海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > バロッサバレー特派員ブログ > オーストラリア、夏の脅威であるブッシュ・ファイアー

オーストラリア/バロッサバレー特派員ブログ ヴァンダズワン 愛

オーストラリア・バロッサバレー特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年1月21日

オーストラリア、夏の脅威であるブッシュ・ファイアー


メール プリント もっと見る

オーストラリア、夏の脅威であるブッシュ・ファイアー


こんにちは、バロッサ特派員のヴァンダズワン愛です。
オーストラリアは広大な大地、豊かな自然、美しい海に恵まれた
すばらしい国です。
しかし、その中で日本には地震があるように、さけて通れない
自然の脅威が「ブッシュ・ファイアー」と呼ばれる山火事・野火です。
南オーストラリア州では毎年、夏になると
「ファイアー・デンジャー・シーズン」といって
山火事・野火に対しての警戒時期が始まります。
また、その日の天候によっては「屋外での火気厳禁」が発令されます。
南オーストラリア州は一年を通して雨量が少なく、
水不足になることもあるぐらいですので大変乾燥しております。

熱波で気温が上昇し、空気が不安定になり落雷による発火により火災が発生し、
大きなブッシュ・ファイアーが1週間のうちに2件発生しました。

IMG_5048.JPG

このブッシュ・ファイアーが発生した時には
緊急避難を要請するメッセージが携帯に入り、
避難するか、家に留まって火事の対処に当たるかを
選択する必要がありました。
私達はまだ丘を6つほど行った距離だからと判断し
うちに留まりましたが、火災付近の友達家族は一時避難をしました。

IMG_5049.JPG

また、2件目の大きな火事が発生した時には
この他にも落雷で小さな火事がいくつも発生しました。
風向きによってはうちに向かってきてもおかしくない状況でした。

旅行中にブッシュ・ファイアーの発生地域に滞在してしまった場合には
宿主やCFS(カントリー・ファイアー・サービス)、警察の指示に従って
適切な行動を取り、野次馬心で火災付近に近付くようなことがないよう注意して下さい。

日本だと夏のキャンプにはキャンプ・ファイアーがつきものですが
こちらではキャンプ・ファイアーは夏にできません。
気を付けて下さいね!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 天気・気候・気温 生活・習慣・マナー 自然・風景
2014年1月21日
« 前の記事「暑い夏こそビーチへ行って、スタンド・マレットのフィッシュ&チップス!!!@ヘンリービーチ」へ
»次の記事「ヤシの木に隠された歴史@セペルツフィールド・ロード」 へ
おすすめ記事
    バロッサバレー特派員 新着記事
    新年早々の山火事・・・32年ぶりの大火事になりました。
    元劇団の劇場だったバー、ザ・ロフト・ワイン・バー
    バロッサ・ビンテージ・フェスティバル 2015 プログラム・ローンチ 続き
    バロッサ・ビンテージ・フェスティバル 2015 プログラム・ローンチ
    サンタが街へやって来ることは大変なこと・・・今年のバロッサでのパレード日程
    11月のお題「スープ」ということでお袋の味、チキンヌードルスープ
    新しいカフェの形、ポップアップカフェ・・・リトル&オッフン(Little&Often)
    2年連続でアドバタイザー・フード・アワードの「地方のレストラン部門」でナンバーワンになったヘンリーファーム・レストラン

    オーストラリア 航空券情報


    オーストラリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バロッサバレー特派員

      バロッサバレー特派員
      ヴァンダズワン 愛

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集