海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > スペイン/バルセロナ2特派員ブログ

スペイン/バルセロナ2特派員ブログ 近藤 由香利さん

スペイン・バルセロナ2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


チュニジア3日目は、首都チュニスから電車で約2時間のところにあるスースという町にきました!!
スースは3番目に大きな都市で、海岸沿いにあるリゾート地です。
しかし海岸沿いのホテルに泊まったのですが、周りは廃墟ホテルばかり、、、笑
リゾート地なので夏に行ったらまた印象が違うかもしれませんが、結構廃れた町の印象、、、笑

IMG-8994.jpg

早速大好きな旧市街へ行きました。
IMG-8974.jpg

こちらは今も灯台に使われている観光スポットガスバ。
入場料を払うと中に入れ、上まで登ることができます。
IMG-8977.jpg

上からの風景は海も見え、旧市街を一望できます。
IMG-8979.jpg

実はこの次の日から何かに当たったのか気持ちが悪い、、、
サラダなどの生物は食べないようにしてたのですが、歯磨きの後口をゆすぐ水を水道水にしたのが悪かったのか、、、
旅行中にあまり体調が悪くなったことがないので、薬も持ってきませんでしたし、、、
旧市街から戻って、すぐに寝て明日の移動する時間のギリギリまで寝ていました。涙

次の日はスースからさらに南下して、電車でガベスという町にやってきました。
スースから約4時間!! 体調が悪いけど、電車のトイレは汚いのであまり行きたくなかったので、極力水分を取らないようにして寝るようにしていました。

ガベスはなにもない町で、ホテルもかなり少ないです。
ホテルは有名なホテルを予約できるアプリでは全然出てこなかったので、グーグルマップでホテルを探して直接メールをして予約しました。

なぜ何もないガベスに泊まったかというと、ガゼスが電車で行ける最南端なのです。
ここから先にもかなり見どころがあるので、うちはここガベスに泊まり事前にホテルにお願いして3日間車のチャーターをお願いしました。
相乗りタクシーに乗って観光に行くことも可能なのですが、同じ方面に行く人数が集まらないと出発しないし、個人タクシーはいくらになるか分からないし、さらにうちは義父が高齢なのもあるので、行く前に個人で予約しました。
個人ツアーでもかなり安いし融通が利くのでおすすめです。

ドライバーはフランス語が話せる人や英語が話せる人がいるので、事前に予約するときにリクエストした方がいいかもしれません。
また、ドライバーによっては行きたい場所があまり詳しくない人もいたので、行きたい場所は事前に調べた方がいいと思います。場所さえ言えば、あとはドライバーが行ったことのない場所でも現地の人に聞いたり、友達に電話で聞いてくれて連れて行ってくれました。笑

まだまだつづくチュニジアの旅、、、
また次で続きを書いていきますね。
次こそは私が楽しみにしていた場所について書いていきたいと思います。


2020年1月27日

また先月の話になってしまいますが、冬休みに家族でチュニジア旅行に行ってきました!!
チュニジアってあまり行く人がいない人が多くないし、名前は知ってるけど、どこにあるのか、どんな国なのか知らない方が多いかもしれませんね。
なので少しだけ説明しますね。

チュニジアは北アフリカにあり、すぐ上にはイタリアが存在します。
アラビア語が共用語でほとんどの人がフランス語も話します。
治安は大丈夫? って思うかもしれませんが、2015年にテロが首都のチュニスにある博物館で起きました、、、しかし2020年現在はテロ対策がしっかりされており、比較的安定しています。


私たちが住んでいるバルセロナからはチュニスエアから直行便があり、約1時間半で首都のチュニスに行くことができます。
以前モロッコエア使用した時もいろいろ問題があったので、アフリカの航空会社は遅延やロストバゲッジが多いイメージです。今回も3時間遅延し、ロストバゲッジは大丈夫でした。一応、対策として機内持ち込みに1日分ぐらいの必要なもの(下着やちょっとした化粧品など)を入れていきました。

チュニスに着いたのが夜の10時ぐらいだったので、空港で少し両替をしタクシーで市内にあるホテルに行きました。
空港から約15分ぐらいで市内に行くことができます。
チュニスは物価が安いのでタクシーに気兼ねなく乗ることができますが、メーターを付けない悪質なタクシーが多いので気をつけてください。でもほったくられてもさほど高くはないと思いますが、乗ったらメーターを確認して動いてなかったら申し出ましょう。

IMG_8905.jpeg
次の日は念願のスークに行きました。
チュニジアのスークはモロッコと似たようなものが置かれていました。
民族衣装
IMG_9334.PNG
柄がかわいい小さめのガラスのコップ
IMG_8922.jpeg
銀食器、このおじさんがアラビア文字で名前とかを食器に刻んでくれるらしいです。
IMG_8929.jpeg

ほかにも日本でも人気のバンブーシューズやレザーのバック、ジュエリーや絨毯などいろいろなものが売っており、基本値下げ交渉して買っていく感じになります。
私はずっと欲しかったベルベル族のキリム絨毯を買いました。
日本で買うより全然安いし、あまり取り扱いがないのでおすすめです!!
店内は写真不可たっだのでカフェの壁にあった絨毯の写真ですがこんな感じ
IMG_8933.jpeg

絨毯屋さんに行けばサイズや柄、色合いが違う物がたくさん積まれているのでお気に入りを探すのにかなり時間がかかります笑

疲れたのでひと休みしに屋上にあるカフェへ
IMG_8937.jpeg
ここは旧市街が一望することができ、若い子やカップル、観光客がたくさんいました。
IMG_8935.jpeg
頼んだのはミントティー
IMG_8932.jpeg
結構甘いですがなかなかおいしい。
私はコーヒー派なのですが、チュニジアでは頼んではいけません。
まずいです!!
何回かトライしましたが、全敗でした、、、
チュニジアに来たらミントティーです!!!!

お腹が空いたけど、旧市街にいるしどこでランチをしていいか分からない、、、
なのでそこら辺にいた現地の人に聞いたら着いてこいと案内してくれました。
インドとかに行ったことがある方はわかるかと思いますが、そこまで頼んでいないのに案内してくる人は後でお金を請求してきます、、、
私も完全に疑いましたが、旦那はフランス語がネイティブなので100パーセント意思疎通できるし、大した金額じゃないかと思って付いて行き、レストランに案内してもらいました。
到着してなんと案内してくれた彼はチュニジア楽しんでねと言って去っていきました。
ごめんよ、、、
疑ってごめんよ、、、
その後もほとんどの方が道を聞くと一緒に行ってくれたり、列車でトランク下ろすのを手伝ってくれたり、タクシーを一緒に探してくれたり、、、
お金を要求してくることはほとんどありませんでした(すごく長く案内してくれた人は流石に請求してきたりもしましたが、、、笑)
みんな声を掛けてくれては”ようこそチュニジアへ”と言ってくれます。
20ヵ国以上の国を旅しましたが、こんなに気さくで優しい国はなかなかないと思います。
※もちろん、知らない人に案内などをしてもらったりすることは、トラブルの原因となり可能性が高いため、推奨いたしません。


ちょっと長くなってしまったので、また次のブログで続きを書こうかと思います。
次はチュニジアを南下して、あの有名な映画の撮影地に行ったりします!!


2020年1月23日

2020年1月1日からバルセロナの切符の値段と名称が変更されました!!

IMG_9268.jpeg
※1ZONEの値段です。観光の方はモンセラットなど以外はほぼ1ZONEに観光名所があります。

1日乗車券T-dia
こちらは名称変更なし
値段8.60ユーロ→10.50ユーロに値上がり


10回分の回数券のT-10
T-casualという名前に変わりました。
10.20ユーロ→11.35ヨユーロに値上がり。
条件も改正されおり、前までは1枚を複数人で利用できたのが不可になり1枚ひとりでしか使えません。
また、無期限だったのが、1年間有効になりました。


30日間乗車券のT-Mes
T-Usualに名称変更
値段  54ユーロ→40ユーロに値下げ
こちらは条件の変更なしで30日間何度でも乗車可能で、1人1枚


T-50/30 30日間50回乗車可能 1枚を複数人使用可能 43.50ユーロ
T-70/30 30日間70回乗車可能 1枚を複数人使用可能 60.90ユーロ
こちらのふたのチケットがなくなり代わりにT-grupというのができました。
30日間70回乗車可能 1枚を複数人で使用可能 79.45ユーロ


昔の値段表
IMG_9273.jpeg

改正後の値段表
IMG_9310.jpeg
IMG_9309.jpeg

すべてのチケットは前と同じくバルセロナ市内の公共交通機関の地下鉄、レンフェ、トラム、FGCで使えます。
改正される前のチケットをお持ちの方は2月末までで使えなくなってしまいます。


2020年1月12日
2020年1月 7日
2019年12月19日
2019年12月14日
2019年12月11日
⇒すべての記事を見る

スペイン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スペインの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バルセロナ2特派員

    バルセロナ2特派員
    近藤 由香利さん
    2017年に家族とバルセロナに移り住み、現在語学学校にてスペイン語を勉強しています。 語学が堪能のフリーフォトグラファーの旦那と、ヨーロッパのグルメ、歴史に詳しい義父に色々なことを教わりながらスペイン生活を奮闘中。 旅行、ファッション、グルメが好きで、スペイン意外にもヨーロッパ各地の現地最新情報をお伝えします。 DISQUS ID @disqus_WuGWqB1aMs

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集