海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > バンコク2特派員ブログ > ボートに乗って花市場・パーククローン市場へ【交通手...

タイ/バンコク2特派員ブログ marie

タイ・バンコク2特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年11月10日

ボートに乗って花市場・パーククローン市場へ【交通手段の一例】


メール プリント もっと見る

ボートに乗って花市場・パーククローン市場へ【交通手段の一例】

前回ご紹介した、バンコクの花市場「パーククローン市場」
チャオプラヤー川沿いにあるので、観光スポットをはしごしつつ、タクシーで移動される方も多いかもしれません。

私は、BTSのサパンタクシン駅近くの船着場から、ボートで市場へ行きました。

その時の様子を、一例としてご紹介します。




パーククローン市場への行き方・ボート利用の場合


BTSのサパンタクシン駅の船着き場・サトーンピアから、ボートに乗ります。
この船着き場には、様々な方面へ発着するボートが多数行き交います。

時間帯によってはとても賑やか。


◆ 15バーツ(約円)のボートはこちら ◆
行き先が同じでも、船によって料金が異なるケースが有ります。
リーズナブルな料金のボートに乗るには、下の写真の赤くマークした販売所でチケットを購入します。

料金はなんと15バーツ。日本円にして、ざっくり50円!

ちなみに、下の写真の水色の販売所のツーリストボート。 乗船料は倍以上の、4,50バーツです。

PakKhlong9.JPG


花市場へ行きたいのですが、と係の方に聞いたところ、15バーツとのこと。

そしてカウンターには、どーんと「15バーツ」の表示が。

もしかすると、どこまでいっても15バーツ?


PakKhlong8.JPG



渡されるチケットは、小さな紙片です。

乗船後、所有を確認されるので風に飛ばされないようにキープしておきましょう。


PakKhlong12_boatticket.JPG





ヨートピーマンリバーウォーク【YOD PIMAN RIVER WALK】というショッピングモールがある船着き場で下車します(6/1)。



yodpimanpiar.jpg


案内表示のとおりに進むと、花市場「パーククローン市場」へ着くことが出来ました。

PakKhlong13.JPG PakKhlong10_sign.JPG



パーククローン市場

PakKhlong1.JPG




ボートでのアプローチは、渋滞知らずの便利な交通手段

ボートでの行き方のご紹介は以上です。

ボートは花市場だけでなく、いろいろな観光名所へ行くことが出来る便利な交通手段。

渋滞を回避できることも良い点ですが、バンコクを象徴する大きな川、「チャオプラヤー川」を体験できるチャンスでもありますね。


ボートにより、行き先や立ち寄る船着き場は様々です。

間違いの無いよう、チケットを購入する時、そしてボートに乗り込む時も、念のため係の人に確認したほうが安心かもしれません。


✤船の料金はしばしば値上げされています。

お出かけの際は、最新の情報でご確認されることをオススメします。


【MAP】

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 見所・観光・定番スポット
2017年11月10日
« 前の記事「24時間営業の花市場・パーククローン市場」へ
»次の記事「シンプル イズ ベスト!駅近のヌードル屋さん「バミーコンセリー」」 へ
おすすめ記事
    バンコク2特派員 新着記事
    蓮の花・白とピンク、どちらがお好き?【バンコクの風景】
    チョコだけじゃない!「チョコレートファクトリー」で選ぶしっとりコスメ〈タイ・パタヤ〉
    オーシャンビューの開放感!チョコレートファクトリー〈タイ・パタヤ〉
    のどが痛い!そんな時はカモミール配合のナチュラルなスプレー「カミロサンM」
    旅行に来たら言ってみたい、タイ語で「ありがとう」
    【2018】バンコクの1年間 こんなお祭りやイベントがあります
    セールで有名な、アマリンプラザの年末年始
    地上50メートル!バンコクの空にレストランが出現「Dinner in the sky®」

    タイ 航空券情報


    タイ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バンコク2特派員

      バンコク2特派員
      marie
      タイで働くことになった夫と共に日本を離れ、現在バンコクで暮らしています。炭火で焼いた数十円の焼き鳥の屋台があるかと思えば、その後ろには華やかで現代的な高級デパートがそびえ立つバンコク。消えていくものと新しく始まるもの、そして静と動も混在し、多彩な表情を持つタイの首都。歩いて見つけた街角のワンシーンから不動の名所まで、バンコクの旬なワンシーンをお届けします。趣味はバンコク散歩 ➡Sukhumvit Diary DISQUS ID @disqus_eNeKLKBL23

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集