海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > タイ/バンコク3特派員ブログ

タイ/バンコク3特派員ブログ Taeko

タイ・バンコク3特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


皆さま、サワディーカー。

今日は、タイ・バンコクならではのお土産として、「Bangkok(バンコク)」の文字が入ったバンコク限定品はいかがでしょうか。今回は、国際的に有名なブランドのトートバッグ、マグカップ、タンブラーの話を中心に書きたいと思います。


●Bangkokの文字入り布バッグは、DEAN & DELUCAやHarrodsで購入可!

  • バリエーション豊かになったDEAN & DELUCAの布バッグ

    バンコク在住者の間で、DEAN & DELUCA(ディーン・アンド・デルーカ)の布バッグは大変有名です。以前、Bangkokの文字が入った布バッグは、ミニサイズの赤いバッグのみ展開でしたが、現在は、ミニサイズ(595バーツ~)と中サイズ(695バーツ~)があります。また、黒、キナリ、グレー等の大きなサイズのバッグにもBangkokの文字が入るようになりました。また、2色使いのツートンカラー(695バーツ~)やチェック柄のツートンカラー(795バーツ~)、さらには質感の異なる生地の商品まで販売されるようになっています。

    picture881.jpg

    「気に入ったものを目にしたら即購入しておかないと、次見た時はない」といわれるほど。実際、BTSプロンポン駅直結の「EmQuartier(エムクウォーティエ)」のG階にある店舗で山積みされている! と思っていたら、2、3日後にはツートンカラーの商品はどこにも見当たらない状態になっていたこともありました。毎日のようにチェックしているという人もいて、どこかで転売している人もいるのかな...という感じがありますので、購入されたい方は見つけた時に購入してしまうのが良いと思います。


    タイ・スワンナプーム国際空港内でも購入できますが、前回、同日に確認したところ空港のほうが少し割高だったので、バンコク都内の店舗で購入したほうがおトクだと思います。


    バンコク情報からは話が脱線してしまいますが、DEAN & DELUCAのバッグに興味があるけれど「Bangkok」の文字にこだわらない方は日本で購入するほうがおトクな場合もあります。日本の公式サイト(https://www.deandeluca.co.jp/ )等で確認しておくとよいと思います。なお、現在日本では、ベトナムの少数民族の子どもたちの食を通した栄養改善及びお母さんたちへの栄養指導等が行えるように、トートバッグの売り上げの一部を「セーブ・ザ・チルドレン」へ寄付するという「ホリデーチャリティーキャンペーン2019」を展開中です。冬のパープルとスノーブルーの布バッグ(Lサイズ 税込価格 ¥2,860、Sサイズ 税込価格 ¥2,420)を販売しているようです。詳しくはこちら


  • Harrodsの布バッグ

    picture882.jpg

    もうひとつ、私が気に入っているバンコク限定品の布バッグは、Harrods(ハロッズ)のトートバックです。今年購入時点で790B。こちらは、男性でも使いやすいのではないでしょうか。わりと大きなものもすっぽり入れることができます。取っ手の作りが若干弱い気もしないでもないですが、切れてしまったら、また自分で簡単に補修したり。カラフルな布等で覆って使い続けられるのも布バックならではの便利さではないでしょうか。


  • おすすめの購入場所は...

    DEAN & DELUCA(タイのサイトはこちら )も、Harrodsも、バンコク都内に複数店舗あります。自分の滞在先から便利な店舗を探して行くとよいと思います。両店舗を同じ百貨店内で見るならBTSプロンポン駅直結の百貨店「エムクウォーティエ(EmQuartier)」(公式サイトはこちら )やプルンチット駅近の百貨店「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」(公式サイトはこちら )が便利だと思います。


    ●Bangkokの文字入りマグカップやタンブラー

  • バリエーション豊かになったスターバックスコーヒーのマグカップとタンブラー

    picture883.jpg

    タイのバンコク都内には、百貨店内や街中等、スターバックスの店舗があります。タイ国内の店舗情報は、公式サイトのこちらのページ で検索できます。


    各店舗で、国名のタイのほか、観光地として有名なバンコクやパタヤやプーケット、チェンマイ等の地名が入ったマグカップを購入することができます。また、タイのイベントに合わせて、ローイクラトン(ローイクラトンの伝統行事についてはこちら )、旧正月(ソンクラン)限定商品も販売されます。


    picture884.jpg

    冷たいドリンクをよく購入される方は、タンブラーを購入して持参すれば、ドリンク料金を割引してもらえます。無駄なゴミを減らすことに貢献できるので、おすすめです。


    なお、空港で購入すると割高なので、空港以外の店舗で購入したほうがおトクです。また、まれにですが、時期によってセールをしていて、おトクに購入できることもあります。


  • DEAN & DELUCAのマグカップもBangkok限定品

    picture885.jpg

    DEAN & DELUCAにも、Bangkokの文字が入っています。おうちでも、カフェ気分を味わえる商品だと思います。


    ●Bangkokの文字入りTシャツ

    最後に、Bangkokの文字入りTシャツはいかがでしょうか。市場や屋台、ショッピングモール内、百貨店内等でも目にすることがあると思います。値段もお手頃で、100B位~入手できると思います。


    以上、タイのバンコクのお土産情報でした。自分のお土産、周りの方へのお土産選びの参考になれば幸いです。

    それでは、皆さま、サワディーカー。


  • 2019年11月14日

    タイ・バンコクの玄関口のひとつ、タイ・スワンナプーム国際空港から車で約15分の距離のところに、タイの最新アウトレットモール「セントラルビレッジ(CENTRAL VILLAGE)」がオープンしたのはご存知でしょうか。2018年9月末に行ったところ、まだオープンしていない店舗がありましたが、とても良かったので、(遅ればせながら)記事にしたいと思います。

    picture571.jpg

    私は、日本のアウトレットは大好き! でも、タイのアウトレットは、これまで「ほしいものがない」「買うものがない」という印象でした。ところが、「セントラルビレッジ」は、これまでのタイのアウトレットとは異なり、たくさん買い物してしまいました!


    「セントラルビレッジ」には、国際的に有名なブランドショップが130以上集まっており、一部例外はありますが、年間通して35~70%で商品を購入することができるのが売りです! 「セントラルビレッジ」には、私がタイに来てから日常的に愛用するようになったブランドや日本にいる時から好きだったブランド商品が充実していました。出店しているブランドは、公式サイト( http://www.centralvillagebangkok.com/en/stores/ )で確認できます。今回は、私のおすすめを中心に、簡単にですが紹介したいと思います。


    picture572.jpg

    ●スポーツ用品ブランドもたくさん!

    picture573.jpg

    タイでは、アディダスの運動靴売り場にタイ人が殺到している姿をよく目にしますが、ここでも同様でした。私が訪問時、良さそうだと思った運動靴はサイズがない感じでしたが、入荷のタイミングによっては、良いものが見つけられるかもしれないですね・・・・・・。個人的にうれしかったことは、わりと新しいシリーズの女性用のテニスウェアがおトクに販売されていたことです(ただし、男性用のテニスウェアは全く見当たりませんでした)。アディダス以外に、スポーツ用品を取り扱うブランドも多く出店しており、ナイキやアンダーアーマー、プーマ、ラコステ、エコー等のブランド名が目に止まりましたので、スポーツウェアを探すスポットとして行ってみるのもよいのでは。


    ●カジュアルファッションのブランド品も充実!

    picture574.jpg

    カジュアルファッションにおいては、子供たちも知っていそうなブランドからわりと高級なブランドまでありました。私が驚いたのは、「OUTLET by CLUB21」の建物内にアルマーニエクスチェンジ、ディーゼル、カルバンクライン等の商品が70%オフで販売されていたことです。この手のブランドは、タイで正規品を買おうとすると日本以上に高く感じ、百貨店内では近寄らないところでした。ここでは1点でも70%オフの商品が多く、私が訪問した時は2点購入で75%オフのキャンペーンをしており、大変おトクで、「セントラルビレッジ」では立ち寄りたいところになりました。


    ●スーツ等、フォーマルウェアも購入可!

    タイで暮らすようになって、フォーマルウェアを購入したい時によく利用しているブランドが「G2000」です。男性用の洗えるパンツ(スーツ)を取り扱っていることがあり、暑いシーズンには便利なアイテムです。女性用の洋服は、落ちついた雰囲気のものが多いので、日本の会社等でも着用しやすい洋服が購入できると思います。割引率も50%前後なので、おトクに購入できるスポットです。私が知らないだけで、ほかにもフォーマルウェアを購入できるブランドはあるかもしれません。


    ●コーチやマイケルコース、スワロフスキーやマリメッコ等、女性が好きそうなブランドも充実!

    私が訪問した時は、まだオープンしていないお店もありましたが、女性が好きそうなカバンやアクセサリーの店が、ほかのアウトレットに比べると大変充実している印象を受けました。


    ●タイならではのお土産が購入できるスポット

    ジムトンプソン(Jim Thompson)やナラヤ(NaRaYa)といったタイならではの布製品やシルク製品、コスメ商品のブランドも見受けられたので、観光客の方がお土産を購入する場所としてもおすすめだと思います。

    picture575.jpg

    また、スターバックスコーヒーはアウトレット価格での提供ではありませんし、タイだからといっておトクに飲食できるわけではありません。休憩ついでに、タイ限定品や期間限定品、タイ旅行の思い出のお土産品を探してみるのがよいかもしれませんね。


    ●最後に ~訪問にあたっての注意点とおトク情報

    旅行者の方にとっては、1ヵ所にタイの有名ブランドと海外の有名ブランドが集まっていて、比較的新しく質も良さそうな商品がおトク(レート等の関係によっておトク感も変わってくるかもしれませんが)に購入できるショッピングスポットなので、買い物が好きな人は一度訪問してみてはいかがでしょうか。なお、2019年11月にプロモーションしているブランドとその内容は、こちらでご覧いただけます。ただ、タイならではのローカルな市場(タラート)や屋台の雰囲気が好きな人には不向きなショッピングスポットかもしれません。


    注意点は、行きはタクシーでもアクセスできますが、帰りです。私が訪問時は混雑しており、帰るための流しのタクシーがわざわざ「セントラルビレッジ」に入ってくる感じではないので、シャトルバスの時間をきちんと確認しておいたほうが安心です。帰宅してから公式サイトを見て知りましたが、インフォメーションセンターで登録することで、フリーWiFiやおトクな割引特典を受けることができ、シャトルバス情報等も得られるようです。さらに、1日2万バーツ以上お買い上げの方には、VIPラウンジ(詳細はこちら)を1日利用できるそうです。


    セントラルビレッジ(CENTRAL VILLAGE)の情報

    住所 98,98/1, Moo 5, Bang Chalong, Bang Phli district, Samut Prakan, 10540, Thailand

    営業時間 10:00~22:00

    アクセス タイ・スワンナプーム国際空港からタクシーで約15分。現在は、BTSウドムスック(Udom Suk)駅近、セントラルワールド等3ヵ所からシャトルバスがあります。交通事情等によっても変更される可能性もあると告知されていますので、公式サイト情報(こちら)のみならず、現地でも確認しておくとより安心です。

    公式サイト http://www.centralvillagebangkok.com/

    Facebook https://business.facebook.com/CENTRALVILLAGEfanpage/

    Instagram https://www.instagram.com/centralvillagebangkok/


    2019年11月12日

    タイ・バンコクのお土産、生活用品のひとつに、タイの石鹸が話題にのぼることがあります。


    ●タイの石鹸とは

    タイでは、スーパーやコンビニ、市場、高級百貨店等、さまざまなところで石鹸が売られています。タイならではの石鹸ということで、タイのお米やレモングラス、マンゴスチン等、日本ではあまりなじみのない植物由来の石鹸を色々試してみるのもタイ旅行・タイ生活の醍醐味だと感じています。好きな形や香りの石鹸があれば、洗面所やクローゼットに置いておくとよい気分になれます。また、タイのスパブランド「HARNN(ハーン)」等の高級石鹸は、贈答品にも適したタイの逸品だと思います。


    ●私がよく購入する石鹸2選

    picture561_20190702_124638.jpg

    石鹸の好みも個人差があると思いますが、私がよく買う石鹸は、「マイトン(MAITHONG)」と「マダムヘン(Madame Heng)」の石鹸です。いずれも、ひとつ約50バーツ(現在のレートで、約179円。小数点以下四捨五入)で購入できます。


    マイトンは、レモングラス、マンゴスチン、アロエのフレーバーが気に入っています。どちらもバンコク都内のスーパーでよく目にしますが、マイトンは比較的よくプチセールをしている日系のフジスーパー1号店(フジスーパーの公式サイトはこちら。BTSプロンポン駅下車徒歩約5分)で購入しています。


    マダムヘンは、Terminal21 ASOK(Terminal21 ASOKの公式サイトはこちら。マダムヘンの公式サイトはこちら。BTSアソーク駅直結)のLG階の専門店(営業時間10時~22時ですが、途中1時間程スタッフ不在の場合があります。他の専門店の場所はこちらでご確認いただけます)で購入しています。マダムヘンの石鹸は、専門店で購入すると、スーパーと違って、商品のバリエーションが豊富で、お土産やプレゼントにも適した商品がずらりと並んでいます。また、嬉しいことに、初めて購入した時から現在に至るまで、リクエストしなくても、パッケージの後ろに表示されている金額より大幅値引きがあります。もちろん、購入前に、値段を聞けば、値引き後の金額を確認できます。さらに、おまけの商品をつけてくれることも多いです。


    ●マダムヘンでの買い物(2019年10月購入時の記録)

    picture562_20191011_173758.jpg

    マダムヘンの石鹸で最も有名なのは、スーパーでも目にすることの多い、女性の顔がパッケージに印刷された定番石鹸(=最もシンプルな石鹸)です。その他、赤ちゃん向けの石鹸、ビタミンCやビタミンE配合の美容効果の高い石鹸、動物やかんきつ類の形をしたかわいい見た目の石鹸等あります。店員さんにたずねると、サンプルの石鹸があれば、香りや色を確認することもできます。


    今回購入したのはこちら(↓)の商品。今回、クマの形をしていた石鹸は赤ちゃん用とのことで、お肌にも優しそうですよね。美容効果を期待して、ビタミンE配合の石鹸とシミ対策用の石鹸とオイルも購入してみました。

    picture563_20191017_011559.jpg

    8月にたくさん購入したという知人から「おまけをつけてもらえなかった」と聞いていたので、もうおまけはもらえないのだろう……と思っていましたが。お会計が終わった後、袋の中にたくさんのおまけを黙々と詰め込んでくれました!!! そのおまけの内容がこちら(↓)。ラブリーな石鹸と定番石鹸のミニバージョンが6個入った商品入れてくれていました。

    picture564_20191017_011607.jpg

    さらに、今回は、さらにお得なプロモーションが開催中だったようで(いつまでか確認すればよかったですね……すみません)、最後にくじを引かせてくれて、開封してみると、なんと! 100バーツ紙幣が出てきました! ちょっと落書きのあるお札だったので、発行国であるタイ以外の国での両替はできない可能性がある※ので、旅行者の方は、タイ国内で使い切ったほうがよいと思います。

    picture565_20191011_222250.jpg

    ※両替については、よければ、こちらの記事を参考にしていただけると嬉しいです。


    以上、私のおすすめの石鹸の紹介でした。よかったら、お試しくださいね。


    2019年10月25日
    2019年10月23日
    2019年10月22日
    2019年10月 7日
    2019年9月22日
    ⇒すべての記事を見る

    タイ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バンコク3特派員

      バンコク3特派員
      Taeko
      大阪府出身。大学で国際開発・環境問題について学び、大学院で自然環境の再生・創造、環境学習について研究。その後、環境保護団体で勤務(総務・編集業務を担当)を経て、2011年10月から、夫の転勤で、タイのバンコク在住。来タイ後、お菓子・パン作り、写真撮影等の勉強を始める。現在は、タイ語習得及びタイ社会の理解に向けて邁進中。空いた時間に、風景や手作りの食べものを中心に、写真撮影を行っている。
      Facebook DISQUS ID @disqus_hbNr1hZAk5

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集