海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > バンコク2特派員ブログ > お土産定番のマンゴスチン石鹸はこちらです【バンコク...

タイ/バンコク2特派員ブログ marie

タイ・バンコク2特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年8月 8日

お土産定番のマンゴスチン石鹸はこちらです【バンコク】


お土産定番のマンゴスチン石鹸はこちらです【バンコク】

タイ・バンコクのお土産といえば、やっぱり「マンゴスチン石鹸」。特に初めてのバンコク旅行では、一度は使ってみたい石鹸ではないでしょうか。
多くの種類があるマンゴスチン石鹸ですが、何年経っても定番として名前が上がるのが、ハーブ研究所でもありタイ王国の国立病院でもある「アバイブーベ」の石鹸です。


18_61_1.jpg

まず、マンゴスチンとはどういう果物かというと、実物はこちらです。
18_61_2.jpg

中の果肉は白いのですが、ご覧のように皮は赤茶色をしており、染料としても使用されています。この皮に、ポリフェノールなどの栄養素が含まれているのですね。実際、この石鹸の色も渋い茶色です。なお、石鹸の表面に描かれているのが、アバイブーベ病院です。


18_61_3.jpg

香りは無臭ではなく、昔の固形石鹸のような懐かしい香りがします。色から連想すると、漢方のような渋い香りがすると思っていたので、ちょっと意外。洗ってみたところ、肌はさっぱり。暑い夏には合っている石鹸かもしれません。保湿成分はあまり感じなかったので、洗った後はしっかりスキンケア(またはボディケア)をするのがおすすめです。洗い上がりがしっとりしている方が好き!という方には、以前ご紹介したマイトンの石鹸の方が良いかと思われます。

◆ 美肌になれるかな!?マンゴスチンの石鹸「マイトーン」

種類の違う石鹸を、気分や肌の状態で使い分けるのも楽しいですね。

アバイブーベのマンゴスチン石鹸ですが、はっきりと「顔用」という表記は見当たりませんでした。ほぼ普通肌の私は、顔に使っても特に問題ありませんでしたが、最初は体から試してみるのが良いかもしれません。



どこで買える?価格は?



アバイブーベの石鹸は、比較的どこでも見かけるポピュラーなアイテムです。スーパーマーケットやデパートのお土産コーナーや、コンビニエンスストアの洗面グッズコーナーなど、比較的購入しやすい場所に置かれています。
ドラッグストアよりも、コンビニエンスストアにおいてある確率の方が高いように思いますので、コンビニを見かけたらぜひチェックしてみてくださいね。
気になる価格は、一つ30バーツ。日本円で約100円ほどですので、プチプラなお土産候補と言えるでしょう。アバイブーベの石鹸は、マンゴスチン以外にも種類があるので、色々と取り揃えてみるのも面白いかと思います☺︎




Mangosteen Peel Soap(マンゴスチン石鹸)

ブランド:アバイブーベ(Abhaibhubejhr)
容量:100g
定価:30バーツ(約100円)
成分:マンゴスチンの皮など
香り:いわゆる石鹸の香り
色:渋い茶
購入場所:コンビニエンスストアの洗面グッズコーナー/スーパーマーケット/ナチュラル系商品を販売しているショップ/デパートのお土産コーナー/ドラッグストアなど

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 美容・健康・病院
2018年8月 8日
« 前の記事「蚊除け対策に!タイのナチュラルな虫除けバーム【バンコクのお土産候補】」へ
»次の記事「のんびりのびのび!ホテルステイを楽しむプーケット【バンコク発タイ国内旅行】」 へ
おすすめ記事
    バンコク2特派員 新着記事
    マンダリンオリエンタルショップで飲むハーブティ【バンコク】
    バンコクのクリスマス風景【タイ】
    〈閉店しました〉クラフトビールで乾杯!バンコク中華街の「Let The Girl Kill」
    2018年灯籠流しのロイクラトン in バンコク!【タイ】
    なにやら水辺が賑やかなだと思ったら、それはきっとロイクラトン【タイ/バンコク】
    高級デパートで見つけたスタイリッシュなカフェで変化球にトライ!【バンコク】
    バンコク・アートビエンナーレ2018!乾季は現代美術を楽しもう【タイ】
    バンコクのハロウィーン風景〈2018〉

    タイ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バンコク2特派員

      バンコク2特派員
      marie
      タイで働くことになった夫と共に日本を離れ、現在バンコクで暮らしています。炭火で焼いた数十円の焼き鳥の屋台があるかと思えば、その後ろには華やかで現代的な高級デパートがそびえ立つバンコク。消えていくものと新しく始まるもの、そして静と動も混在し、多彩な表情を持つタイの首都。歩いて見つけた街角のワンシーンから不動の名所まで、バンコクの旬なワンシーンをお届けします。趣味はバンコク散歩 ➡Sukhumvit Diary DISQUS ID @disqus_eNeKLKBL23

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集