海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > バンコク2特派員ブログ > しっとりとした旨味がたまらない!コームヤーン【バン...

タイ/バンコク2特派員ブログ 旧特派員 marie さん

タイ・バンコク2特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年5月25日

しっとりとした旨味がたまらない!コームヤーン【バンコク屋台グルメ】


しっとりとした旨味がたまらない!コームヤーン【バンコク屋台グルメ】

タイの東北地方(イサーン)のお料理、「コームヤーン」。
豚の首や喉あたりの部位のお肉に、下味をつけて焼いたものです。適度に脂がのっていて、タレと一緒に食べるとジューシーさが引き立ちます。
komyan.jpg


タイ語で「コー」は首、「ムー」は豚、「ヤーン」は焼く、という意味です。以前、「ガイヤーン」を取り上げたことがありましたが、あれは「焼いた鶏」という意味のお料理名です。
「ガイヤーン」それは炭火でグリルされた美味しい鶏肉のこと【バンコク】



コームーヤーン、英語ではgrilled pork neckと書かれていることもあるので、比較的見つけやすいと思います。
イサーン料理のレストランだけでなく、屋台やフードコートでも提供されているので、頼みやすいメニューです。価格は場所にもよりますが、一人分でだいたい50〜60バーツ前後。しっかりと食べ応えのある豚肉にもかかわらず、日本円で200円以下というのは嬉しいですね。
ところで、レストランで食べると(イサーン料理)、生野菜を提供してくれることが多いです。フードコートなどでコムヤーンを持ち帰りにした場合も、野菜をつけてくれるところが多く、タイらしいなあと感じます。
冷めても美味しいコームーヤーン。出来たては脂がジューシーでとにかく美味!ぜひバンコク旅行の際におすすめしたいメニューです☺︎

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 レストラン・料理・食材
2018年5月25日
« 前の記事「「チリンチリーン」はアイスクリームの時間です【バンコク屋台グルメ】」へ
»次の記事「ジムトンプソンのセール、始まっています【バンコク】」 へ
バンコク2特派員 新着記事
【タイ就職】現地採用として働く日本人女性にインタビュー|海外移住・海外就職
バンコクの南インド料理レストラン「Saravana Bhavan」で定番「ミールス」を食べよう
【2021年11月最新】タイから日本に一時帰国!準備物や出入国の手順をレポート(関西国際空港編)
タイ代表女子サッカー「通訳者」のタイ人女性にインタビュー
【タイの祭り】2021年の菜食週間(キンジェー)の様子|起源や菜食料理も紹介
タイ伝統工芸「ベンジャロン焼き」の絵付け体験ができる店「Stella Art Cafe」
【タイ人育成の極意】バンコクの日系美容室オーナーにインタビュー
タイ北部「メーチャンタイ村」のアラビカ種コーヒーショップがバンコクに進出!【支援の輪を広げよう】

タイ 航空券情報


タイ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バンコク2特派員

    バンコク2特派員
    marie さん
    炭火で焼いた数十円の焼き鳥の屋台があるかと思えば、その後ろには華やかで現代的な高級デパートがそびえ立つバンコク。消えていくものと新しく始まるものが混在し、多彩な表情を持つタイの首都です。歩いて見つけた町角のワンシーンから絶対行きたい不動の名所まで、リピートしたくなるこの町の魅力をお届けします。バンコク暮らしを綴ったブログはこちら

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集