海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ベンガルール特派員ブログ > ベンガルールでメトロ体験

インド/ベンガルール特派員ブログ Takeuchi

インド・ベンガルール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年3月15日

ベンガルールでメトロ体験


メール プリント もっと見る

ベンガルールでメトロ体験

公共の乗り物は、危険だからできるだけ乗らない方がいいと言われているだけに避けていたメトロ。
しかし、ここに日本の技術が使われているということが気になり、この目で確かめたいと乗ってみた。

6年前、デリーでも日本の技術が使われているメトロを一度は見てみたいと帰国前に乗った経験がある。
そこは、想像を絶する別世界で近代化するインドが垣間見れた。
ホームに入れば、「お前は日本人か?このメトロは日本の技術が使われているんだよ。」といろんな人に声をかけられた思い出がある。
そして、ホームでは順番を待たないインド人が我先に我先にと電車に乗り込んでいった。
デリーでは、通勤などでメトロを使う人も増え、路線も伸びてずいぶん便利になったらしい。
しかし、大気汚染については酷くなる一方。

一方、ベンガルールは2011年に10月に一部の路線が開業したものの、平日の昼間はガラガラ。
反対に土日は、「メトロ乗車体験」という楽しみとして家族連れが訪れるという。
地元新聞には、メトロの開業で渋滞が緩和されずいぶん便利になったと評されているが、
「家から駅まで行くのに、リキシャとバスを乗り継ぎ、さらにメトロ代を払うなんて高すぎるわ。」という庶民の声も聞こえてくる。
実際に、ベンガルールの渋滞は今も続いている。
しかし、予定の路線がどんどん開通していけば話は変わるはず。

現在、開業している路線はパープルラインとグリーンラインの一部の区間。
今回は、最初に開業したパープルラインの区間BaiyappanahalliからMG Roadまでを往復してみた。

DSC06127.jpg

ベンガルールのメトロは、「マナ・メトロ」といってカンナダ後で「私たちのメトロ」という意味。
こちらがそのロゴ。

DSC06114.jpg

我々がスタート地点としたのは、駅終点のBaiyappanahalli。
車両の車庫も見えて、なんだかインドじゃないみたい。

DSC06129.jpg

駅構内に入るにも空港並みの厳しさ。荷物、ボディーチェックは欠かせない。利用客が増えたらどうなるのって若干疑問点も。

DSC06121.jpg

子供料金は、年齢ではなく背の高さで決まる。

DSC06132.jpg

そしてこれが切符ならぬ「TOKEN」

DSC06135.jpg

駅の中は、まるで空港のように広々している。

DSC06136.jpg

さあ、いよいよホームへ。

DSC06139.jpg

先ほどのTOKENをかざして通過。

DSC06142.jpg

ちょっと新鮮!
そして、静かにホームに入ってくる電車。「ドバイみたい!シンガポールみたい!バンコクみたい!」

DSC06145.jpg

メトロと言っても我々が乗ったのは高架を走る部分だけ。
上から眺めるベンガルールの風景はいつもと違ってとても新鮮。

DSC06156.jpg

ところどころ見えるヤシの木は南インドらしさを醸し出していた。
車内では、みなさんお行儀よく座っていた。

DSC06151.jpg

インドの電車というと、半分身を乗り出してギュウギュウ詰めという印象があるが、このメトロを見たらその印象は変わるはず。
日本をはじめ、インド以外の国の技術が入るとその部分だけ異空間が出来上がるのかもしれない。

電車を降り、改札口へ。

DSC06167.jpg

TOKENをこの中に入れて目的地に到着。

今回は、平日の昼間に行ったせいか静かなメトロ体験となりました。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2016年3月15日
« 前の記事「「布製品だけでないブロックプリントの魅力」」へ
»次の記事「インド人が嫌がる行為」 へ
おすすめ記事
    ベンガルール特派員 新着記事
    日本人大好き!Good Earthの姉妹店
    オーガニック製品しか扱わない「Happy Healthy Me」
    木切れから生まれたユニークな小物たち
    南インドの人形劇団「Dhaatuダートゥ」
    移動式の鍛冶屋
    地元発祥の甘~いスイーツ「マイソール・パク(Mysore Pak)」
    黒い食器
    オディッサ州の素朴な絵画
    1年前の同じ月に投稿された記事
    【迫力満点!サファリパーク】~Bannerghatta National Park~
    【IT大国で日本式のIT教育を】~インターネット・アカデミーインド支店~
    【ブドウが美味しい季節です。】
    【アカンベーで魔除け効果あり?】~Drishiti Bombe~

    インド ツアー最安値


    2018/2/21更新

    アジア 航空券情報


    インド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■インドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ベンガルール特派員

      ベンガルール特派員
      Takeuchi
      (元ラジオプロデューサー)
      1996年 最初にインドを訪れて以来インドには縁がありデリーにも住んでいた。 今回は、日本人向けフリーペーパーの助人として再渡印。 趣味は、遺跡巡り。18年間でインド国内主要な世界遺産や都市を制覇。 その経験を活かして旅人、出張者、生活者に役立つ情報を発信したい。 また、ベンガルール(旧バンガロール)で生活することにためらいを感じている方へ 「意外と住める!」と思える生活に密着した情報をお伝えします。 DISQUS ID @disqus_s48CxIcmIg

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集