海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > バロッサバレー特派員ブログ > ヤシの木に隠された歴史@セペルツフィールド・ロード

オーストラリア/バロッサバレー特派員ブログ ヴァンダズワン 愛

オーストラリア・バロッサバレー特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年1月28日

ヤシの木に隠された歴史@セペルツフィールド・ロード


メール プリント もっと見る

ヤシの木に隠された歴史@セペルツフィールド・ロード


こんにちは、バロッサ特派員のヴァンダズワン愛です。
今日はちょっとバロッサの歴史に触れてみたいと思います。
バロッサの中の主要タウンであるタナンダ(Tanunda)と
ニュリオッパ(Nuriootpa)のちょうど真ん中辺りを東西に走る
「セペルツフィールド・ロード(Seppeltsfield Road)」という
通りがあります。この通りはまさしく
「セペルツフィールド・ワイナリー(Seppeltfield Winery)」へと
続く道でもあります。
このワイナリーは1851年創業で歴史のあるワイナリーなのですが、
その道沿いにはヤシの木が植えられており、
なぜバロッサにヤシの木???と思ったわけです。


IMG_5147.JPG


IMG_5148.JPG


IMG_5149.JPG


曲がっても、曲がっても、ず~~~~っと続くヤシの木の道、
果たして何本のヤシの木が植えられているのでしょう?
疑問に思い、セラードアー・マネージャーのナイジェルに質問しました。
「何本だろうねぇ~、今から数えに行ってみたら?!」って
冗談を返されました!!!
その後に答えをいただきましたよ、約4000本だそうです。

このヤシの木、実はワイナリーで働く労働者が植えたものなのです。
歴史を遡ること・・・1929年の世界恐慌、
その当時、セペルツフィールド・ワイナリーは一大企業で、
ひとつの村のような存在でした。
100人を超える労働者を抱えておりましたが
不況で仕事がなく、しかし彼らを野垂れ死にさせるわけにはいかない、
そこで「ヤシの木を植える」という仕事を与えて、
その不況時を乗り切ったのです。
今ではバロッサのアイコンのひとつとなった
この「ヤシの木通り」ですが、
通る度にその時代を考えずにはいられません。

みなさんも一緒にこの「ヤシの木通り」で
ヤシの木を数えてみませんか?

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2014年1月28日
« 前の記事「オーストラリア、夏の脅威であるブッシュ・ファイアー」へ
»次の記事「所変われば呼び名が変わる?!・・・トマトソース」 へ
おすすめ記事
    バロッサバレー特派員 新着記事
    新年早々の山火事・・・32年ぶりの大火事になりました。
    元劇団の劇場だったバー、ザ・ロフト・ワイン・バー
    バロッサ・ビンテージ・フェスティバル 2015 プログラム・ローンチ 続き
    バロッサ・ビンテージ・フェスティバル 2015 プログラム・ローンチ
    サンタが街へやって来ることは大変なこと・・・今年のバロッサでのパレード日程
    11月のお題「スープ」ということでお袋の味、チキンヌードルスープ
    新しいカフェの形、ポップアップカフェ・・・リトル&オッフン(Little&Often)
    2年連続でアドバタイザー・フード・アワードの「地方のレストラン部門」でナンバーワンになったヘンリーファーム・レストラン

    オーストラリア ツアー最安値


    2018/5/23更新

    オーストラリア 航空券情報


    オーストラリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バロッサバレー特派員

      バロッサバレー特派員
      ヴァンダズワン 愛

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集