作品となっています。

ミャンマーパンクの始まりは

首都のヤンゴンでさえ、現在も民族衣装に身を包む人が多数派の中、全身パンクファッションに身を包む若者は特異な存在です。情報統制や表現活動に制限がされていたこの国に、パンクが持ち込まれたのは、1990年代。世界中を周っていたミャンマー人の船乗りが、Sex Pistolsやハードコアバンドのテープをヤンゴンに持って帰ってきたのがきっかけで、若者を中心にパンクが広がりました。軍事政権時は、歌詞にも規制が入り、反社会的なパンク自体が取り締まりの対象だったことも。ファッションとして憧れる若者も多いようですが、アクティビストとしての側面も強く、The Rebel Riot Bandのメンバーも週に一度ホームレスに食べ物を無料で提供する活動「Food Not Bombs」などの活動行っています。

バンコクでの上映&ライブ

punks_4232.jpg

今回は、Bangkok Underground Film Festivalの一環で上映され、The Rebel Riot Bandによるライブも行われました。主催者側の予想を遥かに超えた400人ほどのパンク好きなタイ人の若者やアート・メディア関係者が集まり、立ち見客が続出。会場は熱気に包まれました。多くのタイ人はかつてはタイの敵国だったミャンマーに興味を持たない中、とてもめずらしいー夜となりました。

punks_4294.jpg punks_4309.jpg

作品中では、残念ながら、本作ではあまりミャンマーの音楽事情やアクティビストとしての活動には触れておらず、上映後のQ&Aで分かったことも多かったです。今後、日本などで上映されることがあると思いますが、ぜひ観る前にいくつか記事を読みことをおすすめします。

Vice - Meet the Burmese Punks Feeding Their Country's Homeless
www.vice.com/en_us/article/the-myanmar-punks-feeding-yangoons-homeless

i-d - how punk found a new voice in burma's politicised youth
https://i-d.vice.com/en_gb/article/how-punk-found-a-new-voice-in-burmas-politicised-youth

The Rebel Riot Band fb.com/therebelriot/

My Buddha is Punk fb.com/mybuddhaispunk/

Food Not Bombs - Myanmar fb.com/fnbmyanmar/


リトルミャンマーのような場所もいくつもできるほど、バンコク居住者にとって、より身近な存在になりつつあるミャンマー。これから、バンコクでも、もっとミャンマーのこと知る機会が増えればと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー 文化・芸術・美術
2017年3月13日
« 前の記事「冬季限定!ウドンタニの赤い蓮の海「タレーブアデーン」の絶景パノラマをひとり占め<2>」へ
»次の記事「ソンクラーン(水掛け祭り)の時季はマンゴーの季節。」 へ
バンコク特派員 新着記事
タイの人気ファションブランドが次々とマスクを発売【新コロナウイルス対策】
アジア1位のバーThe Old Man(香港)がバンコクで期間限定オープン@マンダリン・オリエンタル・ホテル・バンコク
春限定!タム君の人気キャラクター「マムアンちゃん」とファミマのコラボアイテムが発売中。
チョコは渡さない?タイのバレンタインデーの習慣
タイ発のブランドSretsis(スレトシス)とSHISEIDOのコラボ!可愛いコンパクトが日本限定発売。
マスクなしで歩けない!?深刻化するバンコクの大気汚染。
タイの伝統行事ロイクラトーン(灯籠流し)をバンコクで体験
タイの菜食期間(キンジェー)ことベジタリアンフェスティバルがスタート

タイ 航空券情報


タイ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バンコク特派員

    バンコク特派員
    サカモトヨウコ
    フォトグラファー。2001年、学生時代に初めて訪れたタイに魅了されて定期的に通ううちに、次第にバンコクが拠点になり早10年。ユースカルチャー、アート、音楽、最先端のトレンドなどにアンテナを張っており、カルチャー系webサイトなどにも寄稿中。旅と猫とお茶が好き。趣味はギャラリー巡りとタイ料理作り。写真と連絡先はこちらDISQUS ID @disqus_xVyN9rCjRC

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集