海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > バンコク3特派員ブログ > 色をテーマに巡るタイ・チェンラーイの観光スポット3...

タイ/バンコク3特派員ブログ Taeko

タイ・バンコク3特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年8月23日

色をテーマに巡るタイ・チェンラーイの観光スポット3選 ~寺院・博物館


色をテーマに巡るタイ・チェンラーイの観光スポット3選 ~寺院・博物館

タイ王国チェンラーイ(チェンライ)は、色をテーマに観光することができるという情報があります。


私なりに調べてみたところ、白色はワット・ローン・クン (Wat Rong Khun)黒色はバーンダム・ミュージアム(Baandam Museum)というのは、万人共通の認識で良さそう。その他、青色はワット・ロンスアテン(Wat Rong Sua Ten)やメーファールアン芸術文化公園(Mae Fah Luang Art and Cultural Park)緑色はワット・プラケーオ(Wat Phra Kaeo)や茶畑(Choui Fong Tea Plantation)黄色はシンハー・パーク(Singha Park Chiang Rai)金色はゴールデン・トライアングル(The Golden Triangle)や時計台(Clock Tower)赤色はドイ・ディン・デーン(Doy Din Dang)等。それぞれの色が指す場所は人や時代によって異なるようにも感じられます。


チェンラーイ観光の際、興味のある色をテーマに旅してみるのはいかがでしょうか。今回は、実際に現地へ行ってみて、色が印象に残った3つの建築物-白色のワット・ローン・クン、黒色のバーンダム・ミュージアム、青色のワット・ロンスアテンをまとめてご紹介したいと思います。


  • 白い寺院「ワット・ローン・クン(Wat Rong Khun、タイ語表記: วัดร่องขุ่น)」
  • picture131c.jpg

    近年、タイ・チェンラーイの有名観光地として話題にのぼることが多く、この寺院を見ることを目的にバンコクから日帰りツアーも企画されることもある白い寺院「ワット・ロンクン」

    1997年に、タイの視覚芸術家チャルムチャイ・コーシッピパット氏(Chalermchai Kositpipat、1955年生)がデザインした寺院です。「ホワイト・テンプル(The White Temple)」の名でも知られており、仏陀の清浄さを象徴するべく、本殿の外観は白く塗られています。天気の良い時なら、青空と白い寺院のコントラストがとても美しく感じられる場所でしょう。地獄寺とも呼ばれているこの寺院は、仏教の教えを学び、瞑想する場所として、善悪を表現するべく、少し怖く感じる演出もあります。


    住所 1208, Tambon Pa O Don Chai, Amphoe Mueang Chiang Rai, 57000, Thailand

    時間 8時~17時(月~金)、8時~17時30分(土日祝)

    ホームページ http://www.watrongkhun.org/


  • 黒い博物館「バーンダム・ミュージアム(Baandam Museum、タイ語表記:บ้านดำ)」
  • picture132c.jpg

    白い寺院と合わせて見てまわることをお薦めしたくなるのが、黒い博物館「バーンダム・ミュージアム」です。「バーンダム」というタイ語を日本語に訳すと「黒い家」で、「ブラックハウス(The Black House)」という名で紹介されることもあります。とても可愛らしい外観で、黒色を基調とした、博物館らしい商品の展示・販売場所もあります。周辺にはカフェもあり、観光中の休憩スポットとしても良さそうです。


    住所 414 Moo 13, Nanglae, Muang Chiang Rai 57100, Thailand

    時間 9時~17時(12時~13時を除く)

    拝観料 (2016年12月1日~)80バーツ(=日本円で約270円)


  • 青碧寺院「ワット・ロンスアテン(Wat Rong Sua Ten、タイ語表記:วัดร่องเสือเต้น)」
  • picture133c.jpg

    青い寺院(The Blue Temple)とも呼ばれる「ワット・ロンスアテン」」。白い寺院「ワット・ロンクン」を建築したチャルムチャイ・コーシッピパット氏の弟子スラーノック(プッター・ガープケオ)氏が建築した寺院。敷地内には、まだ、境内には建築中のものがたくさんありましたが、綺麗な青色がとても印象に残る寺院でした。


    picture134c.jpg


    住所 306, Moo 2, Tambon Rim Kok, Amphoe Mueang Chiang Rai, 57100, Thailand

    時間 7時~20時頃

    拝観料 無料


    ※文中の日本円表記は、1バーツ≒約3.377370円で計算、小数点以下四捨五入(2018年8月現在)


    以下のにほんブログ村のブログランキングに参加しています。

    1日1回有効で、皆様のクリックで投票されます。

    にほんブログ村 旅行ブログ バンコク旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
    にほんブログ村

    ランキングへの応援クリックは、皆様からの評価と受け止めています。

    いつもありがとうございます<(_ _)>

    記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
    カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
    2018年8月23日
    « 前の記事「タイ・チェンラーイの観光スポット ~可愛い庭園が鑑賞できる「メーファールアンガーデン」」へ
    »次の記事「タイ北部の麺料理「カオソーイ」が美味しい! ~バンコクでお薦めのお店2選」 へ
    おすすめ記事
      バンコク3特派員 新着記事
      タイ・バンコクで盲腸炎の手術と診察記録の請求 ~もしもの時のため保険の確認を!
      タイ・バンコクの公共公園は見所いっぱい ~ラマ9世公園にてフラワー・フェスティバル開催中(12月10日迄)
      気軽に参加、鑑賞できるタイの伝統行事「ローイクラトン祭り」 ~バンコク都内の公園2拠点をご紹介 ※開催日の訂正とお詫びを追記しました
      タイ王国バンコクで便利な病院、薬局、栄養補助食品について
      見所たくさんのゴールデン・トライアングル@タイ・チェンラーイ
      お得!タイのインスタントラーメン(汁入バージョン) ~お薦め商品は!?
      コンタクトレンズの購入@タイ・バンコク ~処方箋の提出・カード決済必要なし
      <9/23迄>タイのコンビニ「セブンイレブン」で配布中のシールの使い方 ~現金としても使用可!

      タイ旅行 旅スケジュール

      旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

      アジア特派員ブログ一覧

      インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

      アジアにもどる

      • 特派員プロフィール
      • バンコク3特派員

        バンコク3特派員
        Taeko
        大阪府出身。大学で国際開発・環境問題について学び、大学院で自然環境の再生・創造、環境学習について研究。その後、環境保護団体で勤務(総務・編集業務を担当)を経て、2011年10月から、夫の転勤で、タイのバンコク在住。来タイ後、お菓子・パン作り、写真撮影等の勉強を始める。現在は、タイ語習得及びタイ社会の理解に向けて邁進中。空いた時間に、風景や手作りの食べものを中心に、写真撮影を行っている。
        Facebook DISQUS ID @disqus_hbNr1hZAk5

      • リーダーに登録

      地球の歩き方Web特派員募集