海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > インド/ベンガルール特派員ブログ

インド/ベンガルール特派員ブログ Takeuchi

インド・ベンガルール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

インドは、中国に次いで世界第2位のシルク生産国であり、世界最大のシルク消費国として知られている。生糸のおよそ90%以上は、アンドラ・プラデシュ、カルナタカ、ジャンムー、カシミール、タミル・ナードゥ、西ベンガル州で生産されていて、実は北部ベンガルールは、カルナタカ州におけるシルク生産の大半に貢献している。ベンガルールには「マイソールシルク」という地元で生産されているシルクで作られたサリーが有名である。ベンガル―ルの気候や土地は、蚕の餌となる桑の葉の栽培に適しているので、年間を通じて桑の葉を栽培しながら蚕を育て繭を取りだしている養蚕農家の様子が郊外で見られる。今回は、その中でも北部ベンガルールで見られる、養蚕農家や繭のマーケット、製糸工場と織物工場を紹介したい。

【インド人にとってのシルク】
結婚式や儀式、格式高い行事には、ここぞとばかりにシルクのサリーを身に付けるというインド人女性の習慣は今でも変わらない。
DSC02091.jpg

シルクは、ロイヤリティの象徴と見なされ、歴史的にシルクは上層階級で使用されてた。そしてシルクが日本人よりも身近であるインド人マダム達は、どの州のシルクが高価で質が良いのか、自分のお気に入りはどこなのかも熱く語ってくれる。
DSC02088.jpg
インド各州のシルクが一堂に見られるメラに出かけてみると分かるが、シルクは産地によって質感や光沢、価格も異なるしデザインも異なる。それは一言では語れないほど奥が深い世界だということが分かった。


【マイソールシルクの始まり】
そもそもインドシルクの歴史は古く、紀元前2450年から2000年の間インダス文明の時代から存在していたと言われている。そして、南インド養蚕振興のきっかけは、日本で養蚕を学んだ「インド産業の父」と呼ばれるTATAの創設者Jamshetji Nusserwanji Tataが、1898年ベンガルールの南部Basavanagudiという村でシルクファームを始めたことだった。彼は日本を訪問した際、養蚕の体系的なモデルに感銘を受け、自分の町でも同じモデルを導入したいと考えたのだった。当時のマイソール王国政府は、事業助成金を提供、数台の小型繰糸機を設置、日本から専門家を招聘するなど養蚕の発展に大きく寄与したと言える。以来、インド固有種と日本固有種を掛け合わせた交雑種の開発が進められ、現在は日本固有種由来(過去に日本から来てインドの気候に合うように改良されたもの)の蚕やインド固有種と日本固有種由来のものを掛け合わしたものなどが広く普及している。「マイソールシルク」は、たとえベンガルールで作られていても「マイソールシルク」というブランド名で世に出されている。人によっては、マイソールシルクとベンガルールシルク、カルナタカシルクは異なると言うが、総称して「マイソールシルク」というのが正しいようだ。

【ナンディヒル周辺に点在する養蚕農家】
ぶどう畑が広がるナンディヒル周辺に点在する養蚕農家。
DSC01325.jpg

カルナタカ州には大小含めこういった養蚕農家が、123,442軒もある。よい蚕を育てる条件とは、室温が25℃で湿度を70%保つこと。この農家では、蚕の餌となる桑の葉を育て、蚕が繭になるまでの作業を行っている。
DSC01341.jpg
餌となる桑の葉

糸を吐くようになった蚕は、およそ直径1.5mあるインド伝統的な形である円形の蔟(まぶし)に移されるとわずか2~3日で繭を作る。
DSC01331.jpg

それを一つ一つ丁寧に取り出し、数日間寝かせてマーケットに持っていく。

【繭のマーケット】
養蚕農家によって持ち込まれた繭は、マーケットでセリにかけられる。
DSC01987.jpg

カルナタカ州には、こういったマーケットが46カ所あり、今回訪れたビジャプーラは4番目に大きいマーケット。ここには、毎朝6時から50㎞圏内のおよそ200軒の農家から繭が持ち込まれ、10時半から12時までセリが行われる。以前は、声を張り上げ顔を突き合わせながらセリを行っていたが、2014年からEオークションが取り入れられ、スマートフォンを使って静かにセリが行われるようになった。電光掲示板には、養蚕農家の番号と値段の表示が流れ値段も変わっていく。気になる繭のランクは3つに分けられていて、1キロあたりの値段は、AランクがRs480、BランクがRs410、CランクがRs300。
DSC02001.jpg

素人目線で見ても、繭のふんわり感や透明度の違いでランクに差があることは分かってしまう。因みにこのマーケットの休みは独立記念日とリパブリックデーのみ。それでも毎日完売するというからインドが世界最大のシルク消費国ということに納得。

【繭から生糸を取り出す】
マーケットでセリに落とされた繭は、製糸工場に運ばれ生糸に変わる。
DSC02026.jpg
落札した繭を自転車で運ぶおじさん。

繭から糸を取り出すには熱湯が必要。この時代でも薪や葉で火をおこし、煙と湯気に包まれながら作業を行う。
DSC02027.jpg
写真を撮っている間も熱湯が飛び若干危険だった。

煮ることでほぐれやすくなった繭を素手で取り出し、6つの繭の糸口を探し出し一本の生糸にし繰糸機で枠に巻き上げていく。
DSC02045.jpg

次に枠に巻いた生糸はさらに撚りをかけられ、機械織りにも耐えられる程丈夫になっていく。
DSC02054.jpg

完成した生糸は1キロRs4,000~Rs5,000で取引され染色工場に運ばれていく。
DSC02062.jpg

【生糸を染める】
ここは、生糸の染色場。ここでは、火おこしから染まで全て手作業で行われている。
DSC02138.jpg

職人たちは、ユーカリの木を燃料にし1日中湯を沸かしては染色作業を続ける。製糸工場から運ばれた生糸の束は、オーダーによって一色で染めてしまうもの、グラデーションになるよう何色にも染められるものがある。一束に何色も入るタイプは少々手間で、一色一色染め終わっては隣に色が染みこまないよう境目をしっかりと糸やゴムで結びビニール袋で保護していく。
DSC02169.jpg
この束1つでサリーの縦糸50枚分の計算。これに何色もの横糸を織り交ぜながら織っていくので、1枚のサリーに何色の色が使われいるのか真面目に考え出すと気が遠くなってしまう。

【ようやくたどり着いた織物工場】
カルナタカ州にあるシルクサリーの織物工場は、主要な場所だけでも10カ所以上あり、今回はその中でも生産量の多いドッダバラプーラという村を訪ねた。
DSC01825.jpg

シルクサリーの織物工場は、代々家内工業として少人数で行われているので外から見ていてもなかなか気が付かない。ただし、一歩その集落に入れば機織り機の動く音がガシャガシャと絶え間なく響き渡るので、どの建物でその作業が行われているからすぐに分かってくる。そして停電が起きると一気にその音が止まるといういかにもインドらしい雰囲気なのだ。そんな環境にも負けず人々は作業を続け、1つの織機で1日2枚のサリーが完成する計算。
DSC01846.jpg

この村全体ではおよそ15000台の機織り機が動いているという。ほとんどの家族が現在3~4代目というから、みな100年以上この仕事を続けていることになる。お爺さんの時代は、手織りだったものの徐々に自動機織り機が導入され量産できるようになったという。
ここで織られたシルクサリーは、国内はもちろん海外へも輸出される。それは世界中で暮らすインド人達は、どこにいても自分たちのアイデンティティを保っているからこそ、大切な儀式ではシルクサリーが必要なのだ。


2018年6月20日

ベンガルールには、年々若者や外国人が集うお洒落なカフェが増え始めている。
DSC08996.jpg

その中1つ「Marzipan Cafe & Bakery」は、ギリシャ人女性がオーナーのカフェで、ガラスケースの中には見るからに美味しそうなパンやパイ、キッシュやケーキなどが並んでいてテンション上がること間違いなし。
DSC09006.jpg

そして、地中海を思わせる白と青を基調とした店内には、ギリシャ文字がアーティスティックに書かれており、まるで異国にいるような気分も味わえる。
DSC08997.jpg

店一押しメニュー「Mousaka(ムサカ)」 はギリシャ、バルカン半島とマシュリク、エジプトなど東地中海沿岸の伝統的な料理。
DSC09025.jpg

ナスとミンチ、ポテトを重ねてオーブンしたグラタンにも似た食感。
開店当初から外国人の顧客も多く、フィードバックを大切にすることで、甘すぎず、重すぎない万人受けするスイーツ作りにいつも心がけているという。
また、ドリンクメニューは豊富で、特にコーヒーは「The Flying Squirrel Coffee」の豆を使い入れ方にもこだわっている。
人気のショッピングアーケード「Rain Tree」でもミニカフェを始めた。

DSC09002.jpg
ボリューム満点 Victoria Sponge Cake

DSC09027.jpg
軽食もできるChicken Deluxe Burger  

Spanakopita  .jpg
パイ生地にほうれん草を挟んだギリシャ料理Spanakopita  Rs135

 [Marzipan Cafe & Bakery]
8/1, Near Ulsoor Lake, Ulsoor Road, Ulsoor, Bangalore
電話:080 41475700
営業時間:11:00~20:00
定休日:日曜日
https://www.facebook.com/themarzipan.ulsoor/


2018年5月26日

こちらに住んでいて良かったと思うことの1つに多様なダンスにチャレンジできるということだ。
インド古典舞踊、インド映画でおなじみのボリウッドダンス。ヒップホップをボリウッド映画の音楽で踊りボリホップ。
共に古典要素も入れての振り付けなので、滑稽で独特のステップもある。しかし、インド人スター達はそれをさりげなく、しかもかっこよく表現できるので憧れてしまうのだ。

ここベンガルールにも、たくさんのダンスカンパニーがある。創設者は、インドにサルサを始めて取り入れたという「LVDS」http://lvds.in/も気になるが、
今回は、インドの大スターアミターブ・バッチャンが自身の70歳の誕生日会に呼んだという「Nritarutya」http://www.nritarutya.com/に注目する。
DSC08358.jpg

Madhuri Upadhyaさんは、「Nritarutya」を姉妹で立ち上げた振付師でありダンサー。
DSC08347.jpg
10歳からバラタナティアムを習い始め、その後もカタックダンス、モヒニアッタムなどインド古典舞踊を追求する。Karnataka Chitrakala Parishath(バンガロールの美術学校)では学位を取得しその経験は彼女の振り付けの中で無数のパターンを生み出している。久しぶりに出会ったインド美人。

「Nritarutya」は、サンスクリット語でダンシングツリーの意味。1本の木から何本もの枝が伸びていくかのように100人以上のエキストラで舞台を完成させるという思いが込められている。
このダンスカンパニーは、ベンガルールが拠点ではあるが、地元での公演は年に数回でほとんどがインド全土、海外で公演活動をしている。
Nritarutyaの設立は2000年。ダンス好きの姉妹が生涯ダンスを踊っていたいという願いからダンス好きの仲間と共に立ち上げた。その中でも、カルナタカ州やタミルナードゥ州で踊られているバーラタ・ナーティヤムさらにケララ州のモヒニアッタム、コンテンポラリーテクニックやヨガを組み合わせた舞踊、美術、視覚芸術を融合させた独自のスタイルで振付を考えていくのを特異としているのがこのダンスカンパニー。
IMG_8187.jpg

さらにダンスだけでなくストーリーを取り入れ、分かりやすく言えばミュージカルのようなメガスケールのスペクタクルショーを展開する。

Madhurmilan.jpg
内容によっては、1度の公演に200人以上のダンサーが登場するというから驚きだ。

インドの舞踊は本来,寺院専属のデーバダーシ (神への奉仕女性) によって伝えられてきた。インド四大古典舞踊はバーラタ・ナーティヤム,カターカリ,カタック,マニプリであるが、
インド全土にその土地に根付いた独自のスタイルがあり、北インドだけで25以上、南インドでだけで16以上のスタイルがある。
●バーラタ・ナーティヤムBhārata Nātyam
インド四大古典舞踊の一つで,なかでも最も古く,完成された形式をもつ舞踊。前 1000年頃から南インドのタミルナードゥ地方を中心に,ヒンドゥー教寺院の儀式のなかで,デーバダーシ devadassi (神の召使) という女性による奉納舞踊として行われていた。
●カターカリKathākali
南インド,マラバル地方に伝わるインド四大古典舞踊の一つ。物語を意味する kathaとその語り手 kathakaに由来する。インドの叙事詩『マハーバーラタ』『ラーマーヤナ』からの挿話を身ぶりで表現する舞踊劇。
●カタックKathak
北インド,ガンジス川流域を中心に伝わるインド四大古典舞踊の一つ。カターカリと同様に「物語」を語源とし,主としてクリシュナ神と牛飼い女ゴーピーの物語を舞踊化したもの。ジャイプル派とラクノー派がある。
●マニプリManipuri
18世紀マニプルのバギャチャンドラ王が,クリシュナ神の偉大さをたたえるために創作した。クリシュナ神話を題材として,満月の晩にヒンドゥー寺院内で演じられる。森の中のクリシュナと永遠の恋人ラーダーの密会の場面クンジャ・ラサ,クリシュナとラーダーが春の到来を喜ぶバサンタ・ラサ,クリシュナと牛飼いの輪踊りマーハ・ラサなどが知られる。
(引用:ブリタニカ国際大百科事典)

このダンスカンパニーは、2012年には、インドのスーパースターアミターブ・バッチャン70歳の誕生日会で、詩人だった彼の父ハリヴァンシュラーイ・バッチャンの作品「Madhushala」を元に演出を考え絶賛された。その確かな実力は政治界でも評価され、2016年10月ゴアで行われたBRICS サミット では、各国の首相たちの前でその腕前を披露。
amida.jpg
アミターブ・バッチャンとのリハーサルの様子。

DSC08353.jpg


ダンスカンパニーによって規模はまちまちだが、インドにはこういったダンスカンパニーが何軒もある。ヨガだけでなくインドでの思い出にダンスを習ってみてはいかが?

「Nritarutya~Indian Contemporary Dance trust~」
G-9, HI Block, Golden Orchid Apartments,
Lavelle road, Bangalore- 560 001’.
Karnataka, India.
Off: +91 80 65616295
Mob: +91 98452 67595



2018年4月23日
2018年4月10日
2018年3月19日
2018年2月16日
2018年1月29日
⇒すべての記事を見る

インド旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■インドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ベンガルール特派員

    ベンガルール特派員
    Takeuchi
    (元ラジオプロデューサー)
    1996年 最初にインドを訪れて以来インドには縁がありデリーにも住んでいた。 今回は、日本人向けフリーペーパーの助人として再渡印。 趣味は、遺跡巡り。18年間でインド国内主要な世界遺産や都市を制覇。 その経験を活かして旅人、出張者、生活者に役立つ情報を発信したい。 また、ベンガルール(旧バンガロール)で生活することにためらいを感じている方へ 「意外と住める!」と思える生活に密着した情報をお伝えします。 DISQUS ID @disqus_s48CxIcmIg

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集