海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > バンコク2特派員ブログ > 2018年バンコクで迎える中国旧正月(春節)【スク...

タイ/バンコク2特派員ブログ marie

タイ・バンコク2特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年2月24日

2018年バンコクで迎える中国旧正月(春節)【スクンビットエリア編】


2018年バンコクで迎える中国旧正月(春節)【スクンビットエリア編】

2月16日は、チャイニーズニューイヤー、いわゆる「中国旧正月(春節)」でした。
この日は、バンコクでも賑やかに祝われるお正月です。前日の「大晦日」に当たる日も、すでにお正月モードでいっぱいでしたよ。
今年の干支である「犬」をモチーフにした飾り付けやオブジェもたくさん目にしました。そんな「中国旧正月」シーズンのバンコクの様子をお届けしたいと思います。今回は、BTS(電車)でアクセスしやすいスクンビットエリアの風景です。


セントラル・ワールド

季節ごとの催し物やイベントでいつも賑わっている巨大ショッピングセンター「セントラル・ワールド」。大晦日のこの日も、あちこちで中国旧正月用のセッティングがなされていました。
こちらは、よくイベント会場となる「セントラル・ワールド」前の広場。整然と並ぶオブジェの表情が、妙に可愛らしかったです。
CNY_1.jpg
CNY_2.jpg
「セントラル・ワールド」の中へ入ってみると、賑やかな音楽が聞こえてきて、ちょうど獅子舞のパフォーマンスが始まりました。
タイミングよくメディアの撮影となったため、獅子舞たちがきちんとポーズしている様子を写真に収める事ができました。
CNY_3-thumb-730xauto-337602.jpg
そして、旧正月らしいドラや音楽に合わせて踊り出す獅子舞。すると、ギャラリーのみなさんが次々に獅子舞の口にお札(20バーツ:約70円)を入れていました。「おひねり」と呼ぶのでしょうか? 私も記念に、みなさんに習って20バーツを獅子舞にあげてみました。すると、なんと獅子舞の口から手が出てきて、ミカンをくれました!
CNY_4.jpg
これにはびっくり。ミカンは「金運」の願いが込められた縁起物の果物だそうで、この時期はよく街なかで見かけます。
旧正月らしくラッピングされたミカン、大事にいただきました。

同じフロアでは、旧正月らしい飲食関連の特設ブースが出店していました。
CNY_6-thumb-730xauto-337608.jpg
CNY_7-thumb-730xauto-337607.jpg

通りがかると、「写真どうぞ!」とせいろの蓋を開けてくれました!

CNY_5.jpg

赤でまとめられた華やかな一角では、老若男女問わず、賑やかな写真撮影スポットになっていました。
CNY_8.jpg

CNY_9.jpg
こういった、雑誌の取材に出てきそうな背景が用意されているのも、バンコクのイベントの特徴です。この前でポーズを取れば、誰でも芸能人風なワンシーンが撮れるかも!?




セントラル・ワールド

Central World

所在地:999/9 Rama I Rd, Khwaeng Pathum Wan, Khet Pathum Wan, Krung Thep Maha Nakhon 10330

最寄り駅:BTSチットロム駅




高級デパート・ゲイソーン

「セントラル・ワールド」から徒歩圏内にある高級路線のデパート「ゲイソーン」。こちらの入り口は、いつもちょっとシックで雰囲気があるんですよ。今年はちょうちんと共に、赤と黒の鳥かごが飾られました。
CNY_13.jpg


ゲイソーン
Gaysorn
所在地:999 Phloen Chit Rd, Khwaeng Lumphini, Khet Pathum Wan, Krung Thep Maha Nakhon 10330
最寄り駅:BTSチットロム駅



デパート・サイアムパラゴン



若い方々も多く集まるスポットが、BTSサイアム駅周辺です。こちらは駅前にあるデパート「サイアムパラゴン」前の広場。
それぞれの干支のオブジェが、楽しげに並んでいます。黄色が眩しい!ここでは、ご自分の干支の前で写真撮影をする方々がたくさんいらっしゃいました。
CNY_14.jpg


デパート内にも、写真を取りたくなる場所がいくつも用意されていました。ひときわ目を引いたのが、こちらの巨大な提灯。後方に映る人の姿と比べていただけると、ちょうちんの大きさがわかりやすいかと思われます。
CNY_15.jpg


セントラル・ワールドがあるチットロム駅とサイアム駅は、屋根付きの通路「スカイウォーク」でつながっています。お散歩を兼ねて、「中国旧正月ウォッチング」のはしごをしてみるのも楽しいのでは?


サイアムパラゴン
Siam Paragon
所在地:991 Rama 1 Road, Pathumwan, Bangkok 10330 Thailand
最寄り駅:BTSサイアム駅(電車内のタイ語のアナウンスだと「シアーム」と聞こえます)



BTSプロンポン駅周辺



日本人が多く集まることでも知られている、BTSプロンポン駅。デパートの中も外も、統一されたイメージで彩られていました。
CNY_19.jpg

夜には一段と華やかなライトアップが始まり、大音響の音楽が鳴り響きます。巨大ドラゴンの前では、オトナも子供もテンション上がりますね!
CNY_20.jpg




繁華街以外の場所はどんな様子?街角の風景



有名な繁華街以外の、身近な場所でも「中国旧正月」の飾り付けがなされています。
こちらは、コンビニエンスストア。入り口、店内ともにお正月モードでした。
CNY_22.jpg


そしてこじんまりしたレストランで食事をしていた時のこと。突然、獅子舞の一団が踊りながら店内へ入ってきました!
CNY_23.jpg CNY_24.jpg
中華料理のお店ではなく、イタリアンのお店だったのですが、、、。ドラの音や中国風の音楽とのミスマッチが面白かったです。




「中国旧正月」当日は、休業するレストランやショップもあるのですが、スクンビットエリアにあるデパート等は通常運転しています。もし、個人経営の店舗へ行かれる場合は、事前に開店しているかどうかを確認されることをオススメします。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 イベント・行事・お祭り
2018年2月24日
« 前の記事「蓮の花・白とピンク、どちらがお好き?【バンコクの風景】」へ
»次の記事「2018年バンコクで迎える中国旧正月(春節)【中華街:ヤワラート編】」 へ
バンコク2特派員 新着記事
日本で味わうタイ料理!「ソムタム ダー」が虎ノ門横丁に登場しました
海辺ギリギリで楽しむタイ料理レストラン「BAAN DUM」【タイ・ホアヒン】
日本語で「COVID-19(新型コロナウイルス)」に関するお知らせが確認できるWebサイト【タイ】
「COVID-19(新型コロナウイルス)」に関するお知らせ:2020年3月12日時点の情報【タイ・バンコク】
「COVID-19(新型コロナウイルス)」に関するお知らせ:2020年3月4日時点の情報【タイ・バンコク】
「COVID-19(新型コロナウイルス)」に関するお知らせ:続報です【タイ・バンコク】
「COVID-19(新型コロナウイルス)」に関するお知らせ(更新)【タイ・バンコク】
タイ料理には意外と出てこない!?「パクチー」【バンコク】

タイ 航空券情報


タイ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バンコク2特派員

    バンコク2特派員
    marie
    炭火で焼いた数十円の焼き鳥の屋台があるかと思えば、その後ろには華やかで現代的な高級デパートがそびえ立つバンコク。消えていくものと新しく始まるものが混在し、多彩な表情を持つタイの首都です。歩いて見つけた町角のワンシーンから絶対行きたい不動の名所まで、リピートしたくなるこの町の魅力をお届けします。バンコク暮らしを綴ったブログはこちらDISQUS ID @disqus_eNeKLKBL23

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集