海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > バンコク2特派員ブログ > タイのスーパーBigC(ビッグシー)バンコク在住主...

タイ/バンコク2特派員ブログ ぴっぴ さん

タイ・バンコク2特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年8月18日

タイのスーパーBigC(ビッグシー)バンコク在住主婦のとある日の買い物【食料品コーナー編】


タイのスーパーBigC(ビッグシー)バンコク在住主婦のとある日の買い物【食料品コーナー編】

000.jpg


サワディーカー。バンコク2特派員のぴっぴです。海外を訪れたときに定番観光地とはひと味違ったおもしろさがあるのが、現地のスーパーマーケット。その国ならではの品揃えを眺めたり、現地の生活を垣間見たり、おみやげを安く大量に買ったりすることもできるワクワクスポットなのです。


今回はタイ最大手のスーパー「Big C(ビッグシー)」の食料品売り場の様子をお届けします。とある日の私の購入品や個人的なおすすめ商品も紹介しますね。スーパーの雰囲気や食料品のおおまかな相場などがわかるかと思います。それでは行ってみましょう!


「ビッグC ラチャダムリ店」はアクセス抜群!


239611049_10222759401285455_1027246413046390524_n.jpg


1993年にタイ財閥のセントラル・グループにより設立された「BigC(以下、ビッグC)」はタイ国内でもっとも大きなスーパーで、まさにタイ庶民の台所です。バンコク在住の私がよく通っている「ビッグC ラチャダムリ店」はBTSチットロム駅から徒歩5分、スカイウォーク沿いにあってアクセス抜群。


メイン顧客はタイ人でローカル感があり、日系スーパーに比べると比較的リーズナブルで、わが家はもっとも利用頻度が高いです。食料品・雑貨・家電など品揃え豊富でなんでもあります。



それではなかに入ってみましょう。入口ではコロナ感染の拡大を抑えるための検温チェックがあります。食料品売り場は2階です。


ビッグCのカートはビッグサイズのみで夫婦ふたり暮らしのわが家にとっては大きすぎるので、私はいつも赤いカゴをそのままカートに置き、カゴのなかに購入品をポンポン入れています。


239004488_10222759398325381_5419985128955768003_n.jpg


店内はかなり広いので、じっくり見てまわるとそれなりの時間がかかると思います。


ちなみにエスカレーターをあがった3階には衣服・生活用品・家電・タイ土産などが売られています。また別記事でこちらのフロアも紹介しますね。


237400625_10222729241251473_2499700187816325670_n.jpg


■BigC (ビッグシー) ラチャダムリ店
・住所: 97 11 Ratchadamri Rd, Lumphini, Pathum Wan District, Bangkok 10330
・アクセス: BTSチットロム駅から徒歩5分(スカイウォーク直結)
・駐車場: あり

野菜コーナー


234349688_10222729242171496_2438789592365704777_n.jpg


まずは野菜コーナー。どの商品も全体的にきれいな状態で売られているので、市場で買うのは少し抵抗があるという人でも安心できます。オーガニック野菜はわりと品揃えが豊富で、日本のものにくらべるとかなりお手頃価格です。


238924804_10222759399445409_4003049076793305200_n (2).jpg


バーコードが貼られてない商品は基本的に量り売り。各コーナーに設置されているビニール袋をちぎって野菜や果物を詰め、店員さんに渡しましょう。その場で計量してバーコードを貼ってくれます。


234580697_10222729239731435_2497845199190020058_n.jpg


トマトと玉ねぎを4つずつビニール袋に入れて計量してもらいました。量り売りだと色・大きさ・形など自分でじっくりと選べるのがいいですね。


トマト4個が40.75バーツ(約135円)、玉ねぎ4個が31.75バーツ(約105円)。
(※2021年8月時点でのレート換算)


234379132_10222729240691459_2431516771992071441_n.jpg


以下、私の購入品です。なんだか生活感があふれてますね (笑)。


写真左上▶レモン1個 17.25バーツ(約57円)
写真左下▶もやし1パック 22バーツ(約73円)
写真右上▶唐辛子詰め合わせ 11.25バーツ(約37円)
写真右下▶レタス1パック 29バーツ(約96円)
234260113_10222729239091419_6977519987341895428_n.jpg


写真左上▶小ぶり白菜×3個 25バーツ(約83円)
写真左下▶白ネギ2本 49バーツ(約162円)
写真右上▶小ネギ 25バーツ(約83円)
写真右下▶キュウリ2本 39バーツ(約128円)
236992218_10222729239971441_2117284946112710455_n.jpg


果物コーナー


続きまして果物コーナー。さすが南国タイ、フレッシュで色鮮やかなフルーツがどっさり陳列されています。こういう風景を見ると「あ~タイに住んでいるんだなぁ~」と実感しますね。


239541608_10222759402325481_7957972103087957763_n.jpg


丸ごと、カットフルーツ、果汁100%ジュースなど、売り方はいろいろ。どんな種類のものが陳列されているのか一部紹介します。


写真左上▶ポメロ
写真左下▶ココナッツ
写真右上▶ランブータン
写真右下▶ドリアン
234411520_10222729093407777_7653188035131891085_n.jpg


新鮮でジューシーなトロピカルフルーツを安く購入できるのは本当にうれしい! タイ在住者としての特権をいまのうちに最大限に堪能せねばと、日々せっせとフルーツを摂取しています(笑)。この日買ったものはこちら。


写真上▶マンゴー3~4個パック 69バーツ(約228円)
写真左下▶マンゴスチン15個パック 26.25バーツ(約87円)
写真右下▶パイナップル 39バーツ(約129円)
234507627_10222729238891414_2739028709032219017_n.jpg


季節によって旬のフルーツが異なるので、スーパーでその移り変わりを感じるのも楽しいですよ♪


肉・魚コーナー


お次は肉コーナー。パック詰めと量り売りの2パターンがあります。精肉量り売りでは、豚ロース・豚ひき肉・鶏もも肉などがそのままドーンと置かれています。トングを使ってビニール袋に自分で好きなだけ詰めて計量してもらうのですが、これがまあ安いんです!


236026764_10222746593685273_4922856253176170893_n.jpg


ビッグCに品揃えが少ない牛肉や薄切り肉などは日系スーパーで購入していますが、それ以外はできるだけ安く済ませるためビッグCで購入しています。


こちらは海鮮コーナー。いろんな種類の魚が陳列されていて、店員さんに希望を伝えるとさばいてくれます。以前一度だけさばいてもらったのですが、それが骨だらけで若干のトラウマになってしまい、以来ずっと日系スーパーの切り身ばかり購入しています(笑)。でもそろそろリベンジしたいな。


237125084_10222746593085258_5829804323867485582_n.jpg


冷凍食品コーナー


冷凍食品コーナーもかなり広くて品揃えが豊富です。冷凍エビ227バーツ(約745円)を買いました。


239634374_10222759397325356_920958822143355425_n.jpg


冷凍フルーツコーナーには、パッションフルーツのピューレやキウイフルーツの果肉が詰め込まれた巨大なパックなんかがあります。ミックスベリー129バーツ(約422円)を購入。


239548556_10222759398565387_4378633252792394291_n.jpg


個人的におすすめしたいのが、タイ中華スイーツ「ブアローイナムキン」。作り方はめちゃくちゃ簡単で、電子レンジで2、3分チンするだけです。ほんのり甘い生姜スープのなかに黒胡麻あんのお団子が4つ浮かんでいて、日本人好みの味で本当においしいので何度もリピートしています。見つけたらぜひ試してみてくださいね♪


写真左▶ブアローイナムキン 46バーツ(約153円)
236900036_10222729093167771_3157526792541531191_n.jpg

調味料コーナー


調味料コーナーには、タイ料理に欠かせないナンプラー・オイスターソース・チリソースなどの調味料がずらり。私のお目当ては「キッコーマンの醤油」だったのですが......普段使っている大きいサイズが見当たらず、小ぶりのボトル158バーツ(約520円)をとりあえずゲット。


237130457_10222729242411502_5971779940506117636_n.jpg


パンコーナー


パンコーナーはサワードウなどのハード系・バゲット・マフィン・パウンドケーキなど非常にバラエティ豊富です。実はビッグCはフランス系のスーパーで「パンがおいしい」と定評があるんです。私も定期的にここでパンを買いますが、どれもおいしくていまのところ外れたことがありません。


239747871_10222759396685340_9203251703634208198_n.jpg


イチ押しは「バタークロワッサン」。私がいつも買っているのは6個入り49バーツ(約162円)で、安くておいしくて最高なんですよ。少しだけ焼くとサクサクふわふわ。在住者のあいだでも大人気です。


234582921_10222729241451478_1206195029843146244_n.jpg


パンコーナーでいつも私を誘惑してくるのが「ドーナッツ」。油たっぷりの危険な代物ですが......これが最強にうまいんですよね。この日はつい誘惑に負けて買ってしまいました。


砂糖がたっぷりまぶしてあるツイストドーナッツが1個5バーツ(約17円)、チョコがまぶしてあるドーナツが1個8バーツ(約27円)。自宅で罪悪感を感じながら食べたら、信じられないくらいおいしかった......圧倒的敗北感です。


234379587_10222729092647758_3167691291850912014_n.jpg


そのほか、タイの春雨サラダ「ヤムウンセン」を作ってみたくてヤムウンセンの素を買いました。それから在住者に安くておいしいと人気のトマト鯖缶を購入。タイで売られているサバ缶の多くはトマトソースで煮込まれているんです。そのまま食べてもパスタにからめるなどアレンジしても美味。


写真左▶ヤムウンセンの素 38バーツ(約126円)
写真右▶トマトサバ缶 18バーツ(約60円)
236053528_10222746594365290_2268293812006826796_n.jpg


タイのソウルフードともいえる麺料理。バミー、センレック、センミー、バラエティ豊富なあらゆる麺が陳列されています。今回はヤムウンセンを作るためのウンセン(春雨)を購入。


写真右▶ウンセン 14バーツ(約47円)
238903661_10222746593125259_3870893820158321386_n.jpg

海外でも豆腐やキムチが気軽に手に入るのは助かります。いつも買っている絹豆腐が29バーツ(約95円)、キムチが69バーツ(約225円)。あと欲を言えば納豆も置いてくれるとうれしいなあ。


234387407_10222729092407752_8313080674157141721_n.jpg


タイで日本のカップラーメンを買うと高いですが、タイ産のものは安いです。タイの国民食ともいわれるほど不動の人気を誇るインスタントラーメン「MAMA(ママー)」は、タイ人で知らない人はいないほどの大人気ブランド。トムヤムクン味など種類豊富で、ヌードル系だけでなくインスタント雑炊などもあります。


写真右▶「MAMA」トムヤムクン味3個入り 34バーツ(約112円)
239506457_10222759403005498_2417937010188209892_n.jpg


スナックやチョコレートなどのお菓子コーナーもこんなに充実しています。しかしチョコレート大好きな私はすぐに誘惑に負けてしまうので、できるだけこの危険領域には足を踏み入れないようにしています......(笑)。


239146435_10222759403205503_774245209437465704_n.jpg


惣菜も種類豊富で、安いわりにかなりおいしい! チャーハンやパッタイ、フィッシュフライ弁当、焼き鳥、パスタなどいろいろあります。私もときどきランチをここで調達しています。


239572233_10222759402085475_6737533088799180249_n.jpg


こちらにはドライマンゴーやドライパイナップル、ドリアンチップス、バタフライピーティーなど、タイ定番のおみやげがずらり。安く大量購入できるので、ばらまきみやげを買うのにも最適です。


238965196_10222759396805343_6373215357728934125_n.jpg


お会計


239583237_10222759397525361_8729357704248274935_n.jpg


それではお会計です。以前はレジが混みあうことも多かったようですが、最近はコロナの影響で客足が少なく、私が行くときはいつも空いています。


レジで「ポイントカードはありますか?」と聞かれるので、ある場合は登録している電話番号を打ち込むとポイントが加算されます。タイでは2020年1月より主要小売店でレジ袋配布が廃止されており、ビッグCでもエコバッグを使うようになりました。


まとめ


タイの大型スーパー「ビッグC」は現地民に愛され、旅行者も楽しめるおすすめスポットです。


「タイの物価は安い」というイメージが強いかもしれませんが、近年バンコクの物価は上昇し続けており、スーパーの食料品の値段について「日本とさほど大きく変わらないのでは......?」と感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。


日本の食品を買うとどうしても割高になりますし、実際のところわが家では、タイ生活の方が食費は高くついていると思います (汗)。


現在はコロナウイルスが猛威をふるっており自由に旅行ができませんが、事態が落ち着いたらぜひタイにきて、ビッグCを散策してみてくださいね。それではまた次の記事でお会いしましょう!


ぴっぴの個人ブログはこちらから★

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2021年8月18日
« 前の記事「北タイ発のオーガニック紅茶Monsoon Tea(モンスーンティー)アソーク店【タイの森と人を守る】」へ
»次の記事「タイ語オンラインスクール講師のタイ人女性にインタビュー【語学学習で大切なこと】」 へ
バンコク2特派員 新着記事
【タイの祭り】2021年の菜食週間(キンジェー)の様子|起源や菜食料理も紹介
タイ伝統工芸「ベンジャロン焼き」の絵付け体験ができる店「Stella Art Cafe」
【タイ人育成の極意】バンコクの日系美容室オーナーにインタビュー
タイ北部「メーチャンタイ村」のアラビカ種コーヒーショップがバンコクに進出!【支援の輪を広げよう】
【タイ文化の豆知識】あなたの誕生日の仏像はどれ?曜日ごとの守護神を一挙に紹介!
【タイ・バンコク】9月1日から規制緩和▶営業を再開した百貨店や飲食店の様子を在住者がリポート
タイ語オンラインスクール講師のタイ人女性にインタビュー【語学学習で大切なこと】
タイのスーパーBigC(ビッグシー)バンコク在住主婦のとある日の買い物【食料品コーナー編】
1年前の同じ月に投稿された記事
日本で味わうタイ料理!「ソムタム ダー」が虎ノ門横丁に登場しました

タイ 航空券情報


タイ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バンコク2特派員

    バンコク2特派員
    ぴっぴ さん
    岡山県出身。世界一周経験のあるバンコク在住ブロガー。2019年9月より夫の海外赴任にともないタイにお引越し。中南米やアフリカ、中東を含む世界41ヵ国100都市以上を訪れた旅好きです。バンコクは世界有数の国際都市でありながら、歴史ある寺院や屋台文化、東南アジアらしい混沌とした路地など新旧が共存する懐の深い場所。世界中を旅したけど私はやっぱりバンコクが一番好き! 現地の観光・文化・グルメなど在住者目線の生の情報を随時お届けします。個人ブログTwitterでもタイ生活のいろいろを発信中。 DISQUS ID @disqus_dgZksfpphN

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集