海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > ベイルート特派員ブログ > 【はじめまして】レバノンウェディング事情

レバノン/ベイルート特派員ブログ bananaflowercat

レバノン・ベイルート特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年12月27日

【はじめまして】レバノンウェディング事情


【はじめまして】レバノンウェディング事情

初めまして。bananaflowercat と申します。今日から、日本ではあまり語られることのない中東の小国レバノンの魅力を、在住者の視点からリアルタイムでお伝えしていきたいと思います。このblogを通して皆さんが中東地域の文化に興味を持ち、レバノンを訪れるきっかけにしていただけたらうれしいです。


******************************************************************************


レバノンで結婚式といえば、やはりガーデンウェディングが主流。街を散策しているだけで、あちこちでお祝いを見かけることになる。通りがやけに騒がしいと思ったら、新郎新婦を乗せた車とその招待客が、クラクションを鳴らしながら街中をパレードしていたりする。やはりお国柄か、結婚式 披露宴は日本とは桁違いの豪華主義。新郎が本物の白馬に乗って登場したり、クライマックスに花火が打ちあがるなども、お決まりの演出である。そのため多くのレバノンの銀行では、ウェディングローンなるものが目玉商品として大きく宣伝されている。新婚生活を借金からスタートしてでも豪勢なお祝いをしたいというのは、現代の多くの日本の若い世代とは大きく異なる感覚だろう。


13.JPG


プロによる前撮りも欠かせなく、景色のよい海岸沿い、公園、ワイナリーなどで撮影中のカップルをみかけることもしばしばである。


5.jpg


6.jpg

7.jpg


ベイルートのアウトレットに行くとよく見かけるのが、中古ウェディングドレス売り場。


8.jpg


このようによりどりみどりで、さまざまなスタイルを取り揃えている。大きなアウトレットに行くとかならずといっていいほど見かけるので、レバノンの花嫁たちは、少なくてもドレスに関しては堅実なのかもしれない。こちらのアウトレットチェーン Brands for Less は、カジュアルはもちろん、パーティー用のハイブランドドレスなんかも品揃えが豊富で値段も手ごろ。もし現地で結婚式などに招待される機会があったら、まずチェックをおすすめする。日本のようにややこしいドレスコードはなく、おめかしすればするほどお祝いの気持ちを表しているみたいなところがあるので、普段はしないようなゴージャスなドレスアップにも挑戦できるチャンス。


Brands for Less :
ベイルート内にはいくつか店舗がありますが、旅行者にアクセスがいいのは ラウシェ店 (Raoucheh) 。ダウンタウンから海岸通りのお散歩がてらのショッピングが便利です。


☆ちなみに私は先日クリスマス用に、カルバンクラインのドレスを4000円ほどで手に入れました!






にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 文化・芸術・美術
2018年12月27日
»次の記事「まだまだ続くクリスマス」 へ
ベイルート特派員 新着記事
ベイルートの春
レバニーズ国立図書館リニューアルオープン
預言者聖誕祭
レバノン料理 おすすめレストラン 
ファーマーズマーケット
シーフードのお手頃な楽しみ方
レバノンにおけるLGBT界隈
チキングリル

レバノン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■レバノンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中東にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ベイルート特派員

    ベイルート特派員
    bananaflowercat
    レバノン在住。中東一おおらかと言われ、ヨーロッパからだけでなく湾岸諸国からの旅行者も多いレバノン。日本ではあまり語られることのない小国の魅力を、在住者の視点からリアルタイムでお伝えしていきます。このblogを通して皆さんがレバノンの文化に興味を持ち、訪れるきっかけにしていただけたらうれしいです。 DISQUS ID @disqus_ILMWIitifE

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集