海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > バンコク3特派員ブログ > 東南アジア最大の水族館「シーライフ・バンコク・オー...

タイ/バンコク3特派員ブログ Taeko

タイ・バンコク3特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年8月30日

東南アジア最大の水族館「シーライフ・バンコク・オーシャンワールド(Sea Life Bangkok Ocean World)」


東南アジア最大の水族館「シーライフ・バンコク・オーシャンワールド(Sea Life Bangkok Oc...

皆さま、サワディーカー。

水族館はお好きですか!?


タイ・バンコクには、世界最大級の水族館「Sea Life Bangkok Ocean World(シーライフ・バンコク・オーシャンワールド)」がある!

picture501.jpg

タイのバンコクには、東南アジア最大とも言われる、世界最大級の水族館「Sea Life Bangkok Ocean World/シーライフ・バンコク・オーシャンワールド(旧名:Siam Ocean World/サイアムオーシャンワールド)」があります。行ったことのある人に話を聞くと、「すごくよかった!」という人が多く、在住者の中には年間パスを持っている人もいます。しかも、BTSサイアム駅直結の百貨店「サイアム・パラゴン 」の地下1階(BF階)にあり、公共交通機関(電車)でアクセスでき、館内ゆえ、暑い日でも豪雨の日でも快適に観光できる貴重な観光スポットです。


世界最大級の水族館「シーライフ・バンコク・オーシャンワールド(Sea Life Bangkok Ocean World)」は快適さとアートを感じられる観光スポット!

picture502DSC03549.jpg

私自身、日本の水族館ですら2回程しか行ったことがなく、記憶もほとんどなく、日本の水族館と比較した感想等を申し上げることはほとんどできないものの、今まで行った水族館の中で最も印象に残っている水族館で、綺麗で、涼しく、快適な空間であることは確かです。特に、巨大な水槽で見られる美しいお魚たちと植物や、水中トンネルの迫力はまるでアートの世界でした。ダイビングをしない私にとって、ウミガメ、ヒトデやウツボ等、海の動物を至近距離で実際に見ることは今までほぼなかったのでとても新鮮でした。そんな中、「海も水族館も大好き」で、「タイ・バンコクにある世界最大級の水族館には是非行ってみたい!」という日本から来たお友達と、水族館内でおしゃべり&記念撮影しながら、とても楽しい&快適なひと時を過ごせた思い出の場所でもあります。

picture503mc.jpg

入館料金については、後程、詳しく書きますが、日本と比べると、レートの関係もありますが、お得というわけではないように感じられます。また、外国人観光客には、現在のところ、外国人料金が適用されますので、日本で有名な水族館よりも高く感じられ、その点から「おすすめしない」という人もいます。お得な水族館を求めるなら、バンコク都内以外の水族館を探すのが良さそうです。


「シーライフ・バンコク・オーシャンワールド」では、水族館エリアを見るだけでも見応えがありますが、さらに別途料金がかかってしまうものの、様々なアクティビティー(SEA LIFE 4D Cinema、SEA LIFE Bangkok's breathtaking Glass Bottom Boat、A snack & drink at SEA LIFE Bangkok、Madame Tussauds Bangkok's admission)が用意されています。私はまだ体験したことがないのですが、来タイした日本人家族と一緒に乗船したボートが驚くほどとても良かった!と話す知人もいます。アクティビティーに参加すると、また違った印象を受けるかもしれません。


水族館にお得に入館する方法<日本人在住者及び観光客>


水族館への入場に際して、タイ在住の日本人は、パスポートで確認できる在留ビザ等-在住していることを証明できるものがあれば、タイ人と同じ価格(水族館への入館料のみなら、現在、大人590バーツ、子ども490バーツ)でチケットを購入できます。さらに、平日の早朝割引及びインターネット割引を併用して、事前に申し込みをしておけば、最大30%オフの413バーツ(3~11歳の子どもは343バーツ)で入館することができます。その他、公式サイトでは、セット販売、年間パス、プロモーションの案内もあります。


観光客の水族館への入館料金は、大人1090バーツ(=約3785円※)、子ども890バーツ(=約3091円※)です。早朝割引なら818バーツ(子どもは668バーツ)~、17時以降の夕方割引を使えば、709バーツ(子どもは579バーツ)~ですが、夕方は大変混み合っていたことがありましたので、早朝のほうがおすすめだと思います。とはいえ、観光客の方は、旅行会社等経由でチケットを手配しておくほうがお得で、楽だと感じます。水族館のみの利用であれば700バーツ前後(=約2431円※)~。以下に、水族館の割引券を取り扱っている所の該当ページ及び水族館(AQUARIUM)への入館料金を記載しておきますので、興味のある方は、参考にしてみてくださいね。


●HISタイランド(大人720バーツ、子ども560バーツ~)

https://www.his-bkk.com/coupon/his_coupon_4.php

●ウェンディ―ツアー(大人700バーツ~、650バーツ~)

http://thailand.wendytour.com/coupon/83_CP40.html

●VELTRA(大人700バーツ~、650バーツ~)

https://www.veltra.com/jp/asia/thailand/bangkok/a/136522

●Panda Bus(大人700バーツ~、650バーツ~)

https://www.pandabus.com/bkk/coupon/tourdetail/BKK_C20-A/

※最新情報は、リンク先サイトでご確認くださいね。


私は、自分の分は公式ホームページ(最後のまとめ表を参照ください)から申し込みをし、友達の分は、(私はクラブタイランドの会員なので)、クラブタイランドでチケットを購入しました。友達の分も自分の分も、当日、水族館の入口(右奥)の向かいにあるカウンター(左奥)で、2人分の申込書とパスポート等を持参すると、同時に入館の手続きができました。


クラブタイランド(大人...700バーツ~、子ども650バーツ~)

http://www.thailandcard.com/tour/entertainment/sea-life-bangkok-ocean-world-%ef%bc%88%e6%97%a7siam-ocean-world%ef%bc%89/

※最新情報は、リンク先サイトでご確認くださいね。


思い出に、写真やお土産はいかがでしょうか

picture505m.jpg

水族館では、入館してすぐに写真を撮ってもらえるコーナーがあり、後で、その写真を購入することが可能です。撮ってもらったからといって買わなくても大丈夫です。紙や青い液体の入った透明のケースから選ぶことができました。購入すると、データを指定のページからダウンロードすることもできました。お土産店やレストランも併設されているので、記念に立ち寄ってみるのも良いかもしれませんね。


以上、水族館がお好き、または興味のある方におすすめしたいタイ・バンコクの観光スポットでした。

では、皆様、サワディーカー。


「Sea Life Bangkok Ocean World(シーライフ・バンコク・オーシャンワールド)」の情報

[住所]Siam Paragon Shopping Centre, BF Floor, 991 Rama 1 Rd, Pathumwan, Bangkok,10330, Thailand.

[アクセス]BTSサイアム(Siam)駅下車後、百貨店「サイアム・パラゴン」に入り、フードコートを目指して行き、フードコートのエリアにあるエスカレーターを降りた、地下1階にあたるBF階にあります。

[開館日時]10:00~21:00(最終入館時間は20:00)、年中無休

※水族館の鑑賞だけでも、最低1時間半かかるので、19:30までの入館がおすすめです(公式サイト情報に基づく)

[入場料](水族館のみの場合)観光客大人1090バーツ、観光客子ども890バーツ、在住者大人590バーツ、在住者子ども490バーツ(最新の割引価格は本文及びリンク先公式サイトを参照ください)

[ホームページ]ホームページ https://www.sealifebangkok.com/


※文中の日本円表記は、1バーツ3.472739円で計算、小数点以下四捨五入(2019年8月30日時点)。


プライベートブログこちら


以下の2つのブログランキングに参加しています。

1日1回有効で、皆様のクリックで投票されます。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ランキングへの応援クリックは、皆様からの評価と受け止めています。

いつもありがとうございます<(_ _)>

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2019年8月30日
« 前の記事「タイならではのアフタヌーンティーのおすすめスポット「ドクマイタイ・サロン・ド・テ」」へ
»次の記事「日本語で「タイ」の文化や歴史を学べる!「バンコク国立博物館」と「サイアム博物館」」 へ
おすすめ記事
バンコク3特派員 新着記事
タイ・バンコク観光旅行のお土産に「バンコク限定品」~トートバッグ、マグカップ、タンブラー、Tシャツ等
タイの最新アウトレットモール「セントラルビレッジ」は、待望の現代的アウトレット
お土産にもおすすめ! タイ・バンコクの石鹸はバリエーションが豊富!
タイ・バンコク観光旅行で楽しむべき料理は、タイ料理一択ではない!?
タイ・バンコクのコンビニで購入できる!おすすめのナッツ、種、ドライフルーツ
<今、期間限定の見所多数有!>新名所の「アイコンサイアム(ICONSIAM)」
日本語で「タイ」の文化や歴史を学べる!「バンコク国立博物館」と「サイアム博物館」
東南アジア最大の水族館「シーライフ・バンコク・オーシャンワールド(Sea Life Bangkok Ocean World)」
1年前の同じ月に投稿された記事
色をテーマに巡るタイ・チェンラーイの観光スポット3選 ~寺院・博物館
タイ・チェンラーイの観光スポット ~可愛い庭園が鑑賞できる「メーファールアンガーデン」
タイ・バンコクのスタ―バックス(Starbucks Thailand)@ショッピングモール「Terminal21」アソーク店
タイ王国チェンラーイ県2泊3日の旅行プラン

タイ 航空券情報


タイ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バンコク3特派員

    バンコク3特派員
    Taeko
    大阪府出身。大学で国際開発・環境問題について学び、大学院で自然環境の再生・創造、環境学習について研究。その後、環境保護団体で勤務(総務・編集業務を担当)を経て、2011年10月から、夫の転勤で、タイのバンコク在住。来タイ後、お菓子・パン作り、写真撮影等の勉強を始める。現在は、タイ語習得及びタイ社会の理解に向けて邁進中。空いた時間に、風景や手作りの食べものを中心に、写真撮影を行っている。
    Facebook DISQUS ID @disqus_hbNr1hZAk5

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集