海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > インド/ベンガルール特派員ブログ

インド/ベンガルール特派員ブログ Takeuchi

インド・ベンガルール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


柄物の多いインド服だが、無地で斬新なデザインで目を引くブランドがある。
「PLANTATION HOUSE」は、何年経っても同じスタイルを提供することで、ファッション業界のトレンドには影響されないブティック。

PHOTO-2019-05-17-15-18-23.jpg
これまでTHE LEELA PALACE内のアーケードにあった店舗を今年移転し益々身近な存在になった。

以前紹介した「The shop」や「Bamboo Pecker」と同じ建物にあると言えば皆分かるだろう。
9902562372469.jpg

「このお店のスタイルを好んでくださる方は、同じデザインを求めて10年後でも戻って来られるんです。」そう唱えるのは、「PLANTATION HOUSE」のオーナーでありデザイナーのShalini Subramanianさん。
日本の着物、アラブ系遊牧民やサハラ砂漠の遊牧民の民族衣装からインスピレーションを受けデザインされたチュニックやワンピースはどれも個性的で最新のファッションに見えるのが不思議。
PHOTO-2019-05-17-15-18-29.jpg

年齢関係なく着られる人気のチュニック。
PHOTO-2019-05-17-15-18-27.jpg


コットンやシルクなど天然繊維で織られた布で仕立てられた無地で装飾もないシンプルでエレガントな服は、着回しもしやすく何度でも着用できる。
PHOTO-2019-05-17-15-20-11.jpg

さらに、Shellと呼ばれるインナーと組み合わせれば、重ね着など自由自在になるので、1枚あれば同じテイストで新たなアイテムを探しにお店に足を運んでみたくなるはず。
red.jpg

以前より、アースカラーも増えたので普段着としてさりげなく着られそう。

【PLANTATION HOUSE】
No6,Madras Bank Road,Bangalore 560001
+919886070391
http://www.plantationhouseshop.com/


2019年5月17日

子供をターゲットにせず、大人をターゲットにしたアスレチックパークがベンガルール南部にある。リゾートとしてチームビルディングとして利用してほしいというのがこの施設のコンセプト。
大人だって子供のようにはしゃぎたい!そんな夢を叶えてくれる「AREA83」を訪ねた。
DSC03006.jpg

まず、施設名である怪しげな「AREA83」は謎解きのように付けられている。

名づけ親であるオーナーに聞いてみるとこう説明してくれた。「この施設のある住所は、Bannerghatta Post Bangaloe 560083。郵便番号の下二桁を取っているだけなんだよ。(笑)」と茶目っ気たっぷりに話す。実はオーナーは、建設会社を本業としていている。元々このエリアは、自身のプライベートリゾートとして使っていただけだったが、イギリスで留学していた息子が帰国し「自然が好きな人はたくさんいるから、ここを多くの人に開放してあげようじゃないか。」というアイディアを受け入れ、大規模なリゾート施設としてオープンさせた。因みに、漢字っぽいロゴは、「門」Gateをイメージしていて、みんなに開放しているという意味を込めているそうだ。
DSC03005.jpg

全てにひねりがあって面白い。

大人をターゲットにした訳について「最近の若者は、時間さえあればバーに行って酒を飲んでいる。健康にも良くないし、そもそもいい空気を吸って汗をかく機会もないだだろう。AREA83が遊園地と違うところは、乗り物に乗ってじっとしているのではなく、自分から体を動かして汗を流す点だ。」普段PCに向かっているオーナーだけに説得力のある話だった。この施設のあるバネルガッタには4500エーカーの森が広がっていて、いい酸素も取り入られるのも醍醐味の一つ。施設内にある湖も心を癒してくれる。

18エーカーあるリゾート内には、遊具の他にプールや屋外レストラン、宿泊施設としてのバンガローやテントもある。
Area83-245 copy.jpg

DSC03028.jpg
いくつかのアクティビティーを紹介しよう。

DSC03008.jpg
Bubble Soccer…体当たりで相手を責める、転んでも痛くないサッカー。

Area83-85.jpg
Human Foosball…これで人形の気持ちが分かっちゃう。

DSC03021.jpg
Giant Swing…サーカス並みの大型のブランコ。湖も一望できるロケーション。

DSC03016.jpg
Kayaking…綺麗な湖をカヤックで満喫したい。

Area83-205.jpg
セグウェイ…これで森の中を駆け抜けてみたい。

Area83-221.jpg
Paintball…アーミー気分を少しだけ体験。

遊具のほとんどには、45㎏以上の人という体重制限があるので、大学生や企業のリクリエーションとして利用するのがおすすめかもしれない。残念ながら子供は、トランポリンやプールで遊ぶしかない。
Area83-200.jpg

DSC03032.jpg

また、リゾート内でゆったりと過ごしてもらうことをモットーにしているので、一日に250人以上は入場させない規則がある。4人グループから利用可能で前日までに予約が必要。パッケージもあるのでホームページを要チェック。

「AREA83」
Shanbhoganahalli village Bannergatta south Bangalore 560083
営業時間:8:30~18:00
電話番号:9901900083
http://area83.in/


2019年4月 1日

ずっと気になっていた知る人ぞ知る博物館のようなアンティークショップへ足を運んでみた。

DSC04161.jpg

店内は、3年前にオープンしたとは思えないほどアンティークな雰囲気を醸し出している。
DSC04196.jpg

「Saanchi」とは、サンスクリット語で「集める」の意味。
ここには、インドをはじめ、世界各国から集められた家具や照明器具、キッチン用品、生活道具、絵画、食器など、いわゆる骨董品が所狭しと並んでいる。

こちらは、40~50年前のアイスクリームメーカー
DSC04184.jpg

高さは、1mくらいある。

こちらは、炭のアイロンをライトに加工したもの。 
DSC04178.jpg

マーケットで今でも売られているアイロンとほぼ同じ形だが品がある。


コレクションのほとんどは、70年から100年前の貴重な物ばかりで、その製造メーカーは今はなかったりもする。それだけに価値が高いのだ。手が届きそうな値段の物からコレクター好みの高額な物まで。
ホーロー好きの友人はベンガルールを去る時、日本でこの値段では買えないと記念に買っていた。

DSC04183.jpg
ヴィンテージ ホーローポット
つまり、マニアにはたまらないコレクションがここにはあるようだ。

こちらは、店内を優雅な雰囲気にさせるオーストリアのシャンデリア 9 Lakh
DSC04194.jpg

一瞬、買う気もないのに訪れてもいいのかと思ってしまうが、この店のオーナーの思いは、アンティーク好きの情報交換の場として、また本物のアンティークに触れる場として利用して欲しいとの事なので、遠慮なく鑑賞できるのだ。


屋上テラスには、カフェもありアンティーク家具に囲まれながらひと時を過ごすこともできる。
DSC04163.jpg


「Saanchi~antiques&treasures~」
#5, Setlur Street, Off Langford Road,Langford Town, Bangalore - 560025
営業時間:10:30~ 19:00
年中無休
電話:+918041202086
http://www.saanchiantiques.com/


2019年3月15日
2019年2月25日
2019年2月 5日
2019年1月21日
2019年1月14日
⇒すべての記事を見る

インド旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■インドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ベンガルール特派員

    ベンガルール特派員
    Takeuchi
    (元ラジオプロデューサー)
    1996年 最初にインドを訪れて以来インドには縁がありデリーにも住んでいた。 今回は、日本人向けフリーペーパーの助人として再渡印。 趣味は、遺跡巡り。18年間でインド国内主要な世界遺産や都市を制覇。 その経験を活かして旅人、出張者、生活者に役立つ情報を発信したい。 また、ベンガルール(旧バンガロール)で生活することにためらいを感じている方へ 「意外と住める!」と思える生活に密着した情報をお伝えします。 DISQUS ID @disqus_s48CxIcmIg

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集