海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ベンガルール特派員ブログ > 「飲茶と寿司の食べ放題が魅力のアジアンレストラン」

インド/ベンガルール特派員ブログ Takeuchi

インド・ベンガルール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年1月28日

「飲茶と寿司の食べ放題が魅力のアジアンレストラン」


「飲茶と寿司の食べ放題が魅力のアジアンレストラン」

2007年にオープンし、地元の人だけでなく欧米人にも人気のアジアンレストラン「城」

IMG_5173.jpg
店内は、天井が高くその空間に飾られるのにふさわしい巨大な石像にまずは圧倒される。

IMG_5111.jpg

カンボジアのTaraをモチーフに国内で造り上げたというオブジェは、どこかの遺跡を運んできたかのよう。石と木、竹で統一して造られた店内は重厚感があり、エキゾチックな空間でアジア人の気持ちを落ち着かせてくれる。これだけの規模をもつレストランなので、スタンディングスタイルのブッフェパーティーなら最大400人は収容可能。
IMG_5109.jpg

テラス席から望むバンガロールの夜景を眺めながらのウェディングパーティーに利用する人も少なくない。
 ここで食べられるのは、寿司、飲茶、マレーシア、インドネシア、ベトナム、タイ、韓国料理。
おすすめは、月曜日から土曜日までのランチ特別メニュー飲茶か寿司の食べ放題。
IMG_5152.jpg

IMG_5146.jpgのサムネール画像

Rs850という価格設定は育ちざかりのお子さんを持つお母さんにも嬉しい価格。
また、+Rs210で、maki specialがアップグレードし、丼ぶりをセットで注文できる。
さらに、日曜日はサンデーブッフェでアジア料理が食べ放題。アルコールも飲み放題でRs1850というのも見逃せない。
寿司コース、飲茶コースは、それぞれ10種類以上出され、飽きがこない程の品数。
変わり種のCrispy spicy avocadoは、日本の寿司屋さんでは見かけない逸品。
パリパリとした食感とすし飯がマッチしている。

その料理を監修しているPriyankさんは、4年前まで米国のレストランを10年間渡り歩き、そのノウハウを活かし今やエリアキッチンマネージャーという肩書で系列会社の厨房には欠かせない存在だ。得意料理は?という質問に「アジア料理全て。」と自信を持って答えられるほど頼もしい。

IMG_5154.jpg
 寿司と言えば、コストパフォーマンスもかかる食だけに、食べ放題にも関わらずこの価格で提供できるのには訳がある。以外にも素材の大半は輸入に頼っていた。「城」は現在バンガロールをはじめ、デリーとムンバイにも展開している上に「城」を営むJSMは、Hard RockCafeなど様々な業態で多店舗展開をしている為、素材の大量仕入れも可能で結果的にコストカットができるという。大手レストランチェーンだからこそできるサービスなのだ。
私のおすすめは、Chocolate sushi Rs250
IMG_5166.jpg

薄く伸ばしたチョコレートを海苔に見立て、その中に生クリームが入っている逸品。

「城」
3rd Floor, UB City (Camet), Vittal Mallya Road
080-4173-8864
営業時間 月~土 12:30p.m.~3:30p.m. 7:00p.m.~11:00p.m.
       日 12:30p.m.~4:00p.m. 7:00p.m.~11:00p.m.

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2015年1月28日
« 前の記事「【お金に変わるゴミたち】~日本へ輸出?~」へ
»次の記事「「チョコレートファクトリーツアー」」 へ
おすすめ記事
    ベンガルール特派員 新着記事
    ランプシャードが魅力の「Olie 」
    ベンガルールでハイテクプラネタリウム鑑賞
    人気のクラフトショップ「ants」 
    南インドの修道院で作るイタリアンチーズ
    アジアンレストラン「Shizusan」
    駐在マダムに人気!マントラのペンダント
    ベンガルールの空港に近いワイナリー「Nandi valley winery」
    進化したインドの工芸品を

    インド ツアー最安値


    2018/11/20更新

    アジア 航空券情報


    インド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■インドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベンガルール特派員

      ベンガルール特派員
      Takeuchi
      (元ラジオプロデューサー)
      1996年 最初にインドを訪れて以来インドには縁がありデリーにも住んでいた。 今回は、日本人向けフリーペーパーの助人として再渡印。 趣味は、遺跡巡り。18年間でインド国内主要な世界遺産や都市を制覇。 その経験を活かして旅人、出張者、生活者に役立つ情報を発信したい。 また、ベンガルール(旧バンガロール)で生活することにためらいを感じている方へ 「意外と住める!」と思える生活に密着した情報をお伝えします。 DISQUS ID @disqus_s48CxIcmIg

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集