海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > バンコク3特派員ブログ > タイ王国サムットサコーン県に広がる美しい塩田の風景

タイ/バンコク3特派員ブログ Taeko

タイ・バンコク3特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年2月24日

タイ王国サムットサコーン県に広がる美しい塩田の風景


タイ王国サムットサコーン県に広がる美しい塩田の風景

タイには、山で作られる塩海で作られる塩があるのだそう。


タイ語の先生から聞いた話によると、昔、タイ北部の山で作られる塩には、ヨウ素(iodine)が含まれていないため、ヨード欠乏症として甲状腺腫等を発症することが問題視され、現在は、ヨウ素が添加された塩が販売されているのだそう。タイ中部や南部では、海水を使って、塩が作られているのだそう。


今回は、タイ中部、サムットサコーン県で見られた塩田について書きたいと思います。バンコク都から1時間程車を走らせると、あちこちで、塩田の風景を目にすることができると聞いていましたが、今年初めて見ることができました。

picture351DSC05040-p.jpg

タイ王国サムットサコーン県にある「บ้านย่า(Baanya)=バーンヤー」(日本語に直訳すると、「ヤーの家」)、Google map上では「Coffee&Salt Farm Baanya」と記載されている所を目指していくと、塩田の生産現場が広がっています。到着するまで、どのような場所か分かりませんでしたが、風情のある塩田の風景を鑑賞できました。

picture352DSC04974-p.jpg

Baanyaの農家の方曰く、塩田を60年間営んでおり、政府からの支援も受けているとのこと。塩田らしい風景を見るには、2月がベストだが、天候によっては、雨季の始まる5月頃まで見られる、とのこと。

picture353DSC05047-15m.jpg

また、最近は数が減ってきたそうですが、季節に応じて野鳥も見られるのだそう。


事前に、訪問の連絡や予約をすることで、トムヤンクン等提供できるよう、カフェもオープンしますよ、と話していました。突然の訪問でしたが、この日は、塩田も快く見学させてくださり、塩田についての説明もしてくれました(^o^)

picture354DSC05019-ptri.JPG

そして、Baanyaでは、塩田の表面をすくって作られる、まろやかで、高品質だと言われる「ดอกเกลือ=ドークグルア」(日本語に直訳すると、「塩の花」。フルール・ド・セル (fleur de sel)のような良質の塩田から取れる大粒の天日塩のようなものと考えるとよいのではないかと思います)という塩(35B程度~=約124円~)を始め、食用にも美容にも使えるというさらさらの塩(150B=約530円)や塩石鹸(70B=約247円)等、美容にも使えるアイテム等、お土産を購入することができます。塩の品質に関しては、科学的データや個人の判断にお任せせざるをえませんが、大粒の塩で、赤飯用のごま塩や作ったお漬物は絶品でした。さらさらの塩は、かかとのケアに使ってみようと思いながら、まだ、使えていません(^^;)。

picture35520190223_214622.jpg

観光農業が盛んになってきたタイ。今後、塩田も、タイの観光地として、外国人からの注目を集めていくのではないかと思うスポットでした。また、今回ご紹介した塩田からバンコク都内へ戻る際、カニを食べられるシーフードレストランがたくさん建ち並んでいるので、塩田訪問と共に、タイのカニ料理を楽しむのも魅力的だなと感じます。以前、この近くにあるシーフードレストランへ高速バスとソンテウ等を乗り継いで、わずか24B(=約85円)程度で来たことがありますが、一般的には、チャーター車やレンタカー等を利用してアクセスするのが無難だと思われます。今後、タイ観光が快適、かつ、魅力的になるよう、電車等、分かりやすい公共交通機関網やお得なツアー企画が充実していくことを願うばかりです。企画等の参考になってほしいという思いも込め、今回記事にしてみました。少しでも参考になれば嬉しいです。


ヤー家の塩田/ดอกเกือบริสุทธิ์ บ้านย่า/Sea Salt Farm BaanYa

フェイスブックはこちら


※文中の日本円表記は、1バーツ3.532716円で計算、小数点以下四捨五入(2019年2月24日時点)


以下のにほんブログ村のブログランキングに参加しています。

1日1回有効で、皆様のクリックで投票されます。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

ランキングへの応援クリックは、皆様からの評価と受け止めています。


いつもありがとうございます<(_ _)>

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2019年2月24日
« 前の記事「タイ王国の世界遺産 ~バーンチエン遺跡(バン・チアンの古代遺跡)@ウドーンターニー県」へ
»次の記事「神対応!?のタイ・バンコクのコピー(印刷)屋 ※カラーコピー情報追記」 へ
おすすめ記事
バンコク3特派員 新着記事
タイ・バンコク観光旅行のお土産に「バンコク限定品」~トートバッグ、マグカップ、タンブラー、Tシャツ等
タイの最新アウトレットモール「セントラルビレッジ」は、待望の現代的アウトレット
お土産にもおすすめ! タイ・バンコクの石鹸はバリエーションが豊富!
タイ・バンコク観光旅行で楽しむべき料理は、タイ料理一択ではない!?
タイ・バンコクのコンビニで購入できる!おすすめのナッツ、種、ドライフルーツ
<今、期間限定の見所多数有!>新名所の「アイコンサイアム(ICONSIAM)」
日本語で「タイ」の文化や歴史を学べる!「バンコク国立博物館」と「サイアム博物館」
東南アジア最大の水族館「シーライフ・バンコク・オーシャンワールド(Sea Life Bangkok Ocean World)」

タイ 航空券情報


タイ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バンコク3特派員

    バンコク3特派員
    Taeko
    大阪府出身。大学で国際開発・環境問題について学び、大学院で自然環境の再生・創造、環境学習について研究。その後、環境保護団体で勤務(総務・編集業務を担当)を経て、2011年10月から、夫の転勤で、タイのバンコク在住。来タイ後、お菓子・パン作り、写真撮影等の勉強を始める。現在は、タイ語習得及びタイ社会の理解に向けて邁進中。空いた時間に、風景や手作りの食べものを中心に、写真撮影を行っている。
    Facebook DISQUS ID @disqus_hbNr1hZAk5

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集