海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > タイ/バンコク3特派員ブログ

タイ/バンコク3特派員ブログ Taeko

タイ・バンコク3特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


今回は、タイ王国の最北県、チェンラーイ(チェンライ)において、旅の醍醐味となったお土産をご紹介したいと思います。チェンラーイ旅行での訪問先については、こちらのページで既にご紹介しています。


今回、購入した商品は以下の通り。

picture231.jpg

各訪問地毎に紹介していきます。

  • 「メー・ファー・ルアン・ガーデン(Mae Fah Luang Garden)」入口付近での購入品
  • picture234.jpg

    メー・ファー・ルアン・ガーデン(Mae Fah Luang Garden)を訪問した時の記録については、こちらのページにまとめています。メー・ファー・ルアン・ガーデンの入口近くにあるカフェ・ドーイトゥン(Cafe Doi Tung)での購入品はクッキー2種×2セット。差し上げた方々からの感想は得られませんでしたが、タイで売っているクッキーの中で一番好きかも!?というくらい、私にはおいしかったです!このクッキー以外のドーイトゥンの商品のいくつかは、チェンライ空港等でも販売されていましたが、このクッキーは空港での取り扱いはなさそうでした。


    また、カフェ・ドーイトゥン(Cafe Doi Tung)から徒歩約3分の所にある屋台で、巣蜜(コロハニー)入りのハチミツ(1瓶100バーツ)を2瓶購入してみました。試食を薦めてくれるので、興味のある方は、試食をしてみるとよいかもしれません。帰宅後、早速、巣蜜を手作りバナナスムージーに乗せて食べようとしたところ、少し口の中にぼそぼそと残るタイプの巣蜜だったのと、蜂の死骸的なものも少し入っていたので、潔癖症の方には不向きかもしれませんが、私はお腹を壊すことはありませんでした。オイル等と混ぜて、ハンドクリームや蝋燭等も作れるそうなので、食品以外の用途としてもお薦めできる商品でしょう。


  • 茶畑「チョイ・フォン・ティー・プランテーション(Choui Fong Tea)」での購入品
  • picture232.jpg

    ここを訪問した時の記録は、こちらのページ(地球の歩き方 ニュース&レポート)に寄稿していますので、合わせてご覧いただけると嬉しいです。

    ここの抹茶チーズケーキが大変美味しかったことから抹茶パウダーを購入。お茶は、試飲コーナーで3種類のウーロン茶を試飲して、家族と相談して、写真のウーロン茶とブラックティーと緑茶を購入しました。Choui Fong Teaのホームページによると、バンコク都内のBTSアソーク(Asok)駅下車すぐのRobinsonの地下にあるTops Marketで取り扱いがあるとのことでしたが、約6年前から現時点まで一度も目にしたことがありませんし、その他の店舗は全てを見て回ったわけではありませんが、取り扱いがあってもバリエーションが少なめだったので、現地で購入しました。茶器セットも大変可愛く、値段もあまり高くない感じだったので、心奪われましたが、茶器セットの販売があるとは思っていなかったので、この時は決心できず…。


  • 「シンハー・パーク(Singha Park)」での購入品
  • picture233.jpg

    ここを訪問した時の記録も、こちらのページ(地球の歩き方 ニュース&レポート)に寄稿しています。今回ご紹介する購入品以外の商品も掲載していますので、興味のある方は合わせてご覧いただければと思います。

    シンハー・パークには、たくさんの種類のお土産があり、見ているだけでもウキウキしてしまいました。茶葉だけでもたくさんの種類がありました。今回、お試しで少しだけ購入しましたが、バンコクに戻ってから気付きましたが、最近、BTSアソーク(Asok)駅下車すぐのRobinsonの地下にあるTops Marketで、ここのお茶が取り扱われるようになっていました。一般的なウーロン茶に比べて、パッケージも洗練されているので、お土産にもお薦めでしょう。その他、ハチミツのハンドクリームとリップバームを購入。タイで暮らすようになって、ハンドクリームを使うことが減りましたが、日本や寒い地にいくと重宝しますよね。ハチミツを使ったボディーケア商品は他にもたくさんありました。


  • チェンライ空港(CHIANG RAI MAE FAH LUANG INTL)での購入品
  • 上記で紹介したドーイトゥン(Doi Tung)同様、タイ北部のコーヒーとして有名で、社会的貢献度も高いドイチャーン(Doi Chaang)の店舗があり、コーヒー豆が販売されています。私は、バンコクでもよく購入しており、ここで購入したほうがお得というわけではないような気もしたので、ここでは見送りました。その他、蝶豆(英語:バタフライピー、タイ語:アンチャン)が確か100~120B程度(=約345~414円)で、バンコクの百貨店内スーパーで購入するより随分お得に感じられたので、購入してみました。ドリンクや着色料として使う予定です。空港のお土産コーナーはあまり広くなく、タイらしいお菓子やボディケア商品が目によく止まりました。


    お土産に何を選ぶかは人それぞれですが、個人的には、「チョイ・フォン・ティー・プランテーション(Choui Fong Tea)」と「シンハー・パーク(Singha Park)」がお土産選びにお薦めの場所だと感じました。今回私が購入してご紹介したものはほんの一部ですが、これまでのタイ国内旅行で、バンコクを除いて、チェンラーイは、一番お土産購入が楽しい観光地でした(^^)。



    2018年12月15日

    先日、謎の腹痛に悩まされていました。私の場合、1日半経てば、腹痛は大抵治るのですが、なかなか治らず。念のため、病院へ行ったところ、盲腸炎(英語ではAppendicitis:アペンディサイティス、タイ語ではโรคไส้ติ่งอักเสบ:ローク サイティン アクセッブ)だと判明しました。そして、「24時間以内に手術しないと何が起きるか分からない状態」と言われ、人生初の手術をタイのバンコクで受けることになりました。その時の記録を残しておこうと思います。


    手術2日前(木曜日):夕食にキムチ鍋を食べた後、次第に、気分が悪くなる。便なし。吐くことはありませんでしたが、吐き気有。


    手術前日(金曜日):朝になっても気分が悪く、タイ語教室を休もうかかなり悩みましたが、登校。帰りに、薬局に寄り、細菌性の腹痛に効くだろうと思っていた薬「Cravit (クラビット)」(1箱約600バーツ=約2,054円)を購入しに行きましたが、売り切れていたので、代用品がないか聞き、薦められた「Norxacin(ノルフロキサシン )」(なんと、1箱40バーツ=約137円)を購入して帰宅。私なりに副作用や薬の安全性について調べたところ、危険性はなさそうだったので、飲むことにしました。変化なく、その後、たまたまメッセージのやりとりをしていた同じアパートの友達から、腹痛に効くという「Buscopan(ブスコパン)」をもらったので、追加で飲みました。が、変化があるかどうかよく分からないものの、きっと良くなるだろうと信じて、就寝。この日は、午後帰宅後、驚くことに5回も通常便有。その後、最後の1回だけ、水のような便有。その後、術後3日目まで、便なし。


    手術当日(土曜日):変わらず、気分悪く、お腹全体が痛い状態で、ほぼ寝たきり状態。朝は食欲なく、お昼ご飯はおかゆを作って食べました。夜18時前にバムルンラード病院(Bumrungrad International hospital)の日本人窓口へ行くことにしました。家族に行こう!と言われなかったら、まだ行かなかったかもしれません。


    日本人窓口のあるビル内の診察室で、流暢にタイ語を話す日本人女性医師に診てもらえました。この時には腹部全体ではなく、腹部右下を押された時だけ痛く、手を放す瞬間がさらに痛い状態でした。念のためということで、レントゲン、超音波検査等を受け、一時間後、「盲腸炎」だと告げられました。「石もまじっていましたが…盲腸炎であることには変わりません」と。石ってなんだろう?と思い、私なりに調べたところ、「糞石を有する壊疽性急性虫垂炎」ということだったのかな!?


    薬で治療してほしい!!!と懇願しましたが、「通常、手術ですよ。外科でまた相談してみてください」と。外科でも薬での治療にしてほしいと訴えましたが、外科でも、「盲腸炎の治療で薬は今時ありえない」と言われ、さらに「24時間以内に手術しないと危険な状態」と言われ、22時過ぎから全身麻酔の腹腔鏡手術となりました。腹腔鏡手術だと傷口も小さく、開腹手術よりも早く回復できるとのことで、早ければ月曜日朝には退院できるという言葉が決め手でした。執刀医はタイ人男性医師でした。目を覚ましたのは深夜1時前後。日本にいる家族に術前と術後に連絡したら、「えっ…もう手術してたの?しかも終わったの?」と大変驚かれました。


    手術後1日目(日曜日):寝返りも打てない違和感と痛さで辛い1日でした。2日目まで、痛み止めの薬と注射を何度かしてもらったように思います。過去に盲腸炎の手術をした人曰く、痛み止めの薬をしたほうが治りが遅くなるという情報を耳にしたので、3日目からは極力我慢しました。。。後で薬に詳しい人に聞いたところ、痛み止めの薬によっては、便秘になるという副作用があるそうです。

    picture221_20181106_124602.jpg

    手術後2日目(月曜日):この日はまだ室内のトイレに行くのも大変で、寝返りをうてるような状況ではなく、退院したかったのですが、退院なんてとんでもない状態でした。。。が、病室内にある浴室で、シャワーを浴びてよいと看護士さんに言われたので、軽く、シャワーを浴びて、気分爽快になれました。しっかりと防水処置もされていたし、水が入ってくる心配もありません。次に来た看護士さんに、一人で浴びたの?手伝ったのに~と言われました。手伝ってもらいたかった…と思いましたが、それはそれで恥ずかしいので、自分でできてよかったとも思いました。

    picture222_20181106_124143.jpg

    手術後3日目(火曜日):横向きで寝られるようになりました。ただ、ベットから1人で起き上がるのはまだ大変で、ボタン1つで、ベットの背中部分の上げ下げができるのがとても有難かったです。私立病院ならではのメリットでしょうか!?


    手術後4日目(水曜日):夜退院。その前に、同じフロアの受付にサインをしに来るように言われましたが、それがとても大変で大変で。。。術後4日も経てば、病院内の下のフロアへ探検に行ったりした方もいるようでしたが、私の場合、病室内は元気に歩けるようになったものの、一歩、病室を出ると、そこは拷問のようでした。10歩歩くと、壁に寄りかかって休憩が必要でした。1人だったらまだ退院しなかったと思います。私が加入していた保険の適用の関係か、医師からは、延長しても良いけど、5日目には退院しようね!というようなことを言われていましたが…。


    今回の盲腸炎の手術には、通常、タイ旅行で持参しない金額、クレジットカードの決済上限金額をも超えるような金額がかかりました。。。不幸中の幸いか、会社経由で加入している保険で全額負担していただき、保険会社様と会社にただただ感謝です。クレジットカードには、海外旅行傷害保険が利用できる場合があり、海外旅行中、気分が悪くなり、病院へ行こうと思う場合、クレジットカード会社に問い合わせして保険が適用された方もいます。なお、以前もこちらの記事でもご紹介した3病院(「サミティベート病院」、「バンコク病院」、「バムルンラード病院 」)は、キャッシュレスで済むことが多いので、便利でしょう。保険が全く使えないとなると、日本もそうですが、非常に高くなりますので、旅行前にはクレジットカードの付帯保険について確認しておくと安心ですね。


    今回の病院生活は快適そのものでした。ほとんど見なかったもののテレビもあるし、お見舞いに来てくれる人が仮眠できる小さなソファもあったし、ベットシーツもほぼ毎日変えてもらえ、まるでホテルに泊まっているよう。食事に関して言及すると、術後1日目は具なしスープとお米の入っていないおかゆでした。医師が食事について聞いてきたので、「お腹が空いて死にそう…。」と答えると、「明日からは普通のおかゆ(タイ語ではข้าวต้ม:カオトン)にしようか?」と。実際、2日目からは、おかゆどころか、朝から、どーんと出てきました!!!食事は、農薬のにおいなのか何なのか分かりませんが、一部の野菜料理と果物のにおいが口にあいませんでしたが、おかゆは大変おいしかったです。二日目から、日替わりで、タイ料理、西洋料理、日本料理から選ぶことができましたが、私にはおかゆが一番おいしく、特に、朝、タイ料理メニューにあったおかゆの味が忘れられないほど。お腹の調子も良くなる感じだったので、何度か、メニューにない時もありましたが、おかゆに変更してもらいました。


    なお、診察記録(紙媒体及び画像データ)は、依頼すると、無料でもらえます。オンラインページからの請求も可能です。当時、私は、病院へ行く前に、日本人窓口に電話をしたのですが、その存在を把握されていない方が出てしまったようで、医師に直接ご相談くださいと言われてしまったのですが、同じフロア内にある別の窓口で、紙媒体は依頼できました。また、画像データは、日本人窓口のあるビルの隣のビル(1Fにスターバックス、2Fにマクドナルド、産婦人科等があるビル)内のある窓口で申請するともらえました。この時、日本人窓口の付近にいた方(聞きそびれましたが、おそらく、通訳の方か医療コーディネーション部の方)が、親切にも、申請まで、付き添いしてくださり、とても有難かったです。通常、申請から受取まで1週間程かかるそうですが、幸運にも、当日約1時間待ちで全て受け取ることができました。オンラインだとメールで受け取りできるようなので、次回の機会があれば、オンライン請求にしようと思います。



    2018年12月10日

    タイ・バンコクの公共公園へ行かれたことはあるでしょうか。


    過去、3カ所の公園をご紹介したことがありますが(ルンピニー公園(Lumphini Park) についてはこちらベンジャキティ公園(Benjakitti Park)ベンジャシリ公園(Benchasiri Park)こちら)、日本の公共公園に比べて、規模が広いところがほとんどで、それぞれ、見所もたくさんあります。


    自然保護を目的とした国立公園とは異なり、入園料を支払う必要はほとんどありませんが、一見の価値ある公園がほとんどです。公園内からのみならず、公園外からの眺めも素敵で、公園が見えるルーフトップバーやレストラン等を探すのもまた楽しく、まとめてご紹介できればと思っています。


    今回は、お花が美しいことで有名なラマ9世公園で、ちょうど、フラワー・フェスティバルが開催されていますので、ご紹介したいと思います。去年数回訪問した時の様子を中心に、「地球の歩き方 ニュース&レポート」に寄稿しましたので、興味のある方はご覧いただけると嬉しいです。

    picture210c.jpg

    ラマ9世公園で、フラワー・フェスティバル開催中(2018年12月1日~12月10日)

    https://news.arukikata.co.jp/column/sightseeing/Asia/Thailand/BANGKOK/251_497898_1542567070.html?w=251



    2018年12月 6日
    2018年11月21日
    2018年10月27日
    2018年10月15日
    2018年9月29日
    ⇒すべての記事を見る

    タイ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バンコク3特派員

      バンコク3特派員
      Taeko
      大阪府出身。大学で国際開発・環境問題について学び、大学院で自然環境の再生・創造、環境学習について研究。その後、環境保護団体で勤務(総務・編集業務を担当)を経て、2011年10月から、夫の転勤で、タイのバンコク在住。来タイ後、お菓子・パン作り、写真撮影等の勉強を始める。現在は、タイ語習得及びタイ社会の理解に向けて邁進中。空いた時間に、風景や手作りの食べものを中心に、写真撮影を行っている。
      Facebook DISQUS ID @disqus_hbNr1hZAk5

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集