海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > タイ/バンコク3特派員ブログ

タイ/バンコク3特派員ブログ Taeko

タイ・バンコク3特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

皆様、サワディーカー。


タイ政府が発行する「国際旅行のための新型コロナウイルス・ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)」の申請方法・申請場所等についての情報が2021年6月18日付で在タイ日本国大使館のウェブサイトにて公開されました。


また、2021年6月21日以降、タイ・バンコクにおいて、新型コロナウイルス感染症対策の一部がまた緩和されました。


以上、2点について、以下に書きます。


■タイ政府発行「国際旅行のための新型コロナウイルス・ワクチン接種証明書(いわゆるワクチン・パスポート)」の申請方法・申請場所等

picture12c.jpg

タイ政府が発行する「国際旅行のための新型コロナウイルス・ワクチン接種証明書(いわゆるワクチン・パスポート)」の申請方法・申請場所等について、在タイ日本国大使館のウェブサイト、以下サイトに掲載されました。


▽「タイ政府が発行する「国際旅行のための新型コロナウイルス・ワクチン接種証明書(いわゆるワクチン・パスポート)」の申請方法・申請場所等について(令和3年6月18日現在)」

https://www.th.emb-japan.go.jp/itpr_ja/news_20210618.html


なお、今後、変更される可能性はありますので、タイ出入国をされる際には、最新情報を確認されることをおすすめします。このワクチン・パスポートを所有していても、現在、タイ入国時に隔離を免除されるわけではありませんが、6月18日付のタイ政府観光庁(https://www.tatnews.org/ )の発表によると、タイ南部プーケットでは2021年7月1日から「PHUKET SANDBOX MODEL(通称:サンドボックス)」という名称で、スラタニ (サムイ島、パンガン島、タオ島)では7月15日から「Samui Plus」という名称で、到着の14日前から1年前以内に、タイの法律に基づいて登録されている、または、世界保健機関 (WHO) の認証を受けている新型コロナウイルスワクチンを接種完了している外国人旅行者(新型コロナウイルスの低・中リスク国のみ)を隔離検疫なしで受け入れを開始予定です( https://www.tatnews.org/2021/06/thailand-confirms-reopening-plan-from-1-july-2021/ 参照)。当初の予定では、7日間SHA認定のホテルに宿泊したあと、他県への訪問も可能予定でしたが、14日間滞在する必要があります。該当地域への入国を検討・予定されている方は、タイ政府観光庁のウェブサイト(https://www.tatnews.org/ )で最新情報および詳細をご確認ください。


長期の休暇取得や在宅勤務が可能で、資金面でよほどの余裕がある方を除き、現状、日本からのタイ旅行も、タイ在住日本人の一時帰国もたいへん難しい状況ですが、タイ・プラユット首相は、6月16日、テレビを通じて10月初めまでに5000万人が、少なくとも1回目の新型コロナワクチンの接種を完了していることを目標に掲げ、10月半ばにはすべての外国人を受け入れる意気込みですので、期待したいところです。


■バンコクの新型コロナウイルス感染症対策の一部緩和

picture364DSC06299.jpg

タイ・バンコク等において、新型コロナウイルス感染症感染対策措置が講じられていますが(記事「【2021年6月14日時点】タイ・バンコク新型コロナウイルス感染症対策の現状 」にて紹介済み)、2021年6月21日、規制の一部がまた緩和されました。2021年6月21日付の在タイ日本国大使館からのメールを以下に転載しておきます。


件名:「新型コロナウイルスに関するお知らせ(バンコク都告示第33号の発出)」


・6月20日、バンコク都は、施設の閉鎖等の一部を緩和する「バンコク都告示第33号」を発出しました。

・6月14日付け「バンコク都告示第32号」(参照:https://www.th.emb-japan.go.jp/itpr_ja/news_20210614.html )において一部緩和された施設・活動に加え、今回の告示により、以下の施設等の緩和が認められることとなりました。

・今回緩和された以外の施設や活動は、過去の告示の内容に従って閉鎖が継続されます。また、本件告示の違反者に対しては、感染症法および非常事態令による罰則が適用される場合がある旨述べられています。

・これらの措置は、6月21日から適用されます。

・今後の発表等により変更の可能性もありますので、最新の情報収集に努めて下さい。


・公共のプールや類似の活動を行う施設。

・運動用のプール。ジェットスキー、カイトサーフ、バナナボートといった水上での活動。これらは人数制限を行いつつ、午後9時まで営業可能。試合については、無観客で実施可能。

・研修センター、教育向け科学施設、科学公園、科学および文化センター、芸術ホール。

・公共図書館、地域の図書館、民間の図書館、図書室。

・飲食店に関し、午後11時までの営業を認める。但し、アルコール飲料の店舗での消費は禁ずる。着席可能な人数を、本来の50%以下に制限する。物理的距離をはじめとする防疫措置を実施する。

・屋外の運動場や施設および換気のよい屋内の運動施設の営業を午後9時まで認める。

・コンビニ、スーパーに関し、従来通りの営業を認める。

・50名未満の各種活動を認める。50名以上500名未満の活動に際しては、防疫措置を含む実施計画を提出した上で、所轄の区事務所から許可を得ること。500名以上の活動は、防疫措置を含む実施計画を提出した上で、都の保健事務所から許可を得ること。


○告示原文

http://www.prbangkok.com/th/post/view/MDY1cDBzNnM0NHIyb3Ezc3E2NnEyNDk0cDRyOTQzcjQ4MzA1Mg


在留邦人及び滞在者の皆様におかれては、引き続き3密(密閉、密集、密接)の回避・マスクの着用・手洗い等の励行に努め、感染予防に努めてください。なお、邦人の感染情報がありましたら、お手数ですが当館に御一報ください。


○外務省海外安全ホームページ

https://www.anzen.mofa.go.jp/

○在タイ日本国大使館ホームページ

https://www.th.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○タイ保健省 疾病管理局(Department of Disease Control)

https://ddc.moph.go.th/viralpneumonia/eng/index.php

○厚生労働省ホームページ

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

〇厚生労働省(水際対策に係る新たな措置について)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html

○厚生労働省(日本における水際対策の抜本的強化に関するQ&A)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html

○厚生労働省(新型コロナウイルスに関するQ&A)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html

○厚生労働省(感染症対策の基本)

https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000593493.pdf

○TECOT(海外渡航者新型コロナウイルス検査センター)(経済産業省)

https://www.tecot.go.jp/


(問い合わせ先)

○在タイ日本国大使館領事部

電話:(66-2)207-8500、696-3000

FAX:(66-2)207-8511

所在地: 177 Witthayu Road, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330

(ウィタユ通り、ルンピニー警察署とMRTルンピニー駅のほぼ中間)


◎在留届を提出されている方は、記載事項変更(転居等による住所変更・携帯電話番号やemailアドレスの追加・変更等)、または帰国・転出等があれば必ずお知らせください。

◎在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)は、外務省海外旅行登録(「たびレジ」)を、ぜひ活用してください。登録者は、滞在先の最新の渡航情報や緊急事態発生時の連絡メール、また、いざという時の緊急連絡の受け取りが可能です。

・たびレジ:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html

・たびレジ簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は、以下のURLから停止手続きをお願いいたします。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

◎緊急事態が発生した際、携帯電話のショートメッセージサービス(SMS) を利用し、 在留届や「たびレジ」に登録のあった携帯電話番号に当館より関連情報を送信したり、返信を求める事により安否確認を行う場合があります。本システムでは、原則タイの国番号(+66)を使用し、メッセージは半角英数字(ローマ字)で送信します。

・運用開始について:https://www.th.emb-japan.go.jp/files/000388576.pdf

・よくあるご質問:https://www.th.emb-japan.go.jp/files/000388577.pdf


※タイ政府観光庁の以下サイト(英語)では、今回、営業再開可能となった業種以外に、現在もなお閉鎖対象となっている業種もあわせて見られます。

https://www.tatnews.org/2021/06/bangkok-allows-more-venues-and-businesses-to-reopen-from-21-june-2021/


以上、お知らせでした。規制緩和などが進んでいますが、現在もなお新型コロナウイルス感染症新規感染者が多く報告されていますので、感染予防はくれぐれも怠らないようにしましょう。それでは、皆様、サワディーカー。


2021年6月22日

皆様、サワディーカー。

今日は、2021年6月14日時点でのタイの新型コロナワクチン接種状況、新型コロナウイルス感染症新規感染者数、そして、タイ・バンコクにおける新型コロナウイルス感染症感染対策措置の一部緩和について書きます。

picture5000_bangkokcovid19c.jpg

【1】タイにおける新型コロナワクチンの接種状況(2021年2月28日~6月14日)について

タイ王国77県において、約5000万人を目標に、2021年6月7日から本格的に開始されている新型コロナワクチンの接種は、2021年2月28日~6月14日の期間において、651万1184人が接種を終えています。内訳は、1回目の接種を終えた人が476万2063人(そのうち199万1816人が6月7日以降に接種した人)、2回目の接種まで終えた人が174万9121人(そのうち41万8847人が6月7日以降に接種した人)となっています。2回の接種を終えた人は全体の約3.5%。


参考サイト

・ศูนย์ข้อมูล COVID-19: https://www.facebook.com/informationcovid19/


医療従事者やリスクの高い方々以外の一般のタイ人も接種しているようで、知り合いのタイ人数名も接種し、SNSに投稿するようになりました。


【2】タイにおける新型コロナウイルス感染症感染者数

タイにおける新型コロナウイルス感染症感染者数の推移は、以下のウェブサイトで棒グラフで見られますが、過去1ヵ月間は毎日2000人を超える新規感染者数がいまなお報告され続けています。


Thailand Corona Tracker https://www.coronatracker.com/ja/country/thailand/?referrer=today%3Freferrer%3Dtoday


【3】タイ・バンコクにおける新型コロナウイルス感染症感染対策措置の一部緩和

タイ・バンコクおよび他県において、すでに新型コロナウイルス感染症感染対策措置が講じられていますが(記事「【2021年5月17日~】タイ・バンコク新型コロナウイルス感染症対策措置を一部変更」にて紹介済み)、2021年6月14日より、その規制の一部が緩和されました。


6月14日付の在タイ日本国大使館からのメールを以下に転載しておきます。

件名:「新型コロナウイルスに関するお知らせ(バンコク都告示第32号の発出)」


・6月14日、バンコク都は、施設の閉鎖等の一部を緩和する「バンコク都告示第32号」を発出しました。

・「バンコク都告示第29号」(参照:https://www.th.emb-japan.go.jp/itpr_ja/news_20210517.html)において一部緩和された施設・活動に加え、今回の告示により、以下の施設・活動の再開が認められることとなりました。


・他方、今回緩和された以外の施設や活動は、過去の告示の内容に従って閉鎖が継続されます。

・これらの措置は、6月14日から6月30日まで適用されます。

・今後の発表等により変更の可能性もありますので、最新の情報収集に努めて下さい。


1 博物館および類似施設、史跡関連施設

2 ネイル・ショップ、刺青店。但し、顔面周辺への施術は禁ずる。

3 美容医療クリニック

4 健康増進施設(スパ、マッサージ)。但し、マッサージは足部分のみ。

5 公園、植物園等。但し、散歩やジョギング以外の目的での使用は禁ずる。


○告示原文

http://prbangkok.com/th/download.php?ref=M2E0LJyirTkjoz13q29ZMT1sM2I0oTycrTMjpJ1Sq2IZoT1vM2S0qTysrPMjZ203qmWZZJ1kM0I0MTycrS8oSo3Q


在留邦人及び滞在者の皆様におかれては、引き続き3密(密閉、密集、密接)の回避・マスクの着用・手洗い等の励行に努め、感染予防に努めてください。なお、邦人の感染情報がありましたら、お手数ですが当館に御一報ください。


タイにおいて新規感染者数が多い状況が続いていますが、今回も、バンコクにおいて規制緩和がなされました。決して、バンコク都内の感染者数が少なくなったわけではありません。日常生活を送る上での利便性は上がりますが、新型コロナウイルス感染症感染者数は以前として高いままなので、今後も、引き続き常に感染予防に努めていきましょう。


それでは、皆様、サワディーカー。


2021年6月15日

皆様、サワディーカー。

picture4901.jpg

タイ・バンコクには、歯のお手入れグッズ(デンタルケア製品)が豊富にあります。上の写真は、BTSアソーク駅近くのロビンソンマーケット地下にあるトップスマーケットで撮影したほんの一部ですが、歯ブラシや歯磨き粉等も加えると、デンタルケア製品の売り場はかなり広いです!


人によって、好みの製品は異なると思いますが、今回は、私がタイに来てから探していてやっと求めていたものに巡り合えたお気に入りのロールタイプのデンタルフロスの話を中心に紹介します。


■デンタルフロスは、歯と歯の隙間のお手入れに便利で、経済的!

私がデンタルフロスを使い始めたのは、日本の歯医者さんで処方してもらったのがきっかけです。私は、子供の頃から現在も虫歯がありませんが、年々、歯並びがどんどん悪くなってきているような気がしていて、歯と歯の隙間に、歯ブラシも爪楊枝も入りにくい部分ができてしまい、歯の手入れに苦労するようになってきたと感じています。そんななか、たまたま、歯石除去のために、日本の歯医者さんへ行ったときに処方してもらったロールタイプのデンタルフロスがその手入れにとてもよく、そのデンタルフロスがなくてはならない存在になり、タイに来てからも日本で処方してもらったデンタルフロスを使っていました。昨年在庫がなくなってしまい、タイ・バンコクで購入するたびにいまいちだったのですが、少し前に使い心地のよいものに巡り合えました。タイ・バンコク都内のスーパーで手軽に購入できるので、もし、バンコク生活やバンコク旅行の際必要になったときやおみやげにもよいのではないかと思うほどです。


■使い心地最高!のロールタイプのデンタルフロスの商品はどれ!?

picture4903p (2).jpg

現在、手元にあるロールタイプのデンタルフロスの商品を写真に撮ってみました。これ以外の商品も3つほど使ったことがありますが、その3つは、私の求める使い心地ではありませんでした。最近、売り場に行ってみたら、たまたまなのか、その商品が見当たらなかったのですが……。


手元にある上記商品の中で、私が使い心地のよさからとてもいいと感じたのは、BとCの商品です。BとCはまったくの別物でしたが、優劣つけがたい感じだったので、今後はそのときのお得さで選ぼうと思っています。続いて、A、Dという順位でよかったです。Aもそれなりによかったのですが、私には紐が少し細い感じがしました。Dは紐部分の見た目はCに似ているのですが、使い心地は異なり、プラスティック感(?)が私には若干不快でした。商品の使い心地の感じ方は個人差があると思いますので、私と異なる感想の方もいると思います。あらかじめご了承ください、


たまたま、家族が、歯につまったものがとれないと困っていたので、ロールタイプのデンタルフロスの使用をおすすめしてみたのですが、使い心地云々以前に、使い方がわからないと言われました。人によっては、デンタルフロス自体が使いづらいと感じる場合がありそうです。使い方がよくわからないという方は、実際に使っている人から使い方を教えてもらうか、以下のウェブサイトなどを参考にされるとよいかもしれません。


「デンタルフロスの使い方と注意点 ~最適な使用頻度とは?」~

https://lidea.today/articles/463


■タイ・バンコクでは、デンタルケア製品が大変充実しています!

タイ・バンコクでは、ロールタイプのデンタルフロスに限らず、デンタルケア製品がたいへん豊富にあります。ホルダータイプのデンタルフロス(糸ようじ)は、私自身、歯並びがあまりよくないのでなかなか抜けなくなってしまうことが過去にあり、苦手で、紹介を割愛しましたが、人によっては、ロールタイプのデンタルフロスよりホルダータイプのデンタルフロスのほうがよいかもしれませんし、そのほかのデンタルケア製品も豊富にありますよ。


デンタルケア製品に興味のある方は、タイ・バンコクで、好みの商品を見つけてもらえたらなと思います。

picture4904.jpg

例えば、価格は安くはありませんが、日本の半額以下で購入できて、私が来タイした10年くらい前から(もしかしたらそれ以上前から?)、朝目覚めてすぐキスができるということで話題になったDENTISTE(デンティス)の歯磨き粉は、現在も人気でおみやげに購入するという人もいます。以前、購入して、感動するような効果は得られなかったので一度きりになってしまっていたのですが、旅行用に準備した歯磨きセットに入っていた歯磨き粉(上写真の一番右の商品)がとてもよく感じられて、少し前から再び使用するようになりました。ただ、値段の知らない夫も、どうやら値段の安いほうの緑色パッケージの歯磨き粉の製品のほうが好きなんだということを、見た目が気に入って白色パッケージの製品(上写真の左、中央の製品)をまとめ買いしたあとに気がづきました……。成分が異なりますし、好みは個人差があると思いますが、高いかろう=よかろうではないなぁ……とつくづく感じるバンコク生活です。


前述のトップスマーケット等でも購入できますし、日本語での案内が充実していて、おみやげ選びに便利なBTSプロンポン駅近くのフジスーパー1号店などでも、売り場は狭めですが、デンタルフロス(写真下)も、歯磨き粉も、取り扱っています。

picture4902.jpg


関連記事▼

・「日本人が多く暮らすBTSプロンポン駅周辺で日用品(お土産含)を購入できるお店一覧」

https://tokuhain.arukikata.co.jp/bangkok3/2020/06/bts.html

・「好立地!BTSアソーク駅周辺で日用品(お土産含)を購入できるお店リスト」

https://tokuhain.arukikata.co.jp/bangkok3/2020/05/post_71.html


いまは、新型コロナウイルス感染症感染対策措置の関係で、タイと日本を行き来するのが難しい状況が続いていますが、また、タイ・バンコク旅行、出張、生活の機会がありましたら、ぜひ、タイ・バンコクでのショッピングリストに、デンタルケア製品も加えてみるのはいかがでしょうか。人によって、好みは異なるとは思いますが、以上、参考になれば幸いです。


では、皆様、サワディーカー。



2021年6月13日
2021年6月 5日
2021年5月19日
2021年5月17日
2021年5月15日
⇒すべての記事を見る

タイ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バンコク3特派員

    バンコク3特派員
    Taeko
    大阪府出身。大学で国際開発・環境問題について学び、大学院で自然環境の再生・創造、環境学習について研究。その後、環境保護団体で勤務(総務・編集業務を担当)を経て、2011年10月から、夫の転勤で、タイのバンコク在住。来タイ後、お菓子・パン作り、写真撮影等の勉強を始める。現在は、タイ語習得及びタイ社会の理解に向けて邁進中。空いた時間に、風景や手作りの食べものを中心に、写真撮影を行っている。
    Facebook DISQUS ID @disqus_hbNr1hZAk5

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集