海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ベンガルール特派員ブログ > 【知る人ぞ知る鉄道大国インドで】~寝台列車に乗って...

インド/ベンガルール特派員ブログ Takeuchi

インド・ベンガルール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年11月17日

【知る人ぞ知る鉄道大国インドで】~寝台列車に乗ってみる!~


【知る人ぞ知る鉄道大国インドで】~寝台列車に乗ってみる!~

国土が広いこともあり、インドは知る人ぞ知る鉄道大国。
鉄道総延長6万3000km。なんとデリーには、その歴史が分かる鉄道博物館があるほど気合が入っている。1853年、最初の鉄道が開通して以来、インドの鉄道は主要都市間だけでなく国内全土に鉄道網が張り巡らされている。我々が簡単に飛行機で移動できる距離でも、予算に限りのあるローカルの人たちは、お金がかからないよう鉄道やバスを使い、何時間も何日もかけて目的地まで移動する。一旦、村に帰ると言っても移動するのに2、3日はかかるというのはそうゆうことなのだ。

今回は、20年ぶりにインドの列車に乗ってみた。しかも寝台列車で。
目的地は、カルナタカ州の観光名所の一つで世界遺産に登録されている「ハンピ」
地元の人の発音では、ハンピはハンペ。南インドにいるなら行っておきたい遺跡の一つ。
ハンピへ行く最寄駅は「ホスペット」となのでお間違えのないように。

寝台列車は、夜10時にベンガルールシティ駅を出発する。
DSC04354.jpg

と言っても実際出発したのは10時半だった。インドらしい。
ホームには、チャイボーイがポットをぶら下げチャイを売り歩いていたり、野良犬、ホームレスが何処から入って来たのかウロウロしている。決して環境がいいとは言えない。
DSC04364.jpg


豪華列車で行く旅もインド国内にはあるが、今回は普通の列車だったので念のため一等席を確保した。
車内は、私が乗った20年前の列車とほとんど変わらない様子でこれで一等席。

DSC04380.jpg
昭和初期の雰囲気が漂っている。
一等車は、10以上の車両があるにも関わらずたったの1車両。
そこにたったの3部屋しかない。2段ベットが1つある部屋1つと2段ベットが2つある部屋が2つ。中からは、鍵もかけられカーテンもついているので完全に密室になる。
これが廊下の様子。

DSC04384.jpg
ただ、知らない人と一緒になったら微妙。

因みに二等車でこんな感じ。
DSC04385.jpg

むき出し状態で通路を歩いて行く人から丸見え。
三等車は、想像にお任せします。
トイレも20年前と変わらず、流すと線路に直結。
ホームの上には、排泄物がいっぱい落ちている。
あえて写真は載せません。
良いところは、それほどガタガタしないので、寝てしまえば汚かろうがそれほど気にならなくなってくる。ただ意外にも、洗った毛布とアイロンのかかったシーツや枕カバーも用意してあり清潔感はあった。寝台車なのにキャンプのような感覚。

到着駅のホスペットはご覧の通り。
DSC04404.jpg
およそ9時間45分の旅。
知る人ぞ知る鉄道大国インド。気持ちに余裕のある人はハンピエクスプレスを体験してみては。
因みにベンガルールからハンピまでは、車ではおよそ5~6時間かかる。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2015年11月17日
« 前の記事「【ベンガルールのアニメファン大興奮!】~アニマツリ・インディア2015~」へ
»次の記事「【インド人の意外な寒さ対策】」 へ
おすすめ記事
    ベンガルール特派員 新着記事
    使いやすいティーバッグに力を注ぐ紅茶専門店
    ジュートバッグでお洒落にそしてエコフレンドリーに
    インドの近代アートに触れる
    マイソールシルクって?
    お洒落なカフェが多いベンガルール
    ダンス三昧できるインドの魅力
    エコな出店者だけが大集合「Go Native」
    カルナータカ民俗博物館 JANAPADA LOKA
    1年前の同じ月に投稿された記事
    【通称もやし寺?】~ありがたい「もやし」~
    【美味しいパンが魅力の創作イタリア料理店】~今年3月にオープン!日本人女性2人が営むベーカリーカフェ&ワインバー La Traviata~
    「OKO」~日本食が食べられるアジアンレストラン~
    【インドで発見!】~極めて原始的なポップコーンマシーン~

    インド ツアー最安値


    2018/8/14更新

    アジア 航空券情報


    インド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■インドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベンガルール特派員

      ベンガルール特派員
      Takeuchi
      (元ラジオプロデューサー)
      1996年 最初にインドを訪れて以来インドには縁がありデリーにも住んでいた。 今回は、日本人向けフリーペーパーの助人として再渡印。 趣味は、遺跡巡り。18年間でインド国内主要な世界遺産や都市を制覇。 その経験を活かして旅人、出張者、生活者に役立つ情報を発信したい。 また、ベンガルール(旧バンガロール)で生活することにためらいを感じている方へ 「意外と住める!」と思える生活に密着した情報をお伝えします。 DISQUS ID @disqus_s48CxIcmIg

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集