海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > スペイン/バルセロナ特派員ブログ

スペイン/バルセロナ特派員ブログ 藤木 紀衣 さん

スペイン・バルセロナ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

IMG_9205.png
〈日本と同じでこちらもバラが美しい季節です〉


バルセロナのあるカタルーニャ州では、2021年5月9日午前0時をもって警戒事態宣言を終了しました。
いまだに日本より感染者は多いですが日本との対応の違いに驚くばかりです。

警戒事態宣言を終了したと言っても、コロナ前とまったく同じ状況になったわけではなくて、影響の大きかった規制が解除されたということで、また引き続いている規制もあります。

《解除になったもの》
◎夜22時以降、朝6時までの間の外出禁止
◎飲食店の夜の営業の禁止
◎州の出入りの禁止

《規制されている事項》
◎飲食店・小売店の営業時間は夜23時まで
◎同居人グループでない場合は1テーブルあたり4人まで
◎外出時はマスク着用の義務・ソーシャルディスタンスを守る

です。
上記の制限が5月23日までで、本日5月24日からはさらに制限が緩くなりました。
5月24日は第2のイースターで祝日のため、こちらバルセロナは土日月と3連休でした。
週末街の中心地に出かけましたが、規制が緩和されてバルセロナの町に遊びに来た人たちでにぎわっていました。


muchagentesantamaria.png

写真はバルセロナ大聖堂の前で踊っている人たちです。


《緩和された点》
◎劇場やサーカスなどの文化施設では最大70%の収容能力になり、最大1000人が屋内に、3000人が屋外または換気が強化された内部空間に配置されます。
◎レストランの閉店時間が12時。
◎1テーブル6人までに拡大(同居人の場合制限はなし)。

《規制されいてる事項》
◎ディスコはいまだに営業はされおりません。
◎バーは最大容量の50%まで収容可。


さらにうれしいことに本日5月24日から、日本からスペインへの入国制限が解除されました。
PCR陰性証明書の提示も不要となり、居住権やビザのない観光目的の方でも入国できます。
ただ、日本の外務省はいまだスペインへの渡航中止勧告は継続中ですし、スペインへの渡航はスムーズにいったとしても帰国時には規制があることと、経由地での規制も調べる必要があることをご注意ください。

それでは、バルセロナの近況はこのあたりにして、本日のコスタブラバのおすすめスポットのレスタルティット(L'Estartit)です。


レスタルティットは、スペインの北東海岸にあるコスタブラバの小さな町とスキューバーダイビングが有名なビーチリゾートです。 町はモントュグリ山の丘陵地帯と地中海の間に位置します。
人口たった3571人の小さな町です。

montgliIMG_2449.png
(きれいに撮れずすみません。こちらの岩山がモントュグリ山です)


町の海外沿いを散歩していると小さな島が見えますが、ダイバーたちはボートでそこの島まで行きます。
ダイバーだけでなくレンタルボート屋もありますので島まで連れていってもらって景観を楽しむのもありです。


lestartitisla2IMG_2433.png kaisen.png lestartitisla1IMG_2433.png lestartitisla1IMG_2429.png

小さな町なので、ダイビングをやらない場合は、1泊2日もすれば十分に町なかは歩くことができ、海も満喫できる町ですが、近くにモントュグリ山があるので、そのハイキングも兼ねて海と山のアクティビティを楽しむエクスカージョンもよいと思います。

来月6月24日はサンフアンの日といって、夏の到来の祝日です。
規制も解除され夏も間近。


日本人の皆様は今年の夏も気軽にスペインには行きにくい状況ではありますが、写真で少しでも次の旅のイメージを膨らませてもらえればと思います。



2021年5月24日

S__5644319_0-thumb-autox974-552070.jpg
 
本日紹介するのは、ベグール村(Begur村)です。
村の紹介の前にバルセロナの近況です。
 
こちらも依然として緩いロックダウン状態で、バルセロナのあるカタルーニャ州内の移動が制限されたり解除になったり、また制限されたりを繰り返しており、また2021年4月26日の月曜日から5月3日までの期間は州内の移動制限が解除されました。
夜の門限はずっと22時でいつ解除されるかわかりません。もういつから22時になったか思い出せないほど22時の門限が当たり前になってしまいました。飲食店は朝7時半から17時まで営業可能です。
 
私は州を越えての移動はほぼしないのであまり関係がないのですが、友人知人の話を聞いている限りでは、移動制限中であっても道路が閉鎖されるわけでもなく、警察も一台一台止めて何のための移動なのかを確認しているわけではないので、実際には制限されているエリアにも何の問題もなく行けるようです。
 
夜の門限22時もさほど厳しく取り締まっている様子はないです。
ただどこのお店もそんな時間に営業していないので外出している人は少なく、夜の町は静まり返っています。
 
いま飲食店は朝7時半から17時まで営業可能ですが、少し前までは7時半から9時まで営業。いったん閉めてまた13時から15時まで営業などとしておりましたが、今は朝7時半から続けて17時まで営業できるので状況は少しよくなっております。
おそらくよほど数字が悪くならなければまずはテラス席から解放して夜の営業も可能になってくると思います。
20202年の夏もテラス席からオープンして、店内の座席は50%のような形で開放していたので。
 
写真のバラですが、4月23日はサンジョルディの日でした。
日本ではあまり認知されていないと思いますが、サンジョルディの日は別名「本の日」で、きちんとユネスコで「世界 本の日」と採択されている日なのです。
バルセロナではとても大切なイベントですがそれもそのはずで「サンジョルディ」の話はバルセロナの属するカタルーニャの伝説から来ているのです。
ドラゴンの生贄にされてしまった姫をサンジョルディが救い出し、ドラゴンを刺した際にその流血からバラが発芽したという伝説から、いつの日からか男性は愛する女性にバラを、女性は愛する男性に本を送ることが習慣となりました。
実際に当日はバラを持った女性がたくさん歩いておりましたよ。
4月21日くらいから大通りに本とバラを売るお店が立ち並び、百貨店の前でも本が売り出されていました。
サンジョルディの日があるので、こちらカタルーニャはバレンタインは盛り上がりません。
 
S__5644317_0-thumb-730xauto-552072.jpg
 
さて、それではコスタブラバのおすすめスポット、ベグール村です。
村の近くを車で走っていると、丘の上にひと際目立つ石の塊のような大きな石造りの建物が目につきます。
それは11世紀に建設されたと言われるべグール城です。
城下町から徒歩、または車でベグール城まで登ることができ、べグール村の周りにあるコスタブラバのビーチを見渡すことができます。
こちらがその景色です。
 
keshikiue-thumb-730x540-552066.jpg
 
keshikiumi-thumb-730x987-552068.jpg
 
また、城下町は中世のままで残されており、狭い路地などを歩くだけでも楽しめます。
 
machinaka3-thumb-730x540-552074.jpg
 
興味深いのは19世紀に起きた経済危機から逃れるためにキューバ、メキシコ、プエルトリコなどからベグール村に移住して来たインデディアン系の人々が財産を築いて建てた豪邸が、インディアンの家と呼ばれ、改修を経ていまでも子孫たちに受け継がれ残っていることです。
 
inndian-thumb-730x540-552076.jpg
 
実はこの村は訪れようと思って行った場所ではなく、コスタブラバのビーチに行く途中でお昼ごはんを食べるために立ち止まった村でした。
 
IMG_1985-thumb-730x540-552078.jpg
 
こちらのCasa Juanita(カサフアニータ)というお店が評判がいいようですが、予約でいっぱいで行けず、そのすぐ近くのHAVANAというメキシコ料理のお店に行きましたが、こちらも非常に店内の雰囲気もよく食事もおいしかったです。
 
tennnai2-thumb-730x540-552081.jpg
 
havana-thumb-730x540-552080.jpg
 
tennnai-thumb-730x540-552079.jpg
 
コンパクトな村なのでここだけを目的に行くよりかは、その先のビーチに行くついででもよいと思いますし、第一弾・第二弾で紹介したPeratallada村(ペラタヤダ村)、Pal村(パル村)と一緒に訪れるのもよいと思います。

バルセロナの中心地からは133kmです。AP-7の高速道路をジローナ・フランス方面に走り、9A-9B出口で降ります。
C-35通りをサンフェリウデグニョス、アロビーチ方面へ走り、C-31をパラモス方面に走り、その後GI-653道路をベグール方面に進みます。
バスや電車はアクセスがよくないのであまりおすすめできません。


2021年4月27日

foto1.jpg

こちらスペインでは2021年3月28日から聖週間(セマナサンタ)が始まります。
セマナサンタはイースターの前の1週間を指し、キリストの情熱・死・復活に思いを馳せる1週間になり、受難の週と呼ばれています。
イースターの前の週ということで、イースターが「春分の日のあとの最初の満月の次の日曜日」と決まっている関係で毎年変わるため、セマナサンタも毎年変わります。
今年は3月28日の日曜日から4月4日の8日間がセマナサンタです。


ちなみに、3月28日の夜中から、こちらは夏時間になるので、日本との時差が8時間から7時間に変わります。
夏時間は10月31日の日曜日までとなります。夏は日が長く夜21時頃まで明るくいつまでも活動ができるので、またバルセロナの夏が来ると思うと楽しみで仕方ありません。


こちらスペインもまだまだ感染者は日本の倍以上おりますが、ピークに比べるとだいぶ減少傾向にあり、規制も緩和されているので、なんとなくスペインらしい明るい活気が戻ってきたような感じがしております。

コロナの感染情報は下記の通りです。
15日 2658人(51)
16日 1820人(52)
17日 4839人(61)
18日 3064人(21)
( )内は死亡者数。

死亡者数は、1日に何百人と亡くなっていた時期と比べるとかなり落ち着きました。

いままで同じ州内ですら移動を禁じられていたのが、先週末から州内の移動が許可されたことにより、日曜日は町なかは静かでした。皆、郊外へ遊びに行かれたものと予想できます。
こういうところはスペインの人たちの行動はとてもわかりやすく、規制が緩和されると一斉に動き出します。
土曜日はロカビレッジというバルセロナ郊外にあるアウトレットが非常に混雑したと聞いております。


いままでもショッピングするようなお店は開いていることは開いていましたが、こちらの写真のようについ2週間ほど前まではエルコルテイングレスという百貨店の店内は商品が置いてあるエリアは紐で仕切られ、見たい商品すら自分で自由に手に取ってみることができない状態でした。洋服や靴の試着すら自由にできず、サイズが合わなかったらレシートを持ってきてくれれば返品できるのでと言われました。スペインのよいところはセールで買った商品でもレシートさえあれば自由に返品できることですが、試着・靴の試しばきができないのは買い物する人にとっては苦痛でした(試着ができないというのは、場所によって違いがあり同じ時期でも小さいお店は中に入って試着や靴の試しばきができました)。

foto2.jpg

そして、28日日曜日からセマナサンタで、4月2日は聖金曜日でキリストの受難と死を記念する祝日、4月5日の月曜日もいわゆるイースターマンデーで学校も会社も休みになるため、4月2日~5日まで4連休となりますので多くの方が郊外に出かけることが予想され、みんなが一斉に出かけてしまうことでまた感染者が増えてしまわないか、少し懸念しているところではあります……。


ということで前置きが長くなりましたが、近況報告はこの辺にして今回も前回に引き続きバルセロナ郊外コスタブラバおおすすめスポットです♪


今回は前回のPal村のすぐ近くのPeratallada(ペラタヤダ)村です。
写真は入口の高さ約7mに及ぶ壁の入口。

foto entrada.jpg

人口わずか250人の非常に小さな村で、1065年にはそこに城があったことが文書にして残されています。
町の名前の由来は、カタルーニャ語piedra tallada(刻まれた石)から来ていると言われています。
町の名前で表現されるように、石畳や石でできた壁が本当に美しい町です。

30分ほどあれば町全体を歩けてしまう小さな小さな村ですが、石畳の路地・美しいアーチ・きれいに飾られたお花を見ながら歩くだけで充分に楽しめます。

fotoflores.jpg

記録に残されているお城ですが、いまは個人の所有物のため中には入れませんが、お城の中に入れなくても町を歩くためだけでも充分に行く価値がある場所です。

edificiosverde.jpg
私が訪れたのは2020年の夏ですが、青い空とお花と石畳みが最高の組み合わせでした。

目についたディスプレイがきれいなお店。
fotosuittodo.jpg

fotosuitbolsa.jpg

前回のPals 村も今回のPeratallada 村も、バルセロナ中心地からAP-7という高速道路で1時間40分前後なので、レンタカーに抵抗がなく隠れスポットを訪れたい方にはぜひ行ってみて欲しい場所です。

両村とも駐車場もあります。

今年の夏まで外国人観光客を受け入れないとスペインのサンチェス首相が宣言しており、日本もオリンピックでの海外客を受け入れないとのことで寂しいニュースばかりですが、ワクチンが広まり感染が抑えられ、1日でも早く観光客の受け入れを再開することをお祈りしております。



2021年3月22日
2021年2月20日
2021年1月21日
2020年7月17日
2020年6月25日
⇒すべての記事を見る

スペイン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スペインの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バルセロナ特派員

    バルセロナ特派員
    藤木 紀衣 さん
    2015年に始めてスペイン・フランス・イタリアを旅行し、その中でも特にバルセロナに惹かれ、2019年から住み始めました。人々が陽気で優しくて、ご飯がおいしくて、海が綺麗で、山もあって、そして楽しいシティライフもあって、すべてがギュッと詰まったバルセロナが大好きです。日本での通訳案内士の経験と得意な着付けを生かして、現地カメラマンと一緒にフォトショットツアーをしております。ブログでもバルセロナ生活の情報発信中です。 DISQUS ID @disqus_ecUCHNqUkD

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集