海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > バンコク3特派員ブログ > タイの気候に合わせた、お薦めの余暇の過ごし方

タイ/バンコク3特派員ブログ Taeko

タイ・バンコク3特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年5月29日

タイの気候に合わせた、お薦めの余暇の過ごし方


タイの気候に合わせた、お薦めの余暇の過ごし方

はじめまして。このたび「地球の歩き方」タイ/バンコク特派員ブログを担当することになりましたTaekoです。これから、どうぞよろしくお願い致します。


2011年10月から、夫の転勤で、タイ王国の首都バンコク在住。来タイ後すぐ、北部のチェンマイ県から中央部のバンコク都まで最大3m程度の浸水被害が1ヶ月以上続き、大きな被害を出し、史上最悪の洪水と言われたタイ洪水を経て、早6年以上が過ぎました。

picture11c.jpg

世界観光機関の報告によると、タイの海外旅行者受入数は、タイ洪水後も増加傾向にあり、3000万人を突破するまでになり、2017年には国別順位で9位にランクインしています。なお、私が暮らすバンコクには、2016年に2100万人以上もの観光客が滞在し、世界で最も多くの外国人が訪問した、東南アジア屈指の世界都市として紹介されました。また、旅行者のみならず、約4万6000人以上もの日本人が暮らしています。


今回は、タイの魅力と深く関わっているタイの特徴の一つ、タイの各地域における気候と、その気候に合わせた余暇の過ごし方についてご紹介したいと思います。


タイの国土面積は約51万4千㎢(日本の約1.4倍)。ラオス、カンボジア、ミャンマー、マレーシアに囲まれ、マレー半島北部の西はアンダマン海、東はタイランド湾に面しています。そのため、同じタイでも、地域によって、地形や気候、さらには、生活様式において様々な違いが見られます。


タイは、国土の大半が熱帯モンスーン気候に属し、月別平均の最低気温は20度以上、最高気温は30度以上になり、年間通して気温が高い国です。地理的、文化的な側面から分類すると、1)北部の山岳地帯、2)東北部の高原地帯、3)中央部、4)南部(マレー半島と沿岸域)の4つの地域に大別されます(中央部をさらに東部、中部、西部に分類する場合もあります)。そして、タイ北部、東北部、中央部では、暑季(夏季)、雨季、乾季の3つの季節、南部では、雨季と乾季の2つの季節が見られます。

picture12c.jpg

日本で夏季というと、7月や8月ですが、タイの夏季は3月~5月頃です。雨が少なく、バンコクでは40度を超える日もあり、1年で最も蒸し暑い季節になります。近年、冷房がよく効いた場所が増加し、夏季でも長袖が必要になるほどですが、基本的には、非常に蒸し暑いので、バンコク観光の定番である寺院観光巡り等で長時間歩いていると、とても疲れてしまいます。ビーチリゾートへ行くのが気持ちよいです。


バンコクから陸路で行きやすいビーチとして、パタヤビーチやホアヒンが有名ですが、ラン島やサメット島の海は透明度があり、より人気があります。また、バンコクから空路で、アンダマン海に面するプーケット、クラビ、ピピ島、タイ湾に位置するサムイ島、パンガン島、タオ島も有名、かつ人気ですね。

picture13c.jpg

雨季(5月~)になると、1日1、2時間程度の激しい雨(スコール)が降るようになります。日本の梅雨とは異なり、1日中雨が降ることは少ないですが、道路が冠水してしまうこともあります。屋根のあるところで、雨が止み、水がはけるのを待つタイ人も多いですが、外出中に突然の豪雨にあうことがあるので、外出時の天気に関係なく、折り畳み傘を常備していると安心です。そして、雨期の終わりに近づくにつれて、雨の量や頻度が増す傾向があり、各地で数時間に及ぶ一時的な道路の冠水や交通渋滞が生じますので、早め早めの行動を心掛けしていると何かと安心です。


年中暑いことから、タイでは年中海で泳げるイメージがありますが、雨季には、南部に属する各地域のビーチでは、数日、遊泳禁止状態になることが時々ありますので、旅行計画の際には年頭に置いておくとよいでしょう。アンダマン海に面するプーケット、クラビ、ピピ島においては、4月~10月にかけて南西モンスーンが激しい雨をもたらすことが少なくありません。 特に、プーケットでは離岸流のため、5月頃から赤い旗が立てられる等、ビーチで遊泳禁止になる場合があります。また、タイ湾の島やマレー半島東海岸においては、9月から10月にかけて、時折、豪雨に見舞われます。

picture14c.jpg

11月頃から、タイ全体が乾季に入ります。次第に雨の量も頻度も減少し、北部、東北部、中部において涼しくなります。バンコクにおいても、12月下旬から1月初旬にかけて、寒さのピークを迎え、日本人にとっては、1年の中で最も心地良い季節と感じられる季節になります。寺院や遺跡巡り等、屋外での時間を要する観光も快適に過ごしやすく、お薦めです。


タイは、暑さと降水量の関係から、南国らしい食材も豊富にあります。これもまたタイの魅力。夏季の「猛暑」、雨季の「冠水」や「洪水」、それに伴う「渋滞」に気を付けて、是非、地域や季節に合わせた旅を計画してみてはいかがでしょうか。

以下のブログランキングに参加しています。

1日1回有効で、皆様のクリックで投票されます。

にほんブログ村 旅行ブログ バンコク旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございます<(_ _)>

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 天気・気候・気温
2018年5月29日
»次の記事「タイで使用するお金について ~バンコクでのお得な両替方法と気を付けたいポイント」 へ
おすすめ記事
    バンコク3特派員 新着記事
    見所たくさんのゴールデン・トライアングル@タイ・チェンラーイ
    お得!タイのインスタントラーメン(汁入バージョン) ~お薦め商品は!?
    コンタクトレンズの購入@タイ・バンコク ~処方箋の提出・カード決済必要なし
    <9/23迄>タイのコンビニ「セブンイレブン」で配布中のシールの使い方 ~現金としても使用可!
    タイ北部の麺料理「カオソーイ」が美味しい! ~バンコクでお薦めのお店2選
    色をテーマに巡るタイ・チェンラーイの観光スポット3選 ~寺院・博物館
    タイ・チェンラーイの観光スポット ~可愛い庭園が鑑賞できる「メーファールアンガーデン」
    タイ・バンコクのスタ―バックス(Starbucks Thailand)@ショッピングモール「Terminal21」アソーク店

    タイ 航空券情報


    タイ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バンコク3特派員

      バンコク3特派員
      Taeko
      大阪府出身。大学で国際開発・環境問題について学び、大学院で自然環境の再生・創造、環境学習について研究。その後、環境保護団体で勤務(総務・編集業務を担当)を経て、2011年10月から、夫の転勤で、タイのバンコク在住。来タイ後、お菓子・パン作り、写真撮影等の勉強を始める。現在は、タイ語習得及びタイ社会の理解に向けて邁進中。空いた時間に、風景や手作りの食べものを中心に、写真撮影を行っている。
      Facebook DISQUS ID @disqus_hbNr1hZAk5

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集