海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > タイ/バンコク2特派員ブログ

タイ/バンコク2特派員ブログ marie

タイ・バンコク2特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


お世話になったあの方へ、心を込めてお渡しする贈り物、「お歳暮」。

日本では年々市場が縮小傾向という話も聞こえてきますが、令和元年はいかがでしょうか。

この時期、タイにも日本の「お歳暮」のような習慣があります。一番の特徴は、「バスケット」に入っていること! いかにも贈り物です、といった風情を感じるので、個人的にはとても好きな光景です。
giftbasket01.jpeg


タイのお歳暮「グラチャオ・ピーマイ」


12月になるとスーパーマーケットや各種ショップなどで登場し始める「グラチャオ・ピーマイ」。

店舗やブランドによってはバスケットではなくボックス入りの商品もありますが、店頭の目立つ場所に置いてあるものは、バスケット入りの贈り物がメインです。
giftbasket02.jpeg

価格はピンキリで、庶民的なスーパーマーケットでは1,000円台から購入することもできます。そして品物は、概ね飲食物が多いように見受けられます。

コーヒーなどの嗜好品やジュースはもちろん、栄養ドリンクや燕の巣(エキス等)といった健康食品も定番のジャンルです。燕の巣はバンコクの日常では決して珍しくはないアイテムで、スーパーマーケットをはじめコンビニエンスストアなどでも販売されています。

「グラチャオ・ピーマイ」の「ピーマイ」は、タイ語で「新年」という意味なので、来年も健康でお過ごしくださいという気持ちがこういったバスケットに込められているのだと思われます。

タイ語で「新年おめでとう」の言い方は?



ここでちょっと舞台裏をご紹介。

品物が詰まっていて見栄えよく見えるこれらのバスケットですが、商品を取り除くと、、、実は何かしらのクッションが詰まっていることが多いんです。
giftbasket03.jpeg


上の写真のように、シュレッダーされた紙や箱が詰まっています。こういった何かしらのクッションが台のように敷かれ、その上に商品が乗っていることがほとんどでした。
今ではこの仕掛けにも慣れましたが、初めて見た時は衝撃を受けました!

商品をより見えやすくしている故なのか、それともたくさん入っているように見えるためなのか? さて、どちらでしょうね。

日本でも「お歳暮」と聞いただけで、グッと年の瀬感が強まります。12月はクリスマスや忘年会やら何やら、そして大晦日といったイベントが目白押し! 皆様もお体に気をつけて、残りわずかとなった2019年をぜひ健やかにお過ごしください☺︎


● バンコク旅行関連記事
初めてのタイ・バンコク旅行!絶対行きたい観光スポット5選



● バンコク生活の様子をブログに綴っています
バンコクスクンビットダイアリー


2019年12月19日

海外のスーパーマーケットやグローサリーへ行くとレジで聞かれるのが「紙袋にしますか、それともビニール袋?(Paper or Plastic?)」という質問。初めて聞かれた当時は戸惑いましたが、用途や好みによって選べるのはいいシステムだなあと感じたのを覚えています。

それも今は昔、現在の選択肢のトップに来るのは「エコバッグ」ではないでしょうか。日本もまた然り、ですね。


ここバンコクでも、脱・プラスチックの動きが加速しています。
◆エコバッグ持参がおすすめ!脱プラスチックの動きが進んでいます


2020年1月1日からは、大手小売、コンビニエンスストアなども含めレジ袋を提供しない方針が発表されました。ご旅行でいらっしゃる皆さんも利用するであろうショッピングセンターやコンビニで持ち帰り用のビニール袋がもらえないということになりますね。

plasticbags1.jpeg
店舗によってはレジ横でエコバッグを販売してはいるものの、エコバッグを頻繁に購入するというのはそもそもエコではないような?

ペットボトル一本ならまだしも、お土産を購入するとなると意外にその量は嵩張るもの。ここはぜひ忘れずに、ご自分のエコバッグ(マイバッグ)を持参することをおすすめします☺︎


● バンコク旅行関連記事⬇︎
初めてのタイ・バンコク旅行!絶対行きたい観光スポット5選



● バンコク生活の様子をブログに綴っています
バンコクスクンビットダイアリー


2019年12月 7日

12月に入りましたね!

タイ・バンコクでは11月からクリスマスデコレーションが賑やかに飾られはじめ、あちらこちらで華やかな風景が展開されています。


まずは※BTSプロンポン駅に隣接するデパート「エムクオーティエ」前広場。今年はメルヘンチックな動物たちが顔を揃えました。
19-12-01_1.jpeg


デパートの中の飾り付けもお見逃しなく!
19-12-01_3.jpeg



そして年末カウントダウンのスポットとしても知られている「セントラルワールド」。最寄駅は、BTSチットロム駅です。

19-12-02_7.jpeg



ホテルのクリスマスも見応えあり!


上記の有名な施設以外にも、注目すべきスポットがあります。それは、「ホテル」のクリスマスデコレーション!

ホテルはご旅行でいらした皆さんには、特に身近な存在ですよね。クリスマスの時期には、どこのホテルでもエントランスやロビーにきらびやかな装飾が施され、訪れる人の目をたのしませてくれています。

現時点ではまだ飾り付けが始まっていないホテルもありますので、去年までのクリスマスデコレーションを写真でご紹介します(年代順不同)。


●ルブア・アット・ステート・タワー(Lebua at State Tower)

映画「ハングオーバー」シリーズに登場したルーフトップバー「シロッコ」があることでも知られているホテルです。こちらのロビーでは、華やかな赤ベースのデコレーションでまとめられていました。クリスマスの雰囲気たっぷり!存在感のある飾り付けです。
19-12-02_11.jpeg
19-12-02_10.jpeg


●グランデ・センターポイント・スクンビット55トンロー(GRANDE CENTRE POINT SUKHUMVIT55 THONG LO)

温泉施設があるホテル、「グランデ・センターポイント・スクンビット55トンロー 」。ゴールドのインテリアが眩しい、ゴージャスな印象のホテルです。エントランス前には、光眩い大きなツリーとトナカイが! なかなか写真映えするスポットなので、写真を撮る方々の姿をよく見かけます。
19-12-02_1.jpeg


●ラデイソン・ブルー・プラザ・バンコク(RADISSON BLU PLAZA BANGKOK)

ラブリーな飾り付けなのが「ラデイソン・ブルー・プラザ・バンコク」。サンタクロースが煙突に詰まってしまいました!お子さんが喜びそうなワンシーンです。
19-12-02_9.jpeg
このホテルのルーフトップバー「BREWSKI」の特色は、クラフトビールの種類が多いこと!バンコクの夜景を見ながらビールで乾杯するのも楽しい夜になりそうです。
19-12-02_8.jpeg

バンコクにあるホテルのクリスマス、いかがだったでしょうか。他にも特色あるデコレーションを楽しめるホテルがたくさんあります。私はこの時期にバンコクのホテル巡りをするのが大好きです!

飾り付けは、クリスマス本番に向けてこれからさらに盛り上がりを見せることでしょう。皆様もぜひ、お気に入りのワンシーンを見つけてみてくださいね☺︎


※ BTS:バンコクを走るスカイトレイン


⬇︎バンコク生活の日常の様子をブログに綴っています⬇︎
バンコクスクンビットダイアリー


⬇︎タイ・バンコクのお土産をまとめています⬇︎
バンコクお土産手帖


2019年12月 1日
2019年11月 8日
2019年11月 7日
2019年10月23日
2019年10月 2日
⇒すべての記事を見る

タイ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バンコク2特派員

    バンコク2特派員
    marie
    炭火で焼いた数十円の焼き鳥の屋台があるかと思えば、その後ろには華やかで現代的な高級デパートがそびえ立つバンコク。消えていくものと新しく始まるものが混在し、多彩な表情を持つタイの首都です。歩いて見つけた町角のワンシーンから絶対行きたい不動の名所まで、リピートしたくなるこの町の魅力をお届けします。バンコク暮らしを綴ったブログはこちらDISQUS ID @disqus_eNeKLKBL23

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集