海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > バンコク3特派員ブログ > 2018年7月は、黄色の洋服着用が推奨されています...

タイ/バンコク3特派員ブログ Taeko

タイ・バンコク3特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年7月 5日

2018年7月は、黄色の洋服着用が推奨されています@タイ


2018年7月は、黄色の洋服着用が推奨されています@タイ

2018年6月25日、タイ国防省から、タイ国民に対して、2018年7月は黄色の衣装を着用するようにという旨の勧告が出されました。このことに関して、どのようにすればよいかやその理由を聞かれることがここ数日ありましたので、タイの色についての考え方とともにご紹介したいと思います。

picture71.jpg

  • 2018年7月、タイでは黄色の洋服を!
  • 今回の勧告は、チャクリー王朝第10代のタイ国王(1952年7月28日生、在位:2016年10月13日)である、ワチラーロンコーン国王(ラーマ10世)の66歳の誕生日を祝うため、国民の忠誠心と感謝の気持ちを目で見える形で表現しようというものです。


    この勧告後すぐ、市場では、黄色のシャツが積極的に販売されるようになりました。誕生日前から、タイ国民が黄色の洋服を着用し、お祝いムードが広がりつつあるように感じられますが、7月4日現時点においては、黄色の洋服ではない人のほうが多い印象があります。また、「外国人は、黄色の洋服を着る必要はないでしょう」と知り合いのタイ人から言われています。とはいえ、私自身は、黄色、あるいは黄色っぽい服、黄色の小物等を身につけ、タイで暮らす者として、少しでも感謝の気持ち等を伝えられたらよいのではないかと感じています。


  • タイの色についての考え方
  • タイにおいて、服装の色は、時として、大きな意味合いを持つ場合があります。

    例えば、タクシン派(赤シャツ)と反タクシン派(黄色シャツ)の2つの政党が争っていた頃は、危険を避ける意味で、それぞれのシンボルカラーである赤色と黄色の洋服は着用しないほうが無難だと見聞きすることが多々ありました。また、2016年10月13日プミポン前国王(ラーマ9世)が崩御されてからの約1年間は、タイ国民が黒色の洋服を着用し、喪に服していました。服装のみならず、タイの様々なホームページ等が白黒表示に変更されたり、プミポン前国王のシンボルカラーが黄色であったことから葬儀にあたって各地で黄色のマリーゴールドのお花を咲かせようという動きが起きたことも印象的でした。

    picture72c.jpg

  • タイにおける曜日の色
  • タイにおいて、黄色という色は、月曜日の色であると同時に、ワチラーロンコーン国王の誕生日を表すシンボルカラーでもあります。

    日本人にはほとんど馴染みがないと思いますが、上述のように、タイには曜日の色があります。曜日毎に、曜日の色が決まっており、タイ人はほぼ全員、自分が何曜日生まれかをも知っています。

    昔は、自分の生まれた曜日の色の洋服等を身につけていると、幸運をもたらし、逆に身につけていないと不吉なことが起きるという考えが浸透していたそうです。現代は、このように考える人は減少しているようですが、今なお、生まれた日の曜日を大切にしており、毎日ではありませんが、自分の曜日の色のアイテムを身につけることは今もなお人気があるようです。自分にとって大切な日には、自分の曜日の色を身につける傾向があると見聞きします。日本人が試合の前日に、験担ぎのために、トンカツを食べる感じに少し近いかもしれませんね。


    タイの曜日の色は、以下の通りです。

    月曜日:黄色、火曜日:ピンク色、水曜日:緑色、木曜日:オレンジ色、金曜日:青色

    土曜日:紫色、日曜日:赤色


  • 何曜日生まれかの確認方法
  • 生年月日を入力すると、自分の曜日を調べられるサイトがあります。

    http://calc-site.com/search_dates

    興味のある人は是非調べてみてくださいね。寺院観光をする際等、各曜日の仏像が並んでいる場合は、自分の曜日の仏像に拝みます。機会のある方は、自分の曜日を知っておくと、より一層楽しめるでしょう。

    picture73c.jpg

    自分の曜日が分かれば、タイの曜日の色にも興味が沸いてくるかもしれませんね。ちなみに、単純な私は、自分の曜日の色を知ってから、自分の誕生日の曜日の色が大好きになりました。同じ色の洋服を着ている人を見ると、同じ曜日生まれなのかも!?と親近感を抱いたり、洋服選びに悩んだら、自分の曜日の色の洋服から選ぶことにしたり、少し気が重い日等には、自分の曜日の色の洋服を着ることで、よい一日になるよう願掛けした気分にもなれたりします。


    タイ滞在中は、時期によって推奨される色の洋服や、タイの曜日の色や自分の誕生日の色の洋服を着用してみるのはいかがでしょうか。これもまた、タイ旅行の醍醐味のひとつでもあり、異文化交流の一つになるのではないかと思います。


    以下のにほんブログ村のブログランキングに参加しています。

    1日1回有効で、皆様のクリックで投票されます。

    にほんブログ村 旅行ブログ バンコク旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
    にほんブログ村

    ランキングへの応援クリックは、皆様からの評価と受け止めています。

    いつもありがとうございます<(_ _)>

    記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
    カテゴリー お知らせ イベント・行事・お祭り 治安・渡航安全情報 生活・習慣・マナー
    2018年7月 5日
    « 前の記事「タイ・バンコクで南国感あふれる動物と触れ合えるスポット ~シーロムエリア編」へ
    »次の記事「タイの至る所にある祠の意味と、タイ・バンコクで人気の「エラワンの祠」のご紹介」 へ
    おすすめ記事
      バンコク3特派員 新着記事
      タイの至る所にある祠の意味と、タイ・バンコクで人気の「エラワンの祠」のご紹介
      2018年7月は、黄色の洋服着用が推奨されています@タイ
      タイ・バンコクで南国感あふれる動物と触れ合えるスポット ~シーロムエリア編
      タイ・バンコクで、季節の果物を満喫できるアフタヌーン・ティー
      タイ・バンコクならではのお土産とは!? ~気軽に購入できるお菓子編
      バンコクのおすすめ観光スポット「ワット・アルン」を最大限に楽しむ方法
      タイで使用するお金について ~バンコクでのお得な両替方法と気を付けたいポイント
      タイの気候に合わせた、お薦めの余暇の過ごし方

      タイ旅行 旅スケジュール

      旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

      アジア特派員ブログ一覧

      インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

      アジアにもどる

      • 特派員プロフィール
      • バンコク3特派員

        バンコク3特派員
        Taeko
        大阪府出身。大学で国際開発・環境問題について学び、大学院で自然環境の再生・創造、環境学習について研究。その後、環境保護団体で勤務(総務・編集業務を担当)を経て、2011年10月から、夫の転勤で、タイのバンコク在住。来タイ後、お菓子・パン作り、写真撮影等の勉強を始める。現在は、タイ語習得及びタイ社会の理解に向けて邁進中。空いた時間に、風景や手作りの食べものを中心に、写真撮影を行っている。
        Facebook DISQUS ID @disqus_hbNr1hZAk5

      • リーダーに登録

      地球の歩き方Web特派員募集