海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > バンコク3特派員ブログ > タイ王国バンコク都内の寺院観光 ~天井画の美しい寺...

タイ/バンコク3特派員ブログ Taeko

タイ・バンコク3特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年5月12日

タイ王国バンコク都内の寺院観光 ~天井画の美しい寺院「ワットパクナム」


タイ王国バンコク都内の寺院観光 ~天井画の美しい寺院「ワットパクナム」

皆さま、サワディーカー。

picture442.JPG

タイ王国のバンコク寺院観光と言えば、寺院「ワット・アルン」、「ワット・ポー」、そして、「ワット・プラケオ」が有名です。先日、黄金の仏像で有名な「ワット・トライミット」をこちらの記事 でご紹介しました。今回は、天井画が美しくインスタ映えすると話題の「ワット・パクナム・パシーチャルン、タイ語表記:วัดปากน้ำภาษีเจริญ:Wat Paknam Phasi Charoen」をご紹介したいと思います。


通称「ワットパクナム」または「ワットパクナーム」の「ワット」は「寺院」、「パクナ(-)ム」は「河口」なので、直訳すると、「河口の寺院」です。名前の通り、寺院の周辺には、アユタヤ王朝時代の運河も残っているのだそう。このタイのお寺「ワットパクナム」は、日本の千葉県成田市に、「ワットパクナム日本別院」(サイトはこちら )もあります。タイのバンコクにある「ワットパクナム」は、ラマ9世と王妃様の生誕72年を祝って作られた仏教寺院で、たくさんのタイ人の方々が熱心に参拝している姿が印象的な寺院でもあります。

picture441.JPG

日本人の間で話題にのぼっているのが、「ワットパクナム」の境内にある、高さ80メートルの白い大仏塔。先端には、100kgの金塊で作られた宝珠が飾られ、全て大理石で作られているのだそう。その大仏塔の5階にある美しいエメラルド色の仏塔(仏舎利奉安塔)と天井に描かれた仏伝図(仏画)を一目見ようと、日本人観光客や在住日本人が多く参拝に来ています。仏舎利奉安塔の土台にはガラスでできた80頭の竜王があり、まるで別世界に来たような気分になります


「ワットパクナム」の敷地は広いので、大仏塔の場所が分からない場合は、写真を見せると場所を教えてもらえるでしょう。事前に、大仏塔の場所を把握できていなかった私はそうしました...(;'∀')。塔内部は博物館で、靴を脱がなくてはなりません。1階から3階には仏教の美術品があり、2階は赤い絨毯が敷かれたセレモニーホール、3階は博物館、4階はタイ仏教会の重鎮である故ルアンポーソッド氏のメモリアルホールになっています。


日本人から注目を集めている理由の一つに、ここは、今の所、外国人の私達(観光客含)でも、無料で参拝できるということも関係しているでしょう。


ただ、最近、一つ残念なことに、大仏塔の5階での日本人の撮影のあり方が問題視されているようです。残念ながら、ここに限らず、私も含め、当事者は気付いていないことも少なくなさそうですが、周りに、失礼な行動にならないようより一層意識したほうがよいでしょう。SNSの普及により、フォトジェニックを求める写真も、タイの観光地の魅力を伝えるひとつであるのに、一部では避難の対象になっていそうで残念ですね。


また、「ワットパクナム」訪問時は、徒歩5分程度の距離に位置するワットクンジャン(Wat Khun Chan)へも合わせて訪問するのも人気です。タイでは、1日の内に9か所の寺院を巡ると縁起が良いと言われており、機会があれば、挑戦してみてはいかがでしょうか。


タイ王国バンコク都内にある「ワット・パクナム・パシーチャルン、タイ語表記:วัดปากน้ำภาษีเจริญ:Wat Paknam Phasi Charoen」の情報

住所 300 Thanon(=street), Ratchamongkhon Prasat Alley, Khwaeng Pak Khlong Phasi Charoen, Khet Phasi Charoen, Krung Thep Maha Nakhon 10160, Thailand.

タイ語:300 ถนน ซอย รัชมงคลประสาธน์ แขวง ปากคลองภาษีเจริญ เขต ภาษีเจริญ กรุงเทพมหานคร 10160

Google Mapこちら

拝観時間 8:00〜18:00

料金 無料

アクセス 1)最寄り駅はBTSウタカート(Wutthakat)駅またはBTSタラートプルー(Talat Phlu)駅で、下車後徒歩約20分~30分。タクシー※で約5分。2)タラートプルー駅の2番出口及び3番出口からは、赤い乗合トラックのような乗り物「ソンテウ」でアクセスすることが可能です(15分おきに出発、所要時間約10分、7バーツ)。乗車前に、運転手さんに、念のため、「チャパイ ワットパクナームマイ(カ)?」と確認すると、降りる時に、自分で下車の合図となるボタン等を押さなくてよいことが多く、便利です。帰りは、寺院近くのコンビニエンスストア「セブンイレブン(タイ語:セブン)」前で待っていると、ソンテウが来るようです。セブンイレブンの場所が分からない場合は、「セブン ユーティーナイ(カ)?」、BTSタラートプルー駅まで歩いていく場合、駅の場所が分からない場合は、「BTSタラートプルー ユーティーナイ(カ)?」と聞くとよいでしょう。3)例えば、滞在先がBTSアソーク駅近で、「ワットパクナム」まで直接タクシー※で向かうと、約30分。BTSの運賃だけで、現在片道59バーツかかるので、午前中、3人以上で行く場合は、滞在先からタクシー※で行くほうが快適でお得なのではないかと思います。ただ、観光客の方だけで移動する場合、滞在エリアにもよりますが、メーターを起動させてもらえないことが多いようなので、公共交通機関(BTS+徒歩、BTS+ソンテウ)で移動するか、「ワットパクナム」を含む観光ツアーに参加するのもよいかもしれませんね。

現在、タクシーがメーターを使わないことは違法になっています。乗車エリアや時期、運転手に寄りますが、日本人が多く暮らしているスクンビット地区(主に、BTSアソーク駅~エカマイ駅)から乗車する場合、「チュアイ チャイ ミトゥー ノイ ダイマイカ?(=メーターを使っていただけますか?)」と乗車前に確認すると、通常、メーターを起動させてもらえるでしょう。

ホームページ https://www.facebook.com/WATPAKNAM.BKK/


プライベートブログこちらインスタグラムこちら


以下の2つのブログランキングに参加しています。1日1回有効で、皆様のクリックで投票されます。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ランキングへの応援クリックは、皆様からの評価と受け止めています。

いつもありがとうございます<(_ _)>

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2019年5月12日
« 前の記事「2019年ゴールデンウィーク期間中、タイ・バンコク観光旅行を予定されている方へ」へ
»次の記事「大仏壁画とワインヤードも楽しめる!パタヤ南部の魅力あふれる観光地2選」 へ
おすすめ記事
バンコク3特派員 新着記事
タイ・バンコク観光旅行のお土産に「バンコク限定品」~トートバッグ、マグカップ、タンブラー、Tシャツ等
タイの最新アウトレットモール「セントラルビレッジ」は、待望の現代的アウトレット
お土産にもおすすめ! タイ・バンコクの石鹸はバリエーションが豊富!
タイ・バンコク観光旅行で楽しむべき料理は、タイ料理一択ではない!?
タイ・バンコクのコンビニで購入できる!おすすめのナッツ、種、ドライフルーツ
<今、期間限定の見所多数有!>新名所の「アイコンサイアム(ICONSIAM)」
日本語で「タイ」の文化や歴史を学べる!「バンコク国立博物館」と「サイアム博物館」
東南アジア最大の水族館「シーライフ・バンコク・オーシャンワールド(Sea Life Bangkok Ocean World)」
1年前の同じ月に投稿された記事
タイの気候に合わせた、お薦めの余暇の過ごし方

タイ 航空券情報


タイ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バンコク3特派員

    バンコク3特派員
    Taeko
    大阪府出身。大学で国際開発・環境問題について学び、大学院で自然環境の再生・創造、環境学習について研究。その後、環境保護団体で勤務(総務・編集業務を担当)を経て、2011年10月から、夫の転勤で、タイのバンコク在住。来タイ後、お菓子・パン作り、写真撮影等の勉強を始める。現在は、タイ語習得及びタイ社会の理解に向けて邁進中。空いた時間に、風景や手作りの食べものを中心に、写真撮影を行っている。
    Facebook DISQUS ID @disqus_hbNr1hZAk5

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集