海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ベンガルール特派員ブログ > 「動物の殺処分禁止インド」

インド/ベンガルール特派員ブログ Takeuchi

インド・ベンガルール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年2月 8日

「動物の殺処分禁止インド」


メール プリント もっと見る

「動物の殺処分禁止インド」

ある日、知り合いのインド人マダムがボクサー犬を手にしていたので「高かったでしょ!」と聞いたら「これは、ただなの。ベンガルールに捨て犬を管理している場所があってそこで貰ってきたの。」とその場所を教えてくれた。日本のペット番組でもよく取り上げられる動物の処分についてインドではどうなのか調べてみた。

およそ2年前、ベンガルールには捨てられた動物を救うボランティア団体「Second Chance Adoption Center」が誕生している。まず、ここで知った日本との大きな違いは動物の殺処分がイリーガルということ。

IMG_8752.jpg


動物を保護する団体は、デリー、ムンバイ、チェンナイ、ハイデラバードなどインドの主要な都市にある。1991年イギリス人女性のクリステル・ロジャーズが立ち上げた動物保護団体CUPA(Compassion Unlimited Plus Action)は、ベンガルールにヘッドオフィスを置き、動物達の保護や治療、リハビリまでそれぞれの分野に分かれて行っている。
牛飼いによって放置された牛やドンキー、ラクダを保護するLarge Animal Rescue & Rehabilitation Center。象など大型の動物を保護するWild Animal Rescue & Rehabilitation Center。さらに、犬の繁殖をコントロールするAnimal Birth Control Centreでは、路上でケガをした犬を救助し、その犬が雌だった場合は去勢手術と狂犬病の注射を打っている。もちろん、ここでは飼い犬の去勢手術も受け付けてくれる。また、Trauma Centreでは、路上で見つけた皮膚病や骨折、病気の犬を保護し回復するまでケアーしている。いずれの施設でも、犬のケガが回復すれば元の場所に戻してあげなければならないというルールを守っている。
「飼い犬は、野良犬のようにサバイバルができないけど、野良犬は生きる術を知っている。野良犬はその地域の人達が世話をするもの。ケガが回復したらそれ以上保護しないんです。ただ、回復が難しい犬に関してはSecond Chance Adoption Centerで世話をしています。」とボランティアスタッフは話す。
Second Chance Adoption Centerは、犬の里親を探している施設で、引っ越しや経済的な理由、飼い主の病気や他界、木の下で繋がれ捨てられていた犬が引き取られている。さらにブリーダーの都合により手放された純血種もいた。


問題は、受け入れの要請が毎日あるにも関わらず、ここで受け入れられるのは30頭まで、一か月に平均10頭貰われても追いつかないのが現状のようだ。ただ、そこに入れなかった犬に関しては、一時的に世話をしてくれる人に任しウェイティングしてもらっている。

IMG_8787.jpg


「どんな人でも里親になれますが、その人が最後まで責任を持って世話ができるかまず面接をします。犬を飼った経験はあるのか。一日何時間家にいるのか。家族全員が承諾しているのか。どんな場所で飼うのか。例えば、セントバーナードを世話するには月々Rs6000かかるが経済的な余裕はあるのか。犬は無償でお渡ししていますが、そこが一番大事なんです。私たちは、受け渡した後もその様子をチェックしに行きます。」と管理も徹底している。

IMG_8768.jpg

牛に関して言えば、以前デリーで野良牛について取材をしている際、野良牛問題は今や社会問題で、町の中心部に牛が来ないよう郊外にあるコロニーに野良牛は集められていると聞いたのを思い出した。牛は、神様扱いされているのに自分で養えなくなったら野放しにするという感覚がどうも理解できない。それこそ罰が当たりそうだ。ただ、動物を殺してはいけないという法律は理想的かもしれない。

「Second Chance Adoption Centre」
16/2B Roopenagrahara Behind Balaji Complex At Silkboard Junction 
Madiwala flyover Bangalore 560068
Ph: +91 9986004368 Conact person Sauvik
Opning time 11:00~17:00
年中無休
CUPAホームページ
http://www.cupabangalore.org/


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2016年2月 8日
« 前の記事「【ハンピの旅③】~ハンピ建造物群~」へ
»次の記事「「布製品だけでないブロックプリントの魅力」」 へ
おすすめ記事
    ベンガルール特派員 新着記事
    ダンス三昧できるインドの魅力
    エコな出店者だけが大集合「Go Native」
    カルナータカ民俗博物館 JANAPADA LOKA
    日本人大好き!Good Earthの姉妹店
    オーガニック製品しか扱わない「Happy Healthy Me」
    木切れから生まれたユニークな小物たち
    南インドの人形劇団「Dhaatuダートゥ」
    移動式の鍛冶屋
    1年前の同じ月に投稿された記事
    「インドのワインを味わおう!」~紅茶だけじゃない!インドの魅力~
    【ジャパンハッバ2015】~日印草の根の交流~
    「チョコレートファクトリーツアー」

    インド ツアー最安値


    2018/5/21更新

    アジア 航空券情報


    インド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■インドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベンガルール特派員

      ベンガルール特派員
      Takeuchi
      (元ラジオプロデューサー)
      1996年 最初にインドを訪れて以来インドには縁がありデリーにも住んでいた。 今回は、日本人向けフリーペーパーの助人として再渡印。 趣味は、遺跡巡り。18年間でインド国内主要な世界遺産や都市を制覇。 その経験を活かして旅人、出張者、生活者に役立つ情報を発信したい。 また、ベンガルール(旧バンガロール)で生活することにためらいを感じている方へ 「意外と住める!」と思える生活に密着した情報をお伝えします。 DISQUS ID @disqus_s48CxIcmIg

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集