海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > インド/ベンガルール特派員ブログ

インド/ベンガルール特派員ブログ Takeuchi

インド・ベンガルール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

国土の70%が森林という日本に対し、インドは国土が広いわりに森林が占める割合は21.6%。しかも国土の1/3は砂漠だという。その為、ケララ州で育てられているゴムの木などは有名だが、木材のほとんどは輸入に頼っている。また、国際貿易のシステムで、例えばマレーシアへは綿を輸出する代わりゴムの木を輸入するなどバランスを取らなければならない。主な輸入先は、EU、インドネシア、ミャンマー、マレーシア、南アフリカ、中国など。竹に関しては、温暖な気候であるケララ産のもあるが、寒冷地で育った中国産のものと比べると強度が弱いという。

左が中国産の竹 右がケララ産の竹。ケララ産のは時間が経つと亀裂が入るそうだ。
IMG_0738.jpg

ベンガルール南西に位置するMysore Roadには、約50の材木屋が軒を連ねる。
加工しているものは様々だが、私が訪ねた工場では主に玄関のドアーや窓枠、パーテーションを生産している。夏は暑く冬は寒い南インドは、北インドよりも木製のドアー普及率が高いそう。
IMG_0719.jpg

家の顔となるドアーにはこだわりがあり、お金持ちの家のドアーの彫刻は見事である。
確かに、各マンションの玄関も木製のドアーがほとんど。また海に近い地域は、潮風により鉄製は錆を生じてしまうので木製のドアーが人気だ。
因みにドアーを製作するにはこんなに大きな木が必要となるがすべて輸入。

indonesia.jpg
樹齢150年 インドネシア産のHard Wood

cheek.jpg
樹齢50年 ミャンマー産のチーク

こういった木を加工しながら、これまで余り木は燃やしてたというこの工場では、もっと環境のことを考えて何かできないかと木の小物の作るに注目した。
DSC07992.jpg

カルナタカ州には、チャナパトナという地域があり、そこには熟練した木工製品の職人たちがいる。彼らの協力を得て2015年8月からエコフレンドリーをコンセプトとした木の小物作りを始めた。
特に大大的に宣伝はしていないが、イベントに出向いて地道にアピールすることで、環境について考えるきっかけになればと彼らは話す。
まだ試行錯誤しているという商品を紹介する。
国内で1年に500個売れたという人気の腕時計。
IMG_0734.jpg

売れても赤字になるキーボード
IMG_0735.jpg

サングラスのフレームも木
DSC08010.jpg

ちょっと大きいので改良が必要だと思う歯ブラシ
IMG_0741.jpg


「Dtree India Traiding Private Limited」
No.25&26/2&3,New Timber Yard Layout,Mysore Road Bangalore 560026
10:00~19:00
+918026744948
https://www.dtree.in/ (ネットでも注文できる)


2018年1月11日

インド各州には、その地域ならではのパペットの歴史があるが、それは時代と共に薄れていき現存しているパペットはわずかだという。
その歴史を後世に伝えようとしているのが南インドの人形劇団「Dhaatuダートゥ」を主催するのはアヌパナさん。
DSC09114.jpg

彼女は、インド各地を訪れながら家の納屋などに眠っているパペットを探し始めその歴史を紐解いた。人形が見つかったとしてもそのほとんどは壊れていたり、パペットの一部分が残っているだけだったので、わずかな情報を元に彼女はパペットの復元に力を注いだ。
DSC09089.jpg

以下は、復元した様々なパペットたちである。

①String puppet  糸あやつり人形
DSC09049.jpg

②Rod puppet  人形を頭で支える棒遣い人形
DSC09094.jpg

③Grove puppet 片手遣い人形
DSC09104.jpg

④finger puppet 指人形
finger puppet .jpg

⑤Shadow  影絵人形
DSC09111.jpg

さらに、彼女の調査によってパペットの分布図も完成した。
DSC09119.jpg

カルナタカ州のどの地域にパペットや影絵人形があったのかが一目で分かる。

アヌパマさんは、3,000~4,000年前に書かれた叙事詩『バガヴァッド』の中で、芸人が木製のパペットを使うシーンが出てくることからその頃にはパペットというものが既にあったと推測している。

「実は、インドからインドネシアへ伝わったパペット」
「Dhaatu」のコレクションの中で、インドネシアの影絵芝居ワヤン・クリ(Wayang Kulit)に使われる影絵人形を発見した。
DSC09071.jpg

実は、ワヤン・クリは、インドからインドの東海岸に沿って陸路でインドネシアに伝わったという。
確かに「ワヤン・クリ」は、インドネシアのヒンズー寺院でのお祭りに行われ、インドの古代叙情詩『マハーバーラタ』や『ラーマーヤナ』などが主な演目である。
インドネシアでは10世紀には、既に演じられていたというからその説明はとても納得がいく。因みに「ワヤン・クリ」の操り人形は牛の皮で作られているのに対し、インドではヤギの皮を使っている。この辺りも宗教が絡んでいて興味深いところ。因みに『マハーバーラタ』と『ラーマーヤナ』はインドの二大叙事詩と称され、ヒンドゥー教における最も重要な聖典の一つとされている。『マハーバーラタ』は、紀元前4世紀ごろから紀元後4世紀にかけて現在の形が成立したとみられ、全18巻約10万詩節からなる大叙事詩からなる世界最大級の叙事詩。バラタ族の国の王族の確執とそれに伴う争いを描いている。一方『ラーマーヤナ』は、第2巻から第6巻が紀元前5世紀から紀元前4世紀にかけて成立し、その後紀元後2世紀ごろに第1巻および第7巻が書き足されたとみられている。全7巻約2万4千詩節からなる大叙事詩。コーサラ国の王子でヴィシュヌ神の化身であるラーマが、羅刹の王ラーヴァナを倒し王となるに至る過程を中心とする物語。「こういった難しい叙事詩も、パペットを使って伝えれば子供たちは興味を抱いてくれる。叙事詩には、人生の教訓も描かれているので後世に伝えなければならない。」とアヌパマさんは語る。「以前はお祈りをする時、母親が毎回この叙事詩を少しずつ読み聞かせていた。しかし、働く母親も増えそういった時間もない時代になってしまった。」そんな時代に応えるかのようにDhaatuは設立された。アヌパマさんは、幼い頃に父親を亡くし祖父母に養われ大学を卒業した。幸せな結婚もし子供も授かった。そんな感謝の気持ちをDhaatuに捧げているという。

彼女の活動は政府からも認められ、スタジオ近くのバス停には「Dhaatu Puppet Bus Stop」という名が付けられた。さらにガラスケースの中にはパペットが飾られている。
DSC09117.jpg

Dhaatuは、要望があればいつでもショーを見せてくれる。また、夏休みや週末だけでなく一年を通じてパペットを動かしたり、叙事詩を勉強したり、パペットを製作するワークショップも行っている。
夏休みなどは、地元の子供たちがここへ学びにくる姿も見られる。

「Dhaatuダートゥ」
3944/F, 17th ‘D’ Cross, 4th Main,2nd Stage, Banashankari,Bangalore-560070
E-mail: dhaatu@gmail.com
電話: +91 80 65683396
http://www.dhaatu.org/



2017年12月14日

ベンガルール郊外を車で走っていた時、すごい光景を目にした。
IMG_4707.jpg

路肩で何やら火をおこしながらトンカチしている。
移動式鍛冶屋とでも言うのだろうか。人々は農作業に使うカマなどを鍛金していたのだ。
IMG_4722.jpg

彼らはグジャラートから来ており、インド国内を軽トラックで点々としながら荷台で寝泊まりし仕事をしている。一家で移動するため、子供達は学校にすら行っていない。
外国人である私は珍しかったようで、写真を撮るなり囲まれてしまった。
IMG_4715.jpg

手動式の吹子で風を送っては火をおこし、まさに鉄は熱いうちに打たれる。
IMG_4709.jpg

女性も金鎚を振り上げ懸命に働く。餅つき大会のように夫婦で息ピッタリの様子は見ていて気持ちが良い。

軽トラックは15台ほど止まっていて、1日ここで仕事をしたら次の日はみんなで移動すると話していた。道具の値段は、Rs200からRs300.
「1本どうだ?」とすすめられたが、日本の鎌の方が先がギザギザしていて使いやすいし、ここで使うこともない。
彼らは本当に地道に稼ぐしかなさそうだ。
IMG_4713.jpg


2017年11月28日
2017年11月 8日
2017年10月24日
2017年10月 9日
2017年8月31日
⇒すべての記事を見る

インド旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■インドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ベンガルール特派員

    ベンガルール特派員
    Takeuchi
    (元ラジオプロデューサー)
    1996年 最初にインドを訪れて以来インドには縁がありデリーにも住んでいた。 今回は、日本人向けフリーペーパーの助人として再渡印。 趣味は、遺跡巡り。18年間でインド国内主要な世界遺産や都市を制覇。 その経験を活かして旅人、出張者、生活者に役立つ情報を発信したい。 また、ベンガルール(旧バンガロール)で生活することにためらいを感じている方へ 「意外と住める!」と思える生活に密着した情報をお伝えします。 DISQUS ID @disqus_s48CxIcmIg

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集