海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > バンコク3特派員ブログ > 【2022年(タイ仏歴2565年)1月16日迄】バ...

タイ/バンコク3特派員ブログ Taeko

タイ・バンコク3特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2022年1月 7日

【2022年(タイ仏歴2565年)1月16日迄】バンコク駅(フアランポーン駅)で開催中のイベント


【2022年(タイ仏歴2565年)1月16日迄】バンコク駅(フアランポーン駅)で開催中のイベント

2022年1月7日日本時間14時22分(タイ時間12時22分)作成、2022年1月8日日本時間2時27分(タイ時間0時27分)更新(スタンプラリーに関して追記有)


皆様、サワディーピーマイカ(新年おめでとうございます)! バンコク3特派員ブログ担当のTaekoです。

年始のご挨拶が大変遅くなってしまいましたが、2022年(令和4年)もどうぞよろしくお願いいたします。タイでは、西暦表記が用いられることもありますが、タイ仏歴では、西暦に543年足した2565年の始まりです。今回は、1月16日迄、国鉄バンコク駅(通称:フアランポーン駅)で開催中のイベントを紹介します。


▽関連記事▽

タイ・タイ語における賞味期限、消費期限の確認方法(タイ仏歴表記を含む)

https://tokuhain.arukikata.co.jp/bangkok3/2020/06/post_81.html


■国鉄バンコク駅(通称:フアランポーン駅)のその後

hualamphong20211124_150557plm.jpg

2021年12月17日付の記事「撮影スポットとして注目を集める国鉄バンコク駅、ターミナル駅としての機能は縮小へ」 )で、2021年12月23日以降、バンコク駅のターミナル駅としての機能がバンスー中央駅に移転するということをお伝えしていましたが、直前に、地元の方から強い反発があり、しばらくは現在のままということになりました(https://tna.mcot.net/gallery_news/846913 参照)


■12月下旬から1月16日迄、国鉄バンコク駅(通称:フアランポーン駅)で開催中のイベントについて

2021年11月頃からよく話題にのぼったバンコク駅において、ラマ5世時代、1910年に建設された鉄道の歴史的価値及び素晴らしい建築を全ての人に楽しんでもらうべく、期間限定で以下のイベントが開催されています。期間中、タイに滞在している方は、訪問してみてはいかがでしょうか。


□演奏会(土日11時~)

私はまだ見に行くことができていませんが、2021年12月22日~1月16日迄の毎週土日の11:00から、楽器の演奏会が行われています。


□スタンプラリー

2021年12月26日~2022年1月16日迄、午前9:00~17:00「Hua Lamphong in Your Eyes」というイベントが開催されています(https://www.bangkokpost.com/life/arts-and-entertainment/2239411/exhibition-highlights-hua-lamphongs-history 及びhttps://www.facebook.com/129946050353608/posts/5310018132346348/?d=n 参照)。


このイベントは、スタンプラリーに掲載されるバンコク駅(フアランポーン駅)の10か所の見所(ランドマーク)を見てまわり、その魅力を学ぶことができるよう考えられたものです。

hualamphongregister20220106_092132 (2).jpg

スタンプラリーへの参加するには、まず、バンコク駅のチケット売り場近くに特設されているブースでスタンプラリー用の用紙をもらう必要があります。用紙を配布しているブースに置いてある上のQRコードをスマートフォンで読み込み、名前、電話番号、県名の3点を入力し、申し込みボタンを押すと、登録完了の画面が表示されます(【追記1】1月7日~、登録時、タイ人は国民IDカード、日本人はパスポートも必要になります)。それをブースにいるスタッフさんに見せると、用紙をもらえます。

hualamphong20220106_092317.jpg

このスタンプラリーでは、10ヵ所のスタンプを集めることになっていますが、4ヵ所まわれば、10個のスタンプを押してもらえます。スタンプラリーの用紙には簡単な地図も載っており、タイ文字の数字を目印に探していくことができます。

hualamphong20220106_093528.jpg

プラットホームの蒸気機関車の止まっているところが分かりやすいので、他の場所が分かりにくい場合は、そこのスタッフに聞くといいと思います。

hualamphong20220106_094433.jpg

少し分かりにくいかもしれないと思ったのは、1番と2番のスタンプをもらう場所ですが、8番ホームの奥にあります。別のホームから探しに行ってしまっても、電車が来ていなければ、線路をまたいで渡れるのもバンコク駅ならではできること。初めて、バンコク駅へ来た人はその光景に驚くかもしれません。

hualamphong20220106_092146.jpg

合計10ヵ所のスタンプを集めると、バンコク駅100周年記念切手が入ったパンフレットとキーホルダー、タグ、ノート、またはハンドサニタイザーなど※のセットをもらうことができます。私が行ったのは1月6日の午前中ですが、多くの人で賑わっていました。ちょうど、SRT(タイ国有鉄道)のシールが貼られたハンドサニタイザーが配布中でした。キーホルダーの製造が間に合っていないそうで、この日はキーホルダーではなく、少し残念でしたが、無料で実用的なものが頂けて、感謝感激です。※いただける記念品の内容について、スタッフさんに尋ねたところ、日時によってもらえる商品は異なり、事前に、いつ何がもらえるかは分からないとのことでした。【追記2】タイ国有鉄道のFB(https://www.facebook.com/pr.railway/?ref=page_internal )やTwitter(https://twitter.com/PR_SRT )で、事前に告知する場合もあるようです。1月6日と7日は見られるようになっています。

hualamphong20220107_110450.jpg

□期間限定!?の見所

・美しい蒸気機関車

hualamphong20220106_104139.jpg

イベント開催期間中は、蒸気機関車がプラットホームに入ってすぐのところに停車しています。

hualamphong20220106_103836pp.jpg

Prestigeという特別列車の車両のなかに入ることができるようになっていました。

hualamphong20220106_103046.jpg

座席は座り心地のよいもので、こんな列車に乗って旅したい! と思うほど魅力的な列車でした。


・安全な旅行を促す掲示物

DSC00619pc.jpg

そのすぐ近くに、列車事故が目で見て分かるイラストが掲示されており、危険行為をしないよう注意喚起するコーナーもあります。タイ語が分からなくても理解できて、タイならではの光景がここでも感じられると思います。


・ホームの2階部分

hualamphong20220106_104957.jpg

トイレ近くの階段を上っていくと、以前、宿泊施設だったエリアを見ることができます。そこから、プラットホームの列車を眺めることもできます。

hualamphongDSC04762.jpg

・駅舎のバルコニー

hualamphong20220106_092847.jpg

駅舎の2階部分のバルコニーエリアにもあがることができます。スタンプラリーの6番のスタンプをもらえる場所の近くにある入口から2階へ上り、さらに螺旋階段でのぼっていくとたどり着けます。

hualamphonglong20220106_095929.jpg

螺旋階段を上って、バルコニーエリアに着くと、時計とステンドグラスを外から眺められるようになっていました。

hualamphongDSC00570pkc.jpg

この建物内には、首から、アルファベットで、Photo担当というようなカードをぶら下げた方がいて、スマートフォンを渡せば、希望する人の写真を撮るというサービスを行っているようでした。日差しの強いなか、私たちの写真も快く撮ってもらえて、とてもいい思い出が増えました。

hualamphong20220106_095915m.jpg

バルコニーに出る手前にも、フォトスポットがあり、この日は自撮り棒を持って行っていたので、友達と一緒にここで自撮りもしました。


・グッズ販売及び展示コーナー

hualamphong20220106_095405.jpg

このイベントスタッフさんが着用しているゴールドの文字が入ったTシャツが素敵で購入したいなと思ったのですが、そのTシャツは、従業員用とのことで、販売していないとのことでしたが、バルコニーの下の1階エリアでは、スタッフさんの背後にかけられているTシャツは200バーツで購入可能でした。他にも、わずかですが、バンコク駅や国鉄に関連するグッズ販売がありました。

hualamphong20220106_095417.jpg

□バンコク駅(通称:フアランポーン駅)の美しい写真展

hualamphong20220106_093313.jpg

また、タイ国有鉄道主催で開催された「Hua Lamphong Through the Lens」フォトコンテストの受賞者の大変美しい写真も2021年12月28日~2022年1月16日迄展示されています(http://www.rpst.or.th/hua-lamphong-photo-contest-announcement/ 参照)。
hualamphong20220106_093122pl.jpg

上記写真はほんの一部ですが、息をのむ、大変美しく、カッコイイ写真ばかりでした。


最後に

以上、国鉄バンコク駅(フアランポーン駅)についての最新情報です。現在、タイ・バンコクにおいても、新型インフルエンザ感染症の新規感染者が急増しております。お出かけの際には、マスク着用、アルコール消毒等、感染対策を徹底し、くれぐれもお気をつけください。それでは、皆様、サワディーカー。



インスタグラムこちら(タイ情報)こちら(料理と手作り作品)

プライベートブログ「ecobkk's diary」こちら

以下のふたつのブログランキングに参加しています。

1日1回有効で、皆様のクリックで投票されます。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ランキングへの応援クリックは、皆さまからの評価と受け止めています。

いつもありがとうございます<(_ _)>

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ イベント・行事・お祭り エンターテイメント・音楽・ショー
2022年1月 7日
« 前の記事「テーブルコーデと盛付が素敵なレストラン「UNICO 23 Italian Dining」~今はクリスマス...」へ
»次の記事「超高層ビルにある「マハナコン・スカイウォーク」の魅力、楽しみ方」 へ
バンコク3特派員 新着記事
2022年バンコク都内4つの公共公園で開催される「バンコク花畑祭り」とは
東南アジア最大のデジタルアート「House of illumination」@Central World8階
巨大ブランコや寺院観賞ができる「スイングバー(Swing Bar by Ching Cha)」はリーズナルな飲食店
2022年5月13日~、タイ雨季入り(5月15日~17日バンコク大雨の予報)、ドリアンの季節到来!
夜もおいしいタイのおかゆが食べられる!タイ料理カフェレストラン「パック・ベーカリー(Pak Bakery)」
祝!ラタナコーシン王朝(バンコク都)240周年
伝統的なタイのお正月行事「ソンクラーン(水かけ祭り)」とは
【2022年4月6日まで開催】バンスー中央駅で書籍見本市とタイ国有鉄道125周年記念イベント
1年前の同じ月に投稿された記事
【2021年】タイの通貨「バーツ」~新紙幣と記念紙幣の種類、使用上の注意点など
【2021年1月~料金変更】ゴルフ練習場「Phothalai Golf Park(ポタライ・ゴルフ・パーク)」
バンコクで購入できる!目の疲れが取れる!?Bootsのきゅうり由来のアイジェル
【2021年1月11日時点】タイの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況と対策措置、参考サイト一覧

タイ 航空券情報


アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バンコク3特派員

    バンコク3特派員
    Taeko
    大阪府出身。大学で国際開発・環境問題について学び、大学院で自然環境の再生・創造、環境学習について研究。その後、環境保護団体で勤務(総務・編集業務を担当)を経て、2011年10月から、夫の転勤で、タイのバンコク在住。来タイ後、お菓子・パン作り、写真撮影等の勉強を始める。現在は、タイ語習得及びタイ社会の理解に向けて邁進中。空いた時間に、風景や手作りの食べものを中心に、写真撮影を行っている。
    Facebook DISQUS ID @disqus_hbNr1hZAk5

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集

AIG