海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > ベイルート特派員ブログ > ファーマーズマーケット

レバノン/ベイルート特派員ブログ bananaflowercat

レバノン・ベイルート特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年1月29日

ファーマーズマーケット


ファーマーズマーケット

世界中で大人気のトレンドであるファーマーズマーケットですが、レバノンも例外ではありません。ベイルートではいくつかのマーケットが定期的に開催され、フレッシュな食材を求める人々でにぎわいます。


なかでも、毎週水曜日、土曜日に行われるスーク エル タイーブ (Souk el Tayeb・Good Market の意)は、一番人気のひとつ。
新鮮な野菜や果物、オリーブオイルはもちろんのこと


IMG_0614.jpg

Capture.PNG


手作りジャムやペストリーを販売するお店もみられます。


IMG_0115.jpg

IMG_0613.jpg

IMG_0611.jpg

IMG_0116.jpg


出店者たちはみな、自慢のレシピを持ち寄って販売しています。都会のベイルートでは若者のキッチン離れが進んでおり、手間のかかる伝統料理を自分で準備する人は少なくなっているといわれます。そのため、子供のころおばあちゃんが作ってくれたようなお菓子、お惣菜などは、特に人気があるようです。また、こちらでは珍しいアジア系の野菜 (白菜など) が手に入ることも、外国からの滞在者をひきつける強みになっているようです。

なかでもこのおばちゃんは有名人で


IMG_5733.jpg


この日も、おばちゃんのサンドイッチを買う人々の行列ができていました。クレープのように生地から焼いてくれるサンドイッチはほかほかで絶品。
おばちゃんのもうひとつの一押しは、


Capture.JPG


こちらのミニサイズのミートパイ。ケベと呼ばれるこちらのひき肉料理は、通常はもう少し大きなお団子状か、大皿いっぱいにひき肉をしきつめて作られますが、おばちゃんのレシピはフィンガーサイズで旅行者のおやつにおすすめ。小さな肉団子がパンプキン生地に包まれ、上にざくろがトッピングされています。ざくろトッピングはレバノン/ 中東料理のお約束で、いろどり、風味付けに欠かせないひと手間です。


今回は、めずらしいバラの花びらのジャムを買ってみました。$10/kg

Capture-2.JPG


自然派の商品だけあって、まるで生花のようにフレッシュな香り立ちのジャムでした。紅茶などに入れて、自宅で優雅なティータイムを楽しむのにぴったりです。




スーク エル タイーブ(Souk el Tayeb)

水曜日はハムラから徒歩5分のクレモンソ・エリアで11am-4pm、土曜日はダウンタウンで9am-2pmの開催。出店ラインナップはどちらも大体同じです。







にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 見所・観光・定番スポット
2019年1月29日
« 前の記事「シーフードのお手頃な楽しみ方」へ
»次の記事「レバノン料理 おすすめレストラン 」 へ
おすすめ記事
ベイルート特派員 新着記事
預言者聖誕祭
レバノン料理 おすすめレストラン 
ファーマーズマーケット
シーフードのお手頃な楽しみ方
レバノンにおけるLGBT界隈
チキングリル
街の香水屋さん
まだまだ続くクリスマス

レバノン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■レバノンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中東にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ベイルート特派員

    ベイルート特派員
    bananaflowercat
    レバノン在住。中東一おおらかと言われ、ヨーロッパからだけでなく湾岸諸国からの旅行者も多いレバノン。日本ではあまり語られることのない小国の魅力を、在住者の視点からリアルタイムでお伝えしていきます。このblogを通して皆さんがレバノンの文化に興味を持ち、訪れるきっかけにしていただけたらうれしいです。 DISQUS ID @disqus_ILMWIitifE

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集