海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > バンコク2特派員ブログ > この時期必食!プルプルの生ライチが美味しい季節です...

タイ/バンコク2特派員ブログ marie

タイ・バンコク2特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年6月12日

この時期必食!プルプルの生ライチが美味しい季節です【バンコク】


この時期必食!プルプルの生ライチが美味しい季節です【バンコク】

フルーツ天国のタイでは、1年を通じて様々な果物が旬を迎えます。ちょうど今、最高にフルーティでジューシーな味を楽しめるのがライチ!この時期にバンコク旅行にいらした方は、ぜひぜひお試しいただきたいフルーツです。むしろ、この時期のライチを食べにバンコクに来て頂きたいくらい、感動する味なんです!
linchee1.jpg



短い旬の時期



バンコクで味わえるのは、生のライチ!
この時期にはスーパーマーケットや通りの屋台、市場でも良く目にします。特徴は、枝付き&葉っぱ付きで売られていること。鮮度を保つためでしょうか。なかなか日本では見られない光景ですね。
バンコクでは5月の中旬あたりから店頭に並び始め、6月半ばを過ぎるといつの間にか見かけなくなります。旬の時期は短いので、お見逃しなく!



一粒が重い!大粒で瑞々しいジャカパット種



どれも美味しそうに見えるライチですが、いくつか種類があるようです。私がお勧めしたいのは、ジャカパット(Chakrapad Lychee)というひときわ大粒のライチ。
枝から一粒取って測ってみたところ、ちょうど50gありました。冒頭に掲載した写真のライチは、ひと房で150バーツ(約510円)です。
linchee2.jpg


赤みのある皮をむくと、ぷるっと透明感のある果肉が現れます。初めて食べたときは、尋常でない瑞々しさにびっくり!
自然の甘みをたっぷり感じることのできる、幸せなライチの味。日本へは持って帰れませんので、ぜひバンコク滞在中にトライしてみてはいかがでしょうか☺︎

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 レストラン・料理・食材
2018年6月12日
« 前の記事「ピンヒール厳禁?!街歩きではデコボコ道にご注意を【服装/バンコク】」へ
»次の記事「タイ語で「すみません」は何と言う?」 へ
おすすめ記事
    バンコク2特派員 新着記事
    店頭にキャットフード!不思議なタイ料理レストラン【プーケット編】
    のんびりのびのび!ホテルステイを楽しむプーケット【バンコク発タイ国内旅行】
    お土産定番のマンゴスチン石鹸はこちらです【バンコク】
    蚊除け対策に!タイのナチュラルな虫除けバーム【バンコクのお土産候補】
    タイ・バンコクの屋台グルメ〜メインからデザートまで〜
    夏はコレ!きゅうりのお土産3選【バンコク】
    タイのフルーツ、スナック感覚でよりどりみどり!【バンコク屋台グルメ】
    象にも出会えるタイのチョクチャイファーム【タイ国内旅行】

    タイ 航空券情報


    タイ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バンコク2特派員

      バンコク2特派員
      marie
      タイで働くことになった夫と共に日本を離れ、現在バンコクで暮らしています。炭火で焼いた数十円の焼き鳥の屋台があるかと思えば、その後ろには華やかで現代的な高級デパートがそびえ立つバンコク。消えていくものと新しく始まるもの、そして静と動も混在し、多彩な表情を持つタイの首都。歩いて見つけた街角のワンシーンから不動の名所まで、バンコクの旬なワンシーンをお届けします。趣味はバンコク散歩 ➡Sukhumvit Diary DISQUS ID @disqus_eNeKLKBL23

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集