海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ベンガルール特派員ブログ > 【IT大国で日本式のIT教育を】~インターネット・...

インド/ベンガルール特派員ブログ Takeuchi

インド・ベンガルール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年3月18日

【IT大国で日本式のIT教育を】~インターネット・アカデミーインド支店~


メール プリント もっと見る

【IT大国で日本式のIT教育を】~インターネット・アカデミーインド支店~

DSC02757.jpg インド行きが決まり友人たちからは「せっかくならIT技術を身に着けてきたら?」と言われベンガルールにそれっぽい学校がないか調べてみました。調べていたらなんと日本に本社を置くインターネット・アカデミーがヒットしました。なぜこんな所に?早速見学に行ってみました。

雑居ビルの中に事務所と教室を構え、とても衛生的。

DSC02754.jpg

しかし、なぜIT王国にわざわざ日本のインターネット専門学校が進出しているのでしょうか。

支店長に伺ったところ、理由①インドは、日本の10倍の人口で将来的にも世界最大の民主主義国家という潜在市場規模の大きさがあること。②将来的にインターネット・アカデミーの拠点を世界各国に広げていくうえで、英語圏であるという横展開のしやすさ。③なかでも世界中のIT企業が拠点を構え、インドのシリコンバレーと呼ばれるバンガロールのIT需要の高さだと話してくれました。

ITの知識に関しては、インドのトップクラスの人のほうが、日本に比べて圧倒的に優れているようですが、それらはすべてのインド人に当てはまるものではなく、ごく一握りのトップクラスの方々の話だと言います。インドの人口は、現在およそ12億5000万人。その1割といっても日本人の絶対数より多くなります。つまりインド人のイメージ=数学ができる。は、マスコミによって取り上げられた一部の人を指しているのです。
一日に停電が何度も起きる。(昔よりはまし)ネットの速度も遅い。電話が繋がりにくい。誰が聞いても分かるようにネット事情ははっきり言って良くはありません。
インドが「IT大国」と言われるのは、ソフト開発が盛んで経済的に急成長しているからで、インドのシリコンバレーと言われている場所もIT企業が集まっているだけとも言えます。独自の文化や歴史のあるインド全土がハイテクになってしまったら、それはそれで旅行者にとってもつまらないような気もしますし、矛盾だらけで未発展の部分が多い国だからこそ私はインドに魅力を感じます。

さて、話しが反れてしまいましたが・・・さらに興味深かったお話は、プログラミングやシステム開発に関する基礎的なエンジニアスキルは、IT系の大学を出た人であれば一般レベルでもそれなりの知識を備えている人が多いそうです。ただ、デザインスキルについては総じて日本人よりも低い傾向を感じるということです。生まれ持ったセンス、育った環境によって影響する部分なのでしょうか。

DSC02760.jpg

では、どんな生徒をターゲットにしているのでしょう。
①基本的には初心者層からを対象に、ITのバックグラウンドを持たない人。
(さらにIT職種に就いてもらうことをサポート)
②Webの活用については、まだ日本よりも遅れているという印象(企業や商店のWebサイト普及率も低い)のため、Web分野のスペシャリストを目指すビジネスマンや起業家。
③嬉しいことに、日本人駐在員の家族を対象とした日本人向け特別クラスも、需要があれば検討。これとは別に、今後日本からの短期留学希望者を対象とした特別クラスを計画中。
夫の駐在に伴い、退職して渡印したマダム達も日本に帰ってからこういったスキルがあると再就職しやすいかもしれませんね。

最後にインターネットアカデミーで学ぶメリットをまとめてみました。

①まずITのバックグラウンドを持たない初心者層からの育成を念頭に置いたカリキュラムなので、誰でもどんなレベルの方でも受講が可能。
②インドのローカルスクールと違い、アメリカボストンのW3Cから直輸入した最新かつ正確な技術情報と、日本で20年培った質の高い教育サービスを受けられる。
※W3Cとは、Web技術の標準化と推進を目的とした、会員制の国際的な産学官共同コンソーシアム。
③インドのローカルスクールの場合は、座学が中心で実践が少ない(場合によっては全くない)傾向がありますが、このスクールでは1人1台のPCを使ってすべてハンズオン形式で実施されるので、授業のなかで理論と実践を合わせて学べる。
④日本で学ぶと40~50万円の講座内容が、ここではおよそ1/7から1/10程度の金額で受講できます。ただし授業進行と教科書はすべて英語。

どんなことでも基礎からシステマティックにしっかり教えられるのは、日本人ならではじゃないかと誇りに思いました。

INTERNET ACADEMY
#223,2ndFloor,Brigade Arcade,Garudacharpalya,Mahadevapura Post,Bangalore560048
+91-80-49533329
www.internetacademy.co.in

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 通信・携帯・インターネット
2015年3月18日
« 前の記事「【ブドウが美味しい季節です。】」へ
»次の記事「【迫力満点!サファリパーク】~Bannerghatta National Park~」 へ
おすすめ記事
    ベンガルール特派員 新着記事
    日本人大好き!Good Earthの姉妹店
    オーガニック製品しか扱わない「Happy Healthy Me」
    木切れから生まれたユニークな小物たち
    南インドの人形劇団「Dhaatuダートゥ」
    移動式の鍛冶屋
    地元発祥の甘~いスイーツ「マイソール・パク(Mysore Pak)」
    黒い食器
    オディッサ州の素朴な絵画

    インド ツアー最安値


    2018/2/23更新

    アジア 航空券情報


    インド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■インドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベンガルール特派員

      ベンガルール特派員
      Takeuchi
      (元ラジオプロデューサー)
      1996年 最初にインドを訪れて以来インドには縁がありデリーにも住んでいた。 今回は、日本人向けフリーペーパーの助人として再渡印。 趣味は、遺跡巡り。18年間でインド国内主要な世界遺産や都市を制覇。 その経験を活かして旅人、出張者、生活者に役立つ情報を発信したい。 また、ベンガルール(旧バンガロール)で生活することにためらいを感じている方へ 「意外と住める!」と思える生活に密着した情報をお伝えします。 DISQUS ID @disqus_s48CxIcmIg

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集