海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > バンコク2特派員ブログ > 絶妙な甘じょっぱさ!バナナチップス・塩味【ジム ト...

タイ/バンコク2特派員ブログ marie

タイ・バンコク2特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年12月 5日

絶妙な甘じょっぱさ!バナナチップス・塩味【ジム トンプソン】


メール プリント もっと見る

絶妙な甘じょっぱさ!バナナチップス・塩味【ジム トンプソン】

今回も【ジム トンプソンシリーズ】。
スナック部門から、「バナナチップス」をご紹介します。


絶妙な甘じょっぱさ!ジムトンプソンの「バナナチップス・塩味」

バンコクではメジャーな、バナナのチップス。
プレーンでシンプルなタイプだったり、シロップで味がついていたり、または、タマリンドという酸味のある果物がサンドされていたり、バリエーションは様々です。
そして、このジムトンプソンの「バナナチップス」は、どのチップスとも一味違うんです!

美味しいからぜひ!と友人に強くおすすめされて、【塩味】を試食してみました。
すると、何とも言えないテイスト...「甘い」でも「しょっぱい」でもなく、これは「甘じょっぱい!」。
食感もパリパリとしていて、まさにやみつきになるチップスです。
ジムトンプソンのセールでは、55バーツで販売されていました。
日本円で約190円と、価格もリーズナブルです。


30jt_bananachips.jpg


バンコクのスーパーマーケットの中には、ジムトンプソンの食品・お菓子のコーナーを設けているところもあります。
このバナナチップスは、プラスチックのケースに入っているので、スーツケースの中でつぶれる心配も少ないですね。
おみやげにもピッタリな一品かと思われます。
ジムトンプソンコーナーにお立ち寄りの際は、ぜひこのバナナチップスを探してみてはいかがでしょうか☺


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2017年12月 5日
« 前の記事「おみやげ候補!マルベリー(桑の葉)&ベールフルーツのハーブティ【ジム トンプソン】」へ
»次の記事「サクサクの食感!蟹カレー風味のライスクラッカー【ジム トンプソン】」 へ
おすすめ記事
    バンコク2特派員 新着記事
    サクサクの食感!蟹カレー風味のライスクラッカー【ジム トンプソン】
    絶妙な甘じょっぱさ!バナナチップス・塩味【ジム トンプソン】
    おみやげ候補!マルベリー(桑の葉)&ベールフルーツのハーブティ【ジム トンプソン】
    ジム トンプソン・今年も冬の大セールが始まります【12月のイベント】
    ハーブティ徹底解剖!香り高いオーガニックのレモングラス&ジンジャーティ
    アクセス良し!滞在にもオススメなアソーク駅【ホテル&公園編】
    利便性抜群!2路線が乗り入れるアソーク駅【飲食&ショッピング編】
    フレッシュなキュウリの香りのボディソープ【選びたいお土産・ビューティ編】

    タイ 航空券情報


    タイ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボスリランカ/バッカスタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バンコク2特派員

      バンコク2特派員
      marie
      タイで働くことになった夫と共に日本を離れ、現在バンコクで暮らしています。炭火で焼いた数十円の焼き鳥の屋台があるかと思えば、その後ろには華やかで現代的な高級デパートがそびえ立つバンコク。消えていくものと新しく始まるもの、そして静と動も混在し、多彩な表情を持つタイの首都。歩いて見つけた街角のワンシーンから不動の名所まで、バンコクの旬なワンシーンをお届けします。趣味はバンコク散歩 ➡Sukhumvit Diary DISQUS ID @disqus_eNeKLKBL23

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集