海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > バンコク3特派員ブログ > タイの電車乗車時の暗黙のルールと、バンコク主要駅か...

タイ/バンコク3特派員ブログ Taeko

タイ・バンコク3特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年6月 2日

タイの電車乗車時の暗黙のルールと、バンコク主要駅から空港への移動にあたっての注意点


タイの電車乗車時の暗黙のルールと、バンコク主要駅から空港への移動にあたっての注意点

皆さま、サワディーカー。


国が変われば、文化や風習も異なり、同じアジア圏といっても、色々異なるなと感じます。今日は、その例として、タイの電車乗車時の暗黙のルールを2つご紹介したいと思います。この事を知っているだけで、疑問が解決するだけでなく、怒りやイライラも少しは和らぐのではないかと思います。


picture461.jpg

タイでは、子どもに座席を譲ります


タイでは、電車の中では、ご老人や身体に不自由のある方だけではなく、子どもに、席を譲る習慣があります。人に何かを譲る行為自体は、タイで美徳と考えられることの一つである「思いやりの精神」に値します。気づかないふりをすると、周りから白い目で見られるとも言われています。


話が少しそれますが、レストラン等でも、見知らぬ赤ちゃんや子どもたちの相手をしてくれるタイ人が非常に多く、将来を担う子どもをとても大切にする文化が根付いているように感じられます。以前、面倒見のよいタイ人女性の一人に「子どもをかわいがるのはなぜ?タイでは当たり前で、義務のようなことなの?」と質問した人がいましたが、その人の返答は、「単に、子どもは、とても可愛いから」。


タイでは、快適空間の確保を大切にします


電車での子どもへの席の譲渡の他、日本人や韓国人等、他のアジア圏の方々になかなか理解されないタイ独自(?)の習慣として、電車では詰めない習慣があります。満員電車へ乗車時、電車内の奥の方を見ると、わりと空きスペースがあるのに、なぜか詰めてくれない人が多いことにちょっとした苛立ちやストレスを感じるかもしれません。私自身、朝夕のラッシュ時、一人一人がもう少しずつ詰めてくれたら、1つの入口あたり、あと5人は軽く乗り込めそうなのに...と思ったこともあります。


私がそう思うのは、高校時代、「電車がゆれるたびに体が斜めになって身動きができず、手も動かせない」250%の混雑率だと感じる超満員電車に乗っていたからかも...(?_?)と思っていましたが(田舎のためか統計が見当たらず...)、先日、他の日本人や韓国人も同じように言っていたので、このように思う人も少なくないのかもしれないですね。そして、この疑問をタイ人の先生に質問した人がいました。


先生の返答によると、電車で詰めないのは、タイで美徳と考えられている「礼儀正しさ」から来る行動なのだそう。快適な空間を保つことは周辺への配慮で、これはとても大切なことなのだそう。そのため、タイでは、むしろ、ギュウギュウな状態で乗り込もうとすることのほうが失礼で、礼儀正しくないのだそう...。そう言われてみると、満員電車の中、仕事での出張なのに、スーツケースで電車に乗り込む時、なんだか、申し訳ない気持ちになったり、無理に乗り込まず、もう一本流したりもしますもんね。その程度の差が、タイと人口密度の高い日本では少し異なるのかな、と感じます。


日本人のことをよく知るタイ人からは、「礼儀正しさにおいて、日本人を超える国民はいないねー」と褒められますが、電車で詰めなくてはならないと考える韓国人や日本人の考えは理解できないよぅ...とのことでした(;'∀') 議論の末分かったことは、「礼儀正しさ」の考え方も、国によって異なるもので、その違いからくる苛立ちだったようです。


先日、久しぶりに、夕方、自宅から、スワンナプーム国際空港へ向かった際、マッカサン駅からスワンナプーム国際空港への移動の際、ARL(エアポートレールリンク)に乗車しようとしたところ、なかなかホームに上がれず、下の改札前で行われている乗り込み制限で15分位(?)待つことになりました。制限がないと、ホームで人がごった返しになって、ホームから転落してしまう人や落ちてしまうスーツケース等が出てきそうなので良い対策ですが、人身事故でも起きたのかと思う混雑ぶりで驚きました。当然、ホームに上がってからも、何本も流さなくてはならなくて、30分程待ちました。タイ人から上記の話を聞いたこともあり、大きなスーツケースを持っていたこともあり、次の電車を待って、先頭で乗り込もう!と思ったのですが、タイ人ではないアジア人が私のことを不憫に思ったのか、私のスーツケースまで持ち上げてくれて、一緒に乗り込むことになり、やはり私は日本人だからか、この配慮にはほろっとしました。


以下の記事で、スワンナプーム国際空港からバンコク主要駅までの電車での移動方法をまとめましたが、上記した通り、記事とは逆方向の、バンコク主要駅から空港まで電車で移動する際、朝と夕方のラッシュタイムは、電車内が大変混雑しますので、増便が発表されたものの、待ち時間が長くなることを想定して行動したほうが良さそうです。バンコクは大変人気の観光地にもなり、バンコクで働く人も増え、雨期入りしたこともあり、車が渋滞することが多くなっていますが、電車も、時間帯によっては、大変混雑するようになっていますので、くれぐれもお気をつけください。


今回、タイ・スワンナプーム国際空港~バンコク主要駅までの運賃や、エレベーターとエスカレーターの位置も調べてみたところ、新たな発見がありました。合わせて、以下記事もご覧いただけると、とても嬉しいです。

タイ・スワンナプーム国際空港から、バンコクの主要駅への移動方法 ~列車を使う場合


プライベートブログこちら


以下の2つのブログランキングに参加しています。

1日1回有効で、皆様のクリックで投票されます。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ランキングへの応援クリックは、皆様からの評価と受け止めています。

いつもありがとうございます<(_ _)>

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 治安・渡航安全情報 生活・習慣・マナー
2019年6月 2日
« 前の記事「タイ語の「スワイ」は綺麗?不運?「キレイ」は醜い?」へ
»次の記事「【タイ北部旅行】タイ人ドライバーによるチェンライのおすすめ観光スポット」 へ
おすすめ記事
バンコク3特派員 新着記事
タイの最新アウトレットモール「セントラルビレッジ」は待望の現代的アウトレット
お土産にもおすすめ! タイ・バンコクの石鹸はバリエーションが豊富!
タイ・バンコク観光旅行で楽しむべき料理は、タイ料理一択ではない!?
タイ・バンコクのコンビニで購入できる!おすすめのナッツ、種、ドライフルーツ
<今、期間限定の見所多数有!>新名所の「アイコンサイアム(ICONSIAM)」
日本語で「タイ」の文化や歴史を学べる!「バンコク国立博物館」と「サイアム博物館」
東南アジア最大の水族館「シーライフ・バンコク・オーシャンワールド(Sea Life Bangkok Ocean World)」
タイならではのアフタヌーンティーのおすすめスポット「ドクマイタイ・サロン・ド・テ」
1年前の同じ月に投稿された記事
タイ・バンコクで、季節の果物を満喫できるアフタヌーン・ティー ※2018年7、8月情報追記しました
タイ・バンコクならではのお土産とは!? ~気軽に購入できるお菓子編
バンコクのおすすめ観光スポット「ワット・アルン」を最大限に楽しむ方法
タイで使用するお金について ~バンコクでのお得な両替方法と気を付けたいポイント

タイ 航空券情報


タイ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バンコク3特派員

    バンコク3特派員
    Taeko
    大阪府出身。大学で国際開発・環境問題について学び、大学院で自然環境の再生・創造、環境学習について研究。その後、環境保護団体で勤務(総務・編集業務を担当)を経て、2011年10月から、夫の転勤で、タイのバンコク在住。来タイ後、お菓子・パン作り、写真撮影等の勉強を始める。現在は、タイ語習得及びタイ社会の理解に向けて邁進中。空いた時間に、風景や手作りの食べものを中心に、写真撮影を行っている。
    Facebook DISQUS ID @disqus_hbNr1hZAk5

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集