海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > タイ/バンコク3特派員ブログ

タイ/バンコク3特派員ブログ Taeko

タイ・バンコク3特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

皆さま、サワディーカー。


今週5月18日(月)、タイの雨季入りが公式に発表されました。2020年の今年は5月に入ってから恐ろしく暑い日が続いていましたが、今週に入ってから少しずつですが、暑さが和らいできているように感じられてほっとしています。新型コロナウイルス感染症措置も順調に効果が出て、感染者0人の日もあり、商業施設の営業再開も進められています。とはいえ、5月21日には周りに感染者のいない新規感染者が出たといわれており、引き続き、きちんと予防しておくに越したことはなさそうです。


さて、今日は、チョコレート専門店・カフェ「Duc de Praslin」をご紹介したいと思います。


■タイ・バンコクにあるベルギーチョコ専門店・カフェ「Duc de Praslin」

picture891.jpg

タイ・バンコクには、昨今チョコレート店が急激に増えていますが、今回ご紹介するのは、ベルギーチョコのお店です。先週くらいまで3階の本店でのみの営業でしたが、5月21日時点、3階やデリバリーを促すポスターはなくなり、G階のチョコレート専門店・カフェ「Duc de Praslin」の営業が再開となっています。


ベルギーチョコといえば、ゴディバ(Godiva)やノイハウス(Neuhaus)、ピエール・マルコリーニ(Pierre Marcolini)が有名ですが、タイでは、1993年創業のガロタイ(Gallothai)社が、タイのチャチューンサオ県に工場を所有し、大手ホテルやレストランへも商品を提供する等し、そのおいしさを広めています。


バンコク都内においては、以前は、トンローのほうにお店がありましたが、現在は、駅から近い2ヵ所に店舗を構えています。今回ご紹介するプロンポン駅近くと、BTSサラデーン駅直結のショッピングセンター「シーロムコンプレックス」内にあるようです。


■店内飲食、滞在先でのおやつ、友人や自分へのお土産やプレゼントにもできる! チョコレート

picture892.jpg

今年5月の訪問時、ドリンクは注文しませんでしたが、以前と同じサービスが続行されているなら、G階のカフェ「Duc de Praslin」でドリンクを注文すると、サービスでチョコレートが2個提供されます。

picture893.jpg

チョコレートを購入することもできます。すでにラッピングされたチョコレート、マカロン、クッキーなどのセットもありますが、たくさんあるチョコレートの中からひと粒ずつ(約35バーツ、日本円にして約118円※/1個)、好みのチョコレートを選んで、箱に入れてもらうこともできます。私はいつも持ち帰ってから、冷蔵庫で冷やしてから、食べるようにしています。


※1バーツ≒約3.379159円で計算、小数点以下四捨五入(2020年5月22日日本時間2時50分時点)。なお、タイの飲食店では、表示金額に、税金8%とサービス料金7%が加算される場合があります。


picture894.jpg

箱への賞味期限の記載がなされないので、尋ねたところ1ヵ月とのことなので、お土産やプレゼントにもしやすいと思います。涼しい季節(10月~1月頃)でないと、日本まで持ち帰るのも微妙かもしれませんが、興味のある方は、機会があれば、楽しんでいただきたいと思うタイのベルギーチョコレートの専門店・カフェです。


チョコレート専門店・カフェ「Duc de Praslin」@RSU Towerの情報

・住所: RSU Tower, G Floor, 571 Sukhumvit Road, Klongton Nua, Wattana, Bangkok 10110, Thailand

・アクセス: BTSプロンポン駅(Phrom Pong)から徒歩約5分。スクンビット通りソイ31通り沿いにあるRSUタワー内

・営業日時: G階 月曜~日曜日 8:00~19:00(5月21日確認時点)、3階 月曜~金曜日 8:30~17:30(3階)

・公式ウェブサイト(Duc de Praslin): https://ducdepraslin.co.th/

・公式ウェブサイト(Gallothai): https://gallothai.com/ja/

picture895.jpg

※写真(上)は、RSU Tower3階にあるGallothai本店の外観です。



2020年5月22日

皆さん、サワディーカー。

タイには、たくさんの洗剤が販売されていますが、今回は、シルクやベビー服洗いにも使えるという洗剤をご紹介したいと思います。


■シルクも洗える!ベビー服にも使える!洗剤「Cross Super」とは

picture882cleaning.jpg

正式名称は、Cross Super Laundry Liquid Detergent。パッケージの説明を読むと、すべての洗える衣類に使える衣類用液体洗剤で、シルクや下着、制服、ベビー服、レース編みのものなどのデリケートな衣類にも適したもの、とのこと。ただし、衣類によっては洗えないものがありますので、衣類の表示も合わせてご確認くださいね。特に、ドライクリーニングの表示がある場合は色落ちなどしてしまう可能性があります。


私は、手の肌が弱いほうですが、手洗いで使うときにゴム手袋をしなくても、この洗剤で手が荒れたことはありません。また、ベビー服洗いに使えるという文面を見ると、安全性が高いイメージを抱くかもしれませんが、「液体が口や目に入らないように注意しなくてはなりません。また、使い終わった容器は必ず捨てるようにしましょう」という注意書きがあります。万一、目などに入ってしまったときはきれいな水でしっかり洗い流し、状況が改善されない場合は病院に行くようにしましょう。


容量: 450㏄

値段: 72THB(タイバーツ)

公式ウェブサイト: http://crosssuper.com/new/product/detail/780

主成分 Soditum lauryl ether sulphate 18.9% W/W、Soditum alkyl benzene sulphonate 3.2% W/W

(主成分のタイ語表記はなく、ウェブサイトでの説明もなく、パッケージに記載されているSoditum lauryl ether sulphateはラウリルエーテル硫酸ナトリウム、Soditum alkyl benzene sulphonateはアルキルベンゼンスルホン酸ナトリウムかなと思いますが、気になる方は、ご自身でお調べください)


■洗剤「Cross Super」の使い方

picture881DSC08861.jpg

手洗いの場合は、水1Lに小さじ1杯分(5㏄)の洗剤を入れ、混ぜます。洗う衣類を3分間浸します。優しく、洗い、水で洗剤を完全に流します。洗濯機の場合は、水3Lに小さじ1杯分の洗剤を入れて、使います。

picture883cleaning.jpg

私は布マスクやシルクのテーブルナプキン、洗えるスーツ用ズボンを手洗いするときに使っています。マスクとナプキンは洗濯後バスタオルで挟んで水分を取り除き、ズボンは半乾きの状態であて布をしてアイロンがけして仕上げています。


■洗剤「Cross Super」の購入可能な場所

観光客の方には、プロンポン駅近くのフジスーパー1号店が便利だと思います。各商品の日本語表記も多く、そのほかの買い物にも便利だと感じます。また、アソーク駅直結のショッピングモール「Terminal21」内のグルメマーケットなどでも取り扱いのある商品です。


フジスーパー1号店

・住所: UFM (Branch 1), 593/29-39, Sukhumvit Soi 33/1, Sukhumvit Rd., Klongton, Wattana, Bangkok 10110, Thailand

・営業時間: 8時~22時(※2020年5月3日現在、新型コロナウイルス感染症拡大防止措置の一環で、20時閉店になっています)

・アクセス: BTSプロンポン駅から徒歩約5分。スクンビット・ソイ33/1の通りに入り、直進していくと、左手にあります。

・FUJIスーパーのウェブサイト: http://www.ufmfujisuper.com/

・地図: http://www.ufmfujisuper.com/jp/map.html


■最後に

Super Crossの洗剤は、私が手洗いしたい衣類や小物に洗うときに使っている洗剤です。


タイ・バンコクには、ホテルなどでランドリーサービスがあったり、町中には日系のcleaning kikuyaなどのクリーニング店もあります。また、少し田舎のほうに行くとコインランドリーもあるようですが、少量、汗やシミ汚れなどを取り除くために、自分で洗ってしまったほうが早くて便利だと感じることもありますよね。


実際タイでは先日、新型コロナウイルス感染症対策措置の一環で、クリーニング店の窓口が突然閉鎖となってしまい、先日やっと一部のクリーニング店の窓口の営業が再開になりましたが、工場が稼働していないために、戻り日が10日以上先になっているのが現状です。閉鎖前に出して受け取れてない方は1ヵ月以上戻ってきていないことになりますよね……。頻度はさほど多くはないものの、以前も、ストライキなどで突然戻ってこないことがあり、困ったことがあったのをふと思い出しました。


Super Crossの洗剤は、タイ旅行・タイ生活のなかで、自分で洗濯したいと思うものがあったときに比較的幅広いものに使える洗剤で便利なのではないかと思い、今回ご紹介してみることにしました。もちろん、日本から来る場合は、ご自身が愛用する洗剤を衣類などに合わせて少量詰め替えて持ってくるほうがベストかもしれませんが……。


Super Crossの洗剤は、100mL以上の容器に入っていますので、飛行機に乗る際、手荷物として機内に持ち込むことはできませんが、タイ在住者のなかには、一時帰国の際、洗剤(※ただし、塩素系のものはスーツケースに入れての預け入れもできません)やシャンプー・リンスなどの日用品をスーツケースに入れて持ち帰り、お土産にしているという方もいます。気になる日用品を、お試しでお土産として買ってみても、実用性があってよいのでは、と思います。以上、参考になれば、幸いです。



2020年5月10日

皆さま、サワディーカー。


タイ・バンコクでは、不織布マスクがなかなか手に入らなくなって久しいですが、さまざまなところで布マスクが購入できるようになっています。インターネットで、「หน้ากากผ้า(=布マスク)」で検索し、Image(画像)ボタンを押すと、タイで販売されている布マスクがどんな感じか見ることができます

picture871maskinthailand.jpg

ユニークなマスクが多い印象を受けるかもしれませんが、スーパーなどでは白い布マスクも購入できるようになってきました。今回は、立地抜群のBTS(バンコク・スカイトレイン)アソーク駅直結のショッピングモール「Terminal21」アソーク店内の自動販売機で購入できるようになった2種類の白いマスクをご紹介したいと思います。


■「Terminal21(ターミナル21)」の自販機での布マスクの購入方法

タイでは、日本ほど、自動販売機を目にすることはありませんが、新型コロナウイルスの混乱の渦中、突如、ショッピングモール「Terminal21」アソーク店内に自動販売機が出現し、マスクを購入できるようになりました! 現在、この自動販売機で購入できるマスクは2種類です。

picture872-p.jpg

現金で購入する方法を説明します。

1)自動販売機の右上にある画面を触ると表示される「ซื้อสินค้าด้วยเงินสด(=現金で商品購入)」を選びます(タッチします)。

2)「言語の選択画面」で中央に表示される「en-us(=アメリカ英語)」を選びます。

3)「続いて、購入したい商品の番号を選び「Confirm(=確認)」ボタンを押します。このとき、自動販売機内に商品が置いているように見えても品切れの場合があります。品切れの場合は、別の番号を選びなおせばOKです。

4)そののち、現金を挿入すると、下から商品が出てきます。

picture873DSC08636.jpg

マスクを購入できる自動販売機の設置場所

住所 ショッピングモール「Terminal21(ターミナル21)」Asok(アソーク)店のG階, 2/88 Sukhumvit Soi 19, Sukhumwit Rd., North Klongtoei, Wattana, Bangkok 10110, Thailand

営業時間 10時~22時 ※現在(~5月末までの予定)は、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止措置の一環で、20時で閉店)

アクセス BTSアソーク駅直結のTerminal21内(駅から徒歩約1分)。駅改札口からはひとつ降りたフロア。タクシーなどが往来するフロアです。

公式ウェブサイト(Terminal21アソーク店) http://www.terminal21.co.th/


■自動販売機で購入できるマスク【1】「NaRaYa Fabric Mask」

picture874DSC08657.jpg

2020年3月20日~、NaRaYaでは布マスクを販売するようになりました。当初は白いマスクのみでしたが、現在はカラフルなマスクもバンコク都内の店舗で販売中です。マスク情報の詳細は、NaRaYaのインスタグラムとフェイスブックでご確認いただけます。NaRaYaの店舗スタッフさんに確認したところ、タグ部分が左下にくるように装着しますが、フィットしない場合は逆さで着用してもいいでしょう、とのことです。


自動販売機でも購入できるNaRaYaの白いマスク(写真上)は、ポリエステルを用いた2層構造で、鼻まで覆える3D(立体型)マスク(値段:50バーツ)です。掃除のときなどに生じる病原菌を吸着するのを抑制する効果があるとされています。


NaRaYa(ร้านนารายา、ナラヤ)の情報

NaRaYaの公式ウェブサイト https://www.naraya.com/

Instagram https://www.instagram.com/naraya_official/

Facebook https://www.facebook.com/NaRaYaCo/


■自動販売機で購入できるマスク【2】「GQWhite™ Liquid-Repellent Reusable Mask」

picture875DSC08662.jpg

BTS Skytrain(รถไฟฟ้าบีทีเอส、バンコクスカイトレイン)のTwitterなどで紹介されているGQブランドが発売する布マスク「GQWhite™ Mask」シリーズは、BTSアーリー駅、BTSラーチャテーウィー駅、BTSプラカノン駅の3駅にある「GQ Concept Store」で購入できるものです(平日11時~20時、土日10時~20時、ひとり10枚まで)。


そのうち、「GQWhite™ Liquid-Repellent Reusable Mask」(写真上)は、BTSアソーク駅直結のTerminal21アソーク店内の自動販売機でも購入が可能になっています。30回洗える(30日使用可能な)マスクで、ウイルス、粉塵、細菌を防ぐための2層構造になっているマスク(値段:150バーツ)です。医療従事者用のマスクではなく、感染予防用のマスクです。使用後は、常温の水で手洗いし、自然乾燥させて使います(漂白剤、柔軟剤、芳香剤、乾燥機等は使用不可)。


「GQ」の情報

公式ウェブサイト https://www.gqsize.com/

GQで取り扱っているマスク紹介ページ https://www.gqsize.com/gqwhite-masks-shop/

自動販売機で購入できるマスク紹介ページ(英語)https://www.gqsize.com/product/gqwhite-mask/

自動販売機で購入できるマスクマスク紹介ページ(タイ語)https://www.gqsize.com/th/product/gqwhite-mask/


■最後に

以上、タイ・バンコクで購入しやすい白い布マスクの情報でした。完全に真っ白なマスクではなく、タグが見えるのが特徴なので、タイ旅行・生活の記念品やお土産にしてもよいかもしれませんね。2種類共それぞれ、NaRaYa、GQの店舗でも購入できるものですが、BTS乗車時など、マスクの着用が義務化されるほど日常必需品になったマスクが、BTSアソーク駅直結のショッピングモール内で購入できるのは便利だなと思い、紹介しておきたいと思いました。


この自動販売機では、マスク以外にも、ティッシュやお水などの販売もありましたので、時代や社会のニーズに合わせて並ぶ商品に変化が見られるかもしれません。今回紹介したマスクが、今後も常時購入できる状況かはわかりませんが、参考になれば幸いです。



2020年5月 2日
2020年4月29日
2020年4月15日
2020年4月11日
2020年4月 9日
⇒すべての記事を見る

タイ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バンコク3特派員

    バンコク3特派員
    Taeko
    大阪府出身。大学で国際開発・環境問題について学び、大学院で自然環境の再生・創造、環境学習について研究。その後、環境保護団体で勤務(総務・編集業務を担当)を経て、2011年10月から、夫の転勤で、タイのバンコク在住。来タイ後、お菓子・パン作り、写真撮影等の勉強を始める。現在は、タイ語習得及びタイ社会の理解に向けて邁進中。空いた時間に、風景や手作りの食べものを中心に、写真撮影を行っている。
    Facebook DISQUS ID @disqus_hbNr1hZAk5

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集