海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ベリーズシティ特派員ブログ > ベリーズの見どころは、なんといってもブルーホール!...

ベリーズ/ベリーズシティ特派員ブログ ソリス 麻子

ベリーズ・ベリーズシティ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年9月14日

ベリーズの見どころは、なんといってもブルーホール!--海から見る


メール プリント もっと見る

ベリーズの見どころは、なんといってもブルーホール!--海から見る

_DSF7009.JPG ベリーズシティから船で2時間半、またはサンペドロ・キーカーカー(注)から船で2時間半〜3時間、どこの陸地からも離れていますので、ブルーホールまで実際に行ってみるには、外洋への航海が必要です。

だいたいのスケジュールは、
6:00 or 6:30 出発
9:00〜9:45 ブルーホール到着 ダイブ1
10:30〜11:30 ハーフムーンウォール ダイブ2
12:00 ハーフムーン島上陸 ランチ

Halfmoon caye.jpg
 国内最大の鳥の繁殖場で、亀の産卵地になっているほか、巨大イグアナや絶滅危惧種のアカアシカツオドリや軍艦鳥がみられます。

13:30−14:30 アクアリウム・ロングキー ダイブ3
17:00 到着
1日3回のダイビングまたは、シュノーケルは、ボートからの潜水で、ブルーホールの輪っかの輪郭は、海面の下にあるので、なかなかボートからはわかりずらいですが、ダイビングで30−40m潜ると、ブルーホールの穴の中に絶対に海中ではできない鍾乳石が連なっています。これは、何万年も前にこのあたりが陸地だった時にできた鍾乳洞で、氷河期のおわりに海面が上がって海の中に沈没したと考えられています。1本目は、そんな歴史と地形を感じるダイブで、運が良ければサメや魚の群れに会う事ができますが、
ベリーズが世界のトップレベルのダイビングの聖地といわれる理由は、この周りにあるライトリーフハウス環礁の珊瑚礁なのです。

caye2.jpg
ハーフムーン島は、ベリーズで最も最初に自然遺産に登録された三日月の島で、この周りには、色どりどりのサンゴや熱帯魚やコンク、ロブスター、ウミガメなどが優雅に沢山みられます。3本目に行く事の多い、アクアリウムなどは、わずか5−15mの浅瀬に水族館のように多くの魚が見られますので、この名前が付いています。サンペドロ・キーカーカーは、ベリーズバリアリーフの延長上にあるので、近いところにダイビングサイトも多くありますが、ライトハウスリーフ環礁の方が、人の住めるところと離れていますので、そのサンゴや魚の量質はいいです。

バリアリーフを抜けると、波も高いので、それなりの大型ボートでなければいけず、サンペドロ・キーカーカーからは、最低ダイバーが8名以上か、シュノーケラーが10人以上集まらないと催行しません。繁忙期(12月--3月)だと毎日か1日おき、スローシーズン(4月--11月)だと2、3日に1回のペースで催行になるため、予備日を設けた方がよいでしょう。

iguana.jpg

ベリーズシティからは、2人からでも催行保証のチャータープランも用意していますので、興味のある方はご遠慮なくご相談ください。→Info@bzeconcierge.com

注)ベリーズシティからサンペドロまではボートで1時間半
ベリーズシティからキーカーカーまでは、ボートで1時間
公共の水上ボートが1〜2時間に1本の割合で運行しています。
国際空港からは、国内線で10−15分で直接乗り入れも可能です。
バリアリーフ上の島にあるため、近年人気のビーチです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2016年9月14日
« 前の記事「ベリーズの見どころは、なんといってもブルーホール!--空から見る」へ
»次の記事「好立地&好条件! ベリーズシティおすすめホテル「ラマダベリーズシティプリンセス」」 へ
おすすめ記事
    ベリーズシティ特派員 新着記事
    ベリーズシティの食事
    ブルーホールに一番近い隠れ家「ロングキー」
    好立地&好条件! ベリーズシティおすすめホテル「ラマダベリーズシティプリンセス」
    ベリーズの見どころは、なんといってもブルーホール!--海から見る
    ベリーズの見どころは、なんといってもブルーホール!--空から見る
    ベリーズってどこ?どうやって行くの?

    中南米 航空券情報


    ベリーズ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ベリーズの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベリーズシティ特派員

      ベリーズシティ特派員
      ソリス 麻子
      2004年より青年海外協力隊としてベリーズに派遣。任期満了後、ベリーズ人と結婚し、現地ツアー会社を設立。日本人唯一の政府公認ガイドとして、ツアーの立案からガイドまで行っている。TVコーディネートや本誌地球の歩き方のリポーターや日本大使館の在外文化事業の実行員として、音楽や日本文化紹介なども行っている。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集