海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > タイ/バンコク2特派員ブログ

タイ/バンコク2特派員ブログ marie

タイ・バンコク2特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

日本、そして各国で動向が心配されている「COVID-19(新型コロナウイルス)」。
この度、在タイ日本国大使館より、新型コロナウイルスに関するお知らせが発表となりました。


タイ保健省からの協力内容が記されていますので、当特派員ブログでもご紹介させていただきます。(2020年2月25日現在)



新型コロナウィルス(COVID-19)に関する発表



タイ保健省からの新型コロナウィルスに関する発表(2月23日)


2月23日、タイ保健省は、新型コロナウィルス(COVID-19)に関し、中国、香港、マカオ、台湾、日本、シンガポール及び韓国といった感染例が多く見られる地域からタイへ入国した場合、少なくとも14日間は自己観察することにより、社会に責任を持って、以下の行動をするようにとの協力を呼びかけています。



人混みには行かないこと。

公共交通機関の利用を避けること。

他人と物品を共有しないこと。

症状の有無に関わらず、毎日検温すること。

疑わしい症状が見られる場合にはマスクをつけること。

症状が悪化した場合には、すぐに医療機関にかかり渡航歴を報告すること。または保健省に相談すること。



一部報道で、中国や日本等の地域に滞在していた方は、タイに帰国後14日間の自宅待機をするようタイ保健省が求めている旨報じられていますが、事実関係は上記のとおりであり、またあくまで協力を呼びかけているものです。
また、出社や観光を一律に制限するものでもありません。


つきましては、タイに滞在中の方、またこれからタイへの渡航等をお考えの方は、新型コロナウィルスに関する外務省海外安全ホームページ、在タイ日本国大使館ホームページやタイ保健省ホームページ等をチェックするなど、最新情報の収集に努めてください。
また、インフルエンザが流行する季節でもあり、空港や人混みの多い施設を利用される際はマスクの着用や手指等のアルコール消毒をお奨めします。さらに、外出後は必ずうがい・手洗いを励行するなど予防に努めてください。



〈引用元:在タイ日本国大使館ホームページ

タイ保健省からの新型コロナウィルスに関する、教育機関等についての発表(2月23日)

2月23日、タイ保健省は新型コロナウィルス(COVID-19)に関して、タイ国内の教育機関に対し、中国、香港、マカオ、台湾、日本、シンガポール及び韓国といった感染例が多く見られる地域から帰国した学生等に対し、14日間の自宅休養等の協力をお願いするなど、基準を作って管理するよう呼びかけております。

他方、同日タイ教育省は、教育機関に対し過去14日以内に上記地域へ渡航した学生に関しての自宅待機命令を出しているとの情報があります。具体的な対応措置等については、それぞれの教育機関にご確認ください。


〈引用元:在タイ日本国大使館ホームページ


尚、タイ保健省・疾病管理局のサイト(英文)はこちらです。
MINISTRY OF PUBLIC HEALTH:Department of Disease Control

マスクや除菌用品の入手が困難になるなど、日常生活でも不安を覚えるシーンが増えてきたのではないでしょうか。早い収束を願うばかりですね!
私個人としては、タイへの渡航を推奨、または非推奨することはできかねますので、また公式な発表が出され次第こちらでご紹介していく予定です。

2020年2月25日

お世話になったあの方へ、心を込めてお渡しする贈り物、「お歳暮」。

日本では年々市場が縮小傾向という話も聞こえてきますが、令和元年はいかがでしょうか。

この時期、タイにも日本の「お歳暮」のような習慣があります。一番の特徴は、「バスケット」に入っていること! いかにも贈り物です、といった風情を感じるので、個人的にはとても好きな光景です。
giftbasket01.jpeg


タイのお歳暮「グラチャオ・ピーマイ」


12月になるとスーパーマーケットや各種ショップなどで登場し始める「グラチャオ・ピーマイ」。

店舗やブランドによってはバスケットではなくボックス入りの商品もありますが、店頭の目立つ場所に置いてあるものは、バスケット入りの贈り物がメインです。
giftbasket02.jpeg

価格はピンキリで、庶民的なスーパーマーケットでは1,000円台から購入することもできます。そして品物は、概ね飲食物が多いように見受けられます。

コーヒーなどの嗜好品やジュースはもちろん、栄養ドリンクや燕の巣(エキス等)といった健康食品も定番のジャンルです。燕の巣はバンコクの日常では決して珍しくはないアイテムで、スーパーマーケットをはじめコンビニエンスストアなどでも販売されています。

「グラチャオ・ピーマイ」の「ピーマイ」は、タイ語で「新年」という意味なので、来年も健康でお過ごしくださいという気持ちがこういったバスケットに込められているのだと思われます。

タイ語で「新年おめでとう」の言い方は?



ここでちょっと舞台裏をご紹介。

品物が詰まっていて見栄えよく見えるこれらのバスケットですが、商品を取り除くと、、、実は何かしらのクッションが詰まっていることが多いんです。
giftbasket03.jpeg


上の写真のように、シュレッダーされた紙や箱が詰まっています。こういった何かしらのクッションが台のように敷かれ、その上に商品が乗っていることがほとんどでした。
今ではこの仕掛けにも慣れましたが、初めて見た時は衝撃を受けました!

商品をより見えやすくしている故なのか、それともたくさん入っているように見えるためなのか? さて、どちらでしょうね。

日本でも「お歳暮」と聞いただけで、グッと年の瀬感が強まります。12月はクリスマスや忘年会やら何やら、そして大晦日といったイベントが目白押し! 皆様もお体に気をつけて、残りわずかとなった2019年をぜひ健やかにお過ごしください☺︎


● バンコク旅行関連記事
初めてのタイ・バンコク旅行!絶対行きたい観光スポット5選



● バンコク生活の様子をブログに綴っています
バンコクスクンビットダイアリー


2019年12月19日

海外のスーパーマーケットやグローサリーへ行くとレジで聞かれるのが「紙袋にしますか、それともビニール袋?(Paper or Plastic?)」という質問。初めて聞かれた当時は戸惑いましたが、用途や好みによって選べるのはいいシステムだなあと感じたのを覚えています。

それも今は昔、現在の選択肢のトップに来るのは「エコバッグ」ではないでしょうか。日本もまた然り、ですね。


ここバンコクでも、脱・プラスチックの動きが加速しています。
◆エコバッグ持参がおすすめ!脱プラスチックの動きが進んでいます


2020年1月1日からは、大手小売、コンビニエンスストアなども含めレジ袋を提供しない方針が発表されました。ご旅行でいらっしゃる皆さんも利用するであろうショッピングセンターやコンビニで持ち帰り用のビニール袋がもらえないということになりますね。

plasticbags1.jpeg
店舗によってはレジ横でエコバッグを販売してはいるものの、エコバッグを頻繁に購入するというのはそもそもエコではないような?

ペットボトル一本ならまだしも、お土産を購入するとなると意外にその量は嵩張るもの。ここはぜひ忘れずに、ご自分のエコバッグ(マイバッグ)を持参することをおすすめします☺︎


● バンコク旅行関連記事⬇︎
初めてのタイ・バンコク旅行!絶対行きたい観光スポット5選



● バンコク生活の様子をブログに綴っています
バンコクスクンビットダイアリー


2019年12月 7日
2019年12月 1日
2019年11月 8日
2019年11月 7日
2019年10月23日
⇒すべての記事を見る

タイ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バンコク2特派員

    バンコク2特派員
    marie
    炭火で焼いた数十円の焼き鳥の屋台があるかと思えば、その後ろには華やかで現代的な高級デパートがそびえ立つバンコク。消えていくものと新しく始まるものが混在し、多彩な表情を持つタイの首都です。歩いて見つけた町角のワンシーンから絶対行きたい不動の名所まで、リピートしたくなるこの町の魅力をお届けします。バンコク暮らしを綴ったブログはこちらDISQUS ID @disqus_eNeKLKBL23

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集